攻略方法を紹介

レベルを活用する方法

レベルを活用する方法
多くの企業にとっては近隣のスポーツクラブとの提携が現実的な選択肢である

データサイエンスタスクに必要なデータセットを入手するさまざまな方法

著者のParul Pandey氏はAIスタートアップWeights & Biasesでデータサイエンティストとして働いており、同氏の記事は度々AINOWで紹介してきました(同氏の詳細は同氏公式サイトを参照)。同氏がMediumに投稿した記事『データサイエンスタスクに必要なデータセットを入手するさまざまな方法』では、データサイエンスプロジェクトで活用するデータセットを入手あるいは作成する方法が紹介されています。
Pandey氏は、データの取得あるいは作成の方法として以下のような8項目を紹介しています。

  1. 高度なGoogle検索:検索演算子を用いたGoogle検索をしてデータセットを取得
  2. データセット専門サイト:データセットを集めた専門サイトからデータセットを取得
  3. 現実世界のデータセット:臨床試験データのような現実世界のデータセットを取得
  4. ツールによる画像のダウンロード:各種Chrome拡張機能で画像を一括ダウンロード
  5. HTMLテーブルからのデータ抽出:Googleスプレットシート関数IMPORTHTMLの活用
  6. PDFからのデータ抽出:PythonライブラリのCamelotを利用したデータ抽出
  7. XMLファイルからのデータ抽出:Pythonのモジュールのxml.etree.ElementTreeを利用してXMLファイルを解析してデータ抽出
  8. Pandasメソッドの利用:Pythonのライブラリpandasに含まれるread_clipboard()を使ってクリップボードにコピーしたデータを読み込む

なお、以下の記事本文はParul Pandey氏に直接コンタクトをとり、翻訳許可を頂いたうえで翻訳したものです。また、翻訳記事の内容は同氏の見解であり、特定の国や地域ならびに組織や団体を代表するものではなく、翻訳者およびAINOW編集部の主義主張を表明したものでもありません。
以下の翻訳記事を作成するにあたっては、日本語の文章として読み易くするために、意訳やコンテクストを明確にするための補足を行っています。

「職場のウェルネス」ブームを活用する方法

事業者の78%が3年以内に運動関連プログラムに投資することを検討

未開発の可能性

ストックホルムにある最先端のジム、SATSストゥーレプランのオーナーはこれをいち早く認識し、2015年に世界で初めてサイクリングプログラムTHE TRIP ™ を提供したスポーツクラブのひとつです。

同クラブではIMMERSIVE FITNESS ™ の力を活用して、参加者を虜にさせるTHE TRIPでサイクルスタジオの法人予約を促し、1法人、ひとクラスにつき3000 SEK(約34000円)で提供しています。週2~3回、近隣企業からの予約を受けることで、新たな収入源を確保することができます。また、法人契約を通じて数多くの利用者をクラブに引き寄せ、正会員となってクラブ通いしてくれる人も出てきています。

多くの企業にとっては近隣のスポーツクラブとの提携が現実的な選択肢である

企業が抱える問題を解決する

法人向けウェルネスのスペシャリストであるPUSH Mind and Body社もまた、栄養やエクササイズを題材にしたワークショップを実施する利点について説明します。

RPAツール導入のメリットと注意点!自動化に適した業務とは?

事務作業をRPAで行うイメージイラスト

RPA(Robotic Process Automation)とは、 バックオフィスの定型業務を自動化できる技術 です。今まで人が手作業で行っていた業務を、ロボットが代わりに作業してくれます。

3段階の自動化レベルを持つRPA

自動化に適した業務

RPAによる自動化に最も適した仕事は、 業務フローやルールが決まっている定型的な作業 です。今まで人が時間をかけて行っていた作業を、RPAがミスなく短時間でこなしてくれます。

例えば「 同じ処理を繰り返す作業・頻度が多い作業」は、RPAが得意とする分野です。ルールさえ決まっていれば、シナリオ化された業務を淡々と進めます。

「大量のデータ処理・分析」も自動化に適した業務です。人が手作業で進めると時間や手間がかかるデータ処理も、RPAなら正確かつ迅速に行えます。

RPAツール導入のメリット

MERITと書かれた5つの積み木

RPAツールを導入すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。RPAツール導入により、企業が得られる主なメリットを紹介します。

人件費の削減

RPAツールを導入すれば、単純作業の大部分を自動化できます。 何人もの従業員が行ってきた作業をロボットが担うため、人件費の削減につながる点がメリット です。

複数の人間が担当してきた仕事をRPAツールに任せ、人件費の約30~50%をカットした例もあります。

企業経営における経費の大部分を、人件費が占めています。RPAツールに仕事を任せて人件費をカットすれば、経費の大幅なスリム化が可能です。

業務の効率アップとミスの防止

RPAは単に定型業務を代行するだけの技術ではありません。コンピューター上で動くソフトウエアが業務をこなすため、手作業よりはるかに速いスピードで業務を進められます。

作業ミスの防止につながる点も、RPAツール導入のメリットです。人が行う業務ではミス発生のリスクがありますが、RPAツールを導入すれば正確性が格段に向上します。

業務の効率化と正確性の向上により、顧客や取引先への対応も早くなる でしょう。自社商材の品質アップも期待できます。

生産性の向上

今まで単純作業に携わってきた従業員は、RPAツールの導入により単純作業から解放されます。 クリエイティブな仕事に割ける時間が増える のです。

余剰人員のクリエイティブな作業時間が増えれば、企業における生産性の向上を期待できます。新しいビジネスチャンスの創出にもつながるでしょう。

RPAツールは単なる業務サポートのITツールではありません。RPAツールを導入するということは、24時間365日働き続けられる、優秀な人材を雇用していることになります。

導入する際の注意点

RPAの手順とメガホンの写真

セキュリティリスク

RPAツールを導入する際に注意したいのが、セキュリティリスクの存在です。 プログラムの設計ミスやID・パスワードの流出が原因で、大きな損害を被る恐れ があります。

システムへの不正アクセスや、情報漏洩が発生すると、売上に悪影響を及ぼすだけでなく、企業としての信用も失いかねません。業務の利便性が大幅に向上する反面、リスクにさらされてしまう点には、十分な注意が必要です。

セキュリティリスクを軽減させるためには、導入前にツールのセキュリティ体制をチェックする必要があります。 アクセス権限の限定や従業員の教育など、運営面で工夫 しましょう。

業務のブラックボックス化

RPAツール導入のリスクとして、業務のブラックボックス化が挙げられます。単純作業を無人化すると、万が一システムが動かなくなった場合に、 誰もその作業をできなくなる恐れがある ということです。

RPAツールが担当していた業務が停滞すると、企業全体の運営にも悪影響を及ぼす可能性があります。トラブルが発生した場合のために、十分な備えを考えておきましょう。

具体的な対応策は ツールが行っている業務内容を社内に周知しておくことや、不具合が発生した際のマニュアルを作成 しておくことです。

RPAツールの導入方法

DXを推進したいビジネスマンのイラスト

自社の業務にRPAツールを導入するための流れを押さえておきましょう。導入プロセスにおいて重視すべきポイントも解説します。

導入プロセス

RPAツールを選ぶポイント

どのツールにしようか迷っているビジネスマン

RPAツールは各サービス会社から、さまざまなツールが提供されています。自社に適したツールを選ぶために、重視したいポイントを覚えておきましょう。

RPAの特性

レベルを活用する方法
種類 特徴
デスクトップ型 小規模導入におすすめ
サーバー型 大量のデータを処理したい方におすすめ
クラウド型 コスト面を気にする方におすすめ

またRPAツールを選ぶ際は、汎用型と特化型の違いにも注目しましょう。 さまざまな業務に適用させたいなら汎用型、特定の業務を重点的に効率化したい場合は特化型 を選ぶことがおすすめです。

対象業務や既存システムとの相性

RPAツールには相性がよい業務と、よくない業務があります。RPAを導入したい業務が決まったら、 対象業務との相性を見極めてツールを選ぶ ことが重要です。

既存システムとの相性も考慮 しましょう。現在導入しているシステムとうまく連携できなければ、作業の自動化や効率化につながらない恐れがあります。

特定の業務に対し優れたパフォーマンスを発揮する特化型のRPAツールは、対応するシステムが限定されている点にも注意が必要です。

セキュリティやサポートの体制

社内にツールを導入するデスクトップ型やサーバー型に比べ、外部環境にアクセスするクラウド型は、セキュリティリスクが高くなります。

クラウド型ツールの導入を検討する場合は、セキュリティ体制がしっかりしているサービスを選びましょう。 アクセス制限機能が整備されているツールなら安心です。

RPAツールを選ぶ際は、十分なサポートを受けられるかどうかもチェックしましょう。導入時の設定代行や、社員向けの研修を行っているサービスがおすすめです。

おすすめのRPAツール

RPAが業務を行っているイメージイラスト

自社に初めてRPAを導入するケースでも使いやすい、おすすめのツールを紹介します。それぞれの特徴や魅力をチェックしましょう。

WinActor

「WinActor」はサーバー型・デスクトップ型のRPAツールです。IEやOffice製品など、Windows上のさまざまなアプリケーションと連携できます。

プログラミングの知識がない人でも、簡単に導入できるのが魅力です。ワンタッチで追加できるライブラリが豊富に用意されているため、シナリオ作成時に、一から全てを記録する必要がありません。

ユーザーレベルでの操作性が高い点も特徴です。業務の選び方や、期待できる効果が分からない場合は、コンサルティングや技術研修などのサポートで対応してもらえます。

BizRobo!

サーバー型のRPAツールを低コストで導入したいなら、「BizRobo!」が向いています。独自の価格体系で、優れた費用対効果を享受できるでしょう。

自動化業務の作成や実行など、さまざまな作業を自由かつ無制限に行えます。作業場所を限定しないため、リモートワークに適している点も魅力です。

活用定着支援をはじめとした、充実のサポートも用意されています。スモールスタートから全社展開まで、幅広いニーズに応えてくれるツールです。導入実績は2,200社を超えています。

Robotic Crowd

「Robotic Crowd」はサーバーや端末が不要な、クラウド型のRPAツールです。Mac・WindowsいずれのPCでも利用できます。

一連の業務フローをグラフィカルに記録できるため、誰でも簡単に使えます。テキストベースのエディタモードを使えば、業務フローの共有も可能です。

拡張性に優れており、さまざまなシステムとスムーズに連携できます。標準でチャットサポートが付いているため、運用中にトラブルが発生しても、すぐに対応してもらえます。 レベルを活用する方法

RPAツール導入で事務作業を効率的に

RPAが事務作業をサクサク終わらせている様子

RPAは定型業務を自動化できる近年注目の技術です。RPAツールを導入すれば、人件費削減や業務効率化、生産性向上などのメリットを得られます。

RPAツールを選ぶ際は、特性や既存システムとの連携、セキュリティを見るのがポイントです。自社に合ったツールを導入し、事務作業の効率化を図りましょう。

工数管理を徹底解説!目的や重要性、簡単な始め方から分析方法まで

どのプロジェクトに工数を割いたかだけを記録する方法です。
この場合、従業員はどのプロジェクトの仕事に何時間使ったかだけを意識すれば良いため比較的負担が少ないと言えます。例えば、カレンダーを活用し、スケジュールの予定に必ずプロジェクト名を入れておくなどを行えば、検索するだけで何時間作業を行ったかという数値を出すことができます。
現在工数管理を行っていない場合は、まずは気軽に管理をスタートさせ、必要に応じてよりレベルの高い工数管理を行っていくと良いでしょう。

工数データ分析の活用方法

レベル2:項目ごとに分析できる程度に工数管理

工数データ分析の活用方法

レベル3:徹底的に管理

工数データ分析の活用方法

何を使って工数管理を行う?エクセル vs 工数管理ツール

エクセル・スプレッドシート

  • 無料で導入ができる
  • クラウドの場合は共同編集ができ共有しやすい
  • 様々なテンプレートがインターネット上にあり、無料で利用できる

デメリット

  • スマホなどでは入力しにくい
  • 誰がいつ編集したか把握しづらい
  • フォーマットや運用ルールを周知する必要がある

工数管理ツール・システム

  • ツールによってはアプリやレスポンシブ対応されているなどで入力がしやすい
  • プロジェクト管理も合わせて行えるものが多い
  • 工数分析などの機能があることが多く、業務改善、事業計画に活かしやすい

デメリット

  • ツールによっては有料である
  • レベルを活用する方法
  • 導入する際は試験的に導入するなど準備期間、準備工数が必要である
  • 一旦導入すると他のツールに乗り換えにくい

工数を入力する際の4つのポイント

ポイント1.ルールの周知

ポイント2.入力項目の精査

ポイント3.入力を溜めず毎日入力する

ポイント4.カレンダーの活用などで効率化する

リモートワークで発生しがちな工数管理のアンチパターン

出勤して顔を合わせている状況では比較的雑談もしやすく、メンバーの状況を把握しやすい状態にありますが、リモートワークでは状況が見えないため新たなルールを作るケースも少なくありません。しかし、導入するルールによっては生産性を落としてしまうこともあります。ここでは、工数管理で避けるべきアンチパターンについて解説します。

RPAツール導入のメリットと注意点!自動化に適した業務とは?

事務作業をRPAで行うイメージイラスト

RPA(Robotic Process Automation)とは、 バックオフィスの定型業務を自動化できる技術 です。今まで人が手作業で行っていた業務を、ロボットが代わりに作業してくれます。

3段階の自動化レベルを持つRPA

自動化に適した業務

RPAによる自動化に最も適した仕事は、 業務フローやルールが決まっている定型的な作業 です。今まで人が時間をかけて行っていた作業を、RPAがミスなく短時間でこなしてくれます。

例えば「 同じ処理を繰り返す作業・頻度が多い作業」は、RPAが得意とする分野です。ルールさえ決まっていれば、シナリオ化された業務を淡々と進めます。

「大量のデータ処理・分析」も自動化に適した業務です。人が手作業で進めると時間や手間がかかるデータ処理も、RPAなら正確かつ迅速に行えます。

RPAツール導入のメリット

MERITと書かれた5つの積み木

RPAツールを導入すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。RPAツール導入により、企業が得られる主なメリットを紹介します。

人件費の削減

RPAツールを導入すれば、単純作業の大部分を自動化できます。 何人もの従業員が行ってきた作業をロボットが担うため、人件費の削減につながる点がメリット です。

複数の人間が担当してきた仕事をRPAツールに任せ、人件費の約30~50%をカットした例もあります。

企業経営における経費の大部分を、人件費が占めています。RPAツールに仕事を任せて人件費をカットすれば、経費の大幅なスリム化が可能です。

業務の効率アップとミスの防止

RPAは単に定型業務を代行するだけの技術ではありません。コンピューター上で動くソフトウエアが業務をこなすため、手作業よりはるかに速いスピードで業務を進められます。

作業ミスの防止につながる点も、RPAツール導入のメリットです。人が行う業務ではミス発生のリスクがありますが、RPAツールを導入すれば正確性が格段に向上します。

業務の効率化と正確性の向上により、顧客や取引先への対応も早くなる でしょう。自社商材の品質アップも期待できます。

生産性の向上

今まで単純作業に携わってきた従業員は、RPAツールの導入により単純作業から解放されます。 クリエイティブな仕事に割ける時間が増える のです。

余剰人員のクリエイティブな作業時間が増えれば、企業における生産性の向上を期待できます。新しいビジネスチャンスの創出にもつながるでしょう。

RPAツールは単なる業務サポートのITツールではありません。RPAツールを導入するということは、24時間365日働き続けられる、優秀な人材を雇用していることになります。

導入する際の注意点

RPAの手順とメガホンの写真

セキュリティリスク

RPAツールを導入する際に注意したいのが、セキュリティリスクの存在です。 レベルを活用する方法 プログラムの設計ミスやID・パスワードの流出が原因で、大きな損害を被る恐れ があります。

システムへの不正アクセスや、情報漏洩が発生すると、売上に悪影響を及ぼすだけでなく、企業としての信用も失いかねません。業務の利便性が大幅に向上する反面、リスクにさらされてしまう点には、十分な注意が必要です。

セキュリティリスクを軽減させるためには、導入前にツールのセキュリティ体制をチェックする必要があります。 アクセス権限の限定や従業員の教育など、運営面で工夫 しましょう。

業務のブラックボックス化

RPAツール導入のリスクとして、業務のブラックボックス化が挙げられます。単純作業を無人化すると、万が一システムが動かなくなった場合に、 誰もその作業をできなくなる恐れがある ということです。

RPAツールが担当していた業務が停滞すると、企業全体の運営にも悪影響を及ぼす可能性があります。トラブルが発生した場合のために、十分な備えを考えておきましょう。

具体的な対応策は ツールが行っている業務内容を社内に周知しておくことや、不具合が発生した際のマニュアルを作成 しておくことです。

RPAツールの導入方法

DXを推進したいビジネスマンのイラスト

自社の業務にRPAツールを導入するための流れを押さえておきましょう。導入プロセスにおいて重視すべきポイントも解説します。

導入プロセス

RPAツールを選ぶポイント

どのツールにしようか迷っているビジネスマン

RPAツールは各サービス会社から、さまざまなツールが提供されています。自社に適したツールを選ぶために、重視したいポイントを覚えておきましょう。

RPAの特性

種類 特徴
デスクトップ型 小規模導入におすすめ
サーバー型 大量のデータを処理したい方におすすめ
クラウド型 コスト面を気にする方におすすめ

またRPAツールを選ぶ際は、汎用型と特化型の違いにも注目しましょう。 さまざまな業務に適用させたいなら汎用型、特定の業務を重点的に効率化したい場合は特化型 を選ぶことがおすすめです。

対象業務や既存システムとの相性

RPAツールには相性がよい業務と、よくない業務があります。RPAを導入したい業務が決まったら、 対象業務との相性を見極めてツールを選ぶ ことが重要です。

既存システムとの相性も考慮 しましょう。現在導入しているシステムとうまく連携できなければ、作業の自動化や効率化につながらない恐れがあります。

特定の業務に対し優れたパフォーマンスを発揮する特化型のRPAツールは、対応するシステムが限定されている点にも注意が必要です。

セキュリティやサポートの体制

社内にツールを導入するデスクトップ型やサーバー型に比べ、外部環境にアクセスするクラウド型は、セキュリティリスクが高くなります。

クラウド型ツールの導入を検討する場合は、セキュリティ体制がしっかりしているサービスを選びましょう。 アクセス制限機能が整備されているツールなら安心です。

RPAツールを選ぶ際は、十分なサポートを受けられるかどうかもチェックしましょう。導入時の設定代行や、社員向けの研修を行っているサービスがおすすめです。

おすすめのRPAツール

RPAが業務を行っているイメージイラスト

自社に初めてRPAを導入するケースでも使いやすい、おすすめのツールを紹介します。それぞれの特徴や魅力をチェックしましょう。

WinActor

「WinActor」はサーバー型・デスクトップ型のRPAツールです。IEやOffice製品など、Windows上のさまざまなアプリケーションと連携できます。

プログラミングの知識がない人でも、簡単に導入できるのが魅力です。ワンタッチで追加できるライブラリが豊富に用意されているため、シナリオ作成時に、一から全てを記録する必要がありません。

ユーザーレベルでの操作性が高い点も特徴です。業務の選び方や、期待できる効果が分からない場合は、コンサルティングや技術研修などのサポートで対応してもらえます。

BizRobo!

サーバー型のRPAツールを低コストで導入したいなら、「BizRobo!」が向いています。独自の価格体系で、優れた費用対効果を享受できるでしょう。

自動化業務の作成や実行など、さまざまな作業を自由かつ無制限に行えます。作業場所を限定しないため、リモートワークに適している点も魅力です。

活用定着支援をはじめとした、充実のサポートも用意されています。スモールスタートから全社展開まで、幅広いニーズに応えてくれるツールです。導入実績は2,200社を超えています。

Robotic Crowd

「Robotic Crowd」はサーバーや端末が不要な、クラウド型のRPAツールです。Mac・WindowsいずれのPCでも利用できます。

一連の業務フローをグラフィカルに記録できるため、誰でも簡単に使えます。テキストベースのエディタモードを使えば、業務フローの共有も可能です。

拡張性に優れており、さまざまなシステムとスムーズに連携できます。標準でチャットサポートが付いているため、運用中にトラブルが発生しても、すぐに対応してもらえます。

RPAツール導入で事務作業を効率的に レベルを活用する方法

RPAが事務作業をサクサク終わらせている様子

RPAは定型業務を自動化できる近年注目の技術です。RPAツールを導入すれば、人件費削減や業務効率化、生産性向上などのメリットを得られます。

RPAツールを選ぶ際は、特性や既存システムとの連携、セキュリティを見るのがポイントです。自社に合ったツールを導入し、事務作業の効率化を図りましょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる