ポイント投資

ブローカー契約管理

ブローカー契約管理
自社での電子契約の導入が決定した場合に、取引先や社内での業務のやり取りにおいて様々な調整ポイントが発.

デロイト トーマツ、中央大学サッカー部・バスケットボール部と共同研究を開始

デロイト トーマツ グループ(東京都千代田区、グループCEO:木村研一 以下、デロイト トーマツ)は、一般社団法人 CHUO SOCCER GROUP(東京都八王子市、代表理事:佐藤健 以下中央大学サッカー部)、一般社団法人CHUO BASKETBALL CLUB(東京都八王子市、代表理事:松山繁 以下中央大学バスケットボール部)と試合の戦術や選手のコンディション管理に関する共同研究を開始しました。

この度の共同研究において、デロイト トーマツはアスリート支援の領域で有するデータアナリティクスの知見とDeloitte AI Instituteが有する画像認識、行動予測などの分野における知見を活かし、選手が試合で最高のパフォーマンスを発揮できるよう、フィジカルデータや映像、試合データを活用した分析により競技力向上をサポートします。

デロイト トーマツは、大学スポーツの高度化、マーケット拡大に貢献することで、学生自身ひいては一般の個々人のスポーツ参加や観戦体験機会を増やし、心身の充実や健康寿命の延伸などで自らのAspiration Goalに掲げるWell-being社会の実現に貢献します。

■中央大学サッカー部について

1927 年に創部され、大学サッカー界をリードしてきた伝統校のひとつである。2016 年から6年間で 24 人が J クラブに入団しており、日本代表選手も輩出している。現在は関東大学サッカーリーグ2部所属であるが、来年の1部復帰を目指している。選手 109名、学生スタッフ 21 名。

■中央大学バスケットボール部について

■デロイト アナリティクスについて

デロイト アナリティクス(Deloitte Analytics)は、デロイトがグローバルに提供するサービスのひとつであり、全世界で約20,000人、国内では約300名の専門家が従事する、アナリティクスを活用したコンサルティングサービスです。アナリティクス専門家の知見と、監査・コンサルティングによる深い業界知識が、実態に即した分析・実行可能なプラン策定を可能にします。

■Deloitte AI Instituteについて

Deloitte AI Instituteは人がAIと協調することでデータから新たな価値を生み出す社会を実現することを目的に、そのための研究活動と国内外のAI専門家とのネットワーク形成を行っていきます。

■デロイト トーマツ グループのスポーツビジネスの取り組み

プロフェッショナル

神津 友武/Tomotake Kozu

神津 友武/Tomotake Kozu

デロイト トーマツ グループ パートナー

有限責任監査法人トーマツ パートナー。物理学の研究員、コンサルティング会社を経て、2002 年から有限責任監査法人トーマツに勤務。 金融機関、商社やエネルギー会社を中心にデリバティブ・証券化商品の時価評価、定量的リスク分析、株式価値評価等の領域で、数理統計分析を用いた会計監査補助業務とコンサルティング業務に多数従事。 現在は金融、エネルギー、製造、小売、医薬、公共等の領域で、デロイト トーマツ グ. さらに見る

報道機関の方からの問い合わせ先

デロイト トーマツ グループ 広報担当 真木、高橋
Tel: 03-6213-3210 Email: [email protected]

デロイト トーマツ グループは、日本におけるデロイト アジア パシフィック リミテッドおよびデロイトネットワークのメンバーであるデロイト トーマツ合同会社ならびにそのグループ法人(有限責任監査法人トーマツ、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社、デロイト トーマツ税理士法人、DT弁護士法人およびデロイト トーマツ コーポレート ソリューション合同会社を含む)の総称です。デロイト トーマツ グループは、日本で最大級のプロフェッショナルグループのひとつであり、各法人がそれぞれの適用法令に従い、監査・保証業務、リスクアドバイザリー、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー、税務、法務等を提供しています。また、国内約30都市以上に1万5千名を超える専門家を擁し、多国籍企業や主要な日本企業をクライアントとしています。詳細はデロイト トーマツ グループWebサイト(www.deloitte.com/jp)をご覧ください。

Deloitte(デロイト)とは、デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“ブローカー契約管理 DTTL”)、そのグローバルネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびそれらの関係法人(総称して“デロイトネットワーク”)のひとつまたは複数を指します。DTTL(または“Deloitte Global”)ならびに各メンバーファームおよび関係法人はそれぞれ法的に独立した別個の組織体であり、第三者に関して相互に義務を課しまたは拘束させることはありません。DTTLおよびDTTLの各メンバーファームならびに関係法人は、自らの作為および不作為についてのみ責任を負い、互いに他のファームまたは関係法人の作為および不作為について責任を負うものではありません。DTTLはクライアントへのサービス提供を行いません。詳細は www.deloitte.com/jp/about をご覧ください。

デロイト アジア パシフィック リミテッドはDTTLのメンバーファームであり、保証有限責任会社です。デロイト ブローカー契約管理 アジア パシフィック リミテッドのメンバーおよびそれらの関係法人は、それぞれ法的に独立した別個の組織体であり、アジア パシフィックにおける100を超える都市(オークランド、バンコク、北京、ハノイ、香港、ジャカルタ、クアラルンプール、マニラ、メルボルン、大阪、ソウル、上海、シンガポール、シドニー、台北、東京を含む)にてサービスを提供しています。

廃棄物を排出する企業は必見!廃棄物管理会社と行政書士について

この記事は、廃棄物を排出する事業者様向け、つまり全ての企業様向けの記事です。

私はこの時期、毎年3ヶ月だけ学生になります。
環境法の大家と言われる法科大学院の先生や有名な産業廃棄物処理業の方、企業のCSR担当者から弁護士などが講師を勤め、広く環境やリサイクルまで学べる貴重な機会ですので、毎年欠かさず通わせていただいています。
今回は昨日の講義でもとりあげていた「廃棄物の管理会社」について書いてみたいと思います。

廃棄物の管理会社とは?

管理会社とは、廃棄物の排出関係の管理を代行する会社のことを言います。具体的には、廃棄物を排出する事業者と廃棄物処理業者の間に入り、仲介する会社です。
廃棄物処理法は複雑すぎて、建設業者などの排出事業者だけでなく、産業廃棄物許可業者も理解しきれていないところが多いのが現実です。さらに改正も多い廃棄物処理法を中心とした法規制を正しく理解して、現場でも正しく運用し、リスクへの対応やイレギュラーな事案にも対応しながら適正処理を行うというのは相当難しいことだと思います。
だからこそ、主に排出事業者のサポートの面で管理会社の必要性が高まり、実際に増えているのだと考えられます。

管理会社の問題点

一般社団法人全国清掃事業連合会から提出された 意見書には「地方公共団体の規制権限の及ばない第三者(ブローカー)への対応について」と題し、下記のような提言がありました。

(引用元:http://www.env.go.jp/press/y0310-04/mat01.pdf)
この文書でブローカーとは、「排出事業者と処理会社の間で、処理工程の適法性の確認、適正な処理業者の選定、処理料金の適正性の確認・支払いの管理等の業務を行うもの」を指しますので、つまり管理会社のことをいっているわけです。

排出事業者責任との関係

廃棄物処理法では、「事業者は、その事業活動に伴って生じた廃棄物を自らの責任において適正に処理しなければならない。(第3条)」と規定し、これにより、 排出事業者の処理責任が明確化 されています。
自社で適正処理をするか、適正な処理業者に委託をすることが定められており、基本的にはこの2者間での取引が想定されているところ、管理会社が間に入ることで問題が生じえることになります。
もちろんしっかりしている管理会社もありますが、下記のような問題がある管理会社も増えているのが現状といえます。

  • 内容や現状の問題点よりも処理費削減を提案してくる
  • 契約書・マニフェストとも不備が多い。
  • 契約書未締結だったり、産業廃棄物を一般廃棄物としてしまうケースもある。
  • 排出事業者に処理業者の選択権がない。

一番の問題は、廃棄物の適正処理の弊害になっている事があるということです。
処理費の削減ももちろん悪いことではありません。
ですが、廃棄物の適正処理のためには管理会社も遵法精神を持ち、高い専門性を持っていなければなりません。適正処理が処理費の削減より優先されるのはあくまで経済的なことしか考えていないことになります。儲かるなら不適正処理でもいいというのが不法投棄につながってしまうのと同じ論理です。
「全てお任せください」と謳う管理会社も見かけますが、そもそも排出事業者責任の観点からいえば問題と言わざるをえないでしょう。

廃棄物管理と行政書士の役割

我々行政書士も適正処理についての法律的な相談も受けますし、処理業者の選定についての実務的な相談も多く受けております。その意味では管理会社的な役割も果たしているといえます。
適正な廃棄物の処理のためには、排出事業者責任を果たしつつ、一方で適切なアウトソースをしていくことが必要で、廃棄物処理法を理解した専門家である行政書士の果たせる役割は非常に大きいと思っています。
ただ、管理会社と同様、行政書士も廃棄物処理法はじめ関連する法令、そして廃棄物業界自体についての知識が十分といえない場合もあります。行政書士の業務は許認可だけでも約1万種類あると言われ、VISAの手続きや法人設立、資金調達や相続などの市民法務手続きなど非常に多岐にわたるため、産業廃棄物やリサイクル、建設業などの排出事業者についてなど広くカバーできる専門家はそう多くないのです。
だからこそ僕自身も、開業10年目の今でも大学院に通って専門性を高めています。
廃棄物が適切に処理されることが、よりよい環境を後世に残すことに繋がります。
そのために産業廃棄物専門の行政書士として少しでも貢献していくべく、環境系行政書士としての道を歩み続けていきます。

誰も教えてくれない「再委託」のカラクリ(その2) ― これって再委託?類似の行為をチェック | 企業のサステナビリティ経営・自治体の町づくりに役立つ情報が満載

CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!

Some rights reserved by CDEGlobal

1.区間分割発注

bun_110831_01.JPG

2.現物に手を掛けない「取り次ぎ」行為

bun_110831_02.JPG

3.中間処理後の残渣物の処理委託

ブローカー契約管理 bun_110831_03.JPG

(産業廃棄物収集運搬業者又は産業廃棄物処分業者が産業廃棄物の収集若しくは運搬又は処分を再委託できる場合) 省令 第十条の七 法第十四条第十四項 ただし書の規定による環境省令で定める場合は、次のとおりとする。 一 中間処理業者から委託を受けた産業廃棄物(中略・・、当該中間処理業者が行つた処分に係る中間処理産業廃棄物に限る。中略)の収集若しくは運搬又は処分(最終処分を除く。中略)を次のイからトまでに定める基準に従つて委託する場合(後略)

「中間処理残渣物を中間処理業者が処理委託する場合は、中間処理業者は「事業者」とみなすので、事業者として委託契約してよい」

haikan1.png

執筆者プロフィール

長岡 文明 (ながおか ふみあき)
株式会社アミタ持続可能経済研究所 特別顧問

電子契約サービスはリーテックスデジタル契約 Le-techs Inc.

SIer企業様〜システム開発にともなう請負契約を電子契約化

化学系素材を製造しているメーカー企業様の電子契約の活用事例です。 以前は紙で注文書・注文請書のやりと.

SIer企業様〜システム開発にともなう請.

建設工事会社様〜取引で発生する注文書・注文請書、建築図書を電子化

金融系のシステムを受託・開発しているSIer企業様の事例です。今までは紙で取り交わしていた請負契約の.

建設工事会社様〜取引で発生する注文書・注.

飲食チェーン運営会社様〜電子契約で雇用契約の効率化を実現

年間契約数で300件程度を請け負う建設工事会社様の事例です。 契約時にかかる印紙代が500万円程度。.

飲食チェーン運営会社様〜電子契約で雇用契.

よくある質問

他の電子契約サービスとリーテックスデジタル契約®の違いはなんですか?

電子署名とは何ですか?

電子契約の教科書

そもそも電子契約とは何か?定義を解説

そもそも電子契約とは何か?定義を解説

電子契約に印影の表示は必要か

この記事では、電子契約とはそもそもどのようなものなのか、その定義について詳しく解説します。これから電. ブローカー契約管理

電子契約に印影の表示は必要か

要注意!電子契約導入時の調整ポイントまとめ

電子契約を検討していると、電子契約サービスによって印影の表示があるものと無いものが存在することに気付.

要注意!電子契約導入時の調整ポイントまと.

電子契約における本人確認の重要性

自社での電子契約の導入が決定した場合に、取引先や社内での業務のやり取りにおいて様々な調整ポイントが発.

【SES】商流とは?IT業界で商流飛ばしは違法?徹底解説します

商流が深くなるとは 仲介に入る企業が多くなること です。
下位に該当する企業にとっては受注金額が上位企業と比較した時に少なくなってしまうことが最大のデメリットです。
また、トラブルになった際に関係者が多く大変であるなどということで商流が深くなることを嫌う関係者も少なくありません。
それ以外にもあまりに複数企業が介在しているとコンプライアンス的にもよくないということで深い商流の案件にはそもそもアサインしないというSES企業も少なくありません。

商流と中抜きについて

商流に入る企業の目的は当然利益ですので、契約に関与した時点で中抜きが行われます。
中抜きの比率は企業によってまちまちですが一般的には下位であればあるほど中抜きできる比率は下がり金銭的なメリットは少なくなってしまいます。
そのため多くの場合において商流の最も下に存在する派遣元の企業がその影響を受けます。
こういった理由から派遣型のITエンジニアは待遇が悪い事が多く、低賃金であることがほとんどです。特にベンチャー系の派遣会社や営業力をもたないSES企業はこの傾向が強いためITエンジニアが低賃金で使い捨てにされてしまっている現実があります。
これはIT業界の長年の課題とされている点でもあります。

商流を上げるとは?

商流を上げるとはその名の通り、中間に入っている企業を排除することです。
関係者が合意のうえで行う場合と排除された企業に知らせずに行う場合があります。
排除された企業に知らせずに行う場合は商流飛ばしと言われ法律的に微妙であったり、トラブルの原因になることもあります。
商流飛ばしについてはこの後説明させていただきます。

商流飛ばしとは一体何?

商流を飛ばすというのは 自身の上位にある企業を意図的に排除してその上位の企業と契約を行うこと です。
商流飛ばしによって上位下位企業共に金銭的なメリットが生まれるため、商流飛ばしを行うことに対して抵抗がない企業も少なくありません。
ただし商流飛ばしでトラブルになるケースもありますので注意が必要です。

商流飛ばしでトラブルになる例について

商流トラブルでトラブルになる例は 飛ばされた企業にバレること です。
せっかく苦労して人材を提案して利益を得ているにに、自社だけが排除されてしまってはたまったものではありません。
ITの現場では複数の企業が出入りしてしますし、実は飛ばされた企業と懇意の企業がその現場に入っていることもよくあります。
もし商流飛ばしがバレた場合は修羅場になることもありますので最新の注意が必要なのです。

商流飛ばしが行われるケース

・絶対に商流飛ばしをしてもバレない環境である
・自社の利益を最大化することを最優先する企業である
・発注者から商流が制限されている

商流飛ばしは違法?

商流飛ばしが違法かと言われると非常に微妙なところです。
契約書に従って契約の打ち切りを行う権利は受注者にはありますので、契約を打ち切るのは下位会社にとって自由です。
ただし上位会社に紹介したもらった案件や現場で継続して同様の業務を行うとなると本来上位会社が得るはずの利益を得られなくなってしまいますので、上位会社に対して不利益を与えているという見方もできます。
仮に法的に問題がなくとも IT業界の商取引の常識からすると非常に常識外れな行動である ことは間違いありませんので、よほどの理由がない限り控えたほうがいいというのが多くの業界人の見解です。

商流変更の法律面以外のリスク

上述したように商流飛ばしや商流変更は法律的には微妙で、一概にNGとは言えません。
ただし法律的にOKであってもそれ以外のリスクも存在します。
それはばれた時に取引停止のリスクがあったり業界内で悪い噂が広まったりします。 ブローカー契約管理
IT派遣業界はたくさんの会社があるように見えて非常に狭い業界です。
ブラックリストに載ったり企業の信頼を落としてしまうのが商流変更の法律面以外でのリスクです。

SES契約のメリットと商流

IT業界において商流は悪者のような意識をもってしまった方もいるかもしれません。
しかし商流が入ることは必ずしもデメリットばかりではありません。
SES企業にとっては
・商流があることで幅広い案件情報を得ることができる
・スピーディーな案件の参画ができる
・エンジニアの希望にあった案件のアサインが可能になる

商流がめんどくさいと言われる理由

商流が入ることに対してめんどくさいという方も多いです。
商流が面倒くさいと言われる理由は以下です。

・連絡事項が会社経由になりめんどくさい
・トラブルがあったときに関係者が多くめんどくさい
・請求書や勤務表など商流経由でめんどくさい

商流図とは?

商流図とは呼んで字のごとく商流の図です。
発注者と労働者の間にどういった商流が入っているか明示するために、社名などを一覧にし公開をすることです。
商流が深くなることで発注者から知らない企業に対してお金が流れているというのはコンプライアンス的によろしくないということから、 ブローカー契約管理
商流図をとりいれる企業も増えてきました。
特に上場企業や金融系企業などコンプライアンスに厳しい企業が業務委託で契約する場合、下請け会社に対し商流図を提出することが多いです。

商流制限とは

商流図に関連して、商流制限という言葉もあります。
それは仲介会社が多数入るのを制限するために、何社先までというように関与会社の数を指定することです。
これによって商流が深くなることを避けることができるわけです。

SES禁止について

発注者のとってのリスクが大きいため、業務委託(SES契約)を禁止する企業も少なくありません。
SES契約を禁止し、派遣契約でしか受け入れないことにより何か問題があったときに責任を明確できるというメリットがあります。
ただし一方でSES契約を禁止してしまうとただでさえ人材不足のご時世に、プロジェクトに適切な人材をアサインできなくなってしまうというデメリットもあるのです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる