オプション 取引ルール

FXで支払う税金は

FXで支払う税金は
鈴木拓也

あなたはどれが得?確定申告後の税金の納付方法について税理士が解説

税金の納付方法

※上記の内容は記事発行時のものです。 税法は毎年変わります。 現在のリアルタイムな税金対策の内容や、何かご不明な点がございましたら、お電話や以下のメールフォームからお気軽にお問い合わせ下さい。また、 今よりどれだけ節税できるかの目安となる「 シミュレーションのサンプル資料」を無料で差し上げております (もちろん相談されても、 こちらから契約を迫ったり、セールスや勧誘等を行う事は一切ございません のでどうぞご安心下さい)。

ご相談やお問い合わせは無料です。以下のメールフォームかお電話でどうぞ

サイト内検索

無料プレゼントのご案内

FX無料レポート

メディア実績


▲月刊『FX攻略.com』にてFX節税の専門家として税金コラムを連載中。

日経ヴェリタス


▲日経新聞社発行『日経ヴェリタス』の第一面から二面にかけて弊社FX節税法の取材記事を掲載いただきました。

週間SPA!


▲FXの税金に詳しい税理士として『週間SPA!』に取材記事を掲載いただきました。

暗号資産の基本と仕組みがよ〜くわかる本


▲暗号資産(仮想通貨)の基本から税金や法律までを網羅した1冊!

99%の社長がカン違いしていること


▲Amazon会社経営ランキング1位獲得。弊社代表・堀龍市の新刊です。

個人事業のはじめ方がよ〜くわかる本


▲堀龍市監修の事業経営の解説書。

FX税金はいくらかかるの?節税対策4つを元銀行員が解説

初心者

初心者

鈴木拓也

鈴木拓也

  • 会社員(給与が2,000万円以下)と年金生活者(年金収入額が400万円以下)は、20万円超の利益が出た場合
  • 自営業・フリーター・学生・主婦などは、38万円超の利益が出た場合

FXは申告分離課税の対象です。申告分離課税とは、給与など他の所得とは分離して税額を計算し、確定申告によって納税する課税方式のことです。

年収が2,000万円以下の会社員などがFXで20万円超の利益を得た場合には、確定申告して税金を納める義務が発生します。

一方、自営業や学生、主婦などの場合は、38万円超の利益から確定申告が必要になってきます。

FXの税率は国内FXと海外FXで変わる

初心者

初心者

鈴木拓也

鈴木拓也

国内のFX取引に課される税率は一律で20.315%だよ!でも、海外FXの場合は総合課税になるので、税率が変わるよ!

利益が少ない場合には海外FX業者の方が有利な場合がありますが、利益が大きくなると一律20.315%である国内業者の方が断然有利となります。

  • 国内FXの場合:FX(外国為替証拠金取引)で発生した利益の税率は、一律20.315%(所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%)
  • 海外FXの場合:海外FX会社を使って得た利益の場合、上記の申告分離課税が適用されないので、総合課税が適用
海外FXの場合の税金
課税所得金額税率税率内訳
195万円以下15%所得税5%+住民税10%
195万円超~330万円以下20%所得税10%+住民税10%
330万円超~695万円以下30%所得税20%+住民税10%
695万円超~900万円以下33%所得税23%+住民税10%
900万円超~1,800万円以下43%所得税33%+住民税10%
1,800万円超~4,000万円以下50%所得税40%+住民税10%
4,FXで支払う税金は 000万円超~55%所得税45%+住民税10%

FX利益の計算例

国内FXでは、2,000万円 × 20% = 400万円

海外FXでは、2,000万円 × 50% FXで支払う税金は = 1,000万円

初心者

初心者

鈴木拓也

鈴木拓也

FXで課税される利益について

初心者

初心者

鈴木拓也

鈴木拓也

FXの課税対象

FXの課税対象となる利益は、決済して確定した為替利益とスワップポイントから、必要経費を差し引いた「所得」に対してかかります。

FXの税金対策4つ

税金対策①:必要経費の計上

税金の対象となる金額は、利益(為替利益+スワップポイント)から経費を引いた額が対象となります。

FXの課税対象

つまり、6万円も税金を安く押さえることが出来るのです!

  • 銀行間での振り込み手数料
  • セミナー参加費用
  • 交通費や宿泊費
  • 投資同士の勉強会に関わる飲食代
  • 書籍、新聞、情報媒体等
  • パソコン購入代金
  • パソコン周辺機器(プリンタ等)
  • プロバイダ費用、通信費用
  • スマホ代(FX取引で使用する分)
  • 事務用品、など。

基本的に、認められる経費は、FXの取引をする上で必要になったもののみです。

また、経費として申請するためには、証拠書類となる領収書の保存が必要となります。

税金対策②:損失の繰越控除

損失の繰越控除では、年間で損が出た場合に確定申告することで、翌年の申告で利益からその損失を差し引くことが出来るのです。

損失の繰り越し控除をした場合

繰り越し控除をしなかった場合

初心者

初心者

鈴木拓也

鈴木拓也

税金対策③:他商品との損益通算

損益通算の仕組み

例えば、FXでは損失だけど、日経先物225取引では利益が出ている場合、これら全ての損益をくっつけて、確定申告することが出来ます。

FXで発生した損益に関しては、他の先物取引等との損益通算が可能です。

  • 日経225先物などの株価指数先物
  • 金先物や原油先物などの商品先物
  • FXで支払う税金は
  • TOPIXオプション取引
  • CFD

初心者

初心者

鈴木拓也

鈴木拓也

あなたはどれが得?確定申告後の税金の納付方法について税理士が解説

税金の納付方法

※上記の内容は記事発行時のものです。 税法は毎年変わります。 現在のリアルタイムな税金対策の内容や、何かご不明な点がございましたら、お電話や以下のメールフォームからお気軽にお問い合わせ下さい。また、 今よりどれだけ節税できるかの目安となる「 シミュレーションのサンプル資料」を無料で差し上げております (もちろん相談されても、 こちらから契約を迫ったり、セールスや勧誘等を行う事は一切ございません のでどうぞご安心下さい)。

ご相談やお問い合わせは無料です。以下のメールフォームかお電話でどうぞ

サイト内検索

無料プレゼントのご案内

FX無料レポート

メディア実績


▲月刊『FX攻略.com』にてFX節税の専門家として税金コラムを連載中。

日経ヴェリタス


▲日経新聞社発行『日経ヴェリタス』の第一面から二面にかけて弊社FX節税法の取材記事を掲載いただきました。

週間SPA!


▲FXの税金に詳しい税理士として『週間SPA!』に取材記事を掲載いただきました。

暗号資産の基本と仕組みがよ〜くわかる本


▲暗号資産(仮想通貨)の基本から税金や法律までを網羅した1冊!

99%の社長がカン違いしていること


▲Amazon会社経営ランキング1位獲得。弊社代表・堀龍市の新刊です。

個人事業のはじめ方がよ〜くわかる本


▲堀龍市監修の事業経営の解説書。

海外FXで損失が出ても確定申告は必要?損失繰越はできる?

海外FX関連記事

海外FXでもし損失が出てしまった場合も、確定申告は必要になるのでしょうか?

国内FXの場合は損失を確定申告すれば、その後損失を繰り越せる「 損失繰越 」という仕組みが利用できます。

この記事では、海外FXで損失が出た場合の確定申告は必要なのか、その基礎知識や注意点、 節税対策 まで詳しくご紹介します。

海外FXで損失が出た場合でも確定申告は必要?

結論から言うと、海外FX・国内FXにかかわらず、損失が出た場合は課税されないため、 確定申告を行う必要はありません

ただし、海外FXと同じ「 雑所得・総合課税 」にあたる所得がある場合には、確定申告をしたほうが節税になる可能性があることを知っておきましょう。

雑所得・総合課税にあたる所得の例

    FXで支払う税金は
  • 別の海外FX業者での収入(利益)
  • 仮想通貨取引
  • アフィリエイト収入など

同じ「雑所得・総合課税」どうしであれば、利益と損失を相殺(損益通算)できるため、全体の所得額を抑えて支払う税金(課税される金額)を減らせます。

たとえば、Aの海外FX業者では100万円の利益が出ているから確定申告をしなければならないという状態でも、Bの海外FX業者では200万円の損失が出ていれば、相殺して100万円の損失という計算になり、利益分を確定申告する必要はありません。

そもそも海外FXではどんな税金がかかる?課税の仕組みは?

海外FXで生じた利益には所得税と住民税がかかる

まず、海外FXで生じた利益には「 所得税 」と「 住民税 」がかかりますが、この点は国内FXと同じです。

所得税
1年間で得た所得に対してかかる税金です。
確定申告の際には、所得が2,500万円以下の方は所得金額に応じて一定額が差し引かれる「基礎控除」があります。
また、令和19年までは復興特別所得税をあわせて納める必要があります。

住民税
都道府県が課税する地方税の一種。
場所によっては「市県民税」とも呼びます。
扶養人数や所得金額によって非課税になることもあります。

海外FXと国内FXでは課税方法などが異なる

海外FXと国内FXでは、課税方法税率などが異なります。

【海外FXと国内FXの違い】

FXで支払う税金は FXで支払う税金は FXで支払う税金は
海外FX 国内FX
所得区分 雑所得 雑所得
課税方法 総合課税 申告分離課税
税率 累進課税(5~45%) FXで支払う税金は
(加えて10%の住民税がかかる)
一律20%
(10%の住民税を含む)
損益の相殺「雑所得・総合課税」に分類される所得 「先物取引に係る所得」に分類される所得
損益通算 海外FXや仮想通貨取引での損益、アフィリエイト収入など 国内FXでの損益、先物・オプション取引など

海外FXの課税方法「 総合課税 」は、上述のとおりすべての利益(所得)の合計額から課税額を計算する方法です。

一方、国内FXの「 申告分離課税 」は、10種類ある所得のうち、他の所得とは合算せず別々に税額を計算する方法です。

海外FXは、所得が多ければ多いほど納めるべき税金も多くなる累進課税 」という仕組みですが、国内FXは所得額に関係なく一律20%になっています。

海外FXは損失繰越できないので注意

海外FXは国内FXと違い、「損失繰越」ができません

国内FXの場合、損失が出た際に確定申告をしておけば、 翌年から3年間にわたって損失を繰り越す ことができます。

これにより、翌年以降に国内FXで利益が出た場合には、過去の損失分と相殺できるので申告する所得額を抑えられ、支払うべき税金を減らせるというメリットがあります。

【(例)FXの損益で】
1年目…100万円の損失が発生
2年目…200万円の利益が発生

  • 国内FXの場合
    1年前で確定申告をして損失繰越しておけば、1年目の損失100万円と2年目の利益200万円を相殺し、課税対象額を100万円にできます。
  • 海外FXの場合
    1年目は、他に雑所得・総合課税にあたる所得がない場合は申告する必要はありません。確定申告2年目の課税対象額は200万円のまま。(前年の損失を繰り越して、利益と相殺することはできません)

確定申告で損をしないために!海外FXでできる節税対策2つ

FX

しかし、 海外FXでもできる節税対策がある のはご存知でしょうか?

①海外FXにかかった経費を申告する

一つ目は、海外FXにかかった費用を「経費」として申告して、 課税所得額から経費分を差し引く方法 です。

【経費として認められる可能性があるもの】

  • 海外FX関連の書籍などの購入費用
  • FXのセミナーの受講料や、セミナーに行くための交通費・宿泊費
  • トレードに必要なパソコンやモニター、スマホ、机、椅子などの費用
  • トレードにかかるインターネット代
  • FXソフトやEA(自動売買ソフト)、VPS(仮想専用サーバー)などの費用
  • FX仲間との情報交換のための飲食代などの交際費
  • FX専用の部屋の家賃や電気代などの光熱費

他にも、トレードの勉強をするためにノートやペンを使っている場合には「消耗品費」として、セミナーの懇親会は「交際費」として申告できます。

FX

繰り返しになりますが、経費として申告できるのは「 海外FXに関連するもの 」のみです。

また、これらのものが100%経費として認められるわけではありません

②海外FXと同じ「雑所得・総合課税」なら損益通算できる

冒頭でも述べたように、海外FXと同じ「雑所得・総合課税」に分類される所得どうしであれば、損益を相殺できる「 損益通算 」が利用できます。

【雑所得・総合課税にあたるものの例】

  • 海外FXによる収入
  • 仮想通貨取引による収入
  • アフィリエイトによる収入など

海外FXで損失が出た場合には、基本的には確定申告は必要ありません

ですが、他の海外FX業者も利用していたり、仮想通貨(暗号資産)売買で利益があったりする場合など、確定申告することで利益と損益を相殺して 節税できる場合もある ことを知っておきましょう。

そのうえでおすすめなのが、 BigBoss(ビッグボス) という海外FX業者です。

【海外FXを始めるならBigBossがおすすめ】

  • 最大999倍のハイレバレッジ
  • 追証なしで安心のゼロカットシステム採用
  • 最短3分で口座開設完了
  • 国内銀行の入出金可能で便利
  • 日本語対応サポート体制も充実

海外FXを利用する際には、トレードについてだけでなく確定申告税金の仕組みについてもしっかりと理解しておきましょう。

専業主婦のFX税金が令和2年の税制改正で変わった3つの変更点

FX入門・初心者

湊

明日香

結論からお答えすると、令和元年12月20日に行われた「 令和2年税制改正の大網 」の閣議決定では、専業主婦の所得の基礎控除は、48万円まで引き上げられました。

  • 令和2年以降の専業主婦の税金は?
  • 「令和2年税制改正の大網」の閣議決定での変更点
  • 専業主婦がFXで利益を得ていくうえで必ず覚えておきたいこと
  • 専業主婦がFXで利益を得ながらも様々な控除を受ける際の注意点

本記事を参考にしていただければ、専業主婦の税金面のことはもちろん、扶養のことや基礎控除などについても詳しく知ることができます。

令和2年以降の専業主婦の税金は?

  • 税率は一律20.315%(税率は今までと変わらず)
  • 確定申告は年間48万円以上の所得

税率は一律20.315%

FXで出た利益に対する税率は、一律で 20.315% です。

「居住者又は国内に恒久的施設を有する非居住者が、一定の先物取引の差金等決済をした場合には、その先物取引に係る事業所得の金額、譲渡所得の金額及び雑所得の金額の合計額(以下、この合計額を「先物取引に係る雑所得等の金額」といいます。)については、他の所得と区分して、所得税15%(他に地方税5%)の税率による申告分離課税となります。 (注) 平成25年から令和19年までの各年分の確定申告においては、所得税と復興特別所得税(原則として、その年分の基準所得税額の2.1%)を併せて申告・納付することになります。」

出典:国税庁

つまり、15%(所得税)+5%(住民税)+0.315%(復興特別所得税(15%×2.1%))となり、20.315%がFXの税率となるのです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる