FX初心者向け

ETFの概要

ETFの概要
1.様々な投資対象へリスク分散投資 2.リアルタイムで取引可能 3.低コストで運用できる 4.最低手数料0円

グローバルX グリーン・J-REIT ETF

※ Global X Japanが運用するETFのうち、最高の料率を表示しています。
また、その他の費用・手数料としては、組入有価証券売買時の売買委託手数料、先物取引・オプション取引等に要する費用、監査報酬等を信託財産でご負担いただきます。
※ 「その他の費用・手数料」については、運用状況等により変動するため、事前に料率、上限額等を示すことができません。
※ 手数料等の合計額については、保有期間等に応じて異なりますので、表示することができません。また、上場投資信託および上場不動産投資信託は市場価格により取引されており、費用を表示することができません。
※ 詳しくは、金融商品取引所で取引をされる際にご利用になる証券会社にお訊ねください。
※ 設定・交換のお申し込みにあたっては投資信託説明書(交付目論見書) の「ファンドの費用・税金」をご覧ください。

当サイトは、Global X Japan株式会社により情報提供を目的として作成されたものです。

Global X Japan株式会社は、Global X Management Company, Inc.、株式会社大和証券グループ本社、および大和アセットマネジメント株式会社の合弁会社です。

販売会社・金融機関の皆様
メディアの皆様

Global X Japan株式会社
経営企画部

GLOBAL Xは、GLOBAL X MANAGEMENT COMPANY LLC(以下、Global X社)の登録商標です。電子的または、機械的方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製、引用、転載または転送等を禁じます。Global X社は、米国証券取引委員会に登録されている投資顧問業者です。当サイトに掲載されている事項は、日本国内の居住者への証券投資一般等に関する情報提供を目的としたものであり、勧誘を目的としたものではありません。また、当サイトに掲載された資料は金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。

当サイトの内容についての著作権は、Global ETFの概要 X Japanその他当該情報の提供元に帰属しています。電子的または、機械的方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製、引用、転載または転送等を禁じます。当サイトは、各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性が保証されているものではありません。

GLOBAL X FUNDS及びGLOBAL Xは、GLOBAL ETFの概要 X社が世界各国(日本を除く)で設定・運用する上場投資信託を示す登録商標であり、個別商品を指すものではありません。電子的または、機械的方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製、引用、転載または転送等を禁じます。

Global X Japan株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3174号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員
一般社団法人投資信託協会会員

グローバルX グリーン・J-REIT ETF

※ Global X Japanが運用するETFのうち、最高の料率を表示しています。
また、その他の費用・手数料としては、組入有価証券売買時の売買委託手数料、先物取引・オプション取引等に要する費用、監査報酬等を信託財産でご負担いただきます。
※ 「その他の費用・手数料」については、運用状況等により変動するため、事前に料率、上限額等を示すことができません。
※ 手数料等の合計額については、保有期間等に応じて異なりますので、表示することができません。また、上場投資信託および上場不動産投資信託は市場価格により取引されており、費用を表示することができません。
※ 詳しくは、金融商品取引所で取引をされる際にご利用になる証券会社にお訊ねください。
※ 設定・交換のお申し込みにあたっては投資信託説明書(交付目論見書) の「ファンドの費用・税金」をご覧ください。

当サイトは、Global X Japan株式会社により情報提供を目的として作成されたものです。

Global X Japan株式会社は、Global ETFの概要 X Management Company, Inc.、株式会社大和証券グループ本社、および大和アセットマネジメント株式会社の合弁会社です。

販売会社・金融機関の皆様
メディアの皆様

Global X Japan株式会社
経営企画部

GLOBAL Xは、GLOBAL X MANAGEMENT COMPANY LLC(以下、Global X社)の登録商標です。電子的または、機械的方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製、引用、転載または転送等を禁じます。Global X社は、米国証券取引委員会に登録されている投資顧問業者です。当サイトに掲載されている事項は、日本国内の居住者への証券投資一般等に関する情報提供を目的としたものであり、勧誘を目的としたものではありません。また、当サイトに掲載された資料は金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。

当サイトの内容についての著作権は、Global X Japanその他当該情報の提供元に帰属しています。電子的または、機械的方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製、引用、転載または転送等を禁じます。当サイトは、各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性が保証されているものではありません。

GLOBAL X FUNDS及びGLOBAL Xは、GLOBAL X社が世界各国(日本を除く)で設定・運用する上場投資信託を示す登録商標であり、個別商品を指すものではありません。電子的または、機械的方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製、引用、転載または転送等を禁じます。

Global X Japan株式会社
金融商品取引業者 ETFの概要 関東財務局長(金商)第3174号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員
一般社団法人投資信託協会会員

投資科ドクター オルソ100% の生き方カルテ

サイドFIREを目指す医師が投資に目覚め、会社やお金に縛られない自由な生き方・働き方をポジティブに追い求めていくブログです。

高配当ETF(VYM)で6月分配金ゲット。再投資へ ETFの概要 【医師の年間配当金額公開!22年6月】

高配当ETF気になりませんか?

ETFで分配金を手に入れてみてはいかがでしょうか?

そして2022年6月の配当金・分配金実績を公開します。

ETFとは?

ETFとは、米国や中国、インド、ASEAN諸国等、海外の代表的なインデックス(指数)との連動を目指した海外の取引所に上場している 投資信託(ETF)です。投資信託ではあるものの、市場に上場しているため、株式のようにリアルタイムで取引できるなどの柔軟性があります。

米国ETFの特徴

1.様々な投資対象へリスク分散投資

2.リアルタイムで取引可能

3.低コストで運用できる

4.最低手数料0円

私の米国ETF投資方針・投資実績はこちら

配当金(分配金)の良さ

それは何といっても 不労所得感が得られるから です。

お金がお金を生む、 マネーマシーン を育てる楽しさがあります。

おすすめ高配当ETF

VYM (FTSEハイディビデンド・イールド指数」との連動を目指した高配当ETF)

VYM構成銘柄

ジョンソン・エンド・ジョンソン (JNJ)

JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー (ETFの概要 JPM)

ホーム・デポ(HD)

経費率は 0.ETFの概要 06 %

高配当ETFで配当金を楽しみつつ、値上がりも期待してVYM

配当金(分配金)はどう使う?

今のところ配当金を生活費に利用する予定はないので、 分配金の再投資先 として VIG に投資しています。

VIGは 10年以上連続増配 の実績を持つ米国株に投資するバンガード・米国増配株式ETFのことです。

ベンチマークは「NASDAQ US Dividend Achievers Select Index」で、約240銘柄に厳選され、リバランスは毎年行われています。

SPYDの株価と配当は?高配当ETFのHDV・VYMと利回りを比較!

SPYD アイキャッチ

SPYD 0914チャート

引用:TradingViewの提供チャート

名称SPDRポートフォリオS&P500高配当株式ETF
基準価額39.62米ドル
直近分配金0.398912米ドル
分配金回数4回
分配利回り4.81%
経費率0.07%
詳細公式ページ
引用:SBI証券
期間騰落率
1ヶ月−2.61%
3ヶ月0.57%
6ヶ月18.70%
9ヶ月48.61%
1年47.15%
2年15.66%
3年23.77%
5年47.85%
年初来23.42%
設定来74.40%
引用:SBI証券

配当金を受け取りながら、株価の上昇もある程度狙うことができる銘柄であると言えるでしょう。

\ 当サイト限定タイアップキャンペーン中/

SPYDとHDV・VYMの比較

名称運用会社ベンチマーク構成銘柄数基準価額分配利回り経費率
SPYD(SPDRポートフォリオS&P500高配当株式ETF)State Street社S&P500高配当指数約80銘柄39.62米ドル4.81%0.07%
HDV(iシェアーズ コア 米国高配当株ETF)Black Rock社モーニングスター配当フォーカス指数約75銘柄97.31米ドル3.56%0.08%
VYM(バンガード 米国高配当株式ETF)Vanguard社FTSEハイディビデンド・イールド指数約400銘柄105.25米ドル2.78%0.06%

その中でSPYDは特に分配利回りが高く、2021年7月時点では4.81%と非常に高い分配金を出していることが分かります。

一方でHDVは財務状況の健全性が高いと判断される企業への投資、VYMは景気変動の影響を受けにくい銘柄への投資、という特徴があります。 ETFの概要

それぞれの特徴を理解して投資目的に合った銘柄に投資するようにしましょう。

\ 株式取引シェアNo.1! /

【人気】高配当ETFとは?おすすめの日本株・米国株ETFとメリット・デメリットを解説 上場投資信託であるETFの中には利回りの高い、高配当ETFと呼ばれるものがあります。 ETFの概要 今回は、高配当ETFの特徴やおすすめ銘柄を紹介していきたいと思います。 高配当ETF…

SPYDのメリット・デメリット

メリット①配当利回りが高い

SPYDの最大の魅力は、 やはりその配当利回りの高さにあります。

例えば500万円を投資した場合で想定すると、一年間の分配金の額はHDVが約18万円でVYMが約14万円、SPYDは約24万円となり、大きな差となります。

先程の500万円投資した例では、利回り4.81%が続いたと仮定して10年間運用すると、10年後の利息は約300万円で元利合計するとおよそ800万円になります。

長期投資で配当金を受け取りながら運用していくことで、SPYDは大きな利益を得られる可能性があります。

メリット②経費率が低い

ETFの場合は経費率が運用期間中にかかるコストとなりますが、 SPYDはその経費率が低いこともメリットとして挙げられます。

SPYDのようになるべく経費率が低いETFを選んで、運用期間中の負担を軽減できるようにしましょう。

\ 株式取引シェアNo.1! /

現在200円相当のビットコインがもらえるキャンペーンを実施中ですので、公式LINEに登録してビットコインを手に入れましょう。

SPYD公式LINE

\ 200円分のBTCが無料でもらえる /

デメリット①景気動向に左右されやすく不況に弱い

SPYDは景気変動の影響を受けやすいため、不況に弱いETFです。

SPYDの基準価額が下がって分配金も減配となるため、メリットである高い配当利回りが期待できなくなる点がデメリットとなっています。

安い時に買い集めて、景気が回復した時に基準価額の上昇と高い配当利回りを得るチャンスにもなることを把握しておきましょう。

デメリット②歴史が浅く情報が不足している

先ほど比較した高配当ETFのHDVが約10年、VYMが約15年の運用の歴史があることを踏まえると、比較的歴史が浅いと言えるでしょう。

そのため情報が不足していたり、実績がまだ少ないことがデメリットとして挙げられます。

SPYDの今後の見通し

米国株全体の今後の見通し

そのため、 多くの専門家が2021年夏ごろからの米国市場が軟調になることを予想しています。

一方で、マンハッタン・グローバルフィナンシャルの森崇氏は大幅に下落しないのではないか?という見通しを持っています。

さらに大和証券の壁谷洋和氏は、米国経済の回復によって下落を取り戻すと分析しています。

世界経済をリードする米国の株式市場はしばらく好調が継続すると推測できます。

SPYD採用銘柄の今後の見通し

不動産、金融セクターは金利の影響を強く受けやすく、前述した金融緩和縮小による株価の変動が考えられます。

SPYDは金利の影響を大きく受けることなく、相場全体に合わせて上昇していくことが期待できる銘柄と言えるでしょう。

米国株価(アメリカ株価)の今後の予想・長期見通しをわかりやすく解説 現在米国株はコロナ禍にも関わらず順調に大きく成長を続けています。 今回は注目度の高い米国株について、これまでの価格推移から今後の見通しまでわかりやすく解説して…

SPYDに投資する方法

①SPYDの現物を購入して投資する
②CFD取引で投資をする

①現物を購入して投資する

「現金を支払って現物であるSPYDを受け取る/現物を渡して現金を受け取る」という基本的な投資の方法が現物取引です。

②CFD取引で投資する

現物取引とは異なり、 自己資金の範囲を超える金額で投資でき、保有していない商品を売ることができるのがCFD取引(差金決済取引)です。

CFDの売買方法における説明

手元に現物が無かったり、自己資金が少ない場合でもSPYDに投資できる点がCFD取引のメリットです。 ETFの概要

【5社比較】CFD取引におすすめの証券会社・銘柄ランキング! CFDに興味がありこれから始めたいと思っている方や、すでに始めている方の中でも、銘柄選びに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 CFD取引は、現物での受け渡しは…

SPYD投資におすすめの証券会社

SPYDの現物取引ならSBI証券がおすすめ

対応取引現物取引
取引手数料約定代金の0.45%
取引単位1株
取引時間23:30~6:00
(サマータイム:22:30~5:00)
詳細公式ページ

SPYDに現物取引で投資したいのであれば、 国内株式個人取引シェアNo.1のSBI証券の利用がおすすめです。

「SPYDへの投資をきっかけに新たに他の商品にも投資してみたい」というニーズにも応えてくれます。

手数料が安く、豊富な投資対象の中から選ぶことができる点がSBI証券のメリットです。

\ 株式取引シェアNo.1! /

【辛口】SBI証券の評判・口コミは?メリット・デメリットを徹底解説[やばい?] 大手証券会社のSBI証券は、初心者・上級者問わず幅広い層の株式投資家に愛用されています。 InvestNaviが発表するネット証券おすすめランキングで1位を獲得し、口座開設…

SPYDのCFD取引ならIG証券がおすすめ

対応取引CFD取引
取引手数料2.20セント/1株
取引単位1株
取引時間23:30~6:00
(サマータイム:22:30~5:00)
詳細公式ページ

SPYDにCFD取引で投資をしたい人は、IG証券を利用することがおすすめです。

CFD取引対応の国内証券会社の中で最大となる16,000銘柄を取り扱っており、FX・株価指数・商品など充実したラインナップから投資先を選ぶことができます。

豊富な商品ラインナップから選ぶことができ、初心者でも安心のサポートが充実しているIG証券は、SPYDのCFD取引に最適の証券会社であると言えます。

さらに今ならInvestNavi経由でIG証券を口座開設していただいた方限定で、リスクを抑えた投資方法として注目を集めているノックアウトオプションの完全ガイドをプレゼント中です。

予告なしにタイアップキャンペーンを打ち切る場合もあるため、この機会にぜひ公式ページをチェックしてみてください。

IG証券 ノックアウトオプション

\ 当サイト限定タイアップキャンペーン中/ ETFの概要

【辛口】IG証券の評判・口コミはどう?メリットとデメリットを徹底解説 昨今、老後2000万円問題やコロナショックによる影響で副業としてFXや株式などの投資・資産運用を始める方が急増しています。 実際に2020年、ネット証券の口座開設数は前…

SPYD今後の見通しまとめ

・SPYDは「配当利回りが高い」「経費率が低い」というメリットがあり長期投資に適している
・景気動向に左右されやすく設定からの歴史が浅いことに注意が必要
・ SPYDは金融緩和縮小の影響を大きく受けずに相場全体とともに上昇していく可能性が高い
・投資する方法は「現物取引」と「CFD取引」の2種類がある
・ 現物取引ならSBI証券、CFD取引ならIG証券を利用することがおすすめ

投資科ドクター オルソ100% の生き方カルテ

サイドFIREを目指す医師が投資に目覚め、会社やお金に縛られない自由な生き方・働き方をポジティブに追い求めていくブログです。

高配当ETF(VYM)で6月分配金ゲット。再投資へ 【医師の年間配当金額公開!22年6月】

高配当ETF気になりませんか?

ETFで分配金を手に入れてみてはいかがでしょうか?

そして2022年6月の配当金・分配金実績を公開します。

ETFとは?

ETFとは、米国や中国、インド、ASEAN諸国等、海外の代表的なインデックス(指数)との連動を目指した海外の取引所に上場している 投資信託(ETF)です。投資信託ではあるものの、市場に上場しているため、株式のようにリアルタイムで取引できるなどの柔軟性があります。

米国ETFの特徴

1.様々な投資対象へリスク分散投資

2.リアルタイムで取引可能

3.低コストで運用できる

4.最低手数料0円

私の米国ETF投資方針・投資実績はこちら

配当金(分配金)の良さ

それは何といっても 不労所得感が得られるから です。

お金がお金を生む、 マネーマシーン を育てる楽しさがあります。

おすすめ高配当ETF

VYM (FTSEハイディビデンド・イールド指数」との連動を目指した高配当ETF)

VYM構成銘柄

ジョンソン・エンド・ジョンソン (JNJ)

JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー (JPM)

ホーム・デポ(HD)

経費率は 0.06 %

高配当ETFで配当金を楽しみつつ、値上がりも期待してVYM

配当金(分配金)はどう使う?

今のところ配当金を生活費に利用する予定はないので、 分配金の再投資先 として VIG に投資しています。

VIGは 10年以上連続増配 の実績を持つ米国株に投資するバンガード・米国増配株式ETFのことです。

ベンチマークは「NASDAQ US Dividend Achievers Select Index」で、約240銘柄に厳選され、リバランスは毎年行われています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる