成功させるコツは

危険とされる理由と追証の仕組み

危険とされる理由と追証の仕組み
ドッド・フランク法(どっどふらんくほう) 「Dodd Frank Wall Street Reform and Consumer Protection Act:ウォール街改革、および消費者保護に関する法律」の略称で2010年7月に成立した米国の金融規制改革法。 2008年、リーマン・ブラザーズの破たんを契機として発生した世界的な金融危機を教訓として、金融取引の規制を強化し、金融機関の肥大化を防止するためにオバマ大統領が提唱し、制定された。 -野村証券 証券用語解説集より

空売りとは何か?仕組みからやり方までわかりやすく解説!

空売りでは株価が下がると利益になり、株価が上がったら損失になります

2.「ツナギ売り」で株価下落のリスクヘッジに利用できる
空売りには、保有している現物株式の株価下落の局面において、リスクヘッジとして利用できるという利点もあります。たとえば含み損が出ていたり、長期保有による株主優待の優遇があるなどで、売りたくない現物株式があるとします。しかし株価は下落しそうな様子で、そのまま保有をしていると損をしてしまうかもしれない。そういった場合には、その株式を売らずに、同じ株式を同数、信用取引で空売りします。これが「ツナギ売り」です。現物株式と空売りで同数の株式を保有することによって、現物株式の下落分を空売りの利益でカバーできます。これにより株価下落に対する損失を防ぐことができるわけです。

空売りを仕掛ける2つのタイミング

1. 悪材料が出たとき
空売りは通常の買いとは逆の仕組みの取引なので、相場が下がる要因となる悪材料が出たときがチャンスとなります。悪材料とは、たとえば企業の不祥事が判明した場合や、世界的・大規模な経済的ショックや大きな災害が発生したときなどです。株価が急落するタイミングで空売りが出来れば、大きな利益を得ることも可能になります。

2.株価が割高、過熱感があるとき
業績不振にも関わらず株価が割高だったり、株価に過熱感がある場合、下落に転じる場合があります。そういった株式を見つけて、空売りやツナギ売りを利用し利益を得るのも1つの手です。

空売りの2つの注意点とリスク回避

1.株価の急上昇による損失
株価が下落すると思って空売りをしたのに、結果的に上がってしまった場合は、当然損失が生まれます。「いつかは下がるかも」と様子をうかがっていたら、どんどん株価が上がり、取り返しがつかないことになることも。というのは、株価はどんなに下がっても0円ですが、逆に上限は存在しません。これを「青天井」といい、株価が急騰した場合など、理論上は損失にも上限がないということに。とくに信用取引ではレバレッジをかけて、本来の手持ち資金よりも大きな取引をすることが多いため、大きな負債を被ることも考えられます。よって、空売りを利用する際には、通常の取引以上にリスク管理をしなければなりません。損切りのタイミングをしっかりと決めて、損失の拡大を防ぐ備えをしておきましょう。

2.追証や逆日歩の負担
空売りには「追証(おいしょう)」や「逆日歩(ぎゃくひぶ)」の負担のリスクも伴います。
「追証」とは追加証拠金の略称で、信用取引で担保として預け入れる委託保証金の割合(最低保証金維持率)が、定められた割合を下回ってしまったときに、追加で預け入れねばならない委託保証金のことです。信用取引している株式が大きく値崩れし担保まで減ってしまう場合や、担保にしている株式の価格が下落し担保の価値が下がる場合など、追証になるパターンはいくつか考えられます。

【驚愕】XMのゼロカットを解説!ロスカットされても追証にならない唯一の仕組み【NDD方式】

FX初心者

海外FX女子

XMってなに?XMってぶっちゃけどうなの?

という方は完全ガイド形式で解説しているのであわせて見てくださいね。

XMの評判・メリット・デメリット完全ガイド!得した?損した?評判と口コミを徹底解説 海外FX会社のなかでも世界最強FX会社が、XM。 本記事の内容: XMをはじめようとしている人向け XM口座開設と入金のボーナス制度は超お得! そもそもXMって何?XM.

XMのゼロカットとは(追証=借金にならない)

ゼロカットは、口座残高がマイナス -100 万円になっても、 -1000 万円になっても、 -1 億円になっても、全て口座残高をリセットしてくれる。

口座に入金した証拠金以上には、追証などの追加資金が発生しないシステムです。

資金を増やすことを目的にFXを始めたのに、準備している資金以上に予定外の借金を背負ってしまうと言うのは絶対に避けたい事態ですよね。

ゼロカットシステムが採用されている海外FX (XM)危険とされる理由と追証の仕組み の場合、FX口座に入金した証拠金以上には損失が発生しない仕組みになっているため、想定外の借金を背負ってしまう可能性をゼロにすることが出来ます。

週5日24時間という寝ている間も動いている為替相場で取引する以上、準備した資金以上の損害が出ないゼロカットシステムは、安心して取引をするための必須条件とも言えます。

海外FX女子

XM(エックスエム)でのトレードは違法?XMの金融ライセンスと金融庁の見解

海外FX

結論から言うと、 「違法ではあるが海外拠点なため処罰はされず、処罰されるとしても業者が先」

XMが違法と言われる理由

金融庁の認可を受けていない

XM金融庁の記事の画像

悪質な海外FX業者の存在

実際に違法なのか?

違法ではないがグレーゾーン

なぜグレーゾーンなのかというと、 XMの 拠点が海外にあるため日本の法律で取り締まられることがないから です。

第二十九条 金融商品取引業は、内閣総理大臣の登録を受けた者でなければ、行うことができない。
(登録の申請)

第二十九条の二 前条の登録を受けようとする者は、次に掲げる事項を記載した登録申請書を内閣総理大臣に提出しなければならない。

ー金融商品取引法より

XMは日本に法人を置いていないため、関係がありません。

処罰の対象となるのは業者であってトレーダーではない

「金融商品取引法」は国民を詐欺的な金融商品から守るために存在するから です。

なぜ金融庁は圧力をかけるのか?

資金流出を防ぐため

トレーダーを守るため

しかし、 海外FXにはゼロカットシステムがあり、レバレッジが高くても借金リスクがないような仕組みになっているため、一概に海外FXだから危険、国内FXだから安全とは言えません。

今後はどうなる?

引き続き圧力が強化される

既に規制されている国もある

XM規制の国の画像

ドッド・フランク法(どっどふらんくほう)

「Dodd Frank Wall Street Reform and Consumer Protection Act:ウォール街改革、および消費者保護に関する法律」の略称で2010年7月に成立した米国の金融規制改革法。

2008年、リーマン・ブラザーズの破たんを契機として発生した世界的な金融危機を教訓として、金融取引の規制を強化し、金融機関の肥大化を防止するためにオバマ大統領が提唱し、制定された。

-野村証券 証券用語解説集より

XMが安全な理由

国際的な金融ライセンスを取得済み

本社は東アフリカのセーシェルという国にあり、 セーシェル金融庁のライセンスを取得 しています。

XM金融庁ライセンスの画像

ゼロカットシステムで追証(借金リスク)なし

国内FXは追証による借金リスクがありますが、XMはゼロカットシステムを採用しており、 入れた資金以上を失うことがありません。

空売りとは何か?仕組みからやり方までわかりやすく解説!

空売りでは株価が下がると利益になり、株価が上がったら損失になります

2.「ツナギ売り」で株価下落のリスクヘッジに利用できる
空売りには、保有している現物株式の株価下落の局面において、リスクヘッジとして利用できるという利点もあります。たとえば含み損が出ていたり、長期保有による株主優待の優遇があるなどで、売りたくない現物株式があるとします。しかし株価は下落しそうな様子で、そのまま保有をしていると損をしてしまうかもしれない。そういった場合には、その株式を売らずに、同じ株式を同数、信用取引で空売りします。これが「ツナギ売り」です。現物株式と空売りで同数の株式を保有することによって、現物株式の下落分を空売りの利益でカバーできます。これにより株価下落に対する損失を防ぐことができるわけです。

空売りを仕掛ける2つのタイミング

1. 悪材料が出たとき 危険とされる理由と追証の仕組み
空売りは通常の買いとは逆の仕組みの取引なので、相場が下がる要因となる悪材料が出たときがチャンスとなります。悪材料とは、たとえば企業の不祥事が判明した場合や、世界的・大規模な経済的ショックや大きな災害が発生したときなどです。株価が急落するタイミングで空売りが出来れば、大きな利益を得ることも可能になります。

2.株価が割高、過熱感があるとき
業績不振にも関わらず株価が割高だったり、株価に過熱感がある場合、下落に転じる場合があります。そういった株式を見つけて、空売りやツナギ売りを利用し利益を得るのも1つの手です。

空売りの2つの注意点とリスク回避

1.株価の急上昇による損失
株価が下落すると思って空売りをしたのに、結果的に上がってしまった場合は、当然損失が生まれます。「いつかは下がるかも」と様子をうかがっていたら、どんどん株価が上がり、取り返しがつかないことになることも。というのは、株価はどんなに下がっても0円ですが、逆に上限は存在しません。これを「青天井」といい、株価が急騰した場合など、理論上は損失にも上限がないということに。とくに信用取引ではレバレッジをかけて、本来の手持ち資金よりも大きな取引をすることが多いため、大きな負債を被ることも考えられます。よって、空売りを利用する際には、通常の取引以上にリスク管理をしなければなりません。損切りのタイミングをしっかりと決めて、損失の拡大を防ぐ備えをしておきましょう。

2.追証や逆日歩の負担
空売りには「追証(おいしょう)」や「逆日歩(ぎゃくひぶ)」の負担のリスクも伴います。
「追証」とは追加証拠金の略称で、信用取引で担保として預け入れる委託保証金の割合(最低保証金維持率)が、定められた割合を下回ってしまったときに、追加で預け入れねばならない委託保証金のことです。信用取引している株式が大きく値崩れし担保まで減ってしまう場合や、担保にしている株式の価格が下落し担保の価値が下がる場合など、追証になるパターンはいくつか考えられます。

海外FXの”追証なし”の「ゼロカットシステム」とは?デメリットやリスクにも言及した。

海外FXのゼロカットシステムについて解説

証拠金規制
(1)
顧客保護
ロスカット・ルールが十分に機能せず、顧客が不測の損害を被るおそれ
(2)
金融商品取引業者又は登録金融機関のリスク管理
顧客の損失が証拠金を上回ることにより、業者等の財務の健全性に影響が出るおそれ

(中略)
すなわち、平成22年8月1日から1年間は必要証拠金率の上限は50倍、平成23年8月1日以降は上限が25倍になりました。

引用元:証拠金規制 : 一般社団法人 金融先物取引業協会

ハイレバレッジであればあるほど、追証請求はきやすい。

当然の話だが、レバレッジを高くかけていればかけているほど、ロスカットが間に合わない可能性は高くなるし、追証請求の額は大きくなる。
なぜならレバレッジが高ければ高いほど、 値動きに対する口座へのインパクトがでかい からである。

  • レバレッジ25倍だと、2万通貨
  • レバレッジ400倍だと、25万通貨

レバレッジ25倍→2万通貨×100pips=-20,000円 口座残高80,000円

レバレッジ400倍→25万通貨×100pips=-250,000円 口座残高-150,000円 →追証請求!

海外FX業者は追証請求なしのゼロカット対応!

上記の例を見て「 海外FXのハイレバ取引ってこわい。 」という印象を持つかもしれない。
しかし、ほぼ全ての海外FX業者では「 証拠金以上の損失を全てゼロにしてくれるゼロカットシステム 」を採用しているため安心だ。

追証請求における国内FXと海外FXの違い

ゼロカットシステムの事例

XMのゼロカット対応例

xm-zerocut

AXIORYのゼロカット対応例

Axioryのゼロカット実施例 ギリシャショック

Axioryのゼロカット実施例 スイスフランショック

ゼロカットシステムが執行されるタイミング

  1. 含み益でマイナス分を相殺
  2. ボーナス分でマイナス分を相殺
  3. 次回の追加入金時に残ったマイナス分の損失を0にしてくれる

【例1】ボーナス残高なし・保有中のポジションなしの場合

  • 損失確定後の口座残高:-10万円
  • 保有中ポジションの含み益:0円
  • ボーナス残高:0円

【例2】ボーナス残高なし、保有中のポジションで20万円の含み益がある場合

  • 損失確定後の口座残高:-30万円
  • 保有中のポジションの含み益:+20万円
  • ボーナス残高:0円
  • 含み益・ボーナス残高を差し引いた後の口座残高:−10万円

ただし追加入金と言っても、決してマイナスの金額以上を入金する必要はないので安心してほしい。

なぜ海外FXではゼロカットシステムがあるのか?

顧客がトレードすればするほど、多くの手数料が入るので海外FX業者も儲かる仕組みだ。 危険とされる理由と追証の仕組み
まり海外FX業者は顧客にガッツリ儲けてもらい、取引量を増やしてもらいたい。

ただし、トレーダーがハイレバレッジトレードを行う上で、追証請求の不安は常に付きまとう。
追証にビビってしまって、取引量が増えなければ海外FX業者も儲からない。

し かし、 顧客のマイナス損失を全て肩代わりし、追証なしで安心してアグレッシブにトレードしてもらい取引量をガンガン増やしてもらったほうがメリットが大きいと結論づけた のだ。

追証ゼロサービスをしたほうが海外FX業者のメリットが大きい

追証ゼロは、完全に「 トレーダーの資金保護のための制度 」と言える。

追証ゼロを採用している海外FX業者が倒産しても顧客資金は保護されている。

これは海外FX業者が、追証なしサービスのせいで倒産するというリスクを顧客資金の保護のために取っているといえる。

国内FX業者はゼロカットシステムなし。追証になったら全額返済が求められる

なぜ国内FX業者はゼロカットシステムを採用していないのか?

結論から言うと「 FX会社の損失を守るため 」だ。

そもそも、日本のFX会社でしか取引したことがない人は当然のように追証ありを受け入れているため、各FX会社が足並みを揃えてFX会社有利のルールを取っているのが現状だ。

ディーラーが顧客のトレーダーの間に介すDD(ディーリングデスク)方式がまかり通っているのと同様、顧客が知らないのを良いことに 顧客不利の条件をずっと続けている日本のFX会社のレベルの低さ がうかがえる。

レバレッジ制限25倍の日本でも追証は定期的に発生している

かし、えてして世界経済を揺るがす大きな出来事は、数年に一度起こるものである。こちらの表をみていただきたい。

ロスカット等未収金発生状況H27/7まで

クリックで拡大

ロスカット等未収金発生状況H28/9まで

クリックで拡大

※「ロスカット未収金」とは顧客の損失のうち、業者が公表の段階で顧客からまだ取りきれていない金額、つまりFX業者への借金の金額の意味

  • 2014年1月 スイスフランショックで約19億円
  • 2015年12月 南アフリカランド/円の暴落で約1.3億円
  • 2016年1月 南アフリカランド/円の暴落で約2.5億円
  • 2016年6月 イギリス国民投票で約2億円

しかし、そのあと、18時31分の足は同値線となり、レートが停止されていた様子がうかがわれ、その次のローソク足は19時21分。この間の50分は取引が停止されていたようだ。

少なくとも1400pipsほどすべって約定したことになる。米ドル/円なら14円幅のスリップだから恐ろしい……。

引用元:ザイスポFX! – ザイFX!

10万円の証拠金だったら-30万円で 20万円の借金 、300万円の証拠金だったら-900万円で 600万円の借金 だ。

り返しになるが、国内のFX業者は追証を一切肩代わりはしてくれない。マイナス分は、全て自分の借金となる。

追証なしのゼロカットシステムのリスク・デメリットについて

ゼロカットシステムそのものにはデメリットやリスクは一切ない
トレーダーのリスクを限定してくれる素晴らしいサービスだ。

ゼロカットシステムの約束を反故にする業者もある

過去の事例として、 ゼロカットシステムがあることを公式HPで明言しておきながら、ゼロカットシステムを執行しなかった 業者がある。

その代表例がFXDD

こうしたゼロカットの約束を”そもそもなかったことにする”業者も存在するため、業者を選ぶ際は過去のゼロカット執行例等もきちんと調べておくことをオススメする。

ゼロカットシステムの負担で経営破綻する業者もある

上述したが、ゼロカットシステムはトレーダーの損失をすべて業者が肩代わりする制度。

そのため トレーダーの追証が莫大なものになりすぎると、損失のカバーに業者の資本が耐え切れずに破綻してしまう 場合がある。

実際にスイスフランショックでは、大手海外FXブローカーのアルパリUKが破綻してしまった。

1月16日(金)、アルパリジャパンより、親会社でカバー先であるアルパリ(UK) Limitedが破綻することがリリースされた。

これを受けて、アルパリ・グループの日本法人であるアルパリジャパンにおいても、口座を持っている顧客が保有するすべてのポジションが強制決済されることが発表された。また、新規ポジションの保有、入金、口座開設についてもできなくなる。

引用:スイスショックでアルパリUKが破綻!スイスフラン大暴騰で損失をカバーできず

また業者が破綻した場合に問題になってくるのが、顧客資産が返還されるかどうか。
信託保全や投資家資金補償がついている業者であれば良いが、ただの分別管理の業者では顧客資産が債権の返済等に充てられて返ってこない可能性もある。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる