フォレックス

FX取引以外に株取引も可能な証券会社

FX取引以外に株取引も可能な証券会社

動画をマーケットスピードFX内で見られるのは、筆者として嬉しいポイントです。ざわざ別ウインドウで動画を開く必要がないため、見やすいというメリットがあります。

カイバル・ブランズが急伸 フィリップ・モリスと米国外での販売で合意=米国株個別

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「 証券取引等監視委員会への情報提供 」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

カイバル・ブランズが急伸 フィリップ・モリスと米国外での販売で合意=米国株個別

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「 証券取引等監視委員会への情報提供 」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

楽天FXの使い勝手は?投資家の実体験を紹介

取引画面

最初に、グッドデザイン賞(FX取引以外に株取引も可能な証券会社 2012年)の受賞実績もあるPC用取引ツール「マーケットスピードFX」でのトレード実体験を紹介していきます。

※以下、画像は全て取引画面より筆者作成

取引画面


上記赤枠内の各メニューをクリックすれば、「注文」や「レート一覧」などのメニューが上記青枠にタブとして表示されます。確認したいメニューをタブ切替でスムーズに確認できるため、便利に感じます。

テクニカル分析


テクニカル指標は約40種類搭載しています。詳しくテクニカル分析をしたい方にとっても満足できる搭載数なのではないでしょうか。

動画


動画をマーケットスピードFX内で見られるのは、筆者として嬉しいポイントです。ざわざ別ウインドウで動画を開く必要がないため、見やすいというメリットがあります。

カスタマイズ性


また取引画面のカスタマイズ性もマーケットスピードFXの特徴です。一方で、何をどのように画面設定すれば良いのかわからないという方もいるでしょう。

テクナビ


今回はマーケットスピードFXに搭載されている「テクナビ」という機能を使ってトレードしてみました。テクナビとはテクニカル指標の分析を自動的に表示してくれる機能のことです。

テクナビ


上記画像のようにテクナビでは、通貨ペアにおける各種テクニカル指標の分析結果を一目で確認することができます。今回は、上記青枠のとおり、米ドル/円の短期(5分足)・中期(1時間足)において、「上昇」を示しているテクニカル指標が多いことを確認できましたので、米ドル/円を1,000通貨買ってみました。

マーケットスピードFX注文


注文は上記赤枠をクリックするだけで、すぐに発注できました。マーケットスピードFXは慣れるまで多少時間はかかるかもしれません。

2-2.スマホアプリ:iSPEED FX

iSPEED FX


上記が取引画面です。マーケットスピードFX同様に、デザイン性・視認性に優れている印象です。

チャートの形状


トレードにあたり、今回はチャートの形状から相場の流れをチェックできる「チャートの形状」を参考にしました。上記画像のとおり、チャートの形状ではポンド/円が「一見して、緩やかに上昇していると思われる状態」とありました。

iSPEED FX


70~80になると“買われすぎ”と判断されるRSIも確認したところ、「58.04」でした。もう少し上昇余地はありそうだと判断し、1,000通貨を買ってみました。

iSPEED FX


注文は上記赤枠をタップすればスムーズに発注できました。今回のトレードを通じて、iSPEED FXはチャートが見やすく、カスタマイズ性・操作性が高い点が特徴だと感じました。

3.楽天証券FXの評判・口コミ

  • レバレッジを1倍~25倍の間で選択できるため、リスク管理がしやすい
  • 楽天ポイントがもらえてお得で良い
  • スプレッドが広がりやすいと感じた
  • 取引ツールにこだわりがある私でも楽天FXの取引ツールの操作性は優秀だと感じる
  • スマホアプリは画面が小さいのでしょうがないとは思うが、注文時に表示される情報が少なくて、とくに成行注文をするのが怖い
  • 少しだけスワップポイントは低いと思う。スキャルピングやデイトレであれば問題ない
  • 楽天FXは楽天ポイントを貯めていてFXをしたい人であればまず検討すべき
  • マイナー通貨の情報を発信しているなど、情報量が多い
  • MT4を使えるため、個人的には満足。ただスプレッドやスワップポイントなどの条件は良くないと感じる
  • スプレッドは競合他社と同水準だが、キャンペーンでかなり狭くなる通貨ペアもある

3-1.楽天FXではレバレッジを選択できる

レバレッジ


レバレッジは簡単に設定変更ができます。自分の経験やリスク許容度などに応じて適宜調整してください。

FX取引以外に株取引も可能な証券会社

(※画像はイメージです/PIXTA)

レバレッジ取引とは、元手よりも高い金額で仮想通貨を売買する方法です。レバレッジは本来、 「てこの原理」 を意味します。小さい力で重い物体を持ち上げるように、少額の証拠金 ※ で多額の利益を上げる方法です。

1.1. レバレッジ取引の特徴

レバレッジ取引の特徴は、仮想通貨の投資がより ハイリスク・ハイリターン になることです。上図のように、証拠金に対して3.FX取引以外に株取引も可能な証券会社 3倍の倍率をかければ、より高額な取引を行えます。価格が高騰すれば、多大な利益を手に入れられるスタイルです。

1.2. レバレッジ取引の種類

レバレッジ取引は、大きく以下の 3つ に分けられます。

1.3. レバレッジ取引における日本と海外の規制比較

そもそも、日本の仮想通貨取引所は基本的に2倍までしか設定できません。 金融商品取引法によって規制がかけられている からです。

2. レバレッジ取引のメリット

(※画像はイメージです/PIXTA)

レバレッジ取引のメリットは、現物の取引よりも大きな利益が得やすいことです。値動きによっては、1億円以上を稼ぐ 「億り人 ※ 」 を狙えるチャンスもゼロではありません。

2.1. 保有資産以上の取引が可能

レバレッジ取引の最大のメリットは、 「保有資産」以上の取引が可能 なことです。無論、低い金額で購入できる取引所もありますが、なるべく保有する通貨を増やしたいと思うはずです。

2.2.「空売り注文」ができる

レバレッジ取引が現物取引と異なるポイントは、 「空売り注文」 ができることです。通常、仮想通貨の現物取引は価格が下落したところで購入します。値上がりしたあとに売れば、差額分が儲かる取引です。しかし、なかにはすでに価格が上がりきっている通貨も少なくありません。

3. レバレッジ取引のデメリットは?危険性は高い?

(※画像はイメージです/PIXTA)

レバレッジ取引のデメリットは、利益と合わせて リスクも高くなってしまう ことです。仮想通貨は通常の取引でも、資産を一気に失う危険があります。倍率をかけると暴落したときのダメージも大きくなります。

3.1. 損失が大きくなるリスクを伴う

レバレッジ取引で最も危険な行為が、 「レバレッジのかけすぎ」 です。

3.2. ロスカットが間に合わず資金がゼロになる可能性がある

レバレッジ取引で懸念しなければならない最悪な事態が、 「ロスカットが間に合わないこと」 です。

4. レバレッジ取引を行うことができる仮想通貨取引所4選

(※画像はイメージです/PIXTA)

レバレッジ取引は、日本の多くの取引所で行えます。基本的に金融庁が倍率を 「2倍」 に設定しているため、各取引所で差はほとんどありません。

4.1. bitFlyer(ビットフライヤー)

(引用:bitFlyer)

ビットフライヤーは 「ビットコイン」の取引量が多い 仮想通貨取引所です。日常生活で使っている人の多い「Tポイント」をビットコインと交換できるため、仮想通貨の投資がより身近な存在となります。

4.2. DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

(引用:DMM Bitcoin)

DMMビットコインは手数料が最も安く、 キャンペーンも多い 取引所です。入出金手数料や送金手数料も無料に設定されています。2022年8月1日6時59分まで口座を新規開設すると、2,000円がもらえる特典も魅力的です。

4.3. GMOコイン

(引用:GMOコイン)

GMOコインは国内取引所のなかでも、 取扱銘柄数が21種類と国内で最も多く用意されている 取引所です。口座開設にも時間がほとんどかからず、最短約10分で手続きがすべて完了する場合もあります。

4.4. BITPOINT(ビットポイント)

(引用:BITPoint)

ビットポイントは、 FX取引以外に株取引も可能な証券会社 スマホアプリの使いやすさやセキュリティの強さに定評のある 国内取引所です。これから仮想通貨を始める人でも簡単に操作ができるようプラットフォームが作られています。

5. レバレッジ取引の際に注意すべきポイント一覧

(※画像はイメージです/PIXTA)

5.1. 現物取引から始めるがおすすめ

仮想通貨に投資する際には、できる限り 「現物取引」から始めることをおすすめします 。基本的に値動きが激しいため、経験値が足りないと一気に資産を失う危険性もあります。通貨が暴落した場合、より被害を防げるほうが現物取引です。

5.2. 証拠金維持率は常に意識する

レバレッジ取引では、 「証拠金維持率」 を常に意識しなければなりません。上述したとおり、当該数値が一定の基準を下回ったときに「ロスカット」が行われるからです。仮想通貨は価格の変動が激しいため、1日の間でも定期的に確認しましょう。

5.3. 通常の取引とは別に手数料がかかる

一方で、レバレッジ取引になると 「レバレッジ手数料」や「ロスカット手数料」 など追加で手数料を支払う必要があります。無論、レバレッジ手数料の金額設定は取引所によって異なるものの、「約定金額×0.04%」が平均的な数値です。

5.4. 借金はNG!余剰資金で取引する

レバレッジ取引で運用するのであれば、必ず余剰資金で取引することを心がけましょう。特に、銀行や消費者金融機関などから借金をして仮想通貨を取引してはいけません。さらに損失を招いてしまうと、最悪の場合、 「自己破産」 に繋がる危険もあります。

5.5. 必ず「損切りライン」を決めておく

レバレッジ取引で多額の損失を防ぐために、定めておくべき目安が 「損切りライン」 です。価格がどんどん下がっているときは、売りに出すラインをあらかじめ決めましょう。

インヴァスト証券の口コミ・評判を徹底解説|メリット・デメリットは?

インヴァスト証券

簡単に自動売買の設定ができる

https://www.invast.jp/lp/triauto/hp/

1つ目のメリットは簡単に自動売買の設定ができることです。

トライオートFXでアカウントを作成すると、用意されている自動売買プログラムの中から自分の好きなものを選択し取引を開始できます。

オリジナルの自動売買プログラムを作成できる

2つ目のメリットはオリジナルの自動売買プログラムを作成できることです。

オリジナルの自動売買プログラムを作成できる

https://www.invast.jp/lp/triauto/hp/

既存のプログラムを改変するのはもちろんのこと、全く新しいプログラムを作り出すことも可能です。

複数のプログラムの長所と短所を組み合わせ、最適化させることで資産に合わせた運用が可能となります。

少額から取引できる

3つ目のメリットは少額から取引できることです。

トライオートFXの最小取引単位は1,000通貨(0.1lot)です。

顧客資産が信託保全で守られている

顧客資産が信託保全で守られている

https://www.invast.jp/triauto/

4つ目のメリットは顧客資産が信託保全で守られていることです。

インヴァスト証券では、証券会社の資産と顧客から預かった資産を明確に分離し、顧客資産を三井住友銀行に信託保全しています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる