オンライン学習サービス

FXの自動売買ってどんなもの

FXの自動売買ってどんなもの
▼ 副業に関する質問やお悩みも気軽にどうぞ ▼

【FX自動売買EA】Automataの評価・レビュー・検証結果まとめ

https://eaking.jp/wp-content/uploads/2019/12/undercoverism様_1-scaled-e1576177469217.png

小野

Automataってどんなの?

ka2さんのスキャルEA

バックテスト結果

詳しいデータ

通貨ペアUSD/JPY
時間足1分足
取引時間帯8時~23時
ポジ保有時間基本8時間以内
スタイルスキャル
最大利益318
最大損失-30
ナンピンなし
マーチンなし
両建てなし
最大ポジション数1
トレード頻度(目安)800/260
オススメ運用業者外為ファイネスト

高頻度トレンドトレード

https://eaking.jp/wp-content/uploads/2019/12/undercoverism様_1-scaled-e1576177469217.png

小野

設定可能パラメータ

https://eaking.jp/wp-content/uploads/2019/12/undercoverism様_1-scaled-e1576177469217.png

小野

FXの自動売買ってどんなもの

トレード画面のスプレッド表事例

上は GMOクリック証券 の注文画面で、画面上部の青枠が「BID(売値)」、赤枠が「ASK(買値)」です。

その間にある「 SP 0.2 」が現在のスプレッドです。

GMOクリック証券 は、スプレッドが一目でわかる仕様ですが、一部の会社ではスプレッドを表示せず、売値と買値を自力で計算させる仕様もあります。

スプレッドの計算方法

次にスプレッドのコスト計算方法です。

【1万通貨を手数料0.2銭でトレードした時のコスト】

10,000通貨 × 0.002円(スプレッド) = 20円

スプレッドが引かれるタイミング

スプレッドってどのタイミングで引かれるの?

実際にコストとして金額が引かれるタイミングは 決済注文のタイミング です。

スプレッドの違いでどれだけ年間コストが違うのか?

手数料でどれだけ損する?

スプレッドの違いで、年間コストはどれくらい変わるの?

質問の具体的な答えを出すために、米ドル/円を1万通貨スプレッド0.2銭1銭年間50回トレードした時のコストを比較してみましょう。

【1万通貨をスプレッド0.2銭で50回トレードした時の総コスト】

0.2銭(スプレッド) × FXの自動売買ってどんなもの 10,000通貨 × 50回 FXの自動売買ってどんなもの = 1,000円

【1万通貨をスプレッド1銭で50回トレードした時の総コスト】

1銭(スプレッド)× 10,000通貨 × 50回 = 5,000円

この後でも触れますが、特に短期トレード中心のトレードを考えている人は、スプレッドが狭い(安い)会社を選びましょう。

短期トレードはスプレッドに要注意!

デイトレードとスキャルピングは低スプレッド

短期トレーダーは必ず最狭水準スプレッドのFX会社を選びましょう。

スプレッドは取引回数が多くなるほどコストが高くなるため、取引回数勝負の短期トレーダーはできるだけ安い会社を選ばないと損をします。

短期トレーダーは、1日以内に取引を終えるデイトレードや、数秒や数分で終えるスキャルピングをメインとしているトレーダーです。

逆に日をまたぐスイングトレードや数ヶ月単位の長期トレードがメインの長期トレーダーは、取引回数が少ないためスプレッドの影響は小さいです。

コストの違いがイメージできるように、スプレッド1銭年間5回の長期トレーダーと年間100回の短期トレーダーを比較してみましょう。

【1万通貨を手数料0.2銭で5回トレードした時の総コスト】

1銭(手数料) × 10,000通貨 × 5回 = 500円

【1万通貨を手数料0.2銭で100回トレードした時の総コスト】

1銭(手数料)× 10,000通貨 × 100回 = 10,000円

短期はスプレッドを重視し、長期の場合は手数料よりも金融経済ニュースの豊富さ取扱通貨ペア数など別の要素で会社を選びましょう。

スプレッドで会社を選ぶ時のポイント

手数料で会社を選ぶポイント

ポイントは、スプレッドが業界最狭水準であるか原則固定方式であるかの2点だけです。

米ドル/円 = 0.2銭以下を目安にしよう

米ドル/円のスプレッドを 0.2銭以下 に設定している会社を目安にしましょう。

なぜなら、0.2銭は国内最狭水準で十分狭いスプレッドです。

米ドル/円を0.2銭に設定している会社は、相対して他の通貨ペアも安く設定している傾向があります。

原則固定制を採用しているFX会社を選ぼう

原則固定を採用しているFX会社 を選びましょう。

理由はスプレッドが安定しているからです。

スプレッドの値を決める方式は、会社ごとに異なり国内では原則固定制変動制の2種類あります。

原則固定制は、FX会社が設定しているスプレッドが原則固定される方式で、スプレッドが安定しており初心者向けです。

変動制は、為替レートの値動きに合わせてスプレッドが変動する方式で、常にスプレッドが変動しているため、取引タイミングを計るのが難しく上級者向けです。

ただし原則固定制は「原則」とあるように、常時固定ではなくスプレッドが変動する時間帯があります。

変動する時間帯は、取引が停滞する早朝指標発表などのイベント発生時が多く、これらの時間帯は通常よりスプレッドが広がりやすい傾向があります。

【合同会社アシスト】ダイヤモンドFXは詐欺で稼げない?怪しい自動売買ツール(EA)の実態とは?口コミと評判を調査!

【合同会社アシスト】ダイヤモンドFXは詐欺で稼げない?

参照元:http://diamond-fx.pro/lp02/

今回は 「ダイヤモンドFX」 というFX投資案件について検証していきます。

そこで、 FXの自動売買ってどんなもの この「ダイヤモンドFX」の実態を口コミと評判を含めて徹底調査していきます。

【合同会社アシスト】ダイヤモンドFXは詐欺で稼げない?怪しい自動売買ツール(EA)の実態とは?口コミと評判を調査!

こんにちは!おかもんです。 このブログでは「自動売買ツール」をいくつか紹介しておりますが、投資やFX(外国為替取引)について知らない方にとっては 「自動売買ツールってそもそも何?」 「なんか怪しい…。」 というのが正直な感想だと思います。 更に、悲しい事ですが世間では「自動売買ツール詐欺.

結論を先に言うと、 この「ダイヤモンドFX」はオススメできません。

▼ 当ブログ限定の2つの特典をプレゼントします ▼

ダイヤモンドFXってどんな自動売買ツール?

ダイヤモンドFXの概要

どこにもそのデータを裏付ける証拠は示されてない ですね。

年間勝率70%、月間利益率25.9%

ダイヤモンドFXのロジック

もし相場の動きがロジックと逆に反転したら、どうするつもりなんでしょうか?

EAの開発者のプロフィール

大会の名前やどこが主宰してるのか?とか、全く分かりません。

各種メディアとは具体的にどのメディアなんでしょうか?

そもそも、メディアに出演してるのなら、開発者の名前や顔写真など公開してもよさそうなものですが、 そういった情報は一切ない ですね。

登録してみた・・・。

【ダイヤモンドFX】運営事務局

【合同会社アシスト】ダイヤモンドFXは詐欺で稼げない?怪しい自動売買ツール(EA)の実態とは?口コミと評判を調査!

こんにちは!おかもんです。 突然ですが、皆さんはVPSというのをご存じですか? FXは株式と違って、土日以外24時間相場が動いています。 つまり、あなたがもしEA(自動売買ツール)を使用するのであれば、5日間24時間PCの電源をつけっぱなししなければならないというワケです…。 しかし、それだけ自宅P.

このEAが稼げるかどうかというのは、また別の問題です。

特定商取引法に基づく表記について

特商法に基づく表記とは、ネット商取引の中では特に確認するべき事項 で、

もしこの特商法の記載がない、もしくは、不備がある場合、あなたが不利益を被っても自己責任になってしまうので注意して下さいね。

運営団体;合同会社アシスト ダイヤモンドFX 運営事務局

運営責任者:高橋誠

問い合わせ先:info@diamond-fx.pro @を半角にしてください

住所:東京都台東区上野3-14-5 ヴェルコ黒門2F

電話番号サポート直通:03-6821-2261

合同会社アシストの登記情報

ご覧の通り、特商法に書かれてる住所に 合同会社アシストなんて会社はありませんね。

つまり、この 合同会社アシストは法人として成り立ってない という事ですね。

ダイヤモンドFXがオススメできない3つの理由

稼げる実績データが一切ない

まず、ランディングページ(LP)に 稼げる実績データがありません

合同会社アシストの実態が怪しい

前述した通り、 合同会社アシストという会社がそもそも存在してるか怪しい です。

利用者の口コミ・評判がない

結果は、 グーグルやSNS等では利用者の口コミ・評判は見つかりませんでした。

逆に、「手を出さない方が良い」「詐欺案件!」と注意喚起している状況でした。

現状では、ダイヤモンドFXを使用することは オススメできません。

副業案件や、投資の自動売買システム、サインツール等は山ほどあり、ピンからキリまでの値段で販売されていますが、本当に稼げるのはごく一部です。

このようなサービスや商品を利用する前に以下の2つの条件に当てはまっているか、調べて見た方がいいでしょう。

投資・副業の悪質詐欺にはくれぐれも気を付けましょう。

アナタの本業が 労働時間12時間以上でブラック企業で休みも少ない ・・・。

ボーナスがない ・・・。

時間はあまりなくても副業で本気で稼ぎたい!!

現状を打破したい!!

そんな中、模索して出てきたのが「 アフィリエイトやFX 」で、色々と挑戦してみたのですが、どうもうまくいきませんでした。

そこで僕が目を付けたのが 「 自動売買ツール 」 です。

こんな僕のように 「 副業をやる時間がないけど、今の会社をすぐに辞めれるくらいの資金力を稼いでおきたい! 」 という方のために、僕は自動売買ツールの運用をオススメします。

副業歴7年の期間で、たくさんの失敗と成功を経験してきましたので、きっとアドバイスできると思います。

▼ 副業に関する質問やお悩みも気軽にどうぞ ▼

【FX自動売買EA】Automataの評価・レビュー・検証結果まとめ

https://eaking.jp/wp-content/uploads/2019/12/undercoverism様_1-scaled-e1576177469217.png

小野

Automataってどんなの?

ka2さんのスキャルEA

バックテスト結果

詳しいデータ

通貨ペアUSD/JPY
時間足1分足
取引時間帯8時~23時
ポジ保有時間基本8時間以内
スタイルスキャル
最大利益318
最大損失-30
ナンピンなし
マーチンなし
両建てなし
最大ポジション数1
トレード頻度(目安)800/260
オススメ運用業者外為ファイネスト

高頻度トレンドトレード

https://eaking.jp/wp-content/uploads/2019/12/undercoverism様_1-scaled-e1576177469217.png

小野

設定可能パラメータ

https://eaking.jp/wp-content/uploads/2019/12/undercoverism様_1-scaled-e1576177469217.png

小野

FXの自動売買ってどんなもの

トレード画面のスプレッド表事例

上は GMOクリック証券 FXの自動売買ってどんなもの の注文画面で、画面上部の青枠が「BID(売値)」、赤枠が「ASK(買値)」です。

その間にある「 SP 0.2 」が現在のスプレッドです。

GMOクリック証券 は、スプレッドが一目でわかる仕様ですが、一部の会社ではスプレッドを表示せず、売値と買値を自力で計算させる仕様もあります。

スプレッドの計算方法

次にスプレッドのコスト計算方法です。

【1万通貨を手数料0.FXの自動売買ってどんなもの 2銭でトレードした時のコスト】

10,000通貨 × 0.002円(スプレッド) = 20円

スプレッドが引かれるタイミング

スプレッドってどのタイミングで引かれるの?

実際にコストとして金額が引かれるタイミングは 決済注文のタイミング です。

スプレッドの違いでどれだけ年間コストが違うのか?

手数料でどれだけ損する?

スプレッドの違いで、年間コストはどれくらい変わるの?

質問の具体的な答えを出すために、米ドル/円を1万通貨スプレッド0.2銭1銭年間50回トレードした時のコストを比較してみましょう。

【1万通貨をスプレッド0.2銭で50回トレードした時の総コスト】

0.2銭(スプレッド) × 10,000通貨 × 50回 = 1,000円

【1万通貨をスプレッド1銭で50回トレードした時の総コスト】

1銭(スプレッド)× 10,000通貨 × 50回 = 5,000円

この後でも触れますが、特に短期トレード中心のトレードを考えている人は、スプレッドが狭い(安い)会社を選びましょう。

短期トレードはスプレッドに要注意!

デイトレードとスキャルピングは低スプレッド

短期トレーダーは必ず最狭水準スプレッドのFX会社を選びましょう。

スプレッドは取引回数が多くなるほどコストが高くなるため、取引回数勝負の短期トレーダーはできるだけ安い会社を選ばないと損をします。

短期トレーダーは、1日以内に取引を終えるデイトレードや、数秒や数分で終えるスキャルピングをメインとしているトレーダーです。

逆に日をまたぐスイングトレードや数ヶ月単位の長期トレードがメインの長期トレーダーは、取引回数が少ないためスプレッドの影響は小さいです。

コストの違いがイメージできるように、スプレッド1銭年間5回の長期トレーダーと年間100回の短期トレーダーを比較してみましょう。

【1万通貨を手数料0.2銭で5回トレードした時の総コスト】

1銭(手数料) × 10,000通貨 × 5回 = 500円

【1万通貨を手数料0.2銭で100回トレードした時の総コスト】

1銭(手数料)× 10,000通貨 × 100回 = FXの自動売買ってどんなもの 10,000円

短期はスプレッドを重視し、長期の場合は手数料よりも金融経済ニュースの豊富さ取扱通貨ペア数など別の要素で会社を選びましょう。

スプレッドで会社を選ぶ時のポイント

手数料で会社を選ぶポイント

ポイントは、スプレッドが業界最狭水準であるか原則固定方式であるかの2点だけです。

米ドル/円 = 0.2銭以下を目安にしよう

米ドル/円のスプレッドを 0.2銭以下 に設定している会社を目安にしましょう。

なぜなら、0.2銭は国内最狭水準で十分狭いスプレッドです。

米ドル/円を0.2銭に設定している会社は、相対して他の通貨ペアも安く設定している傾向があります。

原則固定制を採用しているFX会社を選ぼう

原則固定を採用しているFX会社 を選びましょう。

理由はスプレッドが安定しているからです。

スプレッドの値を決める方式は、会社ごとに異なり国内では原則固定制変動制の2種類あります。

原則固定制は、FX会社が設定しているスプレッドが原則固定される方式で、スプレッドが安定しており初心者向けです。

変動制は、為替レートの値動きに合わせてスプレッドが変動する方式で、常にスプレッドが変動しているため、取引タイミングを計るのが難しく上級者向けです。

ただし原則固定制は「原則」とあるように、常時固定ではなくスプレッドが変動する時間帯があります。

変動する時間帯は、取引が停滞する早朝指標発表などのイベント発生時が多く、これらの時間帯は通常よりスプレッドが広がりやすい傾向があります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる