外為オプションとは

儲かる仕組みの作り方

儲かる仕組みの作り方
不動産経営で最も回避しなければならないのが、 「空室リスク」 でしょう。空室が発生してしまうと家賃収入が得られなくなり、不動産投資用ローンの返済もあり悪循環が発生します。

Sweatcoinは1coin=25円? ゲームの仕組みと注意点 STEPNなど他M2Eアプリと併用で稼ごう

  • 2022/7/4 , Move to Earn, STEPN, SweatCoin
  • 投稿者: 白瀬 渚

「play to earn」から始まり、最近では「eat to earn」や「eat to earn」といったものの計画も始まっています。

また、STEPNやジェのペッツなどにに代表されるmove to earn 儲かる仕組みの作り方 の類も勢いを強める一方です。

そこで今回はそのまさに「move to earn」の一つである「Sweat coin」の仕組み、そしてのびしろ、安全性について解説そして考察していきたいと思います。

Sweatcoinはどういう仕組み?

Sweatcoin

Sweatcoinはスマホのヘルスケア機能等で人が歩いているのを感知し、万歩計のようにそれを計測してそれに応じてコインがもらえるという仕組みで動いています。

Sweatcoinは実は最近登場したアプリケーションではなく、以前から歩いた歩数に応じてもらったコインを景品やサブスクと交換できるといったサービスをもともと行っていたアプリケーションなのです。

Sweat coinの良いところ2つ

良いところ2つ

1. 自動で歩いた分を計測してくれる

このSweatcoinの良いところの一つは、今流行りで且つ運営もしっかりしているということから多くの人の信頼を集めているSTEPNと同時に歩いて稼ぐことができるということであると思います。

別々で歩くとなるとなかなか時間が取れないと思われると思うのですが、Sweatcoinは勝手に我々の歩いた分を計測してくれるので、こちらとしても手間がかからず一回のウォーキングで利益を二重取りできてしまうのです。

2. 無料で始められる

もう一つ大きな利点は、無料で始められるというところです。初期投資がかからない暗号資産プロジェクトはかなり珍しいですのでそれだけでも狙い目です。

しかし、有料プランも存在しており、具体的には1ヶ月で550円一度に1年契約すると2,700円というプランになっています。

無料プランだと上限が設けられている獲得コインが、このプランですと無制限となり、常に2倍になります。かなりお得ですよね。

このSweatcoinは まだコインの上場がされていません が、先ほどの見解のように、信頼できるプロジェクトである可能性が高いのでやってみても良いかもしれません。

どのくらい儲かる?

どれくらい儲かるの?

まだはっきりしたことはわかりませんがSweatcoin1コインにつき約25円との調べが出ております

しかしこのSweatcoinの上場が今年の9月ということですのでそのタイミングで今稼いでいるコインを仮想通貨に交換することができますので、そこで初めて利益が出ます。

つまり今は「これから価値がつくコインを先行者として稼いでいる」という感覚であると理解すればわかりやすいでしょう。

Sweat coinの注意点とおすすめの関わり方

そんなSweatcoinですがちょっとした注意点があります。それは、 上場の9月までにユーザー登録しないと全て稼いだコインが消えてしまう 儲かる仕組みの作り方 ということです。

お勧めのかかわり方

副業的にやっておこう

まず押さえておいていただきたいのは、 Sweatcoinはまだ価値の確定していないコイン だということです。今後さまざまな仕様の変更等が出てくる場合が考えられます。

その上で、他のプロジェクトにも参加しつつ、(Sweatcoinは初期投資が無料あるいは無料に限りなく近いものとなっているため)このプロジェクトも副業的にやっておくという関わり方が最も賢いと言えるのではないでしょうか。

儲かる仕組みの作り方

BASE が選ばれる理由

初期費用 月額費用 0円

お買い物クーポンで売れる

お買い物クーポンで売れる

ショッピングサービスで売れる

ショッピングサービスで売れる

ショップをより強くする、 儲かる仕組みの作り方
たくさんの選択肢

業界最安水準の手数料

80種類以上の拡張機能

だから私は

Ambiance Paper

麺屋武蔵

NIFREL×NIFREL

COSIM

Surfrise

ネットショップづくりのサポート

ショップ運営のノウハウ

チャットサポート

ポップアップ出店

開設直後から使える決済手段

豊富な決済方法

入金サイクルの早さ

よくある質問

やっぱり、ネットでお店を開くならBASE

「グロースプラン」の支払い方法に月額サービス利用料を1年単位で一括払いできる 「グロースプラン年間一括払い」が新登場

「BASE(ベイス)」のネットショップ開設数が180万ショップを突破

メディア掲載

CNET Japan

儲かる仕組みの作り方 Forbes JAPAN

TechCrunch

The Bridge

ECzine

ECのミカタ

通販新聞

ASCII STARTUP

WWD

J-WAVE 81.3FM

週刊東洋経済

ダイヤモンド・オンライン

※ネットショップ開設実績No.1: 最近1年以内にネットショップを開設する際に利用したカート型ネットショップ開設サービスの調査(2022年2月 儲かる仕組みの作り方 調査委託先:マクロミル)

不動産経営とは?儲かる仕組みや後悔しない始め方も詳しく解説!

不動産経営とは?儲かる仕組みや後悔しない始め方も詳しく解説!

空室リスク

不動産経営で最も回避しなければならないのが、 「空室リスク」 でしょう。空室が発生してしまうと家賃収入が得られなくなり、不動産投資用ローンの返済もあり悪循環が発生します。

実際に、 日本では空き家の数は年々上昇 しているため、しっかり「空室リスク」対策を講じなければ、不動産経営は成功できないでしょう。

総務省 空き家率

上記の総務省の調査結果からも 空き家率は年々過去最高を更新 、2018年には13.6%となり全国の10戸に1戸は空室であることがわかります。

災害リスク

災害リスク

不動産経営で心配になることとして、 「災害リスク」 も考えられるでしょう。日本は災害大国として有名なため、災害に対する対策は必ず実施しておくことが必要です。

また、 不動産経営では長期的な運用(10〜30年) となることも予想できるため、いつどこで発生するかわからない災害に対して、「絶対大丈夫だ」と過信するのは危険です。

年月日 災害
2022年 3月 福島県沖地震
2021年8月 全国集中豪雨
2021年7月 伊豆山土砂災害
2021年 2月 福島県沖地震
2020年7月 令和2年7月豪雨(九州や中部地方)
2019年9月 台風19号(関東地方や甲信地方、東北地方など)
2019年9月 台風15号(関東)
2019年8月 九州北部豪雨(長崎県・佐賀県・福岡県)

地震による被害が印象に残りがちですが、 近年は「水害」による被害も大きい です。

建物老朽化リスク

建物老朽化リスク

不動産も10年〜30年と経過することで、 儲かる仕組みの作り方 外観が劣化・住宅設備の故障・塗装の剥がれ・屋根の剥がれ が生じることは予想できます。

耐用年数目安

儲かる仕組みの作り方
耐用年数 年数
屋根 15〜30年
外壁 15〜20年
土木・基礎 35年
躯体(柱) 40年
開口部 15年
内装(床・壁・天井・収納) 20年
厨房・浴室・洗面所・トイレ 15年
給排水・給油設備 15年
照明器具・電気設備 15年
冷暖房 5年

また、不動産は築年数の経過によって資産価値も減少、 中古マンションであれば築年数25年程度 で資産価値が半分になるとされています。
出典: 国土交通省 「中古住宅流通、リフォーム市場の現状」

Sweatcoinは1coin=25円? ゲームの仕組みと注意点 STEPNなど他M2Eアプリと併用で稼ごう

  • 2022/7/4 , Move to Earn, STEPN, SweatCoin
  • 投稿者: 白瀬 渚

「play to earn」から始まり、最近では「eat to earn」や「eat to earn」といったものの計画も始まっています。

また、STEPNやジェのペッツなどにに代表されるmove to earn の類も勢いを強める一方です。

そこで今回はそのまさに「move to earn」の一つである「Sweat coin」の仕組み、そしてのびしろ、安全性について解説そして考察していきたいと思います。

Sweatcoinはどういう仕組み?

Sweatcoin

Sweatcoinはスマホのヘルスケア機能等で人が歩いているのを感知し、万歩計のようにそれを計測してそれに応じてコインがもらえるという仕組みで動いています。

Sweatcoinは実は最近登場したアプリケーションではなく、以前から歩いた歩数に応じてもらったコインを景品やサブスクと交換できるといったサービスをもともと行っていたアプリケーションなのです。

Sweat coinの良いところ2つ

良いところ2つ

1. 自動で歩いた分を計測してくれる

このSweatcoinの良いところの一つは、今流行りで且つ運営もしっかりしているということから多くの人の信頼を集めているSTEPNと同時に歩いて稼ぐことができるということであると思います。

別々で歩くとなるとなかなか時間が取れないと思われると思うのですが、Sweatcoinは勝手に我々の歩いた分を計測してくれるので、こちらとしても手間がかからず一回のウォーキングで利益を二重取りできてしまうのです。

2. 無料で始められる

もう一つ大きな利点は、無料で始められるというところです。初期投資がかからない暗号資産プロジェクトはかなり珍しいですのでそれだけでも狙い目です。

しかし、有料プランも存在しており、具体的には1ヶ月で550円一度に1年契約すると2,700円というプランになっています。

無料プランだと上限が設けられている獲得コインが、このプランですと無制限となり、常に2倍になります。かなりお得ですよね。

このSweatcoinは まだコインの上場がされていません が、先ほどの見解のように、信頼できるプロジェクトである可能性が高いのでやってみても良いかもしれません。

どのくらい儲かる?

どれくらい儲かるの?

まだはっきりしたことはわかりませんがSweatcoin1コインにつき約25円との調べが出ております

しかしこのSweatcoinの上場が今年の9月ということですのでそのタイミングで今稼いでいるコインを仮想通貨に交換することができますので、そこで初めて利益が出ます。

つまり今は「これから価値がつくコインを先行者として稼いでいる」という感覚であると理解すればわかりやすいでしょう。

Sweat coinの注意点とおすすめの関わり方

そんなSweatcoinですがちょっとした注意点があります。それは、 上場の9月までにユーザー登録しないと全て稼いだコインが消えてしまう ということです。

お勧めのかかわり方

副業的にやっておこう

まず押さえておいていただきたいのは、 Sweatcoinはまだ価値の確定していないコイン だということです。今後さまざまな仕様の変更等が出てくる場合が考えられます。

その上で、他のプロジェクトにも参加しつつ、(Sweatcoinは初期投資が無料あるいは無料に限りなく近いものとなっているため)このプロジェクトも副業的にやっておくという関わり方が最も賢いと言えるのではないでしょうか。

ブロックチェーンゲームを作る価値観と未来への挑戦

一番、ゲームデザイン上の制限になるのは、暗号通貨を使った、確率を含むNFTの発行だろう。要するに、NFTガチャではあるが、日本の法律では特定の状況では賭博として扱われるため引っかかることがある。賭博該当性については個別具体的に妥当性を解釈されるので、過度に射倖心を煽り投機性のみがフォーカスされるのを避けなければならない。ここについては、法律的に回避する方法があるので、まずはどんな法律があって何に引っかかるかは把握をしておこう。

https://www.meti.go.jp/shingikai/mono_info_service/sports_content/pdf/003_02_00.pdf

税金・上場会社

税制の話だと、会社が換金可能なトークン発行体となった場合、発行したコインに対して税金がかかり、更に保持しているコインの含み益に対して期末課税がされるので、発行額の100%以上の税金がかかるという状況になる。そのため、事実上日本の会社での換金可能なトークン発行は難しいと考えたほうがよい。

上記の税金の話は、事実上日本では換金可能なトークン発行が出来ないということとなり、上手く行きそうな段階、または最初から海外に出てから起業するという状態になってしまっている。Web3が日本の成長戦略に掲げられる中で、実情に合わせた法解釈や法改正への動きが活発に進行していることに期待している。

BCGを作る価値観・プロセス

稼ぐことの許容度

ゲーム開発側として、ゲームをした上で稼ぐ・儲かるというのが、ゲーム的な世界観として許容なのかという話になる。10万円ゲームで使うのは許容だけども、10万円ゲームで稼ぐのはNGという価値観が出てくる。

何故ならば、価値があるものをマーケットを介して売買することになるため、例えばそれがゲームのキャラクターになったりするためだ。とはいえ、ゲーム本体を中古で売るのはあり(プレミアが付いたりする)で、キャラクターはNGなの?というのは、ゲームに興味が無いけど、投機ゲームとしてそのキャラクター買い占めて、値段が上がったら販売するような投機を許容するのかにラインが引かれるだろう。

将来的にはおそらく、それが一般化をするため、多分だんだん許容するところが増えていくとは思うが、現状では、NGと思うIPホルダーは多いだろう。将来的には「価値の流動性があるものこそが価値」という価値観にある程度シフトすると思われるため、売れないものはそもそもそんなに価値がないということになるのだろうが、現在ではまだ大きな壁があり、既存IPの参入障壁として機能する。

儲かるという属性があることで、社会に対しての価値があるアウトプットが必要になるという側面がある。そうでない限りは、このネットワークの価値が担保されないためだ。なので、ゲームというのか仕事というのか、仕事をゲームにしたものというのか、コミュニティというのかその当たりの結合をした概念として形成されるだろうと考えている。単純にただ面白いものをプレイしていると儲かるだけでは、価値の維持が難しいためだ。

製作プロセスの並び替え

それは、コンセプト・トークンエコノミクス・ターゲット→本制作→バランス→デバッグという、トークンエコノミクスというものの優先順位がとても高いことだ。既存のゲームでは、トークンエコノミクスはバランスに当たり、制作しながら時間を掛けつつバランスをとっていくものだったが、ブロックチェーンゲームにおいては、コンセプトのレベルで必要な設計となった。つまり、作って体感をみて調整する前にサイクルを想定してデザインをする必要があるのである。

何故ならば、トークンやNFTの価値を担保する必要があるためだ。既存のゲームでは、レア度排出量などを気にする必要があるが、BCGではそれをユーザーがマーケットプレイスを介して販売できるため、レア度なり排出量を上手く管理しなければバランスが崩れてしまうためである。バランスが崩れると、そもそものゲーム全体の価値も崩れてしまう。国の中央銀行のような、法定通貨を発行するだけではなく、その価値の担保をすることが必要となるのである。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる