為替ニュース

おすすめの証券会社10選

おすすめの証券会社10選
性別:男性
年齢:30代
職業:正社員
大人気を誇る新規公開株を手に入れるためには、大抵の人は先ず抽選に参加して当選しなければいけません。しかし、これが厄介!応募者多数なため、当選することは至難の技。しかも、証券会社のほとんどはお得意様や、資金が潤沢な人を優遇するようなサービスになっており、一般の私達にとっては、IPO株をゲットすることはなかなか難しい。でも、マネックスさんの抽選は「完全平等制」な為、庶民にとっては優しいネット証券です。

IPO(新規公開株)の抽選に当選する6つのコツとおすすめ証券会社6選

IPO(新規公開株)の抽選に当選する6つのコツおすすめ証券会社6選

性別:男性
年齢:30代
職業:正社員

SBI証券はIPOに積極的で主幹事証券でないIPOでも多くのIPOの幹事証券となっており取り扱い銘柄が多いです。また、抽選に外れた場合はIPOチャレンジポイントがもらえます。株数の30%はIPOチャレンジポイントが多い人に割り当てられます。またIPOチャレンジポイントは落選した場合は減らないため、コツコツIPOにチャレンジすればいつかは割り当てがあるところが高評価のポイントです。

性別:女性
年齢:40代
職業:アルバイト・パート

IPO取り扱い実績数が他社に比べて圧倒的に多いため期待していますが、資金的に100〜200株しか申し込めないので当たったことはないです。1000株申し込めば10口と言うように、資金が多い人ほど抽選の口数を増えて有利になる制度なので、1口あたりの当選確率は低くなってしまうようです。ただIPOチャレンジポイント用の当選枠あり、外れた数だけポイントがたまっていくので諦めずに続けようと思っています。

おすすめ証券会社2:楽天証券……口座開設数トップレベルの人気ネット証券

IPO(新規公開株)の抽選に当選する6つのコツおすすめ証券会社6選

楽天証券は証券口座が700万口座(2021年12月時点)を超え、口座開設数トップレベルの人気ネット証券です。

楽天証券のIPO情報

IPO取扱実績
(2021年)
IPO主幹事実績
(2021年)
IPO抽選方法 前受金
要否
74社 0社 100%:抽選

楽天証券の利用は楽天経済圏でさらにお得に

さらにメリットが得られるのは、楽天銀行や楽天カードと合わせて使うことです。楽天銀行との口座連携サービス「マネーブリッジ」を利用すると、楽天銀行の普通預金金利が通常の5倍である年0.1%(税引前)に上昇します。投資信託を楽天カード決済で積立すると、100円につき1ポイントの楽天ポイントが付与されます。

楽天証券のIPOの配分方法……申込株数に応じて抽選が有利に

抽選方法は、IPOの購入申込の株数に応じて抽選番号が付与されます。申込株数が多いと抽選番号が多いため、抽選が有利です。

楽天証券で当選確率を上げる方法……資金力が影響

楽天証券のIPOの抽選で当選確率を上げるには、申込株数を増やして多くの抽選番号を付与されることです。楽天証券は前受金が必要なため、申込株数を多くするには相応の資金が必要です。つまり、資金力が当選確率に大きく影響します。

資金力がある人以外は、楽天証券での当選確率を上げるのは難しいといえます。資金額に応じて楽天証券や完全平等抽選の証券会社などに資金を分散し、多くの証券会社からIPOに申し込むことをおすすめします。

性別:男性
年齢:40代
職業:個人事業主

他の証券会社に比べてIPO株取引の手数料が安いです。 これは非常に魅力的です。 また、今はIPO銘柄の取り扱い数が少ないですが、最近は物凄い勢いで増加中です。 近い将来には、IPOにおいて他社に引けを取らない証券会社になると思います。 現状ではNISA口座で取引できないのが難点です。 手数料が安いと言う大メリットがあるので、これからの証券会社としての伸び代に期待します。

性別:女性
年齢:30代
職業:正社員

IPOはなかなか当選しないためいろんな証券会社に口座開設した方が当選しやすいとのことで楽天証券も利用しています。実際利用してみてまだ一度も当選したことはありません。良いところは買い付け資金がなくてもプレマには参加できるところだと思います。また特定口座とNISA口座を選択できるところもSBIにはないので魅力的だと思います。

おすすめ証券会社3:マネックス証券……米国株の取扱銘柄数が国内証券トップレベル

IPO(新規公開株)の抽選に当選する6つのコツおすすめ証券会社6選

マネックス証券は、米国株の取扱銘柄数が国内証券トップレベルで、取引手数料も最安レベルの米国株に強いネット証券です。

マネックス証券のIPO情報

IPO取扱実績
(2021年)
IPO主幹事実績
(2021年)
IPO抽選方法 前受金
要否
66社 0社
(共同主幹事1社)
100%:完全平等抽選

マネックス証券は取引ツールも充実している

日本株を分析しやすい「マネックス銘柄スカウター」やスピード注文が可能な高機能トレーディングツール「マネックストレーダー」など、ツールが多彩で充実しているのが特徴です。

マネックス証券のIPO取扱銘柄数……2015年から6年連続で取扱銘柄数トップ5

マネックス証券は、IPOの取扱銘柄数が多い証券会社です。IPO取扱銘柄数は、2015年から2020年までの6年連続で全証券会社のトップ5(マネックス証券による公表データ)に入っています。2021年のIPO取扱銘柄数は66であり、全体の52.おすすめの証券会社10選 8%の銘柄の取り扱いがありました。

マネックス証券のIPOの配分方法……100%完全平等抽選

マネックス証券は、原則としてすべてのIPOの株式配分先を抽選にて決定します。抽選の権利は1人に1票が付与され、資金の多少にかかわらず抽選は平等です。抽選はコンピューターにより行われ、人の意向は反映されません。IPOの株式が多くの人に配分されるように、1単位ずつ当選するように抽選されます。

性別:男性
年齢:30代
職業:正社員

大人気を誇る新規公開株を手に入れるためには、大抵の人は先ず抽選に参加して当選しなければいけません。しかし、これが厄介!応募者多数なため、当選することは至難の技。しかも、証券会社のほとんどはお得意様や、資金が潤沢な人を優遇するようなサービスになっており、一般の私達にとっては、IPO株をゲットすることはなかなか難しい。でも、マネックスさんの抽選は「完全平等制」な為、庶民にとっては優しいネット証券です。

性別:女性
年齢:30代
職業:正社員

SBI証券と楽天証券で口座を保有していますがIPO銘柄の当選がなかなかないためマネックス証券でも口座を開きました。実際開いてみて他の証券会社では一度もIPOに当選したことはなかったですがマネックス証券で一度だけですが当選しました。取扱銘柄数はSBIに比べると少ないのでIPOのメイン口座としては少々心もとない感じがします。

IPOに1株から申し込めるスマホ証券2選

1株からIPO投資できるサービスのメリット・デメリット

1株からIPOの株式を購入できれば、資金が多くなくても気軽にIPO投資できることがメリットです。IPOの株価は数千円程度が多いため1株であれば数千円程度でIPO投資できます。

逆にデメリットは、申し込みできる株数に上限があることです。SBIネオモバイル証券は上限99株、PayPay証券は上限100株のため、資金が多い人にとってはリターンが限られます。

1株からのIPO投資:SBIネオモバイル証券……初心者でもIPO投資を始めやすい

IPO(新規公開株)の抽選に当選する6つのコツおすすめ証券会社6選

SBIネオモバイル証券のIPO情報

IPO取扱実績
(2021年)
IPO主幹事実績
(2021年)
IPO抽選方法 前受金
要否
15社 0社 50%:平等抽選
50%:優遇枠抽選

IPO投資は1〜99株の範囲で申し込み可能

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)は、スマートフォンの利用に最適化した画面を利用できるスマホ証券です。分かりやすく操作しやすい画面で投資初心者にも適しています。ネオモバでは、Tポイントを利用した株やFXなどへのポイント投資が可能です。

1株からIPO投資できる「ひとかぶIPO」では、株数を1株~99株の範囲で指定して申し込みます。IPOの申し込みの際には前受金が必要で、申し込み時に買付資金が拘束されます。

SBIネオモバイル証券のIPOの配分方法……若年層などへの優遇枠あり

50.0%は平等抽選が行われ、当選する機会は平等です。残りの50.0%は平等抽選で当選しなかった人を対象に、当選確率が変動する優遇枠での抽選が行われます。優遇枠は「若年優遇(20代、30代)」「長期継続保有者優遇(3ヵ月以上)」「FX取引口座保持優遇」の3つです。

SBIネオモバイル証券のIPOの株式売却注文……初値成立後の翌日早朝から可能

ネオモバのひとかぶIPOは初値(株式市場での最初の株価)のタイミングでは売却できません。

1株からのIPO投資:PayPay証券……少額投資ができる日本初のスマホ証券

IPO(新規公開株)の抽選に当選する6つのコツおすすめ証券会社6選

PayPay証券は2016年に旧「One Tap BUY」としてサービスを開始した日本初のスマホ証券です。

PayPay証券のIPO情報

IPO取扱実績
(2021年)
IPO主幹事実績
(2021年)
IPO抽選方法 前受金
要否
0社 0社 100%:平等抽選

PayPay証券は「誰でもIPO!」で1〜100株まで申し込み可能

また、IPOサービス「誰でもIPO!」は1株から100株まで1株単位で申し込み可能なので、少額からIPO投資にチャレンジできます。

「誰でもIPO!」はIPO投資のハードルを下げる良いサービスですが、2022年1月18日時点で過去のIPO取扱銘柄が2018年12月19日上場のソフトバンク<9434>1銘柄のみです。今後はIPOの取り扱い銘柄が増えることを期待したいところです。

PayPay証券のIPOの配分方法……100%平等抽選ながら、完全平等抽選とは異なる

IPOの申し込み株数上限は100株のため、1人が当選する株数は100株までです。当選者によって当選の株数に差が生じるため、完全な平等ではありません。

PayPay証券でのIPO申し込みツール……専用アプリやパソコンから可能

NISA口座でIPO投資をするメリットは?おすすめ証券会社も紹介

NISA口座でIPO投資をするメリット……短期間の大きなリターンが非課税になる

NISA口座でIPO投資をするメリットは、収益が非課税になることです。株式投資で得られた利益に対する税率は20.315%ですが、NISA口座でのIPO投資なら収益に対する課税はありません。

NISA口座でIPO投資をする注意点……売るタイミングに気をつけたい

NISA口座では損失があっても損益通算できません。含み損のまま売却せずに保有し続けることもできますが、そのまま株価が下落し続けることは避けたいものです。

NISA口座でIPO投資ができる証券会社……SMBC日興証券やSBI証券が候補

NISA口座でのIPO投資は、多くの証券会社で対応しています。ただし、NISA口座の利用は一人につき1つの金融機関のみです。IPO投資でNISA口座を利用したいなら、IPOの抽選に当選する可能性が高いと考えられる証券会社にNISA口座を開設しましょう。

NISA口座の証券会社選びのポイントとして、IPOの取扱数と主幹事数が多い証券会社が候補に挙がります。その条件を満たす証券会社は、SMBC日興証券とSBI証券です。

NISA口座の候補:SMBC日興証券……ネット取引にも強い対面証券

SMBC日興証券のIPO情報

IPO取扱実績
(2021年)
IPO主幹事実績
(2021年)
IPO抽選方法 前受金
要否
約80社 24社 85%:抽選によらない配分
10%:完全平等抽選
5%:ステージ別抽選

IPOの取扱数と主幹事数がともに多く、IPOの抽選方法も詳細情報が公開されています。IPO投資で積極的に利用したい証券会社です。

IPO(新規公開株)の抽選に当選する6つのコツおすすめ証券会社6選

NISA口座の候補:SBI証券……IPO取扱数トップでIPOチャレンジポイントもある

SBI証券のIPO情報

おすすめの証券会社10選 おすすめの証券会社10選
IPO取扱実績
(2021年)
IPO主幹事実績
(2021年)
IPO抽選方法 前受金
要否
122社 18社 60%:抽選
30%:IPOチャレンジポイント
10%:抽選によらない配分

SBI証券のS株(単元未満株)なら、数百円程度からの株式投資が可能です。NISAの投資枠が余っている場合でも、S株を利用すれば投資枠を使い切りやすいでしょう。

NISA口座でIPOの購入申込をする方法……NISA口座と課税口座に分割して購入できる

NISA口座でIPO投資をする場合は、IPOの購入申込で口座の区分(NISA口座や特定口座など)を指定します。証券会社によっては、NISA口座と課税口座(特定口座・一般口座)に分割してのIPO投資も可能です。たとえば、IPOの抽選で500株当選した場合は、NISA口座に200株、特定口座に300株というように購入する口座を分割できます。

IPOの抽選についてよくある質問(Q&A)

全てのIPOの抽選に申し込みできますか? IPO銘柄を取り扱う証券会社からの申し込みが可能です。多くの証券会社に口座を保有すれば、ほとんどのIPOに申し込めます。

前受金が必要な証券会社は、SBI証券、SMBC日興証券、マネックス証券、楽天証券などです。前受金が不要な証券会社は、野村證券、松井証券、岡三オンライン証券、SBIネオトレード証券などです。

IPOの主幹事とは何ですか? IPOの主幹事とは、新規上場のために中心になってサポートする証券会社です。主幹事は主幹事証券と呼ばれることもあり、IPOに関する手続きや株価の設定などを行います。

IPOの株式を引き受けて販売する証券会社を幹事証券と呼びますが、中心になる主幹事証券はIPOの引受株数が多い傾向です。主幹事証券は、IPOの株式の8割から9割程度を引き受ける傾向があります。そのため主幹事証券から応募すると、抽選方法によっては当選しやすいでしょう。

通常の株式とIPOの株式は何が違うのですか? 通常の株式はすでに証券取引所に上場していて、IPOの株式は新規に証券取引所に上場する違いがあります。

IPOの抽選で落選したら前受金は戻りますか? IPOの前受金が拘束される証券会社で抽選に落選した場合は、前受金の拘束が解放されて証券口座に戻ります。

本記事での完全平等抽選と平等抽選の共通点・相違点

おすすめの証券会社10選 おすすめの証券会社10選 おすすめの証券会社10選
当選確率 当選する株数
完全平等抽選 平等 平等
平等抽選 平等 平等でない
完全平等抽選と平等抽選の共通点は、当選確率が平等だということです。どちらも1人1票の抽選により、誰でも当選確率が同じ抽選のことです。

完全平等抽選と平等抽選の相違点は、当選した場合の株数です。完全平等抽選では、当選者の当選株数が平等に割り当てられるのに対して、平等抽選では当選者によって当選株数に差が生じます。

IPOの抽選は継続してこそ当選に近づく

IPO投資は、投資には珍しくリスクが低めでリターンが高めの人気の投資方法です。そのため、IPO投資を行うには抽選による当選などで、IPOの株式を購入する権利を得ることが必要です。

IPOの抽選で当選を狙うには、なるべく多くの証券会社に口座を開設して、多くの証券会社から申し込むことがポイントです。

IPOおすすめネット証券を比較&ランキング【2022年版】|IPOとは?

IPOおすすめネット証券を比較&ランキング【2022年版】|IPOとは?

例えば、2018年4月に上場したHEROZという会社の銘柄は 発行価格が4,500円でしたが、上場後の初値は49,000円もの値がつきました。
IPOでは、基本的には購入単位は100株単位となるので、購入価格4,500円×100株=450,000円分の購入株が、上場後には初値49,000円×100株=4,900,000円。これを上場後に売却すると、なんと445万円もの利益が発生したという結果になりました。

ここまで上がるIPO株はなかなかありませんが、値上がりしやすいというのがIPOの最大の魅力です。
もちろん、中には値下がりする銘柄もありますので、IPO株は必ず利益がでる というわけではないので注意が必要です。

そして、IPOの注意点は 抽選によってしか買えないという点です。事前の申し込み・抽選を経て、当選者のみが購入できる権利を得れます。抽選方法は、証券会社によって異なり、公平なところもあれば 過去の取引実績によって有利になる口座もあります。

どのようなIPOが出てくるのかは 証券会社のホームページ上に掲載されています。 各銘柄にはそれぞれ申込期限が設定されているので、自分の希望するIPOを入手できるように計画的に行動・狙った口座からの応募をしましょう!

IPO(新規公開株)向きのおすすめネット証券会社ランキング - 2022年度版

各社の比較からIPOおすすめネット証券ランキングを作成しました。管理人が各社HPのIPOに関する運営指針まで詳細に調査し「IPOやるならこの証券口座を開けておきましょう」と言うネット証券を下記の点から厳選しています!

  • IPO取扱実績
  • IPO抽選ルール
    ■ 1人1票・・・資金に関係なく、1申込のみ
    ■ 1口1票・・・応募の口数に応じて1票(資金が多ければ2,3票と申込が可能)

IPO投資は多くの口座を持っている方が有利ですので1位~3位の証券口座を全てを開設する気持ちでランキングをご覧ください♪

マネックス証券

知る人ぞ知るIPO向きのおすすめネット証券がマネックス証券!

1銘柄に対し、1人1票制のため 誰にでも当選チャンスがある100%平等抽選に加え、取扱実績も毎年多く 且つ 主幹事実績もあるIPO穴場のネット証券です。
完全公平な抽選方式はファンから絶大な人気を博しています!

IPO(新規公開株)の抽選に当選する6つのコツとおすすめ証券会社6選

IPO(新規公開株)の抽選に当選する6つのコツおすすめ証券会社6選

性別:男性
年齢:30代
職業:正社員

SBI証券はIPOに積極的で主幹事証券でないIPOでも多くのIPOの幹事証券となっており取り扱い銘柄が多いです。また、抽選に外れた場合はIPOチャレンジポイントがもらえます。株数の30%はIPOチャレンジポイントが多い人に割り当てられます。またIPOチャレンジポイントは落選した場合は減らないため、コツコツIPOにチャレンジすればいつかは割り当てがあるところが高評価のポイントです。

性別:女性
年齢:40代
職業:アルバイト・パート

IPO取り扱い実績数が他社に比べて圧倒的に多いため期待していますが、資金的に100〜200株しか申し込めないので当たったことはないです。1000株申し込めば10口と言うように、資金が多い人ほど抽選の口数を増えて有利になる制度なので、1口あたりの当選確率は低くなってしまうようです。ただIPOチャレンジポイント用の当選枠あり、外れた数だけポイントがたまっていくので諦めずに続けようと思っています。

おすすめ証券会社2:楽天証券……口座開設数トップレベルの人気ネット証券

IPO(新規公開株)の抽選に当選する6つのコツおすすめ証券会社6選

楽天証券は証券口座が700万口座(2021年12月時点)を超え、口座開設数トップレベルの人気ネット証券です。

楽天証券のIPO情報

おすすめの証券会社10選
IPO取扱実績
(2021年)
IPO主幹事実績
(2021年)
IPO抽選方法 前受金
要否
74社0社 100%:抽選

楽天証券の利用は楽天経済圏でさらにお得に

さらにメリットが得られるのは、楽天銀行や楽天カードと合わせて使うことです。楽天銀行との口座連携サービス「マネーブリッジ」を利用すると、楽天銀行の普通預金金利が通常の5倍である年0.1%(税引前)に上昇します。投資信託を楽天カード決済で積立すると、100円につき1ポイントの楽天ポイントが付与されます。

楽天証券のIPOの配分方法……申込株数に応じて抽選が有利に

抽選方法は、IPOの購入申込の株数に応じて抽選番号が付与されます。申込株数が多いと抽選番号が多いため、抽選が有利です。

楽天証券で当選確率を上げる方法……資金力が影響

楽天証券のIPOの抽選で当選確率を上げるには、申込株数を増やして多くの抽選番号を付与されることです。楽天証券は前受金が必要なため、申込株数を多くするには相応の資金が必要です。つまり、資金力が当選確率に大きく影響します。

資金力がある人以外は、楽天証券での当選確率を上げるのは難しいといえます。資金額に応じて楽天証券や完全平等抽選の証券会社などに資金を分散し、多くの証券会社からIPOに申し込むことをおすすめします。

性別:男性
年齢:40代
職業:個人事業主

他の証券会社に比べてIPO株取引の手数料が安いです。 これは非常に魅力的です。 また、今はIPO銘柄の取り扱い数が少ないですが、最近は物凄い勢いで増加中です。 近い将来には、IPOにおいて他社に引けを取らない証券会社になると思います。 現状ではNISA口座で取引できないのが難点です。 手数料が安いと言う大メリットがあるので、これからの証券会社としての伸び代に期待します。

性別:女性
年齢:30代
職業:正社員

IPOはなかなか当選しないためいろんな証券会社に口座開設した方が当選しやすいとのことで楽天証券も利用しています。実際利用してみてまだ一度も当選したことはありません。良いところは買い付け資金がなくてもプレマには参加できるところだと思います。また特定口座とNISA口座を選択できるところもSBIにはないので魅力的だと思います。

おすすめ証券会社3:マネックス証券……米国株の取扱銘柄数が国内証券トップレベル

IPO(新規公開株)の抽選に当選する6つのコツおすすめ証券会社6選

マネックス証券は、米国株の取扱銘柄数が国内証券トップレベルで、取引手数料も最安レベルの米国株に強いネット証券です。

マネックス証券のIPO情報

おすすめの証券会社10選
IPO取扱実績
(2021年)
IPO主幹事実績
(2021年)
IPO抽選方法 前受金
要否
66社 0社
(共同主幹事1社)
100%:完全平等抽選

マネックス証券は取引ツールも充実している

日本株を分析しやすい「マネックス銘柄スカウター」やスピード注文が可能な高機能トレーディングツール「マネックストレーダー」など、ツールが多彩で充実しているのが特徴です。

マネックス証券のIPO取扱銘柄数……2015年から6年連続で取扱銘柄数トップ5

マネックス証券は、IPOの取扱銘柄数が多い証券会社です。IPO取扱銘柄数は、2015年から2020年までの6年連続で全証券会社のトップ5(マネックス証券による公表データ)に入っています。2021年のIPO取扱銘柄数は66であり、全体の52.8%の銘柄の取り扱いがありました。

マネックス証券のIPOの配分方法……100%完全平等抽選

マネックス証券は、原則としてすべてのIPOの株式配分先を抽選にて決定します。抽選の権利は1人に1票が付与され、資金の多少にかかわらず抽選は平等です。抽選はコンピューターにより行われ、人の意向は反映されません。IPOの株式が多くの人に配分されるように、1単位ずつ当選するように抽選されます。

性別:男性
年齢:30代
職業:正社員

大人気を誇る新規公開株を手に入れるためには、大抵の人は先ず抽選に参加して当選しなければいけません。しかし、これが厄介!応募者多数なため、当選することは至難の技。しかも、証券会社のほとんどはお得意様や、資金が潤沢な人を優遇するようなサービスになっており、一般の私達にとっては、IPO株をゲットすることはなかなか難しい。でも、マネックスさんの抽選は「完全平等制」な為、庶民にとっては優しいネット証券です。

性別:女性
年齢:30代
職業:正社員

SBI証券と楽天証券で口座を保有していますがIPO銘柄の当選がなかなかないためマネックス証券でも口座を開きました。実際開いてみて他の証券会社では一度もIPOに当選したことはなかったですがマネックス証券で一度だけですが当選しました。取扱銘柄数はSBIに比べると少ないのでIPOのメイン口座としては少々心もとない感じがします。

IPOに1株から申し込めるスマホ証券2選

1株からIPO投資できるサービスのメリット・デメリット

1株からIPOの株式を購入できれば、資金が多くなくても気軽にIPO投資できることがメリットです。IPOの株価は数千円程度が多いため1株であれば数千円程度でIPO投資できます。

逆にデメリットは、申し込みできる株数に上限があることです。SBIネオモバイル証券は上限99株、PayPay証券は上限100株のため、資金が多い人にとってはリターンが限られます。

1株からのIPO投資:SBIネオモバイル証券……初心者でもIPO投資を始めやすい

IPO(新規公開株)の抽選に当選する6つのコツおすすめ証券会社6選

SBIネオモバイル証券のIPO情報

IPO取扱実績
(2021年)
IPO主幹事実績
(2021年)
IPO抽選方法 前受金
要否
15社 0社 50%:平等抽選
50%:優遇枠抽選

IPO投資は1〜99株の範囲で申し込み可能

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)は、スマートフォンの利用に最適化した画面を利用できるスマホ証券です。分かりやすく操作しやすい画面で投資初心者にも適しています。ネオモバでは、Tポイントを利用した株やFXなどへのポイント投資が可能です。

1株からIPO投資できる「ひとかぶIPO」では、株数を1株~99株の範囲で指定して申し込みます。IPOの申し込みの際には前受金が必要で、申し込み時に買付資金が拘束されます。

SBIネオモバイル証券のIPOの配分方法……若年層などへの優遇枠あり

50.0%は平等抽選が行われ、当選する機会は平等です。残りの50.0%は平等抽選で当選しなかった人を対象に、当選確率が変動する優遇枠での抽選が行われます。優遇枠は「若年優遇(20代、30代)」「長期継続保有者優遇(3ヵ月以上)」「FX取引口座保持優遇」の3つです。

SBIネオモバイル証券のIPOの株式売却注文……初値成立後の翌日早朝から可能

ネオモバのひとかぶIPOは初値(株式市場での最初の株価)のタイミングでは売却できません。

1株からのIPO投資:PayPay証券……少額投資ができる日本初のスマホ証券

IPO(新規公開株)の抽選に当選する6つのコツおすすめ証券会社6選

PayPay証券は2016年に旧「One Tap BUY」としてサービスを開始した日本初のスマホ証券です。

PayPay証券のIPO情報

IPO取扱実績
(2021年)
IPO主幹事実績
(2021年)
IPO抽選方法 前受金
要否
0社 0社 100%:平等抽選

PayPay証券は「誰でもIPO!」で1〜100株まで申し込み可能

また、IPOサービス「誰でもIPO!」は1株から100株まで1株単位で申し込み可能なので、少額からIPO投資にチャレンジできます。

「誰でもIPO!」はIPO投資のハードルを下げる良いサービスですが、2022年1月18日時点で過去のIPO取扱銘柄が2018年12月19日上場のソフトバンク<9434>1銘柄のみです。今後はIPOの取り扱い銘柄が増えることを期待したいところです。

PayPay証券のIPOの配分方法……100%平等抽選ながら、完全平等抽選とは異なる

IPOの申し込み株数上限は100株のため、1人が当選する株数は100株までです。当選者によって当選の株数に差が生じるため、完全な平等ではありません。

PayPay証券でのIPO申し込みツール……専用アプリやパソコンから可能

NISA口座でIPO投資をするメリットは?おすすめ証券会社も紹介

NISA口座でIPO投資をするメリット……短期間の大きなリターンが非課税になる

NISA口座でIPO投資をするメリットは、収益が非課税になることです。株式投資で得られた利益に対する税率は20.315%ですが、NISA口座でのIPO投資なら収益に対する課税はありません。

NISA口座でIPO投資をする注意点……売るタイミングに気をつけたい

NISA口座では損失があっても損益通算できません。含み損のまま売却せずに保有し続けることもできますが、そのまま株価が下落し続けることは避けたいものです。

NISA口座でIPO投資ができる証券会社……SMBC日興証券やSBI証券が候補

NISA口座でのIPO投資は、多くの証券会社で対応しています。ただし、NISA口座の利用は一人につき1つの金融機関のみです。IPO投資でNISA口座を利用したいなら、IPOの抽選に当選する可能性が高いと考えられる証券会社にNISA口座を開設しましょう。

NISA口座の証券会社選びのポイントとして、IPOの取扱数と主幹事数が多い証券会社が候補に挙がります。その条件を満たす証券会社は、SMBC日興証券とSBI証券です。

NISA口座の候補:SMBC日興証券……ネット取引にも強い対面証券

SMBC日興証券のIPO情報

IPO取扱実績
(2021年)
IPO主幹事実績
(2021年)
IPO抽選方法 前受金
要否
約80社 24社 85%:抽選によらない配分
10%:完全平等抽選
5%:ステージ別抽選

IPOの取扱数と主幹事数がともに多く、IPOの抽選方法も詳細情報が公開されています。IPO投資で積極的に利用したい証券会社です。

IPO(新規公開株)の抽選に当選する6つのコツおすすめ証券会社6選

NISA口座の候補:SBI証券……IPO取扱数トップでIPOチャレンジポイントもある

SBI証券のIPO情報

IPO取扱実績
(2021年)
IPO主幹事実績
(2021年)
IPO抽選方法 前受金
要否
122社 18社 60%:抽選
30%:IPOチャレンジポイント
10%:抽選によらない配分

SBI証券のS株(単元未満株)なら、数百円程度からの株式投資が可能です。NISAの投資枠が余っている場合でも、S株を利用すれば投資枠を使い切りやすいでしょう。

NISA口座でIPOの購入申込をする方法……NISA口座と課税口座に分割して購入できる

NISA口座でIPO投資をする場合は、IPOの購入申込で口座の区分(NISA口座や特定口座など)を指定します。証券会社によっては、NISA口座と課税口座(特定口座・一般口座)に分割してのIPO投資も可能です。たとえば、IPOの抽選で500株当選した場合は、NISA口座に200株、特定口座に300株というように購入する口座を分割できます。

IPOの抽選についてよくある質問(Q&A)

全てのIPOの抽選に申し込みできますか? IPO銘柄を取り扱う証券会社からの申し込みが可能です。多くの証券会社に口座を保有すれば、ほとんどのIPOに申し込めます。

前受金が必要な証券会社は、SBI証券、SMBC日興証券、マネックス証券、楽天証券などです。前受金が不要な証券会社は、野村證券、松井証券、岡三オンライン証券、SBIネオトレード証券などです。

IPOの主幹事とは何ですか? IPOの主幹事とは、新規上場のために中心になってサポートする証券会社です。主幹事は主幹事証券と呼ばれることもあり、IPOに関する手続きや株価の設定などを行います。

IPOの株式を引き受けて販売する証券会社を幹事証券と呼びますが、中心になる主幹事証券はIPOの引受株数が多い傾向です。主幹事証券は、IPOの株式の8割から9割程度を引き受ける傾向があります。そのため主幹事証券から応募すると、抽選方法によっては当選しやすいでしょう。

通常の株式とIPOの株式は何が違うのですか? 通常の株式はすでに証券取引所に上場していて、IPOの株式は新規に証券取引所に上場する違いがあります。

IPOの抽選で落選したら前受金は戻りますか? IPOの前受金が拘束される証券会社で抽選に落選した場合は、前受金の拘束が解放されて証券口座に戻ります。

本記事での完全平等抽選と平等抽選の共通点・相違点

当選確率 当選する株数
完全平等抽選 平等 平等
平等抽選 平等 平等でない
完全平等抽選と平等抽選の共通点は、当選確率が平等だということです。どちらも1人1票の抽選により、誰でも当選確率が同じ抽選のことです。

完全平等抽選と平等抽選の相違点は、当選した場合の株数です。完全平等抽選では、当選者の当選株数が平等に割り当てられるのに対して、平等抽選では当選者によって当選株数に差が生じます。

IPOの抽選は継続してこそ当選に近づく

IPO投資は、投資には珍しくリスクが低めでリターンが高めの人気の投資方法です。そのため、IPO投資を行うには抽選による当選などで、IPOの株式を購入する権利を得ることが必要です。

IPOの抽選で当選を狙うには、なるべく多くの証券会社に口座を開設して、多くの証券会社から申し込むことがポイントです。

IPO(新規公開株)の抽選に当選する6つのコツとおすすめ証券会社6選

IPO(新規公開株)の抽選に当選する6つのコツおすすめ証券会社6選

性別:男性
年齢:30代
職業:正社員

SBI証券はIPOに積極的で主幹事証券でないIPOでも多くのIPOの幹事証券となっており取り扱い銘柄が多いです。また、抽選に外れた場合はIPOチャレンジポイントがもらえます。株数の30%はIPOチャレンジポイントが多い人に割り当てられます。またIPOチャレンジポイントは落選した場合は減らないため、コツコツIPOにチャレンジすればいつかは割り当てがあるところが高評価のポイントです。

性別:女性
年齢:40代
職業:アルバイト・パート

IPO取り扱い実績数が他社に比べて圧倒的に多いため期待していますが、資金的に100〜200株しか申し込めないので当たったことはないです。1000株申し込めば10口と言うように、資金が多い人ほど抽選の口数を増えて有利になる制度なので、1口あたりの当選確率は低くなってしまうようです。ただIPOチャレンジポイント用の当選枠あり、外れた数だけポイントがたまっていくので諦めずに続けようと思っています。

おすすめの証券会社10選

おすすめ証券会社2:楽天証券……口座開設数トップレベルの人気ネット証券

IPO(新規公開株)の抽選に当選する6つのコツおすすめ証券会社6選

楽天証券は証券口座が700万口座(2021年12月時点)を超え、口座開設数トップレベルの人気ネット証券です。

楽天証券のIPO情報

IPO取扱実績
(2021年)
IPO主幹事実績
(2021年)
IPO抽選方法 前受金
要否
74社 0社 100%:抽選

楽天証券の利用は楽天経済圏でさらにお得に

さらにメリットが得られるのは、楽天銀行や楽天カードと合わせて使うことです。楽天銀行との口座連携サービス「マネーブリッジ」を利用すると、楽天銀行の普通預金金利が通常の5倍である年0.1%(税引前)に上昇します。投資信託を楽天カード決済で積立すると、100円につき1ポイントの楽天ポイントが付与されます。

楽天証券のIPOの配分方法……申込株数に応じて抽選が有利に

抽選方法は、IPOの購入申込の株数に応じて抽選番号が付与されます。申込株数が多いと抽選番号が多いため、抽選が有利です。

楽天証券で当選確率を上げる方法……資金力が影響

楽天証券のIPOの抽選で当選確率を上げるには、申込株数を増やして多くの抽選番号を付与されることです。楽天証券は前受金が必要なため、申込株数を多くするには相応の資金が必要です。つまり、資金力が当選確率に大きく影響します。

資金力がある人以外は、楽天証券での当選確率を上げるのは難しいといえます。資金額に応じて楽天証券や完全平等抽選の証券会社などに資金を分散し、多くの証券会社からIPOに申し込むことをおすすめします。

性別:男性
年齢:40代
職業:個人事業主

他の証券会社に比べてIPO株取引の手数料が安いです。 これは非常に魅力的です。 また、今はIPO銘柄の取り扱い数が少ないですが、最近は物凄い勢いで増加中です。 近い将来には、IPOにおいて他社に引けを取らない証券会社になると思います。 現状ではNISA口座で取引できないのが難点です。 手数料が安いと言う大メリットがあるので、これからの証券会社としての伸び代に期待します。

性別:女性
年齢:30代
職業:正社員

IPOはなかなか当選しないためいろんな証券会社に口座開設した方が当選しやすいとのことで楽天証券も利用しています。実際利用してみてまだ一度も当選したことはありません。良いところは買い付け資金がなくてもプレマには参加できるところだと思います。また特定口座とNISA口座を選択できるところもSBIにはないので魅力的だと思います。

おすすめ証券会社3:マネックス証券……米国株の取扱銘柄数が国内証券トップレベル

IPO(新規公開株)の抽選に当選する6つのコツおすすめ証券会社6選

マネックス証券は、米国株の取扱銘柄数が国内証券トップレベルで、取引手数料も最安レベルの米国株に強いネット証券です。

マネックス証券のIPO情報

おすすめの証券会社10選
IPO取扱実績
(2021年)
IPO主幹事実績
(2021年)
IPO抽選方法 前受金
要否
66社 0社
(共同主幹事1社)
100%:完全平等抽選

マネックス証券は取引ツールも充実している

日本株を分析しやすい「マネックス銘柄スカウター」やスピード注文が可能な高機能トレーディングツール「マネックストレーダー」など、ツールが多彩で充実しているのが特徴です。

マネックス証券のIPO取扱銘柄数……2015年から6年連続で取扱銘柄数トップ5

マネックス証券は、IPOの取扱銘柄数が多い証券会社です。IPO取扱銘柄数は、2015年から2020年までの6年連続で全証券会社のトップ5(マネックス証券による公表データ)に入っています。2021年のIPO取扱銘柄数は66であり、全体の52.8%の銘柄の取り扱いがありました。

マネックス証券のIPOの配分方法……100%完全平等抽選

マネックス証券は、原則としてすべてのIPOの株式配分先を抽選にて決定します。抽選の権利は1人に1票が付与され、資金の多少にかかわらず抽選は平等です。抽選はコンピューターにより行われ、人の意向は反映されません。IPOの株式が多くの人に配分されるように、1単位ずつ当選するように抽選されます。

性別:男性
年齢:30代
職業:正社員

大人気を誇る新規公開株を手に入れるためには、大抵の人は先ず抽選に参加して当選しなければいけません。しかし、これが厄介!応募者多数なため、当選することは至難の技。しかも、証券会社のほとんどはお得意様や、資金が潤沢な人を優遇するようなサービスになっており、一般の私達にとっては、IPO株をゲットすることはなかなか難しい。でも、マネックスさんの抽選は「完全平等制」な為、庶民にとっては優しいネット証券です。

性別:女性
年齢:30代
職業:正社員

SBI証券と楽天証券で口座を保有していますがIPO銘柄の当選がなかなかないためマネックス証券でも口座を開きました。実際開いてみて他の証券会社では一度もIPOに当選したことはなかったですがマネックス証券で一度だけですが当選しました。取扱銘柄数はSBIに比べると少ないのでIPOのメイン口座としては少々心もとない感じがします。

IPOに1株から申し込めるスマホ証券2選

1株からIPO投資できるサービスのメリット・デメリット

1株からIPOの株式を購入できれば、資金が多くなくても気軽にIPO投資できることがメリットです。IPOの株価は数千円程度が多いため1株であれば数千円程度でIPO投資できます。

逆にデメリットは、申し込みできる株数に上限があることです。SBIネオモバイル証券は上限99株、PayPay証券は上限100株のため、資金が多い人にとってはリターンが限られます。

1株からのIPO投資:SBIネオモバイル証券……初心者でもIPO投資を始めやすい

IPO(新規公開株)の抽選に当選する6つのコツおすすめ証券会社6選

SBIネオモバイル証券のIPO情報

おすすめの証券会社10選
IPO取扱実績
(2021年)
IPO主幹事実績
(2021年)
IPO抽選方法 前受金
要否
15社 0社 50%:平等抽選
50%:優遇枠抽選

IPO投資は1〜99株の範囲で申し込み可能

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)は、スマートフォンの利用に最適化した画面を利用できるスマホ証券です。分かりやすく操作しやすい画面で投資初心者にも適しています。ネオモバでは、Tポイントを利用した株やFXなどへのポイント投資が可能です。

1株からIPO投資できる「ひとかぶIPO」では、株数を1株~99株の範囲で指定して申し込みます。IPOの申し込みの際には前受金が必要で、申し込み時に買付資金が拘束されます。

SBIネオモバイル証券のIPOの配分方法……若年層などへの優遇枠あり

50.0%は平等抽選が行われ、当選する機会は平等です。残りの50.0%は平等抽選で当選しなかった人を対象に、当選確率が変動する優遇枠での抽選が行われます。優遇枠は「若年優遇(20代、30代)」「長期継続保有者優遇(3ヵ月以上)」「FX取引口座保持優遇」の3つです。

SBIネオモバイル証券のIPOの株式売却注文……初値成立後の翌日早朝から可能

ネオモバのひとかぶIPOは初値(株式市場での最初の株価)のタイミングでは売却できません。

1株からのIPO投資:PayPay証券……少額投資ができる日本初のスマホ証券

IPO(新規公開株)の抽選に当選する6つのコツおすすめ証券会社6選

PayPay証券は2016年に旧「One Tap BUY」としてサービスを開始した日本初のスマホ証券です。

PayPay証券のIPO情報

おすすめの証券会社10選
IPO取扱実績
(2021年)
IPO主幹事実績
(2021年)
IPO抽選方法 前受金 おすすめの証券会社10選
要否
0社 0社 100%:平等抽選

PayPay証券は「誰でもIPO!」で1〜100株まで申し込み可能

また、IPOサービス「誰でもIPO!」は1株から100株まで1株単位で申し込み可能なので、少額からIPO投資にチャレンジできます。

「誰でもIPO!」はIPO投資のハードルを下げる良いサービスですが、2022年1月18日時点で過去のIPO取扱銘柄が2018年12月19日上場のソフトバンク<9434>1銘柄のみです。今後はIPOの取り扱い銘柄が増えることを期待したいところです。

PayPay証券のIPOの配分方法……100%平等抽選ながら、完全平等抽選とは異なる

IPOの申し込み株数上限は100株のため、1人が当選する株数は100株までです。当選者によって当選の株数に差が生じるため、完全な平等ではありません。

PayPay証券でのIPO申し込みツール……専用アプリやパソコンから可能

NISA口座でIPO投資をするメリットは?おすすめ証券会社も紹介

NISA口座でIPO投資をするメリット……短期間の大きなリターンが非課税になる

NISA口座でIPO投資をするメリットは、収益が非課税になることです。株式投資で得られた利益に対する税率は20.315%ですが、NISA口座でのIPO投資なら収益に対する課税はありません。

NISA口座でIPO投資をする注意点……売るタイミングに気をつけたい

NISA口座では損失があっても損益通算できません。含み損のまま売却せずに保有し続けることもできますが、そのまま株価が下落し続けることは避けたいものです。

NISA口座でIPO投資ができる証券会社……SMBC日興証券やSBI証券が候補

NISA口座でのIPO投資は、多くの証券会社で対応しています。ただし、NISA口座の利用は一人につき1つの金融機関のみです。IPO投資でNISA口座を利用したいなら、IPOの抽選に当選する可能性が高いと考えられる証券会社にNISA口座を開設しましょう。

NISA口座の証券会社選びのポイントとして、IPOの取扱数と主幹事数が多い証券会社が候補に挙がります。その条件を満たす証券会社は、SMBC日興証券とSBI証券です。

NISA口座の候補:SMBC日興証券……ネット取引にも強い対面証券

SMBC日興証券のIPO情報

IPO取扱実績 おすすめの証券会社10選
(2021年)
IPO主幹事実績
(2021年)
IPO抽選方法 前受金
要否
約80社 24社 85%:抽選によらない配分
10%:完全平等抽選
5%:ステージ別抽選

IPOの取扱数と主幹事数がともに多く、IPOの抽選方法も詳細情報が公開されています。IPO投資で積極的に利用したい証券会社です。

IPO(新規公開株)の抽選に当選する6つのコツおすすめ証券会社6選

NISA口座の候補:SBI証券……IPO取扱数トップでIPOチャレンジポイントもある

SBI証券のIPO情報

IPO取扱実績
(2021年)
IPO主幹事実績
(2021年)
IPO抽選方法 前受金
要否
122社 18社 60%:抽選
30%:IPOチャレンジポイント
10%:抽選によらない配分

SBI証券のS株(単元未満株)なら、数百円程度からの株式投資が可能です。NISAの投資枠が余っている場合でも、S株を利用すれば投資枠を使い切りやすいでしょう。

NISA口座でIPOの購入申込をする方法……NISA口座と課税口座に分割して購入できる

NISA口座でIPO投資をする場合は、IPOの購入申込で口座の区分(NISA口座や特定口座など)を指定します。証券会社によっては、NISA口座と課税口座(特定口座・一般口座)に分割してのIPO投資も可能です。たとえば、IPOの抽選で500株当選した場合は、NISA口座に200株、特定口座に300株というように購入する口座を分割できます。

IPOの抽選についてよくある質問(Q&A)

全てのIPOの抽選に申し込みできますか? IPO銘柄を取り扱う証券会社からの申し込みが可能です。多くの証券会社に口座を保有すれば、ほとんどのIPOに申し込めます。

前受金が必要な証券会社は、SBI証券、SMBC日興証券、マネックス証券、楽天証券などです。前受金が不要な証券会社は、野村證券、松井証券、岡三オンライン証券、SBIネオトレード証券などです。

IPOの主幹事とは何ですか? IPOの主幹事とは、新規上場のために中心になってサポートする証券会社です。主幹事は主幹事証券と呼ばれることもあり、IPOに関する手続きや株価の設定などを行います。

IPOの株式を引き受けて販売する証券会社を幹事証券と呼びますが、中心になる主幹事証券はIPOの引受株数が多い傾向です。主幹事証券は、IPOの株式の8割から9割程度を引き受ける傾向があります。そのため主幹事証券から応募すると、抽選方法によっては当選しやすいでしょう。

通常の株式とIPOの株式は何が違うのですか? 通常の株式はすでに証券取引所に上場していて、IPOの株式は新規に証券取引所に上場する違いがあります。

IPOの抽選で落選したら前受金は戻りますか? IPOの前受金が拘束される証券会社で抽選に落選した場合は、前受金の拘束が解放されて証券口座に戻ります。

本記事での完全平等抽選と平等抽選の共通点・相違点

おすすめの証券会社10選 おすすめの証券会社10選
当選確率 当選する株数
完全平等抽選 平等 平等
平等抽選 平等 平等でない
完全平等抽選と平等抽選の共通点は、当選確率が平等だということです。どちらも1人1票の抽選により、誰でも当選確率が同じ抽選のことです。

完全平等抽選と平等抽選の相違点は、当選した場合の株数です。完全平等抽選では、当選者の当選株数が平等に割り当てられるのに対して、平等抽選では当選者によって当選株数に差が生じます。

IPOの抽選は継続してこそ当選に近づく

IPO投資は、投資には珍しくリスクが低めでリターンが高めの人気の投資方法です。そのため、IPO投資を行うには抽選による当選などで、IPOの株式を購入する権利を得ることが必要です。

IPOの抽選で当選を狙うには、なるべく多くの証券会社に口座を開設して、多くの証券会社から申し込むことがポイントです。

【日本株】2022年の「おすすめ銘柄」10銘柄を公開!
「第2四半期の進捗率が高い株」第1位のカプコン、「アナ
リストが強気の株」第1位のオリエンタルランドに注目

facebook-share

「アナリスト予想が高い株ランキング」のベスト5を発表!
「オリエンタルランド」などコロナで打撃を受けた企業が上位に!

アナリストが強気な株ランキング


拡大画像表示

2022年の注目銘柄の中から、まずは 「アナリスト予想が強気の株」ランキング のベスト5を紹介しよう。

◆「アナリスト予想が強気の株」ランキング・ベスト5 おすすめの証券会社10選

最新の株価情報はこちら(SBI証券ページへ遷移します)

最新の株価情報はこちら(SBI証券ページへ遷移します)

最新の株価情報はこちら(SBI証券ページへ遷移します)

最新の株価情報はこちら(SBI証券ページへ遷移します)

最新の株価情報はこちら(SBI証券ページへ遷移します)

「第2四半期の進捗率が高い株ランキング」のベスト5を発表!
目下、絶好調のコンテンツ株「カプコン」がトップ!

第2四半期の進捗率が高い株


拡大画像表示

続いて紹介するのは、1~3月期決算企業で、通期の営業利益計画に対する第2四半期までの進捗率が高い銘柄に着目した 「第2四半期の進捗率が高い株ランキング」 だ。この段階で進捗率が高いということは、成長の勢いがある証であり、今後は業績予想の上方修正にも期待が持てる。

◆「第2四半期の進捗率が高い株」ランキング・ベスト5

最新の株価情報はこちら(SBI証券ページへ遷移します)

最新の株価情報はこちら(SBI証券ページへ遷移します)

最新の株価情報はこちら(SBI証券ページへ遷移します)

最新の株価情報はこちら(SBI証券ページへ遷移します)

最新の株価情報はこちら(SBI証券ページへ遷移します)

株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!

証券会社(ネット証券)比較!売買手数料で比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!取引ツールで比較ページへ

 つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説ページへ

証券会社(ネット証券)比較!人気の証券会社で比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!株アプリで比較ページへ

 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説!詳しくはこちら!

ネット証券会社(証券会社)比較!最短で口座開設できる証券会社で比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!外国株で比較ページへ

桐谷さんの株主優待銘柄ページへ

証券会社(ネット証券)比較IPO(新規上場)比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!キャンペーンで比較ページへ

証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・楽天証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBI証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・LINE証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBIネオトレード証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・松井証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・マネックス証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・GMOクリック証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・DMM.com証券(DMM株)の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・野村證券の公式サイトはこちら

【SBI証券×ザイ・オンライン】タイアップ企画
新規口座開設+条件クリアした人 全員に
現金2000円プレゼント! ⇒関連記事はこちら

岡三オンライン証券の口座開設はこちら!

松井証券の口座開設はこちら!

ダイヤモンドZAi最新記事の関連記事

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】 「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出! 全8部門の“おすすめの証券会社10選 おすすめの証券会社10選 2022年の最優秀カード”を詳しく解説! [2022年5月25日更新](2022.05.25)

「配当利回りランキング」高配当ベスト50銘柄を公開! 【2022年最新版】会社予想の配当利回りランキングと 一緒に、株主優待の有無や連続増配期間もチェック!(2022.07.03)

定期預金の金利が高い銀行ランキング![2020年・冬] 冬のボーナスは、メガバンクの100倍以上も好金利な 「あおぞら銀行」など、お得な金融機関に預けよう! 【2020年12月7日時点の定期預金の金利&キャンペーン情報を公開!】(2020.12.09)

まだ「つみたてNISA」を始められない人が抱えがちな “8つの疑問”をわかりやすく解説! 金融機関&投信の 選び方や「iDeCo」との併用方法などにズバリ回答!(2018.10.16)

株初心者はいくらから株式投資を始めればいいのか? 1株単位で株が買えて「1株=数百円」から始められる 6つのサービス(LINE証券・ネオモバ・S株など)を解説(2021.05.22)

ダイヤモンドZAi最新記事 バックナンバー

【米国株】波乱相場に強い「ディフェンシブ株」2銘柄! バフェットが大株主の食品大手「クラフト・ハインツ」、 製薬大手「ブリストル・マイヤーズ・スクイブ」に注目!(2022.07.06)

【米国株】高配当+割安な「高配当割安株」で、今が “買い”の2銘柄! 48期連続増配中の「アッヴィ」や、 PERが12倍で株価が割安な「コムキャスト」に注目!(2022.07.05)

【米国株】GAFAM以外でおすすめの米国「大手IT株」 を紹介! 業績は好調も株価は割安になっている「セー ルスフォース・ドットコム」と「インテル」に注目!(2022.07.04)

【米国株】GAFAM+αの中で専門家おすすめの2銘柄 を解説! 業績好調で高評価のマイクロソフトと、自社 株買い&増配のアップルは株価が下落した今が買い時(2022.07.03)

【米国株】S&P500は2022年の年末には年初来高値 を更新か!? 株価は秋の米・中間選挙までに底打ち&反 転予想なので「割高感が解消された株」を安く買おう!(2022.07.02)

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き

  • auじぶん銀行は、振込手数料やATM出金手数料が最大で月15回まで無料!「じぶん…
  • JCBのクレジットカードで、合計5億円の山分けキャンペーンに参加しよう!「JCB…
  • 自動車税は、クレジットカードよりも「au PAY」で納付したほうがお得!「au …
  • 「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」の券面デザインがおしゃれに!? 現…
  • 「JCBザ・クラス」の「メンバーズセレクション2022」でもらえるプレゼントを紹…
    ザイ・オンライン編集部(2022.7.3) ザイ・オンライン編集部(2022.6.21) ザイ編集部(2022.6.28) ザイ編集部(2022.6.29) ポイ探ニュース(2022.5.29)
    ザイ・オンライン編集部(2022.7.3) ザイ・オンライン編集部(2022.6.21) ザイ編集部(2022.6.28) ザイ編集部(2022.6.29) ポイ探ニュース(2022.5.29)
    ザイ編集部(2022.7.5) ザイ・オンライン編集部(2022.7.3) ザイ・オンライン編集部(2022.6.21) ザイ・オンライン編集部(2022.7.5) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23)
  • エスプール---2Qは2ケタ増収増益、売上・利益ともに過去最高を更新
  • 世界景気の悪化懸念からリスク回避の動きも26000円での底堅さ見られる
  • INPEX、ラクス、ウエルシアHDなど
  • オプティム---「OPTiM Contract」、NXワンビシアーカイブズ「WA…

「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 【マイルの貯まりやすさで選ぶ!高還元でマイルが貯まるおすすめクレジットカード!

「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[人気株500激辛診断/米国株150]

◎巻頭特集

2022年後半の日本株&為替大予測

●日本株:秋に底入れ年末3万円へ
●為替:1ドル130円の時代に突入

◎第1特集
おすすめの証券会社10選 10万円未満で買える株は111銘柄!
人気の株500+Jリート14激辛診断

●2022年夏のイチオシ株
・10万円株/高配当株/株主優待株/Jリート
●気になる人気株
・大型株/新興株/Jリート おすすめの証券会社10選
●儲かる株の見つけ方
旬の3大テーマ円安メリット株」「株主還元強化株」「会社予想が保守的な株
5大ランキング今期最新予想が大幅増収」「アナリストが強気
高配当利回り株」「少額で買える株
●投資判断に異変アリ!
日本通運、住友不動産が「買い」に格上げ
東急、新生銀行、シャープが「弱気」に転落

◎第2特集
高利回り&割安株を狙え
波乱相場ならではの狙い目株が続々!
人気株500以外からセレクトした「買いの株100」

●桐谷さんオススメ株主優待株
●増配かつ高配当な株
●初心者オススメ5万円株
●上方修正に期待大の株
●波乱に負けない高成長株

◎第3特集
人気の米国株150診断

●どうなる米国株?
「インフレなどで波乱は続くが10月末から上昇へ転じる!」
●注目銘柄
「有力定番IT株」「高配当割安株」「ディフェンシブ株」
●定点観測
GAFAM+αテスラ、エヌビディア、ネットフリックスなど

伝説のスゴ腕投資家バフェット が10年ぶりに株をオトナ買い
バフェットはいまの米国株をこう見てる&バフェットが買った銘柄をチェック!


◎人気連載もお楽しみに!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48ガチ株バトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる