日本のバイナリーオプション業者

強気の定義

強気の定義

ボックスじゃなくて点だよ

メタバースの歴史と定義 メタバースの歴史と定義 メタバースの歴史と定義

メタバースという言葉は、1992年にニール・スティーヴンスン氏が発表したSF小説「スノウ・クラッシュ」で「meta (~の間の意味)」と「universe(宇宙の意味)」を組み合わせた造語として初めて登場しました。今年は30年になります。筆者はメタバースとは「インターネット」というテクノロジーの要素と「ゲーム」というアプリケーションの発展から起因する分野ではないかと考えます。
2003年に米リンデンラボが発表した「セカンドライフ」が、おそらく世界で初めて実現されたメタバースではないでしょうか。セカンドライフでユーザーは他のユーザーと交流できるほか、アバターが使えるアイテムに似た仮想資産を作り、仮想通貨で仮想資産の売買ができるようになりました。仮想空間上に新しい経済圏が形成され、一部のユーザーは新しい仕事として関わることとなったのです。

メタバースのマイルストーン
・1992年作の小説「スノウ・クラッシュ」で「meta(~の間の意味)」と「universe(宇宙の意味)」を組み合わせた造語として初めて使われた
・2003年に米リンデンラボが発表した「セカンドライフ」が初めて実現されたメタバースに
・2021年10月に米フェイスブックが社名をメタ・プラットフォームズに変更

KPMGコンサルティング
ディレクター ヒョン・バロ

メタバースビジネス最前線

  • オフィス検索 kpmg.findOfficeLocations
  • お問合せフォーム kpmg.emailUs
  • ソーシャルメディア kpmg.socialMedia

テクノロジー・メディア・通信

テクノロジー・メディア・通信

メタバース(仮想空間)を活用したビジネスを展開する際の指針と今後の展望

メタバース(仮想空間)を活用したビジネスを展開する際の指針と今後の展望

  • twitter. Opens in a new window
  • facebook. Opens in 強気の定義 a new window
  • linkedin. Opens in a new window
  • instagram. Opens in a new window

メールマガジン登録

© 2022 KPMG AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved. © 2022 KPMG Tax Corporation, a tax corporation incorporated under the Japanese CPTA Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved.

WebGL入門 ~ three.js④~


ボックスじゃなくて点だよ

three.jsのジオメトリの元になっている THREE.BufferGeometry クラスには、
元々どんな形も定義されていません。
ここに 頂点を追加していきます。

点を描画するときのマテリアルには THREE.PointsMaterial をつかう。
Meshではなく、Pointsの場合はマテリアルのプロパティもちょっと違う。

size 強気の定義 はワールド座標の0.25ではなくpxなので size: 10 と指定しても画面内におさまってます。
sizeAttenuation というのは、遠近感を出すかどうか。
falseにすると、奥にあっても手前にあっても同じ大きさで描画される(ピュアWebGLではこれが普通)
遠近感が出せるのは、three.js特有のプロパティ

  1. 頂点座標を定義
  2. 頂点座標を直列に配列似入れておく。 Float32Array にする。
  3. BufferAttribute インスタンスの形にする。
  4. 名前ラベル(好きにつける)強気の定義 つけて、 BufferGeometry にひもづける

three.js では、ジオメトリに頂点の情報を設定する(上書きや追加する) 場合は、 BufferAttribute クラスを利用します。
定義した頂点の情報を加工する

BufferAttribute クラスは、データの入力として TypedArray を使うので、
適切な TypedArray を利用すること(今回だとFloat32Array)

stride は、頂点情報がいくつの要素を持つか。XYZなので3を指定すること⚠️
※ストライドは three.js のドキュメントなどでは itemSize と記載されている

ポイントスプライト

ポイントでは、点しか描画できない?(四角いし・・・)
→ テクスチャで色々見せ方を変えることができるよ★☆

星のテクスチャはったイメージ

ポイントスプライト = 点(ポイント)として描かれる頂点を、スプライト(二次元のビットマップが付与されたオブジェクト)として扱う

・・・ただ、貼っただけだと、透過したい部分(星じゃない正方形の部分)が透過できていない。
→ 透過処理をすると、第2回の透過で説明したように、前後関係がバグる。
→ じゃあ奥の点から描画すればいいのだけど、
1つ1つの点がオブジェクトではなく、点の集合体のオブジェクトなのでそれはできない。
(1つ1つをオブジェクトにすることは可能だが効率が悪いのでオススメしない)

ポイントスプライト + 透過処理

  • transparent: true にする
  • opacity: 0.8 強気の定義 とかにして、少しすけさせる
  • 色のブレンド方法を AdditiveBlending にする
  • 深度テストを切る → すべてのピクセルを強制的に描画する
  • 前後関係が比較的気にならない
  • 透過できるので正方形が見えない
  • 星が透過・加算合成モードになる

星自体は透過したくない場合は、ブレンドモード設定せずに、opacity: 1.0 にすることで可能だが、透過と深度テストの相性がよくないので、前後関係がミスる部分が出てくる。

3Dモデルを読み込む


かわいい🦊

そこで glTF という統一された中間フォーマットが策定されました。
https://github.com/KhronosGroup/glTF

three.jsでも GLTFLoader が用意されています。

  • glTF にはシーン全体の情報を含めることができる仕様になっている。
  • three.js もそれにならっているので、読み込み後に返されるオブジェクトは scene というプロパティを持っている。
  • scene = Object3Dで、子要素にメッシュなどのデータをもつ。(glTFのsceneは色々まとまった塊のイメージで、それごとaddする)

アニメーションつきglTF

  • アニメーションを含むglTFを用意する
  • glTFからアニメーションを取り出す
  • 用意したミキサーに通して、アクション化する
  • 強気の定義
  • アクションの割合を決めて動かす

この場合、deltaを大きくすると早くなり、小さくすると遅くなる。
(this.clockはClock オブジェクトを設定しておく)

オフスクリーンレンダリング

  • 各種ポストエフェクト
  • 鏡やツルツルした面への映り込みの表現
  • ワイプのような表現
  • 影を落とす処理
  • 水や光学迷彩などの透明な質感の表現


板ポリにテクスチャとして貼られる3Dアヒルさん🐥

three.jsでは THREE.WebGLRenderTarget というオブジェクトを使う。
今までにもずっと利用してきた THREE.WebGLRenderer というオブジェ
クトに対して THREE.WebGLRenderTarget を割り当てることで、「一旦レンダリング」することができる

RenderTargetを使わない場合(今まで)強気の定義
→ そのままプロジェクターでcanvasに投影しているイメージ

  • シーンもカメラも1つ
  • アスペクト比はWindowから

RenderTargetを使う場合
→ オフスクリーンでレンダリングされ、画面にはでなくなる。
→ 「一旦レンダリング」することでできることが広がる感じ。
オフスクリーンレンダリングしたものを板ポリにはったり、エフェクトかけたり・・・
(テクスチャなどにして最終レンダリングで描画する)

メタバースの歴史と定義 メタバースの歴史と定義 メタバースの歴史と定義

メタバースという言葉は、1992年にニール・スティーヴンスン氏が発表したSF小説「スノウ・クラッシュ」で「meta (~の間の意味)」と「universe(宇宙の意味)」を組み合わせた造語として初めて登場しました。今年は30年になります。筆者はメタバースとは「インターネット」というテクノロジーの要素と「ゲーム」というアプリケーションの発展から起因する分野ではないかと考えます。
2003年に米リンデンラボが発表した「セカンドライフ」が、おそらく世界で初めて実現されたメタバースではないでしょうか。セカンドライフでユーザーは他のユーザーと交流できるほか、アバターが使えるアイテムに似た仮想資産を作り、仮想通貨で仮想資産の売買ができるようになりました。仮想空間上に新しい経済圏が形成され、一部のユーザーは新しい仕事として関わることとなったのです。

メタバースのマイルストーン
・1992年作の小説「スノウ・クラッシュ」で「meta(~の間の意味)」と「universe(宇宙の意味)」を組み合わせた造語として初めて使われた
・2003年に米リンデンラボが発表した「セカンドライフ」が初めて実現されたメタバースに
・2021年10月に米フェイスブックが社名をメタ・プラットフォームズに変更

KPMGコンサルティング
ディレクター ヒョン・バロ

メタバースビジネス最前線

  • オフィス検索 kpmg.findOfficeLocations
  • お問合せフォーム kpmg.emailUs
  • ソーシャルメディア kpmg.socialMedia

テクノロジー・メディア・通信

テクノロジー・メディア・通信

メタバース(仮想空間)を活用したビジネスを展開する際の指針と今後の展望

メタバース(仮想空間)を活用したビジネスを展開する際の指針と今後の展望

  • twitter. Opens in a new window
  • facebook. Opens in a new window
  • linkedin. Opens in a new window
  • 強気の定義
  • instagram. Opens in a new window

メールマガジン登録

© 2022 KPMG AZSA LLC, a limited 強気の定義 liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved. © 2022 KPMG Tax Corporation, a tax corporation incorporated under the Japanese CPTA Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights 強気の定義 強気の定義 reserved.

WebGL入門 ~ three.js④~


ボックスじゃなくて点だよ

three.jsのジオメトリの元になっている THREE.BufferGeometry クラスには、
元々どんな形も定義されていません。
ここに 頂点を追加していきます。

点を描画するときのマテリアルには THREE.PointsMaterial をつかう。
Meshではなく、Pointsの場合はマテリアルのプロパティもちょっと違う。

size はワールド座標の0.25ではなくpxなので size: 10 と指定しても画面内におさまってます。
sizeAttenuation というのは、遠近感を出すかどうか。
falseにすると、奥にあっても手前にあっても同じ大きさで描画される(ピュアWebGLではこれが普通)
遠近感が出せるのは、three.js特有のプロパティ

  1. 頂点座標を定義
  2. 頂点座標を直列に配列似入れておく。 Float32Array にする。
  3. BufferAttribute インスタンスの形にする。
  4. 名前ラベル(好きにつける)つけて、 BufferGeometry 強気の定義 にひもづける

three.js では、ジオメトリに頂点の情報を設定する(上書きや追加する) 場合は、 BufferAttribute クラスを利用します。
定義した頂点の情報を加工する

BufferAttribute クラスは、データの入力として TypedArray を使うので、
適切な TypedArray を利用すること(今回だとFloat32Array)

stride は、頂点情報がいくつの要素を持つか。XYZなので3を指定すること⚠️
※ストライドは three.強気の定義 js のドキュメントなどでは itemSize と記載されている

ポイントスプライト

ポイントでは、点しか描画できない?(四角いし・・・)
→ テクスチャで色々見せ方を変えることができるよ★☆

星のテクスチャはったイメージ

ポイントスプライト = 点(ポイント)として描かれる頂点を、スプライト(二次元のビットマップが付与されたオブジェクト)として扱う

・・・ただ、貼っただけだと、透過したい部分(星じゃない正方形の部分)が透過できていない。
→ 透過処理をすると、第2回の透過で説明したように、前後関係がバグる。
→ じゃあ奥の点から描画すればいいのだけど、
1つ1つの点がオブジェクトではなく、点の集合体のオブジェクトなのでそれはできない。
(1つ1つをオブジェクトにすることは可能だが効率が悪いのでオススメしない)

ポイントスプライト + 透過処理

  • transparent: true にする
  • opacity: 0.8 とかにして、少しすけさせる
  • 色のブレンド方法を AdditiveBlending にする
  • 深度テストを切る → すべてのピクセルを強制的に描画する
  • 前後関係が比較的気にならない
  • 透過できるので正方形が見えない
  • 星が透過・加算合成モードになる

星自体は透過したくない場合は、ブレンドモード設定せずに、opacity: 1.0 にすることで可能だが、透過と深度テストの相性がよくないので、前後関係がミスる部分が出てくる。

3Dモデルを読み込む


かわいい🦊

そこで glTF という統一された中間フォーマットが策定されました。
https://github.com/KhronosGroup/glTF

three.jsでも GLTFLoader が用意されています。

  • glTF にはシーン全体の情報を含めることができる仕様になっている。
  • three.js もそれにならっているので、読み込み後に返されるオブジェクトは scene というプロパティを持っている。
  • scene = Object3Dで、子要素にメッシュなどのデータをもつ。(glTFのsceneは色々まとまった塊のイメージで、それごとaddする)

アニメーションつきglTF

  • アニメーションを含むglTFを用意する
  • glTFからアニメーションを取り出す
  • 用意したミキサーに通して、アクション化する
  • アクションの割合を決めて動かす

この場合、deltaを大きくすると早くなり、小さくすると遅くなる。
(this.clockはClock オブジェクトを設定しておく)

オフスクリーンレンダリング

  • 各種ポストエフェクト
  • 鏡やツルツルした面への映り込みの表現
  • ワイプのような表現
  • 影を落とす処理
  • 水や光学迷彩などの透明な質感の表現


板ポリにテクスチャとして貼られる3Dアヒルさん🐥

three.jsでは THREE.WebGLRenderTarget というオブジェクトを使う。
今までにもずっと利用してきた THREE.WebGLRenderer というオブジェ
クトに対して THREE.WebGLRenderTarget を割り当てることで、「一旦レンダリング」することができる

RenderTargetを使わない場合(今まで)
→ そのままプロジェクターでcanvasに投影しているイメージ

  • シーンもカメラも1つ
  • アスペクト比はWindowから

RenderTargetを使う場合
→ オフスクリーンでレンダリングされ、画面にはでなくなる。
→ 「一旦レンダリング」することでできることが広がる感じ。
オフスクリーンレンダリングしたものを板ポリにはったり、エフェクトかけたり・・・
(テクスチャなどにして最終レンダリングで描画する)

強気の定義


marcoの投資手法

marco fundのパフォーマンス推移

marco Japan fund

marco China fund

marco Vietnam fund

marco Korea fund

marco 美術館

イタリア~シシリア島のエリーチェ(Erice)

イタリア~ヴァチカン美術館のアポロ像

イタリア~ヴァチカン美術館の天井

イタリア~ヴァチカン美術館のラオコーン像

イタリア~ローマのフォロロマーノ

イタリア~ヴァチカンから見たローマ

イタリア~フィレンツェ

イタリア~ドゥオーモからフィレンツェ

イタリア~フィレンツェのオリーブ畑

イタリア~フィレンツェの伝統料理

イタリア~ピッティ宮の老兵士像

イタリア~ロンバルディア平野の夕暮れ

イタリア~ヴェネチア

日本~古宇利島

日本~稲村ガ崎

marco企業リサーチ

フィンテックG~事業内容

フィンテックG~収入モデル

フィンテックG~経営環境

フィンテックG~財務諸表からみる現状

フィンテックG~中期計画

marco ライブラリ

Pフィッシャーの「超成長株投資」 (1)

Pフィッシャーの「超成長株投資」 (2)

Pフィッシャーの「超成長株投資」 (3)

強気なアナリスト(リテール証券)


====楽天証券のアナリスト===
今中 能夫(いまなか やすお)
楽天証券経済研究所アナリスト
1961年生まれ。1984年に岡三証券においてアナリストとなり、今年でアナリスト歴20年目。インターネット、ソフトウェア、エンタテインメントを中心にテクノロジー、サービスを幅広くカバーする。

楽天証券経済研究所 企業調査レポート / 執筆者プロフィール


1961年 生
1984年 大阪府立大学卒業、同年岡三証券入社。
1994年 青山学院大学で修士(国際経済学)を取得。
1997年 シュローダー証券入社、以後、1998年バンカメリカ・ロバートソン・スティーブンス証券、1998年コメルツ証券等を経て、2005年9月楽天証券入社。
ソフトウェアは1990年から、ビデオゲームは1991年からカバーしている。1998年から2001年まで4年間、日経アナリストランキングソフトウェア部門1位。2000年同IT・インターネット部門1位。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる