暗号資産

スリッページ

スリッページ
バイナンスコンバートより引用

スリッページ

We maintain this page to demonstrate our firm commitment to スリッページ the rights and privacy of our users. This page explains how our site collects information from our members.

Free newsletter and mailing list: スリッページ we respect the スリッページ privacy of our users, and as such we will never share our database of email addresses and names with any third party.

Upon confirmation that you would like to join our newsletter, we will from time to time send you free information relating to the products we market, general advice related to online marketing, and promotional material for other products. Your email will never be passed onto any third party. We will also never spam you. You スリッページ may unsubscribe from the mailing list at any time.

Personal Information we collect and how it is used: When you purchase the access to EA Builder, the payment is processed by Clickbank.com (Keynetics Inc), who will collect your name, address, and credit card information (if any) so as to verify your order. They may not use the information スリッページ for any other purpose. Upon スリッページ ordering, we also collect your name and email address. We use this information to スリッページ follow-up on you as per the above newsletter section. We will not share leads with any other party.

Risk Disclaimer

CFTC required disclaimer: Trading foreign exchange on margin carries a high level of risk, and may not be suitable for all investors. The high degree of leverage can work against you as well as for you. Before deciding to invest in foreign exchange you should carefully consider your investment objectives, level of experience, and risk appetite. The possibility exists that you could sustain a loss of some or all of your initial investment and therefore you should not invest money that you cannot afford to lose.

【バイナンス】コンバートとトレードの違いを徹底解説!コンバートのデメリットとは?

仮想通貨

コンバートとトレードの違い

  • コンバート」は仮想通貨を別の仮想通貨に変換すること
  • トレード」はユーロやポンドなどのリアルマネーで仮想通貨を購入すること(*ビットコインなど一部の仮想通貨でも購入可能)

コンバートと取引の違いが分かりにくいのは最大の要因は「 トレードに日本円が対応していないこと 」でしょう。

リアルマネーを含む、取引量の多い比較的安定した通貨で仮想通貨を売買すること

しかしバイナンスでは日本円での取引ができないため、日本人は仮想通貨で仮想通貨を購入するしか方法がなく混乱を招きやすくなっています。

  • バイナンスUSD(BUSD) :バイナンスが発行する米ドルと1:1変換のステーブルコイン
  • バイナンスコイン(BNB) :取引手数料の支払いなどにも使われる、時価総額3位のコイン
  • テザー(USDT) :米ドルと価格と結びついたステーブルコイン
  • ビットコイン(BTC) :時価総額1位の最も有名な仮想通貨
  • イーサ(ETH) :スマートコントラクトの機能を持つビットコインに次ぐコイン
  • リップル(XRP) :時価総額8位、コインチェックでは取引量1位のコイン
  • トロン(TRX) :デジタルコンテンツ配信の場所提供のためのコイン
  • ドージコイン(DOGE) :イーロンマスク氏お気に入りの時価総額11位のコイン

仮想通貨売買に「トレード」を使うべきである理由

基本的に資金のロスが少ない「トレード」を利用した方が無難

コンバートとトレードでは、わずかではありますが コンバートの方が資金のロスが多い という報告が多数上がっています。

コンバート使用のメリット

バイナンスコンバートより引用

FXプライムbyGMO、2022年中盤以降のFXトレード戦略を徹底解説する無料オンラインセミナーを2022年6月15日(水)20時から開催

【『選べる外貨』、『選べる外為オプション』および『ちょいトレFX』の取引に関するご注意】
■外国為替保証金取引『選べる外貨』、『ちょいトレFX』および通貨バイナリーオプション取引『選べる外為オプション』は、金融商品取引法に規定される通貨関連店頭デリバティブ取引です。利益を保証した金融商品ではなく、取引対象通貨のレート変動で損害を被るリスクがあり、投資元本は保証されません。
■外国為替保証金取引『選べる外貨』および『ちょいトレFX』は、預託した保証金の額に比べ大きい金額の取引ができ、マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく、状況により損失が預託した保証金額を上回る危険性があります。買値と売値、スワップポイントの受取りと支払いには差があります。また金利変動により、スワップポイントが受取りから支払い等に転じることがあります。個人口座の場合、お取引には各取引通貨ペアの取引レートにより計算された取引額(想定元本)の4%以上の保証金が必要となり、保証金額の25倍までの倍率で取引が可能です。法人口座の場合は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額以上の保証金額が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令117条31項1号に定める計算モデルを用い算出します。当社はこの為替リスク想定比率を用いて保証金額を算出します。
■通貨バイナリーオプション取引『選べる外為オプション』は、満期時刻に自動的に権利行使となるヨーロピアンタイプのバイナリーオプションで、投資元本を保証した取引ではなく、外国為替相場等の変動により投資元本のすべてを失うおそれのあるリスクの高い金融商品です。権利消滅となった場合、支払った購入金額の全額を失い、オプション購入後に注文を取消すことは出来ませんが、取引可能時間内であれば、売却することは可能です。ただし、オプションの購入価格と売却価格に価格差(スプレッド)があり、相場状況によってはスプレッドが拡大する等、意図した取引ができない場合があります。
■外国為替保証金取引『選べる外貨』のインターネット取引手数料は、1万通貨以上の取引については新規・決済取引とも無料です。1万通貨未満の取引については、新規・決済取引とも1通貨あたり3銭の手数料がかかります。なお、ロスカットならびに強制決済につきましては、ロスカット・強制決済手数料として、南アフリカランド/円、メキシコペソ/円は1通貨あたり0.5銭(税込)、その他の通貨ペアは1通貨あたり5銭(税込)がかかります。
■外国為替保証金取引『選べる外貨』は、時価評価総額が必要保証金の80%を下回った場合、ロスカットとなります。ロスカット時、強制決済時に元本を超える損失が発生する場合があります。
■外国為替保証金取引『選べる外貨』および『ちょいトレFX』は、スプレッドが相場急変時、指標発表時等に拡大する場合がありスリッページが発生する可能性があります。このことから、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合があります。また、市場の流動性低下等の理由により注文を受け付けられない場合があります。
■外国為替保証金取引『ちょいトレFX』の取引手数料は無料です。投資助言報酬は、取引数量1,000通貨毎に1円(税込)です。
■外国為替保証金取引『ちょいトレFX』は、時価評価総額が必要保証金100%を下回った場合、ロスカットとなります。ロスカット時、強制決済時に元本を超える損失が発生する場合があります。
■通貨バイナリーオプション取引『選べる外為オプション』の取引手数料は無料です。

くりっく365 スリッページ 比較ナビではFXの税金が全くわからないあなたにも基礎からわかりやすく解説。5分でわかる税金の用語解説から、FXの、くりっく365の確定申告の基礎知識、実践までを詳細に解説!

くりっく36徹底検証!

大証FX

くりっく365とは? メリット、デメリットを徹底解説!

くりっく365とは?

FXで利益が増えてくると、税金対策のためにぜひ利用すべきものがあります。 税理士の先生に相談しても必ずと言っていいほど勧められるもの、それが 「くりっく365」 です。 これは東京金融先物取引所に上場されている為替商品のことです。

これは公設されている市場で取引を行なうということで、くりっく365以外のFX業者を利用して行なうのは私設市場での取引であると言えるでしょう。 これは 金融先物取引法で、安全性が認められている業者の集まりですから、法的に「ここの業者は公正で信用できる」とお墨付きをもらっているようなものです。

くりっく365業者の選び方

くりっく365の場合、スプレッドやスワップ、通貨ペア、取引通貨単位などは共通ですので、実際に差が出る部分は 「信頼性の高さ」と「サービスの良さ」 だと言えます。

まず「信頼性の高さ」ですが、大切な資産を預けるのですから安全な信頼できる企業かどうかを見極めましょう。いわゆる大手企業の関連会社なら平気かな?と安易に考えてしまいがちですが、実際はどうでしょうか。実は、知名度の低い業者は信頼できない……とも、一概には言えないのです。たとえば 自己資本規制比率をチェックするのもひとつの手法 スリッページ スリッページ です(一般に200%を割り込むと危険とされます。インヴァスト証券、ひろぎんウツミ屋証券などは500%を超えており、財務状況が健全だと言えます)。

また、くりっく365の場合は 「証拠金は全額を取引所に預託する」 という強みがあります。

FX業者の場合、預けた証拠金を別の事業に使ったり、業者独自の取引に転用したりして損失を出し、破綻するというケースも報告されています。 そうして業者が破綻すると、利用者が預けた証拠金は戻ってこないことも珍しくありません。
しかし、くりっく365では顧客の証拠金は取引所に全て預託しなければならないことが決まっていますので、もし業者が破綻しても、証拠金は全額守られるわけです(自分で取引に失敗した場合は別です)。こうした安全性の面からくりっく365をメインに使う投資家も増えているようです。

次に「サービスの良さ」ですが、特に重要となるのが 「手数料の安さ」 です。

それに対して、くりっく365では、スプレッドが一定でスワップポイントは売り買いで同額と定められており、業者がこれを勝手に変更することができません。そのため、どの業者もここから利益を得ることができず、取引に手数料をとらざるをえないのです。

具体的にどれくらいの手数料が必要かと言うと、くりっく365の手数料は、おおむね200円というのが水準のようです。FXは反対売買によって決済するので、一度の決済までに400円程度がとられることになります。業者の中には手数料の割引サービスを行っているところもあります。一定量以上の取引をすれば割引や無料になるなど、さまざまなものがあります。 店頭FXと違い、原則、手数料が必須だからこそ、その手数料が割引や無料になるキャンペーンの有無や内容は業者の「サービスの良さ」をはかる目安だと言えそうです。

手数料キャンペーンの例をあげると、たとえば大和証券が、通常100円の手数料を新規口座開設者に限り、 取引100枚までは無料 。リテラクレア証券は、通常210円のところ、新規口座開設後 500枚まで実質無料 (後日キャッシュバック)とするなどがあります。(※キャンペーン手数料が適応される条件や期間など詳細につきましては、各業者の公式サイトにてご確認ください)

FXプライムbyGMO、2022年中盤以降のFXトレード戦略を徹底解説する無料オンラインセミナーを2022年6月15日(水)20時から開催

【『選べる外貨』、『選べる外為オプション』および『ちょいトレFX』の取引に関するご注意】
■外国為替保証金取引『選べる外貨』、『ちょいトレFX』および通貨バイナリーオプション取引『選べる外為オプション』は、金融商品取引法に規定される通貨関連店頭デリバティブ取引です。利益を保証した金融商品ではなく、取引対象通貨のレート変動で損害を被るリスクがあり、投資元本は保証されません。
■外国為替保証金取引『選べる外貨』および『ちょいトレFX』は、預託した保証金の額に比べ大きい金額の取引ができ、マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく、状況により損失が預託した保証金額を上回る危険性があります。買値と売値、スワップポイントの受取りと支払いには差があります。また金利変動により、スワップポイントが受取りから支払い等に転じることがあります。個人口座の場合、お取引には各取引通貨ペアの取引レートにより計算された取引額(想定元本)の4%以上の保証金が必要となり、保証金額の25倍までの倍率で取引が可能です。法人口座の場合は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額以上の保証金額が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令117条31項1号に定める計算モデルを用い算出します。当社はこの為替リスク想定比率を用いて保証金額を算出します。
■通貨バイナリーオプション取引『選べる外為オプション』は、満期時刻に自動的に権利行使となるヨーロピアンタイプのバイナリーオプションで、投資元本を保証した取引ではなく、外国為替相場等の変動により投資元本のすべてを失うおそれのあるリスクの高い金融商品です。権利消滅となった場合、支払った購入金額の全額を失い、オプション購入後に注文を取消すことは出来ませんが、取引可能時間内であれば、売却することは可能です。ただし、オプションの購入価格と売却価格に価格差(スプレッド)があり、相場状況によってはスプレッドが拡大する等、意図した取引ができない場合があります。
■外国為替保証金取引『選べる外貨』のインターネット取引手数料は、1万通貨以上の取引については新規・決済取引とも無料です。1万通貨未満の取引については、新規・決済取引とも1通貨あたり3銭の手数料がかかります。なお、ロスカットならびに強制決済につきましては、ロスカット・強制決済手数料として、南アフリカランド/円、メキシコペソ/円は1通貨あたり0.5銭(税込)、その他の通貨ペアは1通貨あたり5銭(税込)がかかります。
■外国為替保証金取引『選べる外貨』は、時価評価総額が必要保証金の80%を下回った場合、ロスカットとなります。ロスカット時、強制決済時に元本を超える損失が発生する場合があります。 スリッページ
■外国為替保証金取引『選べる外貨』および『ちょいトレFX』は、スプレッドが相場急変時、指標発表時等に拡大する場合がありスリッページが発生する可能性があります。このことから、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合があります。また、市場の流動性低下等の理由により注文を受け付けられない場合があります。
■外国為替保証金取引『ちょいトレFX』の取引手数料は無料です。投資助言報酬は、取引数量1,000通貨毎に1円(税込)です。
■外国為替保証金取引『ちょいトレFX』は、時価評価総額が必要保証金100%を下回った場合、ロスカットとなります。ロスカット時、強制決済時に元本を超える損失が発生する場合があります。
■通貨バイナリーオプション取引『選べる外為オプション』の取引手数料は無料です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる