実体験

キャッシュフロー計算書(C/F)とは

キャッシュフロー計算書(C/F)とは
コースを見る

食品スーパーマーケット最新情報

ブログ5,700日、780万アクセスを突破! 最新情報を経営コンサルタント鈴木が独自な視点で発信します!

January 28, 2015

ドラックストア経営戦略セミナー、3/24開催!

ドラッグストア業態の今後を占う!
主要ドラッグストア経営戦略分析セミナー:3/24

・株式会社マーケティング研究協会
・http://www.marken.co.jp/marken_seminar/2015/03/post_760.shtml
・講師:株式会社IDプラスアイ(鈴木聖一)
・上場7社の財務3表 連関分析に見る次の成長の方向性
・上場主要7社の決算書をもとに、各社の経営戦略を分析し、今後のドラックストア業界の行方を占います。まずは、C/F、キャッシュフロー計算書、ここに経営者の意思が反映されます。営業C/Fを投資C/Fと財務C/Fにどう配分するか、そこがポイント!次に、B/S、貸借対照表、成長戦略、出店余力が反映されます。出店戦略のポイントは自己資本比率と出店にかかわる資産、土地、建物、敷金報奨金、そして、買掛金との関係がポイント!そして、P/L、損益計算書、マーチャンダイジング戦略をみます。原価と経費、そのバランスをどう図るかがポイント! この順で財務3表を理解することにより、決算書の戦略的、実践的な見方が身に付きます。

セミナー概要
1.激変するドラッグストアの事業環境と今後について
(1)イオングループによって切られた業界再編の号砲、業界M&Aの今後
(2)コスモス薬品、100億円の自社物流センターへの投資、西日本制覇へ
(3) マツキヨH、サンドラック、スギH、ツルハH,、ココカラファインの戦略は?
2.決算書分析1:キャッシュフロー計算書編(キャッシュの配分)
(1)経営戦略、経営者の意思を読み取る!
(2)攻めるか、守るか、成長か、財務の安定か、キャッシュの配分はどっち?
(3)株主還元、内部留保への配慮、そして、M&Aへの備えは?
3.決算書分析2 貸借対照表編(キャッシュの蓄積)
(1)成長戦略、新規出店の余力を読み取る!
(2)自己資本比率と出店関連資産に見る、出店余力の状況は?
(3)ドラックストア独特の買掛金と現金、在庫のバランスは?
4.決算書分析3 損益計算書編(キャッシュの創出)
(1)マーチャンダイジング戦略、原価と経費のバランスを見る!
(2)原価削減によるキャッシュの創出のポイントを見る!
(3)経費削減によるキャッシュ創出のポイントを見る!
5.主要企業グループの経営戦略、今後の動向を探る
*年商3,000億円以上のドラックストア 7社をピックアップ
*2014年度本決算より
(1)マツモトキヨシグループ:4,953.85億円
(2)サンドラッグ:4,478.19億円
(3)ツルハホールディングス3,884.65億円
(4)コスモス薬品:3,718.25億円
(5)スギホールディングス:3652.00億円
(6)ウェルシアホールディングス:3,607.97億円
(7)ココカラファイン:3,493.37億円

PI研のコメント:
・ドラクストアの経営戦略セミナーを3/24(火)、(株)マーケティング研究協会の主催での開催が決まりました。今回は決算書に焦点を当て、そこから各社、特に年商3,000億円を超える7社に焦点を当てたセミナーです。決算書の戦略的活用の入門編にもなっており、ドラックストの決算書を様々な角度から読み解き、2015年度のドラックストア業界の動向を占います。決算書は通常、P/L、B/S、CFという順に見てゆきますが、今回は、経営戦略に焦点を当てていますので、逆、まずはCFを最初に見て、キャッシュの戦略的配分を読み解きます。そして、そこから、成長戦略の財務余力をB/Sで裏付けます。そして、最後に、キャッシュの創出を見ます。また、今回はドラックストアということですので、ドラックストア特有の買掛金についても焦点を当て、自己資本比率との関係、出店戦略との関係を導きます。ドラックストアはいよいよ寡占化が本格化し、この上位7社を中心に合従連衡がドラスチックに進むことが予想されます。このセミナーでも、2015年度にかかわらず、中長期的な視点でのドラックストア業界の動向にも踏み込みたいと思います。

お知らせ:
1.2014年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、リリース!
*食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社を対象!
*過去5年間を(ドラックストア3年)、エクセルで自由自在に分析!
2.eラーニングでの iD付POS分析を体感しませんか?
*無料トライアル版、お申し込みはこちら!
*販売・売場づくりのポイント、無料トライアル版はこちら!
→Big Data、マーケティング関連のメルマガはじめます、ご登録を!
3.MBQ(マービック)オープン:Big Data、マーケティング!
→MBQのfacebookはこちら!
4.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!
5.キャッシュフロー計算書(C/F)とは facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設463人

キャッシュフロー計算書

収益と費用の認識

コースを見る

収益と費用の認識

貸借対照表

コースを見る

貸借対照表

安全性分析

コースを見る

安全性分析

損益計算書

コースを見る

損益計算書

効率性分析

コースを見る

効率性分析

成長性分析

コースを見る

成長性分析

収益性分析

コースを見る

収益性分析

KPI

コースを見る

減価償却

コースを見る

ワーキング・キャピタル

コースを見る

キャッシュフロー計算書

収益と費用の認識

コースを見る

収益と費用の認識

貸借対照表

コースを見る

貸借対照表

安全性分析

コースを見る

安全性分析

損益計算書

コースを見る

損益計算書

効率性分析

コースを見る

効率性分析

成長性分析

コースを見る

成長性分析

収益性分析

コースを見る

収益性分析

KPI

コースを見る

減価償却

コースを見る

ワーキング・キャピタル

コースを見る

本当に財務会計を活用した経営ができている!?意識調査で判明した中小企業経営者の財務会計に関する理解度とは!?

財務会計に関して理解していない経営者は多いという実情が見えてきました。
ご自身は経営に専念し、財務会計は専門家に任せるという姿勢の方が多いのかもしれません。
ですが、冒頭でも述べた通り、決算書は会社の弱っているところを早期に発見し、早期に治すための重要な書類です。
さらなる会社の成長のためにも、経営者自身も財務会計について理解し、“早期発見・早期治療”していくことが非常に重要と言えるのではないでしょうか。

ここまでの調査で、中小企業の多くが、会社の試算表や決算書の作成を税理士や会計事務所に依頼しており、また、財務会計に関してあまり理解していない経営者が多いことも分かりました。 キャッシュフロー計算書(C/F)とは
では、作成された会社の決算書(財務諸表)の内容についてはどの程度理解・把握しているのでしょうか?
[画像4: https://prtimes.キャッシュフロー計算書(C/F)とは jp/i/62252/11/resize/d62252-11-81f0b431fdf8327677c6-3.png ]

■財務会計の可視化ができれば経営に活かせます!
・自ずとウィークポイントも把握できる(30代/男性/北海道)
・可視化すると企業目標と経営が全員にリンクできるので事業成長の大きな力になるから(40代/男性/栃木県)
・会社経営にあたって財務会計を理解していなければ、資金繰りに困ったり、税務面で不利なことが生じたり、事業承継をきちんと行うことができないと思うから(40代/女性/東京都)
・感覚的にもわかりやすい。資金調達の際に便利(50代/女性/富山県)
・財務状況を常に掌握しておくことで、次の方向性が探れる(50代/男性/大阪府)
・現状把握ができ見直すべき点は改善し、改善した点はさらに良くなるよう計画できる(50代/男性/島根県)

■財務会計の可視化を図る上での課題とは…?
・専門的な知識を持たなくてもわかるか(30代/男性/大阪府)
・可視化しやすいツールが必要だが何が良いのかわからない(30代/男性/広島県)
・情報の共有と分析力(40代/女性/東京都)
・セキュリティ(40代/男性/大阪府)
・社内に財務会計のプロフェッショナルがいない為に率先して取り組める人材がいない(50代/男性/奈良県)
・可視化のツール、ソフトの信頼性と、正確さ(60代/女性/神奈川県)

現在使用されている会計ソフトデータを取り込むことで、月次決算を自動で生成します。 キャッシュフロー計算書(C/F)とは
また、過去のデータより次年度経営計画のシミュレーションができ、決算時のキャッシュ残等が一目瞭然になります。
さらに、月次ごとのキャッシュを見える化することで、会社を安全経営へと導きます。
(特許第 5010749 号 特許第 5261643 号 特許第 5529356 号 特許第 6425783 号)

★『bixid(ビサイド)』が経営を強靭化する、6つの理由★
1. 誰でも簡単に「月次決算」
会計ソフトからデータを出力、bixidにデータをアップロードするだけで月次決算が自動生成されます。

2. キャッシュフローの見える化
経営管理の中でも、最も重要な指標のひとつであるキャッシュを月次ごとに見える化。 キャッシュフロー計算書(C/F)とは
あなたの会社を安心・安全経営へ導きます。

3. 数字の見方をやさしく解説
財務会計を理解していなくても大丈夫。
直感的に理解できるデザインに加え、bi-boくんがやさしく、分かりやすく数字の見方を解説します。

4. マルチデバイス対応
PCでもスマホでも、いつでもどこでも財務状況をモニタリング。
仕事の隙間時間を経営の時間に使うことが可能です。

5. 経営計画を簡単にシミュレーション
過去データから次年度以降の経営計画を簡単にシミュレーション。
決算時のキャッシュ残などが一目で分かります。

6. 部門別管理で組織の強靭化
部門別の計画が作成でき、クラウドでの情報共有が簡単にできるため、組織マネジメントの円滑化にご活用いただけます。

★セキュリティ体制も安心安全★
セキュリティ確保のため、「通信の暗号化」や「保存データの暗号化」など、自社内の高度な管理体制を構築しています。
また、外部の専門家によるペネトレーションテストを実施することにより、アプリケーションの脆弱性確認を行っています。

★bixidでできること★
普段利用されている会計ソフトから、bixidにデータをアップロードすると、クラウドサービスを通して、経営者や会計事務所へ「効率的に」会計報告や経営分析ができます。
bixidではさまざまなコンテンツが利用できます。
そのコンテンツを利用することによって、経営が強靭化、会社の未来が明確に見えてきます。

★新機能1. KPI管理機能搭載
目標達成のためのプロセス進捗の管理からさらなるPDCAサイクルの高速化を実現!


テンプレートを利用して簡単にKPI管理を始めることが可能
日別に実績数値や日報を登録してタイムリーな進捗把握
KPI情報が自動でグラフ化され進捗状況を可視化
独自のKPIを設計し経営情報を集約
利用権限と共有範囲の設定が可能

★新機能2. 部門別の計画作成と進捗管理機能に対応
部門ごとに財務状況を把握することができ、経営計画機能で作成した部門別の計画数値と対比することで 進捗管理が可能となります。
部門の責任者がタイムリーに目標数値と実績を管理することで、早期の経営状況の把握と意思決定に繋げることができます。

■bixidを体験する
サンプルデータでのシミュレーションや実際に数値を入力しての診断を体験いただけます。
コチラから体験いただけます:https://bixid.net/mock.html


調査概要:中小企業経営者の財務会計に関する意識調査
【調査日】2021年6月22日(火)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,023人
【調査対象】年商規模3,000万円~3億円の中小企業経営者(法人事業者)
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ

キャッシュフロー計算書

収益と費用の認識

コースを見る

収益と費用の認識

貸借対照表

コースを見る

貸借対照表

安全性分析

コースを見る

安全性分析

損益計算書

コースを見る

損益計算書

効率性分析

コースを見る

効率性分析

成長性分析

コースを見る

成長性分析

収益性分析

コースを見る

収益性分析

KPI

コースを見る

減価償却

コースを見る

ワーキング・キャピタル

コースを見る

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる