バイナリー オプション

バイナリ-オプション用語集

バイナリ-オプション用語集
辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・論理編 (TTDISKL)
読み:ディレクトリ
外語: directory
品詞:名詞

バイナリ-オプション用語集

レンダリングされた色付きの UCS バイナリ-オプション用語集 アイコンが表示されるビュー。現在の表示スタイルが 2D ワイヤフレーム以外のビュー、およびアイソメ ビューからモデルが表示されているビューです。

3Dconnextion デバイスでモデルの現在のビューの方向を変更するのに使用するナビゲーション ツール セット。

サポート ファイルを検索する順序。検索の順序は、現在のフォルダ、図面フォルダ、サポート パスで指定されているフォルダ、実行ファイル acad.exe が格納されているフォルダの順になります。

特殊なオブジェクト プロパティで、そのオブジェクトが含まれるブロックの色または線種を継承するために使用します。 「BYLAYER」も参照。

特殊なオブジェクト プロパティで、そのオブジェクトの画層に関連付けられた色または線種を継承するために使用します。 「BYBLOCK」も参照。

NURBS サーフェスは、その制御点 (CV) ハルにより修正されます。ハルは、U および V 方向の制御点と制御点を接続する線分で構成されます。ハルは、サーフェスの外側(サーフェス上ではない)に位置します。NURBS 「曲線」には CV ハルはなく、制御点のみがあります。

Direct Interpretively Evaluated String Expression Language の略。

ステータス行をシステム変数 MODEMACRO を使用して変更し、メニュー項目をカスタマイズするためのマクロ言語。

drawing set descriptions(図面セット記述ファイル)の略。[マルチシート DWF をパブリッシュ]ダイアログ ボックスで構成された図面セットの説明を保存するためのファイル形式。

シート セットのデータ ファイル。 シート セットの関連付けと情報を保管するのに使用される XML ファイル。

オートデスクが開発したオープンの、公開された、安全なファイル形式。DWF を使用して、2D および 3D 設計データを結合したり、パブリッシュしたり、他のユーザと共有することができます。

マイクロソフトの XML Paper Specification (XPS)に準拠した DWF のバージョン。DWFx を使用すると、無償の Microsoft XPS Viewer を使用して DWF ファイルを表示できるようになります。一般的には、DWF と呼ばれます。

drawing interchange format(図面交換形式)の略。図面を他のアプリケーションに書き出したり、他のアプリケーションから読み込むために使用する、ASCII またはバイナリ形式の図面ファイル。

Heidi Device Interface (Heidi デバイス インタフェース)の略。周辺機器とオートデスクの製品が協調動作するのに必要なデバイス ドライバ開発用インタフェース。

Initial Graphics バイナリ-オプション用語集 バイナリ-オプション用語集 バイナリ-オプション用語集 Exchange Specification の略。情報のデジタル表現、および CAD/CAM システム間での情報交換のための標準形式。AutoCAD ベースの製品の中で IGES ファイルの読み込みおよび書き出しコマンドを使用できるのは、AutoCAD Mechanical バイナリ-オプション用語集 のみです。

International Standards Organization の略。電気および電子分野を除くすべての分野の国際標準を策定する組織。本部はスイスのジュネーブに置かれています。

緯度/経度に基づく一般的な座標系。緯度と経度はどちらも -90 ~ 90 度の範囲で計測されます。

経度は、英国のグリニッジ子午線の 0 度の位置から始まり、-180 ~ 180 度の範囲で計測されます。

緯度は、赤道の 0 度の位置から始まり、-90 ~ 90 度の範囲で計測されます。

nonuniform rational B-spline curve の略。複数の重みを与えられた制御点と、1 つ以上の結び目(ノット)ベクトルで定義される B スプライン曲線または B スプライン サーフェス。 「B スプライン曲線」も参照。

U および V 方向に制御点を持つサーフェス。NURBS サーフェスは自動調整に設定できません。「プロシージャ サーフェス」と「基本サーフェス」も参照。

object linking and embedding(オブジェクトのリンクと埋め込み)の略。情報を共有する方法の 1 つ。作成元ドキュメントのデータは、リンク先のドキュメントにリンクしたり、埋め込み先のドキュメントに埋め込むことができます。リンク先/埋め込み先のドキュメントのデータを選択することによって、作成元のアプリケーションが実行され、データを編集することができます。 「埋め込み」、 「リンク」も参照。

完全なプロッタ環境設定ファイル。PC2 ファイルには、以前のバージョンで保存されたすべての印刷設定とデバイス固有の設定が含まれます。 「PCP ファイル」、 「PC3 ファイル」も参照。

部分的なプロッタ環境設定ファイル。PC3 ファイルには、デバイス ドライバとモデル、デバイスの接続先の出力ポート、デバイスに固有な設定などの印刷設定情報が含まれますが、ユーザ独自のプロッタ補正や用紙サイズなどに関する情報は含まれません。 「PMP ファイル」、「STB ファイル」、 「CTB ファイル」も参照。

部分的なプロッタ環境設定ファイル。PCP ファイルには、以前のバージョンで保存された基本的な印刷情報とペン パラメータが含まれます。PCP ファイルに保存される印刷設定には、ペンの割り当て、印刷単位、用紙サイズ、印刷角度、印刷基点、尺度、ペンの最適化レベルなどがあります。 「PC2 ファイル」、 「PC3 ファイル」も参照。

Plot Model Parameter(プロッタ モデル パラメータ)の略。プロッタ環境設定ファイルに関連付けられた、カスタム プロッタの位置合わせとカスタム用紙サイズの情報が含まれるファイル。

Web に図面を公開するのに使用するテンプレート ファイル形式。

ユーザが購読する Web サイトが公開する情報。通常は、新しいコンテンツ(アーティクル)がポストされたときに通知を受け取ることができます。RSS は、Rich Site Summary (または Really Simple Syndication)を表します。

ShapeManager は、3D ソリッド モデリングを バイナリ-オプション用語集 AutoCAD やその他の製品に提供するオートデスクのテクノロジです。

名前の付いた印刷スタイル テーブル ファイル。印刷スタイルとその特性が含まれています。

2D および 3D ナビゲーション ツールにアクセスできるようにするツール セット。

Subscription メンバーは、情報センターでオートデスク製品の最新リリース、生産性向上のためのツール、個別の Web サポート、自分のペースにあわせて学習できる e-Larning を利用できます。Subscription センターにアクセスするには、情報センター ツールバーの鍵のアイコンをクリックします。

ビューポートを移動およびサイズ変更が可能なオブジェクトとして作成するか(レイアウト ビューポート)、隣接する表示要素として作成するか(モデル ビューポート)をコントロールするシステム変数。 「ビューポート」も参照。

UCS 軸の方向を示すアイコン。(UCSICON[UCS アイコン管理]コマンド)

UCS 定義は、それぞれ独自の原点と、X、Y、Z 軸を持つことができます。必要なだけの UCS 定義を作成し、登録することができます。

マテリアルの座標空間。XYZ は、通常ワールド座標系(WCS)に使用されるため、代わりに UVW が使用されます。 ほとんどのマテリアル マップは、3D サーフェスに割り当てられる 2D 平面です。UVW 座標は、XYZ 座標の方向に相対的に平行です。2D マップ イメージでは、UX に相当し、マップの水平方向を表します。VY に相当し、マップの垂直方向を表します。WZ に相当し、マップの UV 平面に垂直な方向を表します。

モデルの現在の方向を表示するユーザ インタフェース要素。現在のビューを対話的に回転したり、プリセット ビューを呼び出すことができます。

NURBS サーフェスに沿って走る定数 U 値または V 値の線分。サーフェスの形状を制御点によって定義されたとおりに示します。

カーソルを 3 本の等角軸のうちの 2 本に合わせ、グリッドを表示することにより、2D アイソメ図の作成を容易にする作図オプション。

ツールバーに似たユーザ インタフェースで、パラメータ オブジェクトに関連付けられたアクションが表示されます。

アクション マクロに含まれるすべてのアクションが格納されたファイル。アクション マクロ ファイルの拡張子は actm です。

ユーザ入力の要求を処理したり、アクション マクロの記録中に取得した記録された値を保持するために使用される特殊なアクション ノード。

オブジェクトを 3D に見せるために押し出す距離。(PROPERTIES[オブジェクト プロパティ管理]、CHPROP[プロパティ変更]、ELEV[高度設定]コマンド、システム変数 THICKNESS)

2 次元空間で任意の線形変換を行うタブレットの位置合わせ方法。アフィン位置合わせは、独立した XY 尺度、回転、傾きを合成してタブレット変換ができるように、3 つの位置合わせ点が必要です。水平方向と垂直方向で異なる比率でストレッチされている図面をトレースするときに、アフィン位置合わせを使用します。(TABLET[タブレット設定])

アプリケーションの左上コーナーに表示されているボタン。アプリケーション ボタンをクリックすると、アプリケーション メニューが表示されます。

アプリケーション ボタンをクリックすると表示されるメニュー。アプリケーション メニューには、ファイルを作成、保存、パブリッシュするための一般的なツールが配置されています。

アルファは、32 ビット ビットマップ ファイルで使用されるデータの 1 つで、イメージ内のピクセルに透明度を割り当てます。

24 ビット TrueColor ファイルは、色情報として 3 つのチャネル(赤、緑、青 - RGB)を含みます。TrueColor ビットマップ ファイルの各チャネルは、8 バイナリ-オプション用語集 ビットで定義され、256 段階の強度を表すことができます。各チャネルの強度によって、イメージ内のピクセルの色が決定されます。したがって RGB ファイルは、赤、緑、青、それぞれ 256 階調の 24 ビットです。

第 4 のチャネル(アルファ チャネル)を追加することにより、各ピクセルの透明度(透過性)を指定できるようになります。アルファの値が 0 の場合は透明です。アルファが 255 の場合は不透明です。これらの間の値の場合は、半透明になります。RGBA(赤、緑、青、アルファ)は、256 段階の透明度を表すアルファの 8 ビットが加わった 32 ビットです。

アルファを含むレンダリング イメージを出力するには、アルファ対応のファイル形式(PNG、TIFF、TGA など)で保存します。

図面ファイルに視覚的な内容を提供するために使用する DWG または DGN ファイル。アンダーレイを編集することはできず、すべての範囲の通知が提供されるわけでもありません。アンダーレイを図面にバインドすることはできません。 「外部参照」も参照。

バイナリ-オプション用語集

レンダリングされた色付きの UCS アイコンが表示されるビュー。現在の表示スタイルが 2D ワイヤフレーム以外のビュー、およびアイソメ ビューからモデルが表示されているビューです。

3Dconnextion バイナリ-オプション用語集 デバイスでモデルの現在のビューの方向を変更するのに使用するナビゲーション ツール セット。

サポート ファイルを検索する順序。検索の順序は、現在のフォルダ、図面フォルダ、サポート パスで指定されているフォルダ、実行ファイル acad.exe が格納されているフォルダの順になります。

特殊なオブジェクト プロパティで、そのオブジェクトが含まれるブロックの色または線種を継承するために使用します。 「BYLAYER」も参照。

特殊なオブジェクト バイナリ-オプション用語集 プロパティで、そのオブジェクトの画層に関連付けられた色または線種を継承するために使用します。 「BYBLOCK」も参照。

NURBS サーフェスは、その制御点 (CV) ハルにより修正されます。ハルは、U および V 方向の制御点と制御点を接続する線分で構成されます。ハルは、サーフェスの外側(サーフェス上ではない)に位置します。NURBS 「曲線」には CV ハルはなく、制御点のみがあります。

Direct Interpretively Evaluated String Expression Language の略。

ステータス行をシステム変数 MODEMACRO を使用して変更し、メニュー項目をカスタマイズするためのマクロ言語。

drawing set descriptions(図面セット記述ファイル)の略。[マルチシート DWF をパブリッシュ]ダイアログ ボックスで構成された図面セットの説明を保存するためのファイル形式。

シート セットのデータ バイナリ-オプション用語集 ファイル。 シート セットの関連付けと情報を保管するのに使用される XML ファイル。

オートデスクが開発したオープンの、公開された、安全なファイル形式。DWF を使用して、2D および 3D 設計データを結合したり、パブリッシュしたり、他のユーザと共有することができます。

マイクロソフトの XML バイナリ-オプション用語集 Paper Specification (XPS)に準拠した DWF のバージョン。DWFx を使用すると、無償の Microsoft XPS Viewer を使用して DWF ファイルを表示できるようになります。一般的には、DWF と呼ばれます。

drawing interchange format(図面交換形式)の略。図面を他のアプリケーションに書き出したり、他のアプリケーションから読み込むために使用する、ASCII またはバイナリ形式の図面ファイル。

Heidi Device Interface (Heidi デバイス インタフェース)の略。周辺機器とオートデスクの製品が協調動作するのに必要なデバイス ドライバ開発用インタフェース。

Initial Graphics Exchange Specification の略。情報のデジタル表現、および CAD/CAM システム間での情報交換のための標準形式。AutoCAD ベースの製品の中で IGES ファイルの読み込みおよび書き出しコマンドを使用できるのは、AutoCAD Mechanical のみです。

International Standards Organization の略。電気および電子分野を除くすべての分野の国際標準を策定する組織。本部はスイスのジュネーブに置かれています。

緯度/経度に基づく一般的な座標系。緯度と経度はどちらも -90 ~ 90 度の範囲で計測されます。

経度は、英国のグリニッジ子午線の 0 度の位置から始まり、-180 ~ 180 度の範囲で計測されます。

緯度は、赤道の 0 度の位置から始まり、-90 ~ 90 度の範囲で計測されます。

nonuniform rational B-spline curve の略。複数の重みを与えられた制御点と、1 つ以上の結び目(ノット)ベクトルで定義される B スプライン曲線または B スプライン サーフェス。 「B スプライン曲線」も参照。

U および V 方向に制御点を持つサーフェス。NURBS サーフェスは自動調整に設定できません。「プロシージャ サーフェス」と「基本サーフェス」も参照。

object linking and embedding(オブジェクトのリンクと埋め込み)の略。情報を共有する方法の 1 つ。作成元ドキュメントのデータは、リンク先のドキュメントにリンクしたり、埋め込み先のドキュメントに埋め込むことができます。リンク先/埋め込み先のドキュメントのデータを選択することによって、作成元のアプリケーションが実行され、データを編集することができます。 「埋め込み」、 「リンク」も参照。

完全なプロッタ環境設定ファイル。PC2 ファイルには、以前のバージョンで保存されたすべての印刷設定とデバイス固有の設定が含まれます。 「PCP ファイル」、 「PC3 ファイル」も参照。

部分的なプロッタ環境設定ファイル。PC3 ファイルには、デバイス ドライバとモデル、デバイスの接続先の出力ポート、デバイスに固有な設定などの印刷設定情報が含まれますが、ユーザ独自のプロッタ補正や用紙サイズなどに関する情報は含まれません。 バイナリ-オプション用語集 「PMP ファイル」、「STB ファイル」、 「CTB ファイル」も参照。

部分的なプロッタ環境設定ファイル。PCP ファイルには、以前のバージョンで保存された基本的な印刷情報とペン パラメータが含まれます。PCP ファイルに保存される印刷設定には、ペンの割り当て、印刷単位、用紙サイズ、印刷角度、印刷基点、尺度、ペンの最適化レベルなどがあります。 「PC2 ファイル」、 バイナリ-オプション用語集 「PC3 ファイル」も参照。

Plot Model Parameter(プロッタ モデル パラメータ)の略。プロッタ環境設定ファイルに関連付けられた、カスタム プロッタの位置合わせとカスタム用紙サイズの情報が含まれるファイル。

Web に図面を公開するのに使用するテンプレート ファイル形式。

ユーザが購読する Web サイトが公開する情報。通常は、新しいコンテンツ(アーティクル)がポストされたときに通知を受け取ることができます。RSS は、Rich Site Summary (または Really バイナリ-オプション用語集 Simple Syndication)を表します。

ShapeManager は、3D ソリッド モデリングを AutoCAD やその他の製品に提供するオートデスクのテクノロジです。

名前の付いた印刷スタイル テーブル ファイル。印刷スタイルとその特性が含まれています。

2D および 3D ナビゲーション ツールにアクセスできるようにするツール セット。

Subscription メンバーは、情報センターでオートデスク製品の最新リリース、生産性向上のためのツール、個別の Web サポート、自分のペースにあわせて学習できる e-Larning を利用できます。Subscription センターにアクセスするには、情報センター ツールバーの鍵のアイコンをクリックします。

ビューポートを移動およびサイズ変更が可能なオブジェクトとして作成するか(レイアウト ビューポート)、隣接する表示要素として作成するか(モデル ビューポート)をコントロールするシステム変数。 「ビューポート」も参照。

UCS 軸の方向を示すアイコン。(UCSICON[UCS アイコン管理]コマンド)

UCS 定義は、それぞれ独自の原点と、X、Y、Z 軸を持つことができます。必要なだけの UCS 定義を作成し、登録することができます。

マテリアルの座標空間。XYZ は、通常ワールド座標系(WCS)に使用されるため、代わりに UVW が使用されます。 ほとんどのマテリアル マップは、3D サーフェスに割り当てられる 2D 平面です。UVW 座標は、XYZ 座標の方向に相対的に平行です。2D マップ イメージでは、UX に相当し、マップの水平方向を表します。VY に相当し、マップの垂直方向を表します。WZ に相当し、マップの UV 平面に垂直な方向を表します。

モデルの現在の方向を表示するユーザ インタフェース要素。現在のビューを対話的に回転したり、プリセット ビューを呼び出すことができます。

NURBS サーフェスに沿って走る定数 U 値または V 値の線分。サーフェスの形状を制御点によって定義されたとおりに示します。

カーソルを 3 本の等角軸のうちの 2 本に合わせ、グリッドを表示することにより、2D アイソメ図の作成を容易にする作図オプション。

ツールバーに似たユーザ インタフェースで、パラメータ オブジェクトに関連付けられたアクションが表示されます。

アクション マクロに含まれるすべてのアクションが格納されたファイル。アクション マクロ ファイルの拡張子は バイナリ-オプション用語集 actm です。

ユーザ入力の要求を処理したり、アクション マクロの記録中に取得した記録された値を保持するために使用される特殊なアクション ノード。

オブジェクトを 3D に見せるために押し出す距離。(PROPERTIES[オブジェクト プロパティ管理]、CHPROP[プロパティ変更]、ELEV[高度設定]コマンド、システム変数 THICKNESS)

2 次元空間で任意の線形変換を行うタブレットの位置合わせ方法。アフィン位置合わせは、独立した XY 尺度、回転、傾きを合成してタブレット変換ができるように、3 つの位置合わせ点が必要です。水平方向と垂直方向で異なる比率でストレッチされている図面をトレースするときに、アフィン位置合わせを使用します。(TABLET[タブレット設定])

アプリケーションの左上コーナーに表示されているボタン。アプリケーション ボタンをクリックすると、アプリケーション メニューが表示されます。

アプリケーション ボタンをクリックすると表示されるメニュー。アプリケーション メニューには、ファイルを作成、保存、パブリッシュするための一般的なツールが配置されています。

アルファは、32 ビット ビットマップ ファイルで使用されるデータの 1 つで、イメージ内のピクセルに透明度を割り当てます。

24 ビット TrueColor ファイルは、色情報として 3 つのチャネル(バイナリ-オプション用語集 赤、緑、青 - RGB)を含みます。TrueColor ビットマップ ファイルの各チャネルは、8 ビットで定義され、256 段階の強度を表すことができます。各チャネルの強度によって、イメージ内のピクセルの色が決定されます。したがって RGB ファイルは、赤、緑、青、それぞれ バイナリ-オプション用語集 256 階調の 24 ビットです。

第 4 のチャネル(アルファ チャネル)を追加することにより、各ピクセルの透明度(透過性)を指定できるようになります。アルファの値が 0 の場合は透明です。アルファが 255 の場合は不透明です。これらの間の値の場合は、半透明になります。RGBA(赤、緑、青、アルファ)は、256 段階の透明度を表すアルファの 8 ビットが加わった 32 ビットです。

アルファを含むレンダリング イメージを出力するには、アルファ対応のファイル形式(PNG、TIFF、TGA など)で保存します。

図面ファイルに視覚的な内容を提供するために使用する DWG または DGN ファイル。アンダーレイを編集することはできず、すべての範囲の通知が提供されるわけでもありません。アンダーレイを図面にバインドすることはできません。 「外部参照」も参照。

ディレクトリ

辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・論理編 (TTDISKL)
読み:ディレクトリ
外語: directory
品詞:名詞

CP/MとDOS

登録簿の構造

FreeBSD

  • / ‐ ルートディレクトリ
      ‐ 重要なユーザーユーティリティ ‐ 起動時に使われるプログラムと設定ファイル
        バイナリ-オプション用語集
      • /boot/defaults ‐ デフォルトの起動設定ファイル
      • /etc/defaults ‐ デフォルトのシステム設定ファイル
      • /etc/mail ‐ メール転送エージェント(MTA)用の設定ファイル
      • /etc/namedb ‐ named用の設定ファイル
      • /etc/periodic ‐ cron用のスクリプト
      • /etc/ppp ‐ pppの設定
        ‐ よく使う各種のコマンド類
      • /usr/include ‐ Cの標準ヘッダーファイル
      • /usr/lib ‐ ライブラリ
      • /usr/libdata ‐ 各種ユーティリティ用データファイル
      • /usr/libexec ‐ システムデーモンやシステムユーティリティ ‐ ローカルのプログラムやライブラリ類
      • /usr/obj ‐ /usr/srcのMake時に生成したオブジェクトデータの格納先
      • /usr/ports ‐ バイナリ-オプション用語集 FreeBSD ports集 (オプション)
      • /usr/sbin ‐ (ユーザーが実行する)システム管理用バイナリ
      • /usr/share バイナリ-オプション用語集 ‐ アーキテクチャーに依存しないデータ
      • /usr/src ‐ BSDのソースファイルなど
      • /usr/X11R6 ‐ X11R6のプログラムやライブラリ類 (オプション)
      • /var/log ‐ 各種のシステムログファイル
      • /var/mail ‐ ユーザーのメールボックスファイル
      • /var/spool ‐ プリンターやメールシステムのスプールデータ ‐ システムが再起動しても消えないテンポラリファイル
      • /var/yp ‐ NISのデータベースファイル

      Linux

      • / ‐ ルートディレクトリ
          ‐ 必須ユーザーコマンドバイナリ(全ユーザー用) ‐ ブートローダー用の静的なファイル ‐ デバイスファイル ‐ ホスト特有のシステム設定ファイル
          • /etc/opt ‐ /opt用の設定ファイル
          • /etc/X11 ‐ X Window System用の設定 (オプション)
          • /etc/sgml ‐ SGML用の設定ファイル (オプション)
          • /etc/xml ‐ XML用の設定ファイル (オプション)
            ‐ 殆どのユーザー用のコマンド類
          • /usr/include ‐ Cの標準ヘッダーファイル
          • /usr/lib ‐ プログラミングとパッケージ用のライブラリ
          • /usr/lib ‐ 代替形式のライブラリ類 (オプション) ‐ ローカルのプログラムやライブラリ類
              バイナリ-オプション用語集
            • /usr/local/share ‐ アーキテクチャーに依存しないデータ
            • /usr/share/dict ‐ 各種の辞書類 (オプション)
            • /usr/share/man ‐ バイナリ-オプション用語集 マニュアル
            • /usr/share/misc ‐ 雑多なアーキテクチャーに依存しないデータ
            • /usr/share/sgml ‐ SGMLデータ (オプション)
            • /usr/share/xml ‐ XMLデータ(オプション)
            • /var/account ‐ プロセスログ (オプション)
            • /var/cache ‐ アプリケーションキャッシュデータ
              • /var/cache/fonts ‐ フォントキャッシュ (オプション)
              • /var/cache/man ‐ マニュアルキャッシュ (オプション)
              • /var/lib/ ‐ エディターバックアップファイルと設定 (オプション)
              • /var/lib/hwclock ‐ 内部時計のステータス (オプション)
              • /var/lib/misc ‐ 雑多な可変データ
              • /var/spool/lpd ‐ ラインプリンターデーモンのプリントキュー (オプション)
              • /var/spool/rwho ‐ rwhod(システムステータスサーバー)ファイル (オプション)

              Android

              • / バイナリ-オプション用語集 ‐ ルートディレクトリ
                • /config
                • /cache
                • /persist
                • /sdcard ‐ /mnt/sdcardへのシンボリックリンク
                • /acct ‐ バイナリ-オプション用語集 マウントポイント
                • /vendor ‐ /system/vendorへのシンボリックリンク
                • /d ‐ /sys/kernel/debugへのシンボリックリンク ‐ /system/etcへのシンボリックリンク
                • /system
                • バイナリ-オプション用語集
                • /sys ‐ システム管理用バイナリ ‐ プロセスファイルシステム
                • /data ‐ root用のホームディレクトリ ‐ デバイスファイル

                Windows XP

                Windowsのシステムファイルは、Windows 95/98系は「\Windows」、Windows NT/2000は「\WINNT」、Windows XPは「\Windows」に、それぞれ存在している。

                パソコン用語:メモリ用語集

                アクセス時間:メモリセルからデータにアクセスするのにかかる時間。通常は、ナノ秒(ns)で測定されます
                静電気防止:静電気防止袋など、静電放電を防ぐものを説明するときに使用する用語。
                BIOS:基本入出力システム。BIOSはパソコンのハードウェアとソフトウェアのインターフェースとなります。BIOSはハードウェアへのアクセス方法を規定します。
                帯域幅:一定時間の間に2基のハードウェアの間で移動できるデータの量。DRAMモジュールの帯域幅は、1秒あたりのメガバイト(MB/秒)で測定されます。
                バイナリ:2つの数字、0と1に基づいたパソコンのデータ方式。パソコンのすべての情報はバイナリで保管され、転送されます。
                ビット:2進数字。パソコンが認識するデータの最小単位です(0または1)。メモリの構成要素の詳細をご覧ください。
                バッファ:異なる速度で動作したり、異なる優先順位を持つデバイスが共有するデータの保持領域。バッファを使用すると、デバイス動作に他のデバイスの影響による遅延が生じなくなります。
                バス:データの移動に使用されるコンピューター内のデータパス。データバスは、幅(ビット)と速度(メガヘルツ)を単位として表されます。マザーボード内に位置するフロントサイドバスは、データのための主要高速道路です。プロセッサ、チップセット、DRAM、グラフィックコントローラを接続します。メモリバスは、マザーボードのメモリコントローラからメモリ拡張スロットに走るバスです。
                バイト:8ビットからなる情報単位。バイトはパソコン処理の基本単位です。パソコンのパフォーマンスに関するほぼすべての仕様、計測尺度が、バイトやバイトの倍数(キロバイト(KB)、メガバイト(MB))などを単位として示されます。
                CPU:中央処理装置またはプロセッサ。動作やデータの流れを制御する、パソコン内のメインチップです。
                キャッシュ:最近アクセスしたデータを保持するメモリの一種で、以後、同データに素早くアクセスできるように設計されています。キャッシュは、通常は小さく、非常に高速なメモリです。

                マザーボード内のコンピューターキャッシュチップです。

                チップセット:パソコンのプロセッサとその他のコンポーネント間のデータフローを制御するマザーボード上のチップ。
                クロックレート:コンピューターチップから1秒間に放たれる周波数。情報のビットを処理したり送信したりする速度を決定します。クロックレートは、より速くデータを処理するように調整できます。
                コントローラ:データの格納、処理、アクセス方法を制御するチップ。
                DDR(X):ダブルデータレートの略で、メモリテクノロジーの一種です。"DDR"の後に続く数字は、モジュールが製造された時点でのテクノロジーの世代を表します。DDRテクノロジーは後方互換性がありません。したがって、パソコンは一世代のメモリしか使用できません。パソコンがどのようなメモリ向けに設計されているかを知るには、Crucial® Advisor™ツールまたはSystem Scannerツールをお使いください。
                DIMM:デュアルインラインメモリモジュール。DIMMはデスクトップPC用のメモリモジュールです。
                DRAM:ダイナミックランダムアクセスメモリ。パソコンで使用されるメモリです。
                デュアルチャネル:2つのDRAMモジュールに同時にアクセスできるように2つの同一のメモリコントローラを使用するテクノロジー。そうすることで、1つのコマンドから次のコマンドまでの間のメモリの遅延時間を削減できます。デュアルチャネルテクノロジーは、現在のほとんどのパソコンに搭載されていますが、テクノロジーが機能するためには、パソコンに設置された2つのメモリモジュールが同一である必要があります。
                ECC:エラー訂正コード。メモリのエラーを検知し、修正するための追加コードを持つDRAMの一種です。ECCメモリに関する詳細を見る。

                Crucial DDR4 ECCメモリモジュール。

                静電気放電:(ESD)。蓄積された静電気の急激な放電。静電気は電子部品の損傷の原因になるため、ESDを最小限に抑えることが重要です。
                フラッシュメモリ:一般的にUSBフラッシュドライブ、デジタルカメラフラッシュカード、ソリッドステートドライブでデータを保持するために使用される不揮発性データストレージの一種です。フラッシュメモリでは、パソコンのメモリ(DRAM)と異なるテクノロジーが使用されます。
                ギガビット:1024メガビット(1,バイナリ-オプション用語集 073,741,824ビット)の情報と等しいメモリの量。略称はGb。
                ギガバイト:024メガバイト(1,073,741,824バイト)の情報と等しいメモリの量。略称はGB。
                ヒートスプレッダー:DRAMモジュールを覆い、放熱を助けるカバー。
                ヘルツ:1秒あたりの1クロックサイクル(データの書き込みまたは読み取り速度)。ヘルツはコンピューターシステムの転送速度を測定するために使われます。
                JEDEC:電子デバイス技術合同協議会。JEDECはメモリの動作、機能、仕様の業界標準を定める組織です。
                LRDIMM:負荷軽減DIMM。1チャネルあたりの有効なDIMM数を増やし、サーバーの設置メモリ容量を2倍にすることで、メモリ帯域幅を最大35%向上させるメモリテクノロジーです。
                レイテンシー:パソコンのメモリがコマンドに応答する際の所要時間です。一般に、遅延(レイテンシー)が小さいほど速いデバイスとなります。
                メガヘルツ:MHz。クロックサイクルの測定単位で、100万サイクル/秒で表されます。メモリ速度を示すために使用されます。例:1333 MHzまたは1600 MHz。
                メモリコントローラ:メモリから出入りするデータフローを処理するチップ。メインチップセットかCPUの中に配置されています。
                モジュール:モジュールは実際のメモリコンポーネントです。DIMM(デスクトップPCメモリモジュール)とSODIMM(ノートブックPCメモリモジュール)はメモリモジュールの最も一般的な種類です。
                マザーボード:システムバスを運ぶパソコンの主要な回路基板。すべてのプロセッサ、メモリモジュール、プラグインカード、ドーターボード、もしくは周辺機器が接続されたソケットが装備されています。

                コンピューターマザーボード。

                ノッチ:メモリモジュールの底部にある切り込みのことです。それぞれのメモリタイプ(SDRAM、DDR、DDR2、DDR3)は、間違ったタイプのメモリがシステムにインストールされるのを防止するため、DIMMやSODIMMのための固有のノッチ場所を持っています。ノッチはメモリモジュールが確実に正しく取り付けられるようにするのにも役立ちます。
                オーバークロッキング:チップを指定された速度より高いクロック速度で実行することです。多くの場合、チップはメーカーが明記する速度より速く実行する能力を持っており、安全にオーバークロックを行うことができます。チップをオーバークロックするには、高いバス速度か高い乗算器、高い電圧率のいずれか、またはこれらを組み合わせて設定します。
                プリント回路基板(PCB):電子部品を接続するために作成されるカード。コンピューターメモリでは、黒いDRAMチップが載ったグリーンの回路基板がPCBです。PCBは非導電材料で作られ、さまざまなメモリコンポーネントをパソコンに接続する回路の層が含まれています。 バイナリ-オプション用語集
                プロセッサまたはCPU:中央処理装置情報は、すべてのコンポーネントを接続し、データフローを制御します。
                RAM:ランダムアクセスメモリ。現在使用中のデータのための揮発性データストレージです。格納された情報の場所はアクセス速度には影響しないため、ランダムアクセスと見なされています。利用可能なRAMが多いほど、パソコンを減速させることなく同時により多くのアプリケーションを実行できます。各種メモリの詳細を見る。
                レジスタードメモリ:バッファードメモリ(RDIMM)。メモリとメモリコントローラの間で登録のあるDRAMの一種です。登録は1クロックサイクルのデータを保持し、信頼性を向上します。
                ROM:読み取り専用メモリ。パソコンの起動に関する基本的な指示を収めたメモリです。ユーザーがROMを交換することはできません。
                SDRAM:シンクロナスダイナミックランダムアクセスメモリ。メモリバスと同期されたデータを転送するメモリの一種です。
                SODIMM:スモールアウトラインDIMM。標準DIMMのちょうど半分の長さのSODIMMは、ノートブックPCで使用されるメモリモジュールです。
                速度:DRAMの速度はMHzと帯域幅で測定されます。多くの場合、両方がDDR3-1333 PC3-10600という形で表示されます。1333はMHz速度を指し、10600はMB/秒の帯域幅を指します。
                タイミング:タイミングは規定のメモリモジュールのレイテンシーを指します。標準メモリはCASレイテンシー(CL)タイミングのみを一覧表示します。一部のモジュールではCL、tRCD、tRP、tRASの4つの数値をダッシュで区切って一覧表示します。例:8-8-8-24。まとめると、これらの4つの数字はモジュールのタイミングを表しています(レイテンシー同様、数字が小さいほど優れたパフォーマンス)。
                トリプルチャネル:デュアルチャネルテクノロジーの延長です。トリプルチャネルは、インターリーブのために3つの同一のメモリモジュールを使用してメモリパフォーマンスで少ないラグを可能にします。
                アンバッファードメモリ(UDIMM):パソコン、ノートブックPC、Macで使用されている標準メモリです。
                仮想メモリ:パソコンのRAMが完全に使用中のときに、HDDのメモリの一部を借りることです。

                ©2018 Micron Technology, Inc. All rights reserved. 情報、製品および仕様は予告なく変更される場合があります。CrucialおよびMicron バイナリ-オプション用語集 Technology, Inc.はいずれも、印刷または写真における不備またはエラーについて一切の責任を負いません。Micron、Micronのロゴ、Crucial、CrucialのロゴはMicron Technology, Inc.の商標または登録商標です。その他の商標およびサービスマークはすべて、その所有者に帰属します。

                バイナリ-オプション用語集

                FXキチガイのまとめブログ

                【MT4インジケーター集決定版】国内と海外の1万以上のインジケーターがダウンロードできる!

                indicator

                MT4を使っているFXトレーダーがホント多くなりました。
                とにかく自由度が高いことと、インジケーターが豊富にあることが魅力ですよね~
                そんなMT4トレーダーにお役に立つインジケーターまとめサイトを集めてみました。
                正月は新手法でも開発しますか~(バイナリ-オプション用語集 ´∀`)

                【MT4インジケーター集決定版】国内と海外の1万以上のインジケーターがダウンロードできる!

                国内MT4インジケーター集

                http://www.abysse.co.jp/

                国内MT4インジケーター

                http://fxmt4.sakura.ne.jp/

                国内MT4インジケーター

                収録数は不明なほどたくさんあり
                「MT4 インジケーター評価(平均点)ランキング TOP100」でお勧めインジケーターが分かる?

                海外MT4インジケーター集

                FX個人投資家のレベルはやはり海外の方が高いと言われています。
                レベルアップを図りたいチャレンジャーのあなたは海外のMT4インジケーターサイトも利用しましょう!
                掘り出し物のインジケーターがあるかもしれませんよ(´∀`)
                ただし、海外サイトをネットサーフィンしているとウイルスなどがあるかもしれませんから、しっかりとセキュリティソフトを入れているPCでやってくださいね~(´∀`)

                関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる