デモ取引

原資産とは何ですか

原資産とは何ですか
超高配当系

「トリとうなぎの間のような食感」海のギャング“ウツボ”を唐揚げにしました【しずおか産】

<天野貴弘記者> 「今回のしずおか産はこちらの唐揚げです。いただきます。食感もよくて歯ごたえもあっておいしい唐揚げですね。ちなみに何の魚ですか」 <西伊豆町 産業建設課 松浦城太郎さん> 「こちらです。ウツボです」 海のギャングと言われるウツボ。 きょうの「しずおか産」は静岡県西伊豆町の「はんばた市場」で人気があるお惣菜。「ウツボの唐揚げ」です。 <記者> 「なぜウツボを扱おうと思ったんですか?」 <松浦さん> 「きっかけは水揚げがあったから。ある漁師さんが『ウツボが獲れたんだけど、引き取ってくれるかい?』と、持ってきたことがあって、未利用魚の代表なんですけど実はおいしい!」 ウツボは漁師が仕掛けた網にかかった魚を狙って網を食い破ってしまうなど漁師にとってはまさに天敵!ウツボを食べる習慣がない地域では、市場に出ない「未利用魚」となっています。 そのウツボを「はんばた市場」が引き取った理由は見た目とは違う味の良さでした。 <松浦さん> 原資産とは何ですか 「刺身で食べると味の濃いフグみたいで、唐揚げは定番でおいしいですし、後は珍しいじゃないですか。『ウツボが食べられるの?』というのはなかなかないので、その辺の面白さがあったので出せば売れるのではというのは薄々感じていました。今では自分でも釣ったウツボは自分で捌いて食べています」 一度、食べると意外なおいしさに驚くウツボですが下ごしらえには手間がかかります。 <記者> 「どこが骨なんですか?」 <はんばた市場 小山優香さん> 「これが全部骨です」 <記者> 「これを外していかないと食べられない?」 <小山さん> 「とにかく骨が固いので、骨切りをして食べられるようなものではない。全部残さず取らなければいけないので結構大変です」 一匹捌くのにおよそ1時間ほどかけ、丁寧に骨を取り除きます。 <松浦さん> 「いかんせん小骨を除去するのがすごく大変なので、なかなか一般に流通することはなかったんです。なので漁師が家庭で冬場だけ食べていた魚ですね」 「ウツボ」を食べる高知県では、ウツボの捌き方は門外不出といわれるほどなんです。 ウツボの唐揚げは、塩コショウや醤油で下味をつけます。揚げ過ぎると皮のプリプリ感がなくなるので程よくきつね色になれば出来上がりです。 <記者> 「ウツボ(唐揚げ)のおいしさはどんなところに?」 <松浦さん> 「食感でいうと鳥のモモ肉とウナギのちょうど中間みたいな、身質もしっかりしていて、さらに皮のコラーゲンのプリプリ感が相まってすごくおいしいですね。味わいがすごく深い。そこがウツボの魅力かなと思います」 はんばた市場では、2021年の冬から「ウツボの唐揚げ」を出していて、唐揚げのほかに、切り身や刺身が並ぶこともあります。 <松浦さん> 「あくまでもウツボは入口かなと考えていて、ふだん日の光が当たらないような魚…でも食べたら実はおいしいんだよという魚を発信していくことがここの意義かなと思っているので、そして多くの方においしさを知っていただくことで『西伊豆って美味しい魚がいっぱいあるんだね』ということを知っていただけるきっかけになればなと思っています」 厄介者だったウツボが美味しい「しずおか産」に生まれ変わりました。

そろそろ日本の証券会社でも購入可能になる【RYLD】についてまとめてみた(グローバルX ラッセル2000・カバード・コール ETF)

超高配当系

そろそろグローバルX ラッセル2000・カバード・コール ETF【RYLD】が、日本の証券会社で取り扱いが始まりそうなので、まとめました。

【RYLD】はどんなETFか?

グローバルX ラッセル2000・カバード・コール ETF【RYLD】は、カバードコール戦略で利益を狙います。 米国企業の小型株の集合体である「ラッセル2000インデックス」を保有しながら、「ラッセル2000インデックス」を将来買う権利を売るオプション取引を行います。

将来買う権利を売ることを、「コールオプションの売り」と言います。表の上から2番目の黄色の部分です。

オプションを売ったことで、プレミアムを受け取ることができます。そして獲得したプレミアムは、【RYLD】を保有している投資家に分配金として支払います。この分配金額が多額で、 毎月、株価のほぼ1%が最大値 です。年利に換算すると12%を目標としています。

対象となるラッセル2000とは何か?

「ラッセル2000インデックス」 というのは、米国の株式市場に上場している銘柄の時価総額1001~3000位までの小型株の集合体です。

時価総額1~1000位が「ラッセル1000インデックス」に該当し、これらは規模の大きな中・大型株です。ラッセル1000とラッセル2000を合わせたものが「ラッセル3000インデックス」で、この3000銘柄で米国の時価総額約98%に該当すると言われています。

ちなみに、「ラッセル2000インデックス」を対象としたETFは、バンガード社の 【VTWO】 、ブラックロック社の 【IWM】 などがあります。

【QYLD】はナスダック100指数が対象のカバードコールETF、【XYLD】はS&P500が対象のカバードコールETFです。どちらも米国の大型株が対象です。上の三角形の図形の 「ラッセル1000」に該当する銘柄に【QYLD】は9割以上、【XYLD】はほぼ100% 入ります。

それに対して、小型株中心の【RYLD】はラッセル2000が対象なので、 三角の図形の下の部分に100%該当 します。つまり、【RYLD】は【QYLD】や【XYLD】とは対象が全く異なると言えます。

プロセスは?

(1)ラッセル2000インデックスのすべての株式を購入します。
(2)毎月第3金曜日に、1カ月後に満期を迎えるラッセル2000インデックス・オプションを販売します。翌月の第3金曜日が満期です。
(3)オプションの販売と引き換えに、プレミアムを受け取ります。
(4)満期日が過ぎたら、プレミアムの一部を【RYLD】ホルダーに分配します。
(5)翌月以上もこのプロセスが繰り返されます。

プレミアムの価値は?

(1)原資産価格
(2)オプションの権利行使価格
(3)オプション満期までの残り時間
(4)原資産のボラティリティ
(5)リスクフリーレート(金利)

オプションの権利行使価格は?

オプションの権利行使価格はATM(アット・ザ・マネー)です。原資産価格と権利行使価格が同じです。米国の株価は 近年好調だったので、1カ月後に同じ価格で買うことができるのは買い手に有利です。 そのためプレミアムの代金はそれなりに高くなります。

権利行使日に価格が上がった場合は、実際の株をやり取りせずに、その差額を支払うことになります。これを 差金決済 と言います。

実際の取引を図で解説

まず前提として、現在の【RYLD】の株価を20ドルとします。 原資産であるラッセル2000の株価も同じく20ドルと仮定します。 プレミアム(オプション料)はNAVの2%で0.4ドル、【RYLD】のホルダーがもらえるプレミアムはNAVの1%である0.2ドルにします。最近の【RYLD】の株価は20ドル前後、分配金が0.2ドル強なので、妥当なところですね。ちなみにNAVと株価は厳密には異なりますが、ここでは同じとして考えます。

1カ月後の株価が5%上昇した場合

1か月後の株価に変化がなかった場合

1か月後の株価が5%下落した場合

権利行使日の株価とRYLD・原資産(ラッセル2000)の収益の関係

分配金額の決め方

【RYLD】の毎月の分配金は、(1)純資産価値(NAV)の1%、(2)受け取ったオプション・プレミアムの半分、のいずれか低い方を上限とします。受け取ったオプション・プレミアムに超過分がある場合は、ファンドに再投資されます。

オプション・プレミアムが好調で2%を超えていたケースは、オプション・プレミアムの半分が1%を超えるので(1)となり、分配金はNAVの1%になります。下の表の背景色のついていない箇所です。

(2)はオプション・プレミアムが2%を下回った場合です。オプション・プレミアムの半分になるので、分配金はNAVの1%未満になります。下の表の 背景が緑色の箇所 が、オプションプレミアムが2%を下回っていたケースです。NAVに対して1%未満になるので、(1)より少ないですね。下の表の 背景色が黄色 の割合になります。

ただし(2)オプション・プレミアムが2%を下回った場合はオプション・プレミアムのちょうど半分の50%ではないようです。下の表の 背景がオレンジ色の箇所 が比率です。

ちなみに、NAVと株価はほぼ同じです。オプション・プレミアムを2%以上獲得できていれば、株価の1%ぐらいが分配金の目安と言えそうです。つまり、毎月株価のほぼ1%が上限なので、 年間の利回りの最高値は12% になります。

ただし、2021年12月だけは、分配金が上限の1%を大きく上回って 1.27% です。1年間の運用がうまくいったため、キャピタル・ゲイン分配金を合わせたものと考えられます。

2020年3月以降は オプションプレミアムが2%を上回っており、これが2年以上 も続いています。 【RYLD】は【QYLD】や【XYLD】よりもプレミアムを獲得できている と言えます。

ちなみに、NAVから算出した過去1年分配金(2021年4月から2022年3月)は 11.94 % で、ほぼ上限の12%です。2021年12月の分配金は上限の1%で計算しました。これが現在の利回りという考え方もできますね。

獲得したオプション・プレミアムの比較

獲得したオプションプレミアムの比較です。グローバルX社の「GLOBAL X COVERD CALL ETF SUITE」のデータをグラフ化しました。50%カバードコール戦略ETFが設定された2020年9月以降の平均は、カバードコールETFは 【RYLD】2.70%、【QYLD】2.原資産とは何ですか 44%、【XYLD】1.81% 。【DJIA】は2022年3月の1回のみで1.76%。50%カバードコール戦略ETFは 【QYLG】1.32%、【XYLG】0.86% です。

そろそろ日本の証券会社でも購入可能になる【RYLD】についてまとめてみた(グローバルX ラッセル2000・カバード・コール ETF)

超高配当系

そろそろグローバルX ラッセル2000・カバード・コール ETF【RYLD】が、日本の証券会社で取り扱いが始まりそうなので、まとめました。

【RYLD】はどんなETFか?

グローバルX ラッセル2000・カバード・コール ETF【RYLD】は、カバードコール戦略で利益を狙います。 米国企業の小型株の集合体である「ラッセル2000インデックス」を保有しながら、「ラッセル2000インデックス」を将来買う権利を売るオプション取引を行います。

将来買う権利を売ることを、「コールオプションの売り」と言います。表の上から2番目の黄色の部分です。

オプションを売ったことで、プレミアムを受け取ることができます。そして獲得したプレミアムは、【RYLD】を保有している投資家に分配金として支払います。この分配金額が多額で、 毎月、株価のほぼ1%が最大値 です。年利に換算すると12%を目標としています。

対象となるラッセル2000とは何か?

「ラッセル2000インデックス」 というのは、米国の株式市場に上場している銘柄の時価総額1001~3000位までの小型株の集合体です。

時価総額1~1000位が「ラッセル1000インデックス」に該当し、これらは規模の大きな中・大型株です。ラッセル1000とラッセル2000を合わせたものが「ラッセル3000インデックス」で、この3000銘柄で米国の時価総額約98%に該当すると言われています。

ちなみに、「ラッセル2000インデックス」を対象としたETFは、バンガード社の 【VTWO】 、ブラックロック社の 【IWM】 などがあります。

【QYLD】はナスダック100指数が対象のカバードコールETF、【XYLD】はS&P500が対象のカバードコールETFです。どちらも米国の大型株が対象です。上の三角形の図形の 「ラッセル1000」に該当する銘柄に【QYLD】は9割以上、【XYLD】はほぼ100% 入ります。

それに対して、小型株中心の【RYLD】はラッセル2000が対象なので、 三角の図形の下の部分に100%該当 します。つまり、【RYLD】は【QYLD】や【XYLD】とは対象が全く異なると言えます。

プロセスは?

(1)ラッセル2000インデックスのすべての株式を購入します。
(2)毎月第3金曜日に、1カ月後に満期を迎えるラッセル2000インデックス・オプションを販売します。翌月の第3金曜日が満期です。
(3)オプションの販売と引き換えに、プレミアムを受け取ります。
(4)満期日が過ぎたら、プレミアムの一部を【RYLD】ホルダーに分配します。
(5)翌月以上もこのプロセスが繰り返されます。

プレミアムの価値は?

(1)原資産価格
(2)オプションの権利行使価格
(3)オプション満期までの残り時間
(4)原資産のボラティリティ
(5)リスクフリーレート(金利)

オプションの権利行使価格は?

オプションの権利行使価格はATM(アット・ザ・マネー)です。原資産価格と権利行使価格が同じです。米国の株価は 近年好調だったので、1カ月後に同じ価格で買うことができるのは買い手に有利です。 そのためプレミアムの代金はそれなりに高くなります。

権利行使日に価格が上がった場合は、実際の株をやり取りせずに、その差額を支払うことになります。これを 差金決済 原資産とは何ですか と言います。

実際の取引を図で解説

まず前提として、現在の【RYLD】の株価を20ドルとします。 原資産であるラッセル2000の株価も同じく20ドルと仮定します。 プレミアム(オプション料)はNAVの2%で0.4ドル、【RYLD】のホルダーがもらえるプレミアムはNAVの1%である0.2ドルにします。最近の【RYLD】の株価は20ドル前後、分配金が0.2ドル強なので、妥当なところですね。ちなみにNAVと株価は厳密には異なりますが、ここでは同じとして考えます。

1カ月後の株価が5%上昇した場合

1か月後の株価に変化がなかった場合

1か月後の株価が5%下落した場合

権利行使日の株価とRYLD・原資産(ラッセル2000)の収益の関係

分配金額の決め方

【RYLD】の毎月の分配金は、(1)純資産価値(NAV)の1%、(2)受け取ったオプション・プレミアムの半分、のいずれか低い方を上限とします。受け取ったオプション・プレミアムに超過分がある場合は、ファンドに再投資されます。

オプション・プレミアムが好調で2%を超えていたケースは、オプション・プレミアムの半分が1%を超えるので(1)となり、分配金はNAVの1%になります。下の表の背景色のついていない箇所です。

(2)はオプション・プレミアムが2%を下回った場合です。オプション・プレミアムの半分になるので、分配金はNAVの1%未満になります。下の表の 背景が緑色の箇所 が、オプションプレミアムが2%を下回っていたケースです。NAVに対して1%未満になるので、(1)より少ないですね。下の表の 背景色が黄色 の割合になります。

ただし(2)オプション・プレミアムが2%を下回った場合はオプション・プレミアムのちょうど半分の50%ではないようです。下の表の 背景がオレンジ色の箇所 が比率です。

ちなみに、NAVと株価はほぼ同じです。オプション・プレミアムを2%以上獲得できていれば、株価の1%ぐらいが分配金の目安と言えそうです。つまり、毎月株価のほぼ1%が上限なので、 年間の利回りの最高値は12% になります。

ただし、2021年12月だけは、分配金が上限の1%を大きく上回って 1.27% です。1年間の運用がうまくいったため、キャピタル・ゲイン分配金を合わせたものと考えられます。

2020年3月以降は オプションプレミアムが2%を上回っており、これが2年以上 も続いています。 【RYLD】は【QYLD】や【XYLD】よりもプレミアムを獲得できている と言えます。

ちなみに、NAVから算出した過去1年分配金(2021年4月から2022年3月)は 11.94 % で、ほぼ上限の12%です。2021年12月の分配金は上限の1%で計算しました。これが現在の利回りという考え方もできますね。

獲得したオプション・プレミアムの比較

獲得したオプションプレミアムの比較です。グローバルX社の「GLOBAL X COVERD CALL ETF SUITE」のデータをグラフ化しました。50%カバードコール戦略ETFが設定された2020年9月以降の平均は、カバードコールETFは 【RYLD】2.70%、【QYLD】2.44%、【XYLD】1.81% 。【DJIA】は2022年3月の1回のみで1.76%。50%カバードコール戦略ETFは 【QYLG】1.32%、【XYLG】0.86% です。

CFDの配当と金利について解説|長期なら金利は超重要|GMOよりわかりやすく解説

机の上の若葉

【対象となる銘柄】 金スポット、銀スポット、白金スポット、株式CFD、原資産がETFなどの銘柄 【金利調整額が発生する理由】 金利調整額は、CFDのポジションを作る際の対価に発生する金利相当額で、CFDのポジションを翌営業日に持ち越した場合(オーバーナイトした場合)に発生します。 原資産とは何ですか

スポット銘柄の金利調整額は、当社がカバー先と行うロールオーバーのスワップポイントをもとに当社が決定いたします。また、株式CFDの金利調整額は、当社がカバーを行う際に発生する金利および貸株料に銀行間金利を加味したうえで当社が決定いたします。

発生する調整額は銘柄により異なります。

しかし投資家との契約を行った証券会社は、その取引を取引所や金融機関へ発注をかけています(その発注先のことをカバー先と言います)。

ロールオーバーのスワップポイント」ですが、これは、購入した建て玉(CFDの銘柄)をその日のうちに決済せずに翌日以降に繰り越し(このことをロールオーバーと呼びます)した場合、金・銀・白金などのスポット銘柄はドル建で購入しているため、日本円との金利差(スワップポイント)が生じることを意味しています。

基本的にドル建ての商品については、スポット商品であれ株式CFDであれドルのFF金利(短期金利)が2019年2月現在で2.5%ありますので、少なくとも2.5%の金利は課されるはずです。

権利調整額

【対象となる銘柄】 米国株CFD、中国株CFD、原資産がETFなどの銘柄 【権利調整額が発生する理由】 権利調整額は、CFDの原資産の株式等において配当金・分配金の支払いやコーポレートアクションが行われた際に、株主が受け取ることができる権利をCFD保有者にも付与するためのものです。

価格調整額

【対象となる銘柄】 日本225、原油など原資産が先物の銘柄 【価格調整額が発生する理由】 価格調整額は、CFDの原資産である先物の限月を乗り換えることによって、CFDの建玉に発生する評価損益を調整するためのものです。 【原資産が先物のCFD】 株価指数CFD、原油、天然ガス、コーン、大豆

リバランス戦略はオプション戦略にマッピングすることができる

こんにちは。YUMAです。今回はテキストによく出てくる3つのリバランス戦略について紹介します。これらはテキストの知識としてだけでなく実際の資産運用にも応用できる、もしくは考えの整理になると思います。簡単のために、株式(リスク資産)と現金(無リスク資産)の2資産アロケーションを考えてみます。Buy&Hold : リバランスなしリバランス戦略と言っておきながら最初はリバランスなしのBuy&Hold(買い持ち)です😁最もシンプルなので、ひとつの基準と言うかベンチマーク戦略になります。買い持ちなので、株式60% : 現金40%の資.

ところで、 リバランス戦略によって損益特性を変えるってのは原理的にはオプション戦略を取っていることと同じです。

オプションとは?

オプションとは何らかの原資産を、将来の予め定められた期日に予め決めた価格で売買する「権利」のことです。 ここで言う原資産とは日経平均や個別銘柄や金や原油など様々です。

コール・オプションの買い

  • 行使価格=1,000円
  • オプション・プレミアム=100円

コール・オプションの売り

プット・オプションの買い

  • 行使価格1,000円
  • オプションプレミアム50円

プット・オプションの売り

代表的なオプション戦略

ロング・ストラドル

「上がるか下がるかは分からないけど相場が大きく動くだろう」と考える人が取る戦略と言えます。

ショート・ストラドル

「相場は大きく上がりも下がりもしないだろう」「ボックス圏だろう」と考える人が取りやすい戦略と言えます。

固定ウェイトリバランスはオプションのショートでありCPPIはオプションのロングである

Buy&Holdの直線を基準に考えてみます。つまり、黒の直線をグラフの横軸だと思って斜めから見てください。

そうすると、 2つの曲線は(Buy&Holdに対して)ちょうどV字型と逆V字型になっていることが分かります。

固定ウェイトリバランスがショート・ストラドル、CPPIがロング・ストラドルの損益図と同じような形になるんです。

リバランス戦略とオプション戦略の類似点

有限損失か否か

オプションを買う分には損失は最初のプレミアム(オプション料)だけで有限 です。しかし、 売る場合には損失は非常に大きくなりえます。

この特性はリバランス戦略でも同じです。

CPPIというのはロング・ストラドル(オプションの両買い)ですから損失は限定されます。例えば、 資産価格が大幅な下落トレンドとなった場合でも、フロアを守るためにリスクを取らないようにしていくので損失は一定に収まります (その代わりリバウンドも取れません)。大幅上昇トレンドの場合には、トレンドフォロー的にどんどんリスクを取っていくので大きく儲けられる可能性もあります。

固定ウェイトリバランスはショート・ストラドル(オプションの両売り)と同じで損失が限定されません。つまり、 資産価格が大きくトレンドを持つ状況では、逆張り的なリバランスを繰り返すことによって、Buy&Holdに比べて損失は非常に大きくなる可能性があります。

ボラティリティの大きさとプレミアムは連動

オプションのプレミアム(オプション料)は相場のボラティリティに連動します。オプションは一種の保険ですから、ボラの高いような荒れ相場では保険料が高く、ボラが低い平和な相場では安くなります。

固定ウェイトリバランス(ショート・ストラドルに対応)の場合、儲けはオプション・プレミアムそのものです。 ボラが高い相場でボックス圏となれば小刻みな逆張りリバランスからの儲けは大きくなりことが分かります。 逆に、ボラが低い相場ではボックス圏であっても儲けは大きくなりません。

ポートフォリオのリターンを比較するとき、 どんなリバランス戦略も他に比べて有利or不利ということはあり得ません (リスクの観点では大いに意味がありますが)。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる