FXのやり方始め方

外国為替(FX)

外国為替(FX)

外国為替入門講座 第8回 為替スワップ

外国為替入門講座 第8回 為替スワップ

1.為替スワップ取引

為替取引には、現時点で通貨の交換を行う 直物(じきもの)為替 と、将来の時点で通貨の交換を行う 先物(さきもの)為替 があります。

外国通貨と円の交換レートは、毎日大きく動いています。将来の時点にドルをいくらで交換できるかを決めておくことは重要です。例えば、原価70万円の自動車を1万ドルで売った場合に、為替レートが決まらないと儲けの判断ができません。
先物為替は、現時点で将来の時点に外貨をいくらで売り買いするのかを決めておくものです。簡単にいえば、 予約レート です。

2.為替スワップとは何か

為替スワップ取引は、 直物為替と先物為替の売買を、同時に交差的に組み合わせて行う取引 です。直物為替の売買に、逆の売買条件の先物為替を組み合わせます。

3.為替スワップと先物レート

直物為替に為替スワップを加えると、先物為替を作ることができます。為替スワップは、直物為替と先物為替の橋渡しの役割をしています。
外国為替市場では、先物レートは実数で建て値されるのではなく、 外国為替(FX) 直先スプレッドが建て値 されています。直先スプレッドとは、直物レートと先物レートの差額で、為替スワップの価格のことです。

先物レート=直物レート ± 直先スプレッド

米国の金利が日本の金利より高い 場合には、直物レートから直先スプレッドを差し引くことで、先物レートを計算します。これを ドルディスカウント/円プレミアム といいます。

先物レート=直物レート-直先スプレッド

逆に、 米国の金利が日本の金利より低い 場合には、直物レートに直先スプレッドを加えて先物レートを計算します。これを ドルプレミアム/円ディスカウント といいます。

先物レート=直物レート+直先スプレッド

4.銀行の操作

為替スワップ取引は、企業に先物為替を供給する必要がある銀行が、 銀行間で行うプロの取引 です。この取引のおかげで、銀行は、企業からの先物為替の注文に応じることができます。

ある輸出企業から、3ヶ月先に100万ドルを売りたいという先物為替の注文が入ったとします。すると銀行は、 直物市場でドルを売り、為替スワップで直物の買いと先物の売り 外国為替(FX) 外国為替(FX) を行います。その結果、先物の売りポジションだけが残ります。
ここでいうポジションとは、債権と債務の差額のことです。ドルの売りとドルの買いを比べて、売りが多い場合を売りポジション、あるいは、売り持ちと呼んでいます。

3ヶ月後に輸出企業から買い取ったドルは、この先物の売りポジションで相殺されます。したがって、銀行は 為替リスク を負わなくて済みます。

5.為替スワップの価格

為替スワップには、2種類の取引があります。 期近でドルを買い、期先でそれを売る取引 と、 期近でドルを売り、期先でそれを買う取引 です。前者を 買い/売りスワップ 、後者を 売り/買いスワップ といいます。
期近とは、現時点に近い手前の期日という意味です。今日、明日、のように現時点に近い期日を指します。期先は、先の期日のことです。
例えば、ドルの買い/売りスワップは、1ドル=100円で直物を買い、期先に1ドル=95円で先物を売り戻すといった取引を指します。

直物為替レートと先物為替レートの間の価格差を、 直先(じきさき)スプレッド といいます。これを、直先スプレッドの支払側からはス ワップコスト 、受取側からは 外国為替(FX) スワップマージン と呼びます。
ドルの買い/売りスワップを行うと、直物レート(100円)と先物レート(95円)の差額の5円(100-95=5)を、取引相手に支払ったことになります。

直先スプレッド=2国間の金利差

日本の銀行から100円を借りてドルと交換して、 米国の銀行に預金 すると、1年後、1ドル10セントが手に入ります。
もし、先物レートが$1=¥100であった場合、1ドル10セントは、110円と交換されます。銀行から借りた
100円の利子は5円ですから、銀行に105円を返すと手元に5円(110円-105円=5円)の利益が得られます。もし、こんなうまい話があれば、誰もがドルでの運用を始めます。その結果、ドルの売り予約が増えます。ドルの売り手が増えるのですから、先物のドルの値段は下がっていきます。1ドル=95円45銭まで下がると、1ドル10セントは、円と交換しても105円(1.1×95.45=105)にしかならなくなり、ドルで運用しようとする動きが止まります。

では、予約レートがもっと下がって1ドル=90円になったらどうなるでしょう。今度は、逆の動きが始まります。米国の銀行から1ドルを借りて 日本の銀行に預金 する動きです。1ドルを100円に替えて運用すると、1年後、105円になります。1ドル=90円でドルに換算すると、1ドル16セント(105÷90=1.16)になります。銀行には、1ドル10セントを返済すればいいのですから、6セントの儲けとなります。したがって、ドルの買い予約が増えていき、予約レートは上がっていきます。 1ドル=95.45円(105÷1.1=95.45)になると、儲けはゼロとなるのでドルの買い予約をする人もいなくなります。

結局、先物レートは、1ドル=95円45銭の水準で落ち着くことになります。
この 直先スプレッド4.55円 (100-95.45=4.55)は、 日米の金利差5% (10-5=5)に相当します。
これは、円で運用しても、ドルで運用しても105円にしかならないように、先物レートが調整されていくことを意味します。円価での運用額とドルでの運用額が等しくなるように、先物レートが調整されていくのです。

6.直先スプレッドの計算

直先スプレッドは、先物レートと直物レートとの差額なので、先物レートが決まると簡単に計算できます。先物レートは、円で運用しても、ドルで運用しても 運用額が等しく なるような水準で落ち着きます。

これを式にすると、 円での運用額=ドルの運用額 となります。
円での元利合計=ドルでの元利合計
¥元本×(1+¥金利×日数÷365)=$元本×(1+$金利×日数÷360) とおけます。
この式を変形すると、

直物レート(1ドル=¥100)、円金利5%、ドル金利10%のときの1年先の先物レートは、
【 1年後の円での運用額=1年後のドルの運用額 】であるという関係から、
100円×(1+0.05×365÷365)=1ドル×(1+0.1×360÷360)
1ドル=100円×(1+0.05)÷(1+0.1)=95.45円 となります。

南アフリカランド/円

南アフリカランドのような新興国通貨は流動性が低いためボラティリティ(価格変動率)が高いことが特徴です。2008年年初16.28円あった南アランド/円が金融危機の影響で 7.62円 、価格変動率 53.75% を記録。
2015年12月4日、米国格付け会社フィッチ・レーティングスは「南アフリカ経済低成長、電力不足」を理由に外貨建て長期信用格付けを1段階引き下げを発表。続く12月9日に南アフリカのズマ大統領が財務相の更迭を発表したことで南アフリカランドが急落、12月11日には 史上最安値7.53円 を記録し、2008年10月24日に記録した7.62円を更新しました。
2020年には世界的な新型コロナウィルス蔓延による景気後退懸念と、南アフリカ国内で抱える経済成長停滞、財政赤字拡大、さらに大手格付け会社による「投資不適格級」への格下げにより連日史上最安値を更新し、2020年4月6日には 史上最安値5.58円 を記録。
1995年からの南アランド/円の平均価格変動率は 26.86% と主要通貨に比べればボラティリティは遥かに高い通貨です。

外国為替(FX) 外国為替(FX) 外国為替(FX) 外国為替(FX) 外国為替(FX) 外国為替(FX) 外国為替(FX) 外国為替(FX) 外国為替(FX) 外国為替(FX) 外国為替(FX) 外国為替(FX)
西暦 始値 高値安値 終値 変動幅 変動率
1995年 28.12円 28.56円 22.19円 28.34円 6.37円 22.65%
1996年 28.36円 29.47円 22.81円 24.76円 6.66円 23.48%
1997年 24.75円 28.67円 24.4円 26.82円 4.27円 17.25%
1998年 26.83円 27.55円 19.03円 19.2円 8.52円 31.76%
1999年19.22円 20.43円 16.37円 16.61円 4.06円 21.12%
2000年 16.外国為替(FX) 58円 17.71円 13.78円 15.05円 3.93円 23.70%
2001年 15.05円 15.外国為替(FX) 74円 9.29円 10.97円 6.45円 42.86%
2002年 10.96円 13.97円 10.37円 13.81円 3.6円 32.85%
2003年 13.8円 17.74円 12.98円 16円 4.76円 34.49%
2004年 15.99円 18.48円 13.94円 18.07円 4.54円 28.39%
2005年 18.06円 19.24円 15.55円 18.53円 3.69円 20.43%
2006年 18.57円 19.7円 14.77円 16.92円 4.93円 26.55%
2007年 16.94円 17.79円 14.68円 16.28円 3.11円 18.36%
2008年 16.28円 16.37円 7.62円 9.53円 8.75円 53.75%
2009年 9.47円 12.62円 8.41円 12.58円 4.21円 44.46%
2010年 12.55円13.08円 10.98円 12.29円 2.1円 16.73%
2011年 12.22円 12.83円8.94円 9.49円 3.89円 31.83%
2012年 9.51円 11.07円 8.外国為替(FX) 外国為替(FX) 外国為替(FX) 67円 10.23円 2.41円 25.29%
2013年 10.23円 11.23円 9.22円 10.01円 2.00円 19.59%
2014年 10.01円 10.80円 8.93円 10.33円 1.87円 18.70%
2015年 10.35円 10.43円 7.53円 7.75円 2.91円 28.07%
2016年 7.75円 8.58円 6.39円 8.48円 2.19円 28.25%
2017年 8.52円 9.22円 7.75円 9.08円 1.47円 17.21%
2018年 9.09円 9.27円 7.07円 7.61円 2.21円 24.26%
2019年 7.外国為替(FX) 58円 8.22円 6.75円 7.71円 1.47円 19.39%
2020年 7.71円7.78円 5.58円 7.01円 2.20円 28.53%
2021年 6.99円 8.14円 6.63円 7.20円 1.51円 21.60%
2022年 7.20円 8.79円※ 7.外国為替(FX) 16円※
平均値 3.85円 26.72%

南アフリカランド/円 月別変動幅・変動率

南アフリカランド/円の2005年から2021年までの騰落率と上昇幅・下落幅の月別平均値(各年度・各月の終値ベースで算出)。2005年以降は 1月・5月・8月・9月・10月が円高傾向 、 4月・6月・7月・11月・12月が円安傾向 となっています。

外国為替(FX) 外国為替(FX) 外国為替(FX) 外国為替(FX) 外国為替(FX) 外国為替(FX) 外国為替(FX) 外国為替(FX) 外国為替(FX)外国為替(FX) 外国為替(FX) 外国為替(FX) 外国為替(FX)
西暦 1月 2月 3月 4月 5月 6月
変動幅騰落率 変動幅騰落率 変動幅騰落率 変動幅騰落率 変動幅騰落率 変動幅騰落率
2005年 -0.80-4.43 0.65 3.76 -0.81 -4.52 0.04 0.23 -1.25 -7.29 0.73 4.59
2006年 0.78 4.21 -0.60 -3.11 0.31 1.66 -0.15 -0.79 -2.19 -11.61 -0.78 -4.68
2007年 -0.22 -1.30 -0.33 -1.98 -0.18 -1.10 0.64 3.95 0.22 1.31 0.37 2.17
2008年 -1.99-12.30 -0.98 -6.91 -0.92 -6.96 1.41 11.47 0.080.58 -0.25 -1.81
2009年 -0.76 -7.97 0.84 9.58 0.75 7.80 1.27 12.26 0.30 2.58 0.53 4.外国為替(FX) 44
2010年 -0.77 -6.12 -0.33 -2.79 1.33 11.59-0.12 -0.94 -0.86 -6.78 -0.33 -2.79
2011年 -0.89 -7.24 0.32 2.81 0.54 4.61 0.04 0.33 -0.35 -2.85 -0.10 -0.84
2012年 0.23 2.42 1.07 11.外国為替(FX) 外国為替(FX) 01 -0.02 -0.19 -0.53 -4.92 -1.07 -10.45 0.59 6.43
2013年 -0.01 -0.10 0.02 0.16 -0.06 -0.56 0.66 6.50 -0.89 -8.19 0.06 0.63
2014年 -0.86 -8.58 0.29 3.21 0.34 3.58 -0.09 -0.90 -0.09 -0.90 -0.10 -1.04
2015年 -0.26 -2.50 0.16 1.外国為替(FX) 62 -0.36 -3.48 0.12 1.16 0.20 1.96 -0.15-1.46
2016年 -0.16 -2.09 -0.51 -6.71 0.52 7.37 -0.15 -1.92 -0.43 -5.74 -0.04 -0.53
2017年 -0.13 -1.56 0.22 2.63 -0.30 -3.44 0.03 0.31 0.14 1.67 0.13 1.49
2018年 0.13 1.37 -0.17-1.85 -0.08 -0.89 -0.20 -2.23 -0.20 -2.29 -0.50 -5.85
2019年 0.58 7.62 -0.30 -3.70 -0.34 -4.外国為替(FX) 25 0.22 2.89 -0.41 -5.24 0.20 2.74
2020年 -0.54 -7.05 -0.36 -5.01 -0.80 -11.77 -0.25 -4.09 0.35 6.14 0.08 1.32
2021年 -0.16 -2.24 0.182.60 0.44 6.27 0.04 0.59 0.44 5.83 -0.外国為替(FX) 19 -2.43
平均値 -0.34 -2.81 0.01 0.31 0.02 0.外国為替(FX) 34 0.18 1.41 -0.35 -2.43 0.01 0.14
外国為替(FX) 外国為替(FX) 外国為替(FX) 外国為替(FX) 外国為替(FX) 外国為替(FX) 外国為替(FX) 外国為替(FX) 外国為替(FX) 外国為替(FX)
西暦7月 8月 9月 10月 11月 12月
変動幅騰落率 変動幅騰落率 変動幅騰落率 変動幅騰落率 変動幅騰落率 変動幅騰落率
2005年 0.外国為替(FX) 外国為替(FX) 外国為替(FX) 43 2.59 0.28 1.64 0.42 2.42 -0.44 -2.48 1.外国為替(FX) 外国為替(FX) 18 6.81 0.03 0.16
2006年 0.58 3.65 -0.20 -1.21 -1.22 -7.49 0.77 5.11 0.32 2.02 0.77 4.77
2007年 -0.89 -5.11 -0.39 -2.36 0.49 3.外国為替(FX) 04 1.07 6.43 -1.41 -7.97 -0.11 -0.68
2008年 1.13 8.35 -0.59 -4.02 -1.29 -9.17 -2.80 -21.91 -0.55 -5.51 0.10 1.06
2009年 -0.29 -2.33 -0.24-1.97 -0.01 -0.08 -0.42 -3.52 0.15 1.30 0.93 7.98
2010年 0.32 2.78 -0.45 -3.81 0.58 5.10 -0.48 -4.02 0.30 2.62 0.52 4.42
2011年 -0.39 -3.29 -0.52 -4.54 -1.47 -13.44 0.34 3.59 -0.28 -2.85 -0.04 -0.42
2012年 -0.32 -3.28 -0.12 -1.27 0.05 0.54 -0.19 -2.03 0.06 0.65 0.99 10.71
2013年 -0.12 -1.15 -0.37 -3.75 0.25 2.62 -0.01 -0.15 0.28 2.90 -0.04 -0.40
2014年 0.07 0.78 0.16 1.65 -0.04 -0.43 0.46 4.75 0.54 5.36 -0.37 -3.43
2015年 -0.30 -2.97 -0.外国為替(FX) 64 -6.57 -0.48 -5.22 0.07 0.86 -0.20 -2.34 -0.75 -8.83
2016年 0.34 4.88 -0.33 -4.49 0.365.13 0.40 5.39 0.34 4.41 0.38 4.73
2017年 -0.22 -2.59 0.09 1.07 -0.16 -1.84 -0.26 -3.09 0.16 2.01 0.89 10.87
2018年 0.36 4.45 -0.外国為替(FX) 87 -10.32 0.48 6.31 -0.39 -4.85 0.54 7.05-0.55 -6.80
2019年 0.00 -0.01 -0.63 -8.37 0.192.74 0.01 0.20 0.22 3.13 0.36 4.85
2020年 -0.05 -0.76 0.08 1.30 0.06 0.91 0.10 1.外国為替(FX) 65 0.33 5.15 0.29 4.30
2021年 -0.27 -3.52 0.06 0.83 -0.18 -2.41 0.10 1.29 -0.36 -4.84 0.10 1.41
平均値 0.02 0.15 -0.28 -2.72 -0.12 -0.66 -0.10 -0.75 0.10 1.17 0.21 2.04

南アフリカランド/円 1日の変動幅・変動率

2005年から2021年の南アフリカランド/円 1日の平均変動幅 は0.19円(19銭)、平均変動率は1.82%。最大変動幅・変動率は 2008年10月15日に記録した2.06円・18.51% 。

外国為替(FX)

【SBI FXTRADE及び積立FX(店頭外国為替証拠金取引)】
店頭外国為替証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。外貨での出金はできません。経済指標の結果によっては価格が急激に変動し、思わぬ損失が生ずるおそれがあります。また、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。取引価格、スワップポイント等は提供するサービスによって異なり、市場・金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。取引価格は、買値と売値に差があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。店頭外国為替証拠金取引にあたっては必要な証拠金の額は提供するサービス及び取引通貨ペアごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(「SBI FXTRADE」個人のお客様:4%(レバレッジ25倍)、ただし、ロシアルーブル/円およびブラジルレアル/円は10%(レバレッジ10倍)、法人のお客様:一般社団法人金融先物取引業協会が毎週発表する通貨ペアごとの為替リスク想定比率*(通貨ペアごとにそれぞれレバレッジが異なります)、「積立FX」個人および法人のお客様:100%(レバレッジ1倍)、50%(レバレッジ2倍)、33.334%(レバレッジ3倍))の証拠金が必要となります。
*為替リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

【暗号資産CFD(店頭暗号資産証拠金取引)】
店頭暗号資産証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。暗号資産の価格の変動によって思わぬ損失が生ずるおそれがあり、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。当社の取り扱う暗号資産は、本邦通貨または外国通貨ではありません。また、特定の国家または特定の者によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。取引価格は、買値と売値に差(スプレッド)があります。スプレッドは暗号資産の価格の急変時や流動性の低下時には拡大することがあり、お客様の意図した取引が行えない可能性があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。暗号資産の現物でのお預かり、お受取りはできません。店頭暗号資産証拠金取引を行う上で必要な証拠金の額は取り扱う暗号資産ペアごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(個人のお客様:50%(レバレッジ2倍)、法人のお客様:一般社団法人日本暗号資産取引業協会が毎週発表する暗号資産ごとの暗号資産リスク想定比率*(暗号資産ごとにそれぞれレバレッジが異なります))の証拠金が必要となります。証拠金の詳細については、当社ホームページでご確認ください。取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、当社ホームページでご確認ください。
*暗号資産リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第51条第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

SBI FXトレード株式会社(金融商品取引業者)
関東財務局長(金商)第2635号
加入協会:
一般社団法人 金融先物取引業協会
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会

外国為替(FX)

優れた資産管理チームに続いて、,

tile-doge-en.png

tw.jpg

tuile-home-en.jpg

66.jpg

44.jpg

インスピレーションと最新の市場ニュース

POOPACはあなたの取引を新しいレベルに引き上げます

顧客になるには?
アカウントファイル
最新の市場動向を理解する
参加しませんか?
顧客を紹介しますか?
私たちのモバイルアプリを探索する

コードをスキャンしてダウンロード

Passive

IOS

Passive

Android

お問い合わせは簡単です! スイスのカスタマーサービスホットライン、スイス国内への電話:0848 25 88 88. スイス国外への電話: +41 44 825 88 88

外国為替入門講座 第5回 外国為替決済メカニズム

外国為替入門講座 第5回 外国為替決済メカニズム

1.外国為替決済メカニズム

外国為替は、現金を動かすことなく海外との資金決済を行う方法です。日本の銀行は、 送金小切手 や 電信指図 という手段を使い、海外の銀行に 立替払い をしてもらって決済します。海外の銀行が、日本の銀行に代わって、送金小切手の呈示をした人にお金を支払ってくれるのです。
その仕組みは、日本の銀行が、あらかじめ海外の銀行に開いておく預金勘定にあります。 送金小切手 は、その預金からお金を支払ってもらうための支払指図書の役目をします。海外の銀行においてある「預金勘定」の 振替機能 が、決済の秘密です。

≪送金(並為替)の場合≫

今、日本の日本商事が、米国のアメリカ社へ100万ドルの電信送金を行うとします。この時、日本商事は、取引銀行である東銀行へ行って 送金 の依頼をします。1ドル=100円とすると、日本商事は、東銀行から100万ドルを購入して、米国に送金することになります。日本商事は、1億円の円でドルを買います。
東銀行は、日本商事の円口座から1億円を引き落とし、コルレス銀行先であるニューヨーク銀行へ、アメリカ社に対して100万ドルを支払うようオンライン(専用のデータ通信システム)で指図します。
電信指図を受けたニューヨーク銀行は、自行にある東銀行のドル口座から100万ドルを引き落として、アメリカ社の口座に振り込むという仕組みです。こうして、実際に現金を送ることなく、銀行の仲介で送金が行われます。

≪取立て(逆為替)の場合≫

日本商事が米国のアメリカ社に100万ドルの商品を 輸出 するケースを取り上げてみましょう。日本商事は、アメリカ社を支払人とし、東銀行を受取人とする額面100万ドルの外国為替手形を振り出します。これを船積書類とともに東銀行に持ち込みます。
東銀行は、この外国為替手形を買い取り、円に替えて日本商事の口座に1億円を振り込みます。東銀行が、日本商事に対して立替払いをしています。実際には、手数料として手形割引料や為替手数料を差し引かれるので、日本商事の口座への振込額は少なくなります。
東銀行は、ニューヨーク銀行へ為替手形と船積書類を郵送し、ニューヨーク銀行にアメリカ社への代金取立を依頼します。
ニューヨーク銀行は、為替手形をアメリカ社に呈示し、アメリカ社の口座から100万ドル引き落として東銀行の口座に振り込みます。
ここでも、ニューヨーク銀行にある東銀行の預金口座が決済の役割を果たしています。

2.コルレス契約

外国為替の決済は、海外の銀行に預金口座を持っていることが必要なわけですが、すべての銀行に預金口座を作っておくのは大変です。そこで、預金口座をおいていない銀行とは、他の銀行がもつ預金取引関係を利用して、 間接的に決済 する取り決めを行っています。

そこで、日本の銀行は、海外の銀行との間で為替業務の代行に関する契約を結んでいます。これを 為替取引契約 (Agency Agreement)といい、この契約の相手先のことを コルレス (Correspondent)と呼んでいます。コルレス契約では、手形の取立依頼、送金の支払委託、信用状の授受、決済勘定などの取決めを行っています。

コルレス先で預金勘定をおいている取引銀行先を デポ・コルレス (Depository Correspondent)といいます。また、預金勘定のことを為替決済勘定と呼んでいます。
一方、為替決済勘定をおいていない先を ノン・デポ・コルレス (Non Depository Correspondent)といいます。ノン・デポ・コルレス先の口座振替は、他の銀行を通して間接的に行われます。

為替取引契約
日本の銀行が海外の銀行と結んでいる、為替業務の代行に関する契約
コルレス…為替取引契約の相手先のこと
デポ・コルレス…コルレス先で、為替決済勘定をおいている取引銀行
ノン・デポ・コルレス…コルレス先で、為替決済勘定をおいていない取引銀行

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる