おすすめ記事

サポートラインとレジスタンスライン

サポートラインとレジスタンスライン
レジスタンスラインは2点以上の高値を結ぶ

ローソク足研究所

☆価格は人によって作られる ☆価格は悲しい事に敗者が決めている ☆価格は恐怖と欲望のギャップとバランスで成り立つ ☆価格変動には出来高というドラマがある ☆テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析・理論・法則は強く意識され時に無視される

【仮想通貨:ビットコイン】高値9160ドルからの下落…どこまで落ちるの?恐怖を支えるラインとは??

この記事のポイント

  • 支持線(サポートライン)8280ドル
  • 支持線を割ると次のステージ8000ドル、7700ドル、7600ドル
  • 上値は重そうなので8450ドルが抵抗線(レジスタンスライン)となりそう
  • 上昇は9160ドルを超えたのを確認してから
  • 買い遅れる事を今は意識しすぎないように注意する(狼狽売りの急落はまだ起こる可能性あり)

ちょっと余談話…よだばな

私は浸しみやすく 『仮想通貨』 と呼ばせてもらってるけど、金融庁としては 『暗号資産』 と呼ぶ事になっているのを皆は忘れてないかい??

いやね、この前たまたまお店で見てたNHKのニュースで普通に 『仮想通貨』 って言ってたのでね 。

いやいや、これはね仮想通貨は 『仮想通貨』 として流行った過去があり『通貨』という言葉がジャパニーズ円やUSドルのような通貨と同じように思われないように金融庁は 『資産』 と言う言葉で国民が勘違いしないように決めた呼び名なんだけどね、

『暗号資産』 って言葉に皆ついて来ないのなんのw

だから金融庁も 【暗号資産(仮想通貨)】 って()の中に仮想通貨って書いてる始末(…じゃあええやんけ)

そもそも 【仮想通貨】 の名で有名になったビットコインその他アルトコイン達は 【仮想通貨】 として流行ったのだから、

FXのテクニカル分析◆初心者の外国為替証拠金取引

上のユーロ/円チャートを例にすると、 2番 で下がってる理由として考えられることは下から上がって来たロングの人(買い持ちの人)が126円を目処に利益確定の売りを行って下がったのだろうと考えられます。それ以外にもこのラインを超えて欲しくない人が多く存在することや、この付近に指値売りのオーダーが入ってるでしょう。超えて欲しくない人とは、この付近にショート(売り注文)を持っている人、超えられるとマイナスになるわけですから売りを被せてくる人もいるでしょう。126円という場所ゆえに「 そこ目処に下がるだろう 」と予測して指値売りも多く入っているでしょう。売り優勢になることで一旦下げに転じたと考えられます。

その後、サポートラインで下げを抑えたのは 1番 でのレジスタンスがサポートに変わったことを意識する人なら、 2番 付近で下がると判断してショート(売り)ポジションを持った人が 3番 で利食い(決済買い)を行ったり、全体の流れは上昇と考えればロング(買いオーダー)が積み重なって買い優勢になって反転したと考えられるでしょう。

最終的に 7番 サポートラインとレジスタンスライン を抜けると一気に上昇するのには、 2番・4番・5番 サポートラインとレジスタンスライン などでショート(売り)を持ってる人がマイナスを嫌ってポジションを閉じたり(決済買い)、ストップロスがかかって自動的に買いが発生して買い優勢で転がっていったのでしょう。

ストップロスとは「 ここにきたら損失確定でも売ろう 」と決めて設定してるポイント。このストップロスを置くことはFX(外国為替取引)において損失拡大を防ぐ方法として誰もが行ってることです。

外国為替相場に関する記事などを読んでいると「 ストップロスを巻き込んで上昇 」とか言われるのは、こういった現象で大きく動くことを言っているのです。

サポートラインやレジスタンスラインを見つけるには?

そんな人はチャートをスクロールして画面に見えていないチャートにある 山と谷 に注目してみましょう。相場の山と谷はそれまでのトレンドを反転さすだけの理由があったわけですから売り買いオーダーがぶつかり合った場所です。

上のチャートは2時間足の20日間チャートの横幅を縮小したものです。それぞれの横ラインが山や谷に接しています。同じ価格付近で跳ね返されたり停滞してるのはサポートなりレジスタンスになってるからです。 2本のラインが重なるようなポイントは特に重要 で、下降トレンドで降りてきた相場がAの地点でもみ合い、結果的にトレンドラインをブレイクしたものの白いラインがレジスタンスになり再度下降トレンドへ以降しようとする流れを、2本のラインがクロスする B地点 で跳ね返して上昇トレンドへ変化しています。

トレンドが変わる場合のパターンとして A-B間の動き はよくあるパターンですので B地点 に接するような時は思い切ってロングポジションを取るのもおもしろいです。

このように山の頂点と谷の底辺に多く接するラインがあれば、サポートラインレジスタンスラインになってる可能性が高いのでエントリー・ポイントやストップロス・ポイントを探す時の参考にすればいいでしょう。

ピップスとは?

ピップス( pips ) とはレートの最小単位のことで ピップ( pip ) とも ポイント( point ) とも呼ばれています。

最小単位とは、ドル/円ならなら0.01円、ユーロ/ドルなら0.0001ドルのこと。例えばドル/円の通貨ペアで取引をしている時のレートの最小単位、0.01円ということは1銭です。「ポジションを取ってから80銭上がってる」とか「60銭下で損切り設定しよう」とかを、「 80ピップス上がった 」とか「 60ピップス 」とかになるわけです。

トレンドラインの見方・引き方【FXライントレード分析術】

トレンドラインの見方・引き方【FXライントレード分析術】

テクニカル指標・チャート分析

チャートで高値と高値、もしくは安値と安値を結んだ線のことを、トレンドラインといいます。

チャートにトレンドラインを引く理由

トレンドラインを引くことによって、現在どのように推移しているのかを一目で判断することができ、 右肩上がりなら上昇トレンド 、 右肩下がりなら下降トレンド 、 上下の狭い範囲で水平ラインが引けるならレンジ相場 となります。

トレンドラインは2つある

複数の安値と安値を結んだ線のことを、サポートラインと呼びます。
反対に、複数高値と高値を結んだ線のことを、レジスタンスラインと呼びます。

サポートラインの見方

サポートラインは2点以上の安値を結ぶ

サポートラインは2点以上の安値を結ぶ

サポートラインの売買サイン

押し目買いと戻り売りを解説!

押し目買い

押し目形成後の水平ブレイクアウト

押し目形成後の水平ブレイクアウト

「グランビル8つの法則」の見方・使い方を図解入りで解説!

レジスタンスラインの見方

レジスタンスラインは2点以上の高値を結ぶ

レジスタンスラインは2点以上の高値を結ぶ

レジスタンスラインの売買サイン

戻り売り

トレンドラインの引き方は接点と足種がポイント

まずはチャートで 「複数の高値」 または 「複数の安値」 を結ぶ線を引いてみましょう。

つまり、 トレンドラインを引くときの足種は、日足など時間軸が長くなるほど、その分信頼性も高くなる ので、最初のうちは日足あたりから始めてみるといいでしょう。

ヒゲをトレンドラインに収めるべき理由

  1. まず前提としてトレンドラインを引くとき、上昇トレンド時なら意味ある安値同士(下降トレンド時なら、意味ある高値同士)を結ぶ必要がある。
    「意味ある〜」とは❷、❹の条件を満たす安値を指す。
  2. サポートラインを下回る安値があってはならない。
    (※安値はラインに被ってはいけない。下回った安値があれば、意味のない安値を結んだことになる。)
  3. サポートラインとレジスタンスライン
  4. 描画したサポートラインを下回る安値がこの先出現したら、その時点で描画したサポートラインの役目は終わり、それと同時に下降トレンドに転じたかを見極めていく必要がある。
    もし反転上昇したら、新しいサポートラインを探し出す。
  5. サポートラインは、レートが過去の高値(山のピーク)を上方ブレイクした時点で描画できる。

そして トレンドラインというのは、一度でも突破されたら、それまでのトレンドラインとして機能しなくなるため、トレンドラインと呼べないルール です。
(※これは日本テクニカルアナリスト協会の会員なら知っているお話です。)

そのため トレンドラインが突破されたら、新たにトレンドラインを再描画する必要がある ということです。

トレンドラインを引くときの注意点

いかに トレンドラインの信頼性を上げるかに注目するなら、ドルストレートで流動性が高い通貨ペアを選ぶことが重要 となります。

初心者の通貨ペア選び|テクニカル分析の効きと流動性の深い関係

初心者におすすめな通貨ペアは?通貨ペアごとの特徴・選び方を解説!

ライン分析は他にも色々ある

チャートの縦軸とローソク足に注目! トレンドラインより水平線が重要な1つの理由

保ち合いのチャートパターンを一覧で解説!

チャート・取引ツール比較

おすすめチャートのFX会社

外為オンライン|新規取引口座開設でキャッシュバック最大150,000円

取引システムはシンプルながらも直感的に操作できる、初心者にも扱いやすいのが特徴。チャート機能も充実していて、比較チャートでは2つの通貨ペアを重ねて分析ができます。
またリピート系自動売買 「iサイクル2取引」 によって、手間をかけずに運用も可能です。

MT4のSHIチャネル真のインジケーター

トレンド方向インジケーターとしてのSHIチャネル真のインジケーター

SHIチャネル真のインジケーターはトレンド方向インジケーターとして使用できます。 これは、プロットするチャネルの角度によって、トレンドがどこに移動しているかが明確に示されるためです。 市場が上昇傾向にあるときはいつでも上昇し、市場が上昇傾向にあるときはいつでも下降します。 傾斜が急であるほど、傾向は強くなります。

SHIチャネルの真の反転領域

結論


MT4のSHIチャネル真のインジケーターーが将来の価格変動を予測するのに役立つ過去および現在の価格情報を分析するために使用されます。 トレーダーは、プラットフォームに含まれる幅広い技術指標に加えて、指定された要因に基づいて独自のカスタムインジケーターを作成したり、MT4 インジケーター ライブラリーからダウンロードすることができます。

MT4のSHIチャネル真のインジケーター は、将来の価格変動の予測を目的とした証券価格および/または数量の数学的操作である。 ポジションの開閉方法の決定は、テクニカル指標からのシグナルに基づいて行うことができます。機能に応じて、インジケーターはトレンドインジケーターとオシレーターの2つのグループに分けられます。 トレンドインジケーターは、価格の方向性を評価し、回転モーメントを同期的に検出したり、遅延を検出したりするのに役立ちます。発振器は、回転モーメントを前方または同期的に検出できます。

ゴールド相場見通し|FX/GOLD/XAUUSD/金価格|2022年7月6日チャート今後の予想


(参照:FRED)

具体的には、 雇用の状況であったり、企業ごとの決算/ガイダンス などです。

中期的には下目線優勢なテクニカル状況

4時間足ベースで見ると、グレーの中期レンジを下にブレイクして、 高値の切り下げを大きな波の単位で継続 していることがわかります。

短期的にはファンダメンタルの変数が多い

中長期の話をすると金価格の見通しは暗めでしたが、 短期的なお話をすると中立気味 となります。

こういったファンダメンタルの要素も週の後半には控えているので、 短期的には反発が1800ドル近くまで登ってくるのも想定の1つ として事前に認識しておくと良さそうです。

ゴールド相場(GOLD)_今後の注目ポイント

中期下降トレンドライン

1800ドルのレジスタンスエリア

1760ドルのサポートエリア

ゴールド(GOLD)の初トレードが不安な方へ

まず、 不安を感じることは大変良いこと サポートラインとレジスタンスライン です。
リスクを把握しようとする姿勢はトレードに欠かせません。

ボラティリティが高いゴールドでは、慣れない内に大きく損失を出す可能性があります。
急激な変動を見せるため、人によっては 1時間で資産をすべて溶かすケース も・・・

それを防ぐための 最低限の1意見 を書かせてください。

ゴールドのトレードなら海外業者の利用がおすすめ

ゴールドのトレードをするなら、海外業者のご利用を推奨いたします。
海外業者には ゼロカットシステム が採用されているためです。

FXを含め、CFD(差金決済取引)の際には レバレッジ をかけることが多いです。
レバレッジとは「入金額以上の金額規模でトレードを行うことができる仕組み」を指します。

レバレッジは諸刃の剣なので、100万円で1,000万円分の取引ができる反面、
100万円の資産でトレードしたにもかかわらず、1億円の負債を抱えるリスク もあります。

厳しい話をすると、 初心者であろうと投下資金以上の借金を抱える可能性 があります。

それを回避するのが海外業者採用のゼロカットシステムで、 サポートラインとレジスタンスライン
「 投下資金以上の損失は計上しない仕組み 」となっております。

ゼロカットシステムによって、
最大損失は自分が入金した金額に限定しつつ、
勝ち分は無限に膨らませることができます。

それでも、「 海外 」という単語にアレルギーがある方もいらっしゃると思います。

「よく分からない不安がある中で、海外業者も複数あるがどうすれば・・・」
という方には、 まずはXMという業者をおすすめいたします。

中には危険な海外業者も

逆に不安が全く無いというのは危険なので、
海外業者で起こり得る以下の事例 も紹介しておきます。

上記は私も相談を受けたことがありますが、
「よく分からないけどすごく条件が良かった」という理由のみで
口座開設をしてそうなったという内容がほとんどです。

ただでさえ金銭が動くトレードで、このような無駄な不安は取り除きたいと思います。
その観点では、「 海外業者に迷ったら最初はXM一択 」ぐらいで捉えておいても良いです。

私は ボーナスが充実している海外業者のGEMFOREX も活用していますが、
こちらは少し海外業者のトレードに慣れてからのほうがうまく活用できる印象です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる