初心者に最適なトレーディングプラットフォーム 2022

投資信託の利回りとは

投資信託の利回りとは

資産運用を考えるときに重要となるのが、運用をする標品選びです。

現金のリスク~「減らない」って、本当に安心?~【第68回】 長期積立投資なら、投資信託の分配金はゼロが当然!



上記はある投資信託の運用実績と分配実績ですが、毎月分配型の投資信託がはやっていた時代も含めて、24年間、分配金の支払い実績がゼロ。こういう明確なポリシーのもとに運用を続けている投資信託は、信頼に値するのではないでしょうか? ただし、投資信託を選ぶのは自己責任で。

分配金支払いの予定が多ければ、コストも増えるのでは?

何が言いたいのか? 筆者の推測ですが、決算の回数が多い方が、運用報告書を作成する回数も多くなるため、コストが高いのではないかと思うのです。これには明確な根拠を見いだせず、筆者の憶測に過ぎません。しかし、もし筆者の憶測が正しいのでしたら、コストという側面を踏まえても、分配金の支払いの実績がゼロの投資信託の方が積立投資には向くのではないかと思うのです。

分配金の「再投資」を選ぶと、口数は増えるが……

筆者がかつて保有していた「毎月分配型」投資信託の「分配金再投資」の記録です。たまたま押し入れの中を漁っていたら、もといPCのデータを検索していたら出てきたので、ご参考までに載せてみました。肝心の分配金額は載っていませんが、上下を繰り返しながら、下落している基準価額に比べて、保有している口数の方は着実に増えているのが分かります。また、分配金額が変わらなかったので、口数が増えた分、再投資する分配金の額も、時々は増えることがありました。ただし、1万口当たりの分配金額が少額なため、口数が少し増えただけでは、分配金額は増えないのですが。

日付 基準価額 (保有)口数 キャッシュフロー
3月13日 6,892 725,479 500,000
6月17日 6,626 746,投資信託の利回りとは 830 494,847
8月14日 6,318 752,647 475,519
9月16日 5,702 765,293 436,369
10月23日 6,105 771,573 471,044
12月2日 6,130 777,911 476,投資信託の利回りとは 858
(翌年)4月1日 6,391 803,611 513,586

分配金の再投資で口数は増えたとしても、やはり肝心の基準価額の伸びは期待できません。基準価額の伸びこそ、投資信託の成長、すなわち長期投資の醍醐味と言えるでしょう。

資産運用の利回りの目安とは?金融商品別のランキングも紹介


資産運用をするうえで欠かせない「利回り」ですが、この利回りとは一体何なのでしょうか。

一般的に「1年間の年利回り」を 利回り と呼んでいます。簡単にいうと、「自分で投資した金額に対するリターン」のことです。

これは、 年間の利息だけではなく 商品を売却したときに発生する売却損益も含みます。

利回りを計算するときの公式は、 「(利息・分配金+売却損益)÷投資原本÷100」 で計算することができます。

資産運用の利回りの目安や目標はどれくらい?


資産運用では、手堅く確実に取り組むことが大切 となります。

個人が資産運用を考えるときには、 長い 目線で無理なく投資を続けること が重要となります。

資産運用の利回りの目安

個人が資産運用をするときは、利回りが5%~9%を目安とするとよいと思います。

利回りが低いとリスクが下がるので より手堅く、確実な投資 となります。一方、 利回りが高いということは、リターンが高くなる一方でリスクも上がります。

資産運用の利回りの目標

市場平均から見た利回りの目安は5%~9%となります。長期的な資産運用を計画しているのであれば、高くても10%程度にとどめておきましょう。

  • 運用したい資産額はいくらか
  • 何年間運用できるか
  • 最終的に資産をいくらにするか

無謀な利回り設定をしてしまうとリスクが上がってしまうため、 利回りは10%程度 を目標 とした現実的な資産運用を心がけましょう。

資産運用の利回りの計算方法


資産運用は、利回りが高いほど短い期間でのリターンが望めます。

反対に、 利回りの設定が高すぎるとリスクが大きくなり 資産運用が苦しくなるケースもあります。

  • 運用の目的は何か考える(教育・老後・介護など)
  • いつごろまでに必要な資金かイメージする
  • リスク許容度を考える

「単利運用」 とは、年間で出たリターンを次回の運用資産として考えない方法です。

「複利運用」 とは、年間で得たリターンを次の年の運用分として計算する方法です。

どちらがよいかは、目的や期間で変わります。しかし 資産運用は短期間よりも長期間運用 することで効果が出る ため、複利運用を利用することも考えるとよいでしょう。

パターン①:利回り3%

  • 運用資産(元本)1,000,000円
  • 利回りの目安3%

単利運用で利回り目安3%の場合

年数資産
1年目1,030,000円
2年目1,投資信託の利回りとは 060,000円
3年目1,090,000円
4年目1,120,000円
5年目1,150,000円
10年目1,投資信託の利回りとは 300,000円
15年目1,450,000円
20年目
1,投資信託の利回りとは 600,000円

複利運用で利回り目安3%の場合

年数資産
1年目1,030,000円
2年目1,060,900円
3年目1,092,投資信託の利回りとは 727円
4年目1,125,508円
5年目1,159,274円
10年目1,343,916円
15年目1,557,967円
20年目
1,806,111円

パターン②:利回り5%

単利運用で利回り目安5%の場合

年数資産
1年目
1,050,000円
2年目1,100,000円
3年目1,150,000円
4年目1,200,000円
5年目1,250,000円
10年目1,300,000円
15年目1,350,000円
20年目
1,400,000円

複利運用で利回り目安5%の場合

年数資産
1年目1,050,000円
2年目1,102,500円
3年目1,157,625円
4年目1,215,506円
5年目1,276,282円
10年目1,628,895円
15年目2,078,928円
20年目
2,653,298円

パターン③:利回り10%

単利運用で利回り目安10%の場合

年数資産
1年目1,100,000円
2年目1,200,000円
3年目1,300,000円
4年目1,400,000円
5年目1,500,000円
10年目2,000,000円
15年目2,500,000円
20年目
3,000,000円

単利運用で利回り目安10%の場合

年数資産
1年目1,100,000円
2年目
1,210,000円
3年目1,331,000円
4年目1,464,100円
5年目1,610,510円
10年目2,593,742円
15年目4,177,248円
20年目
6,727,500円

【金融商品別】利回りランキング


資産運用を考えるときに重要となるのが、運用をする標品選びです。

金融商品にはさまざまな種類がありますが、商品によって目安となる利回りのレベルが違います。

また投資には必ずリスクがあるため、 どの程度までリスクを取れるか で選ぶ商品も変わってきます。

1位:株式投資

  • 資金を集めたい企業が株式を発行
  • 株主になりたい投資家が企業の株式を買う
  • 株を売却することで得られる利益 がある
  • 株を持ち続けることで得られる利益 がある
  • 株価だけではなく、優待なども含めて考える
  • 売却での利益を考える場合、売却金額を決めておく
  • 市場全体の利回りと比較しながら、落ち着いてリサーチする

2位:投資信託

  • 投資家からお金を集めて1つの大きな資金にする
  • 投資の専門家が集めて資金を運用する
  • 投資信託ごとに決められらルールに基づいて、分散投資する

株式と投資信託の大きな違いには、 少額からでも投資しやすい 投資信託の利回りとは という点があります。そのため、積み立てにも設定しやすいというメリットがあります。

また、投資信託は「債券型」「株式型」など多数の種類から投資信託を選べます。そのためリスク許容度も自分のペースで設定しやすいです。

また、投資信託も投資の1つですから、元本の保障はありません。プロに任せる分安心感はありますが、あくまでも投資のリスクはあると理解しましょう。

3位:REIT(不動産投資信託)

REITとは「Real Estate Investment Trust」の略です。

投資信託とおなじく、投資家から集まった資金を1つの大きな資金として運用する投資方法です。

投資信託との違いは、資金を使い商業施設やビル、マンションなどを購入し、 賃貸料や売買ででた利益を投資家へ分配する という商品です。

REITにある3種類の投資戦略とは?

1つめの「特化型REIT」は、投資対象である不動産の用途を限定するタイプのREITです。

  • ホテルのみに投資
  • 商業施設のみに投資
  • 住宅向け不動産のみに投資

2つめは「複合型REIT」です。複合型は、 たとえばホテルと住宅といった用途の違う施設への投資をすることで安定性をはかる というものです。

3つめは「総合型REIT」です。特化型や複合型のように不動産の用途を分けずに、より分散して投資する方法です。

特化型や複合型のような大きな利益は見込めませんが、 より安定して投資できるため リスクを最小限にとどめることができる ようです。

気になるREITの利回りですが、 平均 利回りは4%程度を目安 とするとよい ようです。

REITでの資産運用を考えるときは、 目標の利回りによって投資戦略を考えてみる とよさそうです。

資産運用の利回りを各商品でシミュレーション

株式投資は、平均利回りが5%~9%となるのが現実的です。もしも単利運用で100万円の資金で10年間9%の利回りを期待する場合、

投資信託での資産運用では、7%程度の利回りが目安です。株式投資と同じように、単利運用でシミュレーションします。すると、10年間では170万円まで増えるイメージで運用できる事がわかります。

REITでの利回りは4%程度を目安にできるので、同じく100万円の資産を10年間運用すると、単利運用では140万円まで増えるイメージとなります。

まとめ:資産運用をする際は利回りの目標を設定しよう


この記事では資産運用の利回りは、売却損益を含んだ利益ということを紹介してきました。

貧乏サラリーマンの雑記ブログ

沖縄在住の貧乏サラリーマンが小金持ちを目指しながら自らの資産運用、不動産情報、沖縄おもしろ情報を発信しているブログです。

【毎月積立】積立投資信託の実績公開。

2022年6月の積立投資信託の結果!

①セゾン投信 グローバルバランスファンド 毎月1万積立

セゾン投信 グローバルバランスファンド 2022年6月損益

投資金額:62万円

損益:+143,784円(+145,715円)

利回り:+23.19%(+23.88%)

セゾン投信は1番最初にスタートした積立なので思い出もありますし、積立期間も5年経過したので次は10年目に向かって頑張ります!

f:id:chip39:20220103113359j:plain

②eMAXIS Slimバランス(8資産均等型) 毎月1万円積立

投資金額:39万円

損益:+50,825円(+56,212円)

利回り+13.03%(+14.79%)

投資信託の利回りとは

投資信託における利回りとは?種類や利率の違いを知る

  • 投資信託に興味がある
  • 投資信託で得られる利益を知りたい

投資信託の利回りとは?

投資信託における利回り=利益(分配金や売却損益)÷運用年数÷投資金額×100

投資信託の利回りと利率の違い

「投資信託における利回り」と「利率」との大きな違いは、利回りの「利益」には投資信託を売却して得た売却差益など運用によって得たすべての収益を含むということ。

例えば、投資金額100万円で1年間運用し、1万円の分配金と4万円の売却差益を得たとすると
「(1万円+4万円)÷1年間÷100万円×100=5%」の利回りになります。

利回りと騰落率の違い

パフォーマンスとは

利回りの計算方法

「投資信託」における利回りは、
「利益(分配金や売却損益)÷運用年数÷投資金額×100」
で計算ができます。

例えば、100万円の投資信託を5年間運用し、合計5万円の分配金を得て110万円で売却した場合、
「(5万円+売却益10万円)÷5年間÷100万円×100=3%」
の利回りになります。

諸費用を考慮した投資信託の利回り=(分配金+売却益-販売手数料-信託報酬-売却委託手数料-信託財産留保額-税金)÷運用年数÷投資金額×100

投資信託で得られる利益とは?

基準価額と分配金

1口あたりの「投資信託」の値段のことを「基準価額」と呼びます。
投資家からの出資金のうち、投資家に帰属する額を「純資産総額」といい、それを投資信託の総口数で割ることで「基準価額」が算出されます。
投資信託は、この基準価額を基に取引されるため、投資家は基準価額が上がれば、商品を売却する際に差益を期待できることになります。

この「基準価額」と「分配金」とは、実は密接なつながりがあります。
「純資産総額」のなかには、分配金を支払うための「分配対象額」が含まれていて、分配金支払い後は「純資産総額」が下がり、連動して「基準価額」も下落してしまいます。
分配金の支払い頻度や金額も投資信託によってさまざまですので、運用中は基準価額の動きも合わせて注視することが大切です。

2種類の分配金がある

毎月分配金を受け取れる、毎月分配型投資信託とは?

・「毎月分配型投資信託」のメリット
毎月一定額の「分配金」が受け取れるというのが最大のメリットです。
年金やお小遣いの足しとして、定期的に運用の成果を得たいという投資家におすすめです。

・「毎月分配型投資信託」のデメリット 投資信託の利回りとは
投資信託は、元本が保証される投資方法ではありません。
特に「毎月分配型投資信託」は、毎月の利益が「分配金」に回されるため、「純資産総額」および「基準価額」が上がらず、元本が取り崩されるケースもあります。
長期的に見ると複利効果も薄く、売却益も得られにくいと言えるでしょう。

投資信託を選ぶときの注意点

一般社団法人 投資信託協会によると現在(2021年7月末)、5,883本の公募投資信託が運用されています。
「これだけの商品のなかで、どれを選べばいいかわからない」と悩む投資初心者の方も多いのではないでしょうか。

【2022年最新版】投資信託利回りランキング

【第2位】T&Dダブルブル・ベア・シリーズ7
(ナスダック100・ダブルブル7)

トータルリターン(1年)+87.12% (2022年1月20日現在)
信託報酬1.034%
基準価格32,367円(2022年1月20日現在)
購入時手数料2.2%
運用区分アクティブ型

投資信託利回りランキング第二位は「 T&Dダブルブル・ベア・シリーズ7 」でした。

●運用方針
日々の基準価格の値動きがアメリカの株価指数であるナスダック100指数の騰落率(とうらくりつ)の2倍反対側になる投資成果を目指すファンドです。
投資先は様々です。

【第3位】eMAXIS Neoバーチャルリアリティ

トータルリターン(1年)+85.44%(2022年1月20日現在)
信託報酬0.792%
基準価格34,455円(2022年1月20日現在)
購入時手数料0%
運用区分インデックス型

投資信託利回りランキング第三位は「 eMAXIS Neo バーチャルリアリティ 」でした。

●運用方針
「S&P Kensho Electric Vehicles Index」に対応する投資成果を目指して運用をしています。
主な投資先は世界各国の電気自動車関連の企業です。

国内株式ランキングTOP3

ファンド名1年あたりの利回り
(2022年1月20日現在)
第1位日本株厳選ファンド・アジア3通貨コース35.05%
第2位よくわかる投資入門ファンド(日本)31.92%
第3位日本製鉄グループ株式オープン31.64%

国内債券

ファンド名1年あたりの利回り
(2022年1月20日現在)
第1位日本物価連動国債ファンド3.77%
第2位eMAXIS 国内物価連動国債インデックス3.36%
第3位MHAM物価連動国債ファンド3.28%

国際株式

国際株式の利回りは100%を超えるものが多く、他のファンドと比べると非常にハイリスク・ハイリターンな銘柄といえます。
短期的にある程度の資産を築きたい人 にオススメです。
ただ、資産を失う可能性があることは理解しておきましょう。

投資信託の利回りとは
ファンド名1年あたりの利回り
(2022年1月20日現在)
第1位eMAXIS Neoバーチャルリアリティ85.44%
第2位UBS原油先物ファンド80.14%
第3位ベトナム・ロータス・ファンド79.33%

国際債券

国際債券の利回りは50%前後となっていて、国内債券と比べるとかなり大きな数字です。
国際債券なので、リスクも大きくありません。
したがって、 安全に少しでも資産を大きくしたい人 にオススメです。

ファンド名1年あたりの利回り
(2022年1月20日現在)
第1位米国ハイ・インカムBDCファンド45.57%
第2位ミューズニッチ米国BDCファンド(毎月分配)44.72%
第3位ミューズニッチ米国BDCファンド(年2回決算)44.52%

バランス型

バランス型のファンドの特徴は、利回りが安定することです。
たとえ国内投資の調子が悪くても、国際投資の調子が良ければ相殺されて利回りが安定します。
投資先のバランスはファンドにより大きく異なるので確認しておきましょう。
安定した利回りを求める人 にオススメです。

ファンド名1年あたりの利回り
(2022年1月20日現在)
第1位ワールド・リート・セレクション(米国)62.83%
第2位ひとくふう先物リートファンド62.33%
第3位フィデリティ・US・ファンド(資産成長型)D59.20%

利回りとは

利回り(%)=(年間の分配金+売却益)÷投資金額÷100

利回りと利率の違い

利回りと騰落率(とうらくりつ)の違い

騰落率とは、 投資信託の基準価格がどれくらい変化したのかを、パーセントを使って表したもの です。
例えば、基準価格が1,000円のものが、1年後に1,200円になれば騰落率は20%です。
利回りも騰落率も証券会社を評価するうえでとても重要な指標なので確認しておきましょう。

利回りとパフォーマンスの違い

パフォーマンスは日本語で言うと 投資信託の利回りとは 運用実績 のことで、 投資によって得た収益が「良い」のか「悪い」のかを判断する指標 です。
ベンチマークという投資環境を図測る指標をもとに運用実績の良し悪しを決めています。
ただし、気を付けて欲しいことがあって、利回りが良い場合でもパフォーマンスは必ずしも良いとは限らないことです。

1:ベンチマークの利回りが7%(パフォーマンス低) 投資信託の利回りとは
利回りがベンチマークよりも高いので、パフォーマンスは高いと判断されます。

2:ベンチマークの利回りが15%(パフォーマンス高
利回りがベンチマークよりも低いので、パフォーマンスは低いと判断されます。

投資信託の平均利回り

投資信託の目標利回り

投資信託を始めたばかりの方はローリスク・ローリターンの運用をしている証券会社を選ぶましょう。
ローリスク・ローリターンの基準は平均利回りが10%以下となっていること です。

投資信託についての無料相談はこちら

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる