FXのチャートの見方

ローソク足の応用

ローソク足の応用
小幅調整 反転の位置と下値安

ローソク足の読み方・書き方を伝授!FX・株で投資家心理を読み取ろう

皆さんは、ローソク足をご存知ですか?FXや株式投資をしている人ならば知っている人も多いかもしれません。この記事『ローソク足の読み方・書き方を伝授!FX・株で投資家心理を読み取ろう』では、これからFXや株式投資をはじめとした相場を学ぶ人を対象として、ローソク足の基本を伝授します。この記事を読んでから実際の相場をみると、ローソク足だけでどのような相場であるのかがわかることと思います。なお、ローソク足の”基本”については、以下のページも併せてご覧ください。順次コンテンツを充実させていく予定です。

ローソク足の読み方

ローソク足は、『始値』『終値』『高値』『低値』の4つの値から構成されます。『始値』と『終値』の間は、実体といわれ、ボックスで表されます。『始値』>『終値』のときに陰線と呼ばれ、『始値』

ローソク足の書き方

この項目では、まずローソク足の書き方を学びます。たとえば、以下のような株価チャートがあるとします(例:クルーズ[2138])。そのザラ場での『始値』『終値』『高値』『低値』を全てプロットします。この相場では、『高値』から『低値』まで株価が推移していますので、その2点を直線で結びます『始値』『終値』の間をボックスで囲います。このとき、前述のように、『始値』>『終値』のときは陰線なので、黒色で塗りつぶします。『始値』

(出典:http://www.nikkei.com/markets/chart/)





ローソク足と平均足をチャート上に両方表示する方法

こんな感じ

これは LION FXのチャート です。
⇒ LION FX(当ブログ限定キャッシュバックあり)

こんな感じ

※チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定の上乗せキャッシュバック有)

ローソク足と平均足を重ねて見る方法


※チャートはココのMT4⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定の上乗せキャッシュバック有)

MT4で平均足を表示する方法

・ローソク足をラインチャートに変更
・ラインチャートの色をなし
・平均足のインジケーターを表示させる

ローソク足と平均足を重ねて表示する方法

全般タブを選択し、チャートを前面に表示を選択しOK。

MT4なら⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定の上乗せキャッシュバック有)
すると、こんな感じになります。


MT4なら⇒FXトレード・フィナンシャル(当ブログ限定の上乗せキャッシュバック有)


MT4なら⇒ FXトレード・フィナンシャル

ローソク足と平均足を同時にチェックするのってどうなの?

いつも応援クリックありがとうございますm(_ _)m
現在何位?⇒ FX スキャルピング派ランキング
最後まで読んでいただき感謝いたします♪

    ローソク足の応用
  • この記事を書いた人

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

comment コメントをキャンセル

平均足スムーズドのパラメーター

平均足を使った手法といえば⇒デイトレンドFX ですね。 デイトレンドFXやはり優秀なロジックだと思います。 平均足を使っていないものの、 最近販売された一撃必殺!鉄板マスタートレンドもデイトレンドFX .

FXで勝率を上げる方法『1時間足の平均足の方向に合わせる』

運用中のシストレ24ですが、含み益があったポジションがすべて決済されました。 50万円でスタートした資金が、現時点で59万円に。 シストレ24を運用されていて成功されてる方と比べるとちょっと物足りなく .

平均足トレードに使えるインジケーター

平均足といえば、おそらく誰もが使ったことのある足ではないかと思います。 又、現在、メインにしてる方も多いのではないでしょうか? そこで、平均足のオススメのインジケーターを紹介します。 その前に・・・管 .

【FX】頭としっぽはくれてやれと平均足とボラ

FXだけではなく、株などのトレードにおいても 「頭としっぽはくれてやれ」 という格言があります。 この格言はとても重要だと思います。 では、この格言をトレードに活かすとしたらどうなるでしょう? 平均足 .

平均足スムーズド(Heiken Ashi Smoothed)は便利

平均足は誰もが一度は通るテクニカルだと言えます。 ローソク足よりも方向性が見やすいですからね。 海外・国内いずれにしても、平均足を利用したトレード手法は多いものです。 国内なら、デイトレンドFXはやっ .

意外と知らないMT4での年足チャートの表示方法

HT_Higher_Candleのパラメーター設定

下記はHT_Higher_Candleのパラメーター設定です。

時間軸を「1年」にすれば、それで年足は表示されます。

年足チャートを綺麗に表示するには

ドル円の年足チャート

▼ドル円の年足チャート

HT_Higher_Candleで年足を表示しただけのドル円週足

▼ドル円週足にただ単に年足を表示した場合

HT_Higher_Candleで年足を見やすくする設定

▼年足を綺麗に表示するためのFX侍の設定

で、最後のワンポイント。 ローソク足の応用
チャート上で右クリックからプロパティを選択し「ラインチャートを非表示」にしましょう。

HT_Higher_Candleで年足を見やすくするためのチャート設定

見栄えを調整したドル円の年足チャート

▼見栄えを調整したドル円の年足チャート

ちなみにこのインジの作者さんは他にも便利なインジを色々と配布してるので物色してみるといいですよw

FX侍です、こんにちは。 ローソク足の応用 今回は年始めということでドル円の年足チャートを使って分析をしてみましょう。 ※記事の最後に想定レンジ幅も掲載してます さて今年2022年のドル円相場はどうなるでしょうか? ▼ドル円の年足チャート(クリックで拡大します) ローソク足の応用 1996年.

FX侍です、こんばんは。 今回はユーロドルの年足と週足チャートを使って2022年の展望を分析してみましょう。 (※テクニカルだけではなくファンダメンタル・地政学的な要素も加味します) ▼ユーロドルの年足チャート 1996年から2022年1月5日時点までの年足を掲載し.

FX侍です、こんばんは。 今回はユーロドルの年足と週足チャートを使って2022年の展望を分析してみましょう。 (※テクニカルだけではなくファンダメンタル・地政学的な要素も加味します) ▼ユーロドルの年足チャート 1996年から2022年1月5日時点までの年足を掲載し.

【投資で出てくる、あのグラフ!】株価チャート・ローソク足って何?

②-2株式の応用

このグラフを私たちは 「(株価)チャート」 と呼んでいます。

この1本1本の棒を、 ローソク足 と呼びます。

今回の記事では、
・ローソク足の基本・種類・読み方
・株式以外で、どんな時に 使われているか
を解説します。

覚える事も少なく非常に簡単ですが、基礎基本の為覚えていないと困ってしまいます。

チャートを構成している”ローソク足”

チャート は、複数のローソク足で構成されています。

・右肩上がり=株価上昇

・右肩下がり=株価下落

チャートはローソク足で構成されていて、「株価がどのような動きをしながら上がっているor下がっている」かが分かるグラフなのです。

ローソク足には、3種類ある

このローソク足、よく見ると 色が2種類 ある事が分かります。

この3つを覚える事が、ローソク足の見方の基本となります。

陽線は、その「期間」の株価の終値が始値より高かった場合に使います。

陰線は、その「期間」の終値が始値より低かった場合に使います。

始値>終値

寄引同時線

最後に、 寄引同時線(よりひけどうじせん) です。

寄引同時線は、その「期間」の始値と終値が同じ場合に使います。

始値=終値

陽線、陰線、寄引同時線の3種類で、 高値と安値で棒がちょこんと飛び出ている部分 があったと思います。

それを 「ヒゲ」 と呼びます。

上ヒゲ

下ヒゲ

ローソク足の期間

ローソク足の1本1本は、 表す「期間」 によって使い分ける事が出来る便利な性質があります。

「期間」の分け方は、
分単位に設定・・・「分足(ふんあし)」
時間単位に設定・・・「時間(じかんあし)」
日単位に設定・・・「日足(ひあし)」
週単位に設定・・・「週足(しゅうあし)」
月単位に設定・・・「月足(つきあし)」
年単位に設定・・・「年足(ねんあし)」

例)
・日足は、その日1日の4本値をローソク足で表す

株式以外でチャートが使われる場面

ローソク足に関しては、 株式以外でも使われることが多い です。

4本値が付けられるものであれば、ローソク足で表すことが出来ます。

まとめ:投資の基本はローソク足チャート

今回の記事では、
・ローソク足の基本・種類・読み方
・株式以外で、どんな時に使われているか
を解説しました。

ローソク足

たぐり線と呼びます。そのうち左側をとんかち、右側をからかさと呼びます。
とんかちは上ひげが長く、実体が短い陽線もしくは陰線です。これは、価格が大きく押し上げられたが、その後売り崩された事を示しています。つまり、買い方が売り方に押し切られた事を意味します。
からかさはその逆です。
とんかちは底値圏、からかさは天井圏で出た場合、反転を示唆すると言われていますが、次の足でこれを否定する場合もよくありますので、全体的な流れで判断しましょう。

十字線です。
実体がなく、売り方、買い方の勢力が拮抗した状態です。
相場がどちらに動くか分からない状態ですが、双方の力が拮抗していますので、動き出せば、その方向に一気に流れ込む可能性があります。

ローソク足の組合せ

実際の使い方

~はじめに~でも言いましたが、これらローソク足の形をやみくもにその形を探し出しても、その通りは機能しません。
相場には相場の流れがあります。
今は上昇トレンドなのか、下降トレンドなのか。高値圏でもみ合っているのか、中途半端な位置で上にも下にも行けずさまよっているのか。など、これらをまず読み取る事が大切です。
そのためには、移動平均線などのトレンド系インジケーターの利用や、社会情勢などファンダメンタルズに関する情報収集などをして下さい。
その上で、今は相場が買われ過ぎていて高値圏であると思うなら、とんかちや宵の明星が出れば、売りで入り、上昇トレンド途中でまだまだ上昇余地があるのなら、押し目を待ち、押して目でもみ合ったところから、もみ合いを上抜けた寄り切り陽線が出れば即座に買いで入るようにして下さい。
この見極めはそう簡単ではありませんが、経験を積むうちに分かって来るようになるはずです。

ローソク足で調整を分析

相場には押し目からすぐに反発する小幅な調整と、深く押してしばらくもみ合う通常の調整とがあります。
そして利益のほとんどが残り、すぐに反転する調整を小幅調整と言います。
マーケットはまだまだ買い遅れたトレーダーがたくさんいて、下げれば真っ先に買いたい人がたくさんいる状態です。
この調整の終わりを判断します。

日柄で判断

調整の終わりを日柄で判断します。
要は、なんにち経ったからそろそろ反発するだろうというなんにちで判断するのです。
これはおおむね3営業日が妥当で、幅をもたせて1~5営業日で考えます。これ以上調整が続くようであれば、少し長い通常の調整と判断します。
買い持ちしている人や押し目で新たに買った人の心理として、押し目から価格が反発せずに長期間もみ合ってれば、反落するのではないかと怖くなり逃げ出してしまいます。
この3営業日というのは人が怖がらずに強気でいられる標準的な日数と考えてもらえればいいと思います。

小幅調整 反転の位置と下値安

値位置で判断

~安値の位置~


これはおおむね最後の陽線の安値が意識されます。
強いトレンドが出ている場合、最後の陽線が大陽線であればその押し目は下図のように大陽線の全てを押し戻す動きにはなりにくいです。

小幅調整 反転の位置と下値安

~調整終点の位置~

次に 値位置をみつつ小幅調整が終わる終点のサインを判断します。下図を参照して下さい。
①は前日比プラス、つまり陽線が出れば終点。
②は長い下ひげが終点のサインですが、それが初日に出てしまっているので、その後も下ひげの範囲でもみあっています。そして最後に下ひげをつけた陰線で終点と判断します。
③は初日の終値を下抜きますが、長い下ひげとなったので終点です。

小幅調整 終点の合図

応用の形

通常の調整

前述した小幅の調整を超えて調整が深く、長引いた場合、それは通常の調整とみなします。
大きな上昇の勢いが無くなり、次に上昇するためのきっかけを必要としてる状態です。
通常の調整は、チャートパターンで判断します。すなわち、ボックス、三角保ち合い、ウェッジなどのパターンです。
買いトレーダーが逃げ出さずにポジションを保持するには、安心感が必要であり、その安心感は下値の固さに裏付けられるのです。
そして、そのためにまず確認すべきことは、皆が意識している最初の目立った押し目を割れないということです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる