テクニカル分析

仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース
4

「こんなNFTなら私は投資する」世界的エンジニアが語った仮想通貨とNFTへの懸念と将来性

DSC07040

「例えば、財産の大半をイーサリアムとかビットコインに全部移しちゃうっていうのは、“まあ、それなりのリスクはあるけど、別にそんなに悪くない”と思います。例えば、そういうことを自分の息子が“する”仮想通貨ニュース って言い出しても、私は別に止めない。

ただ、そこまではいいんだけど、じゃあ『Axie Infinity』みたいなゲームのNFTに思いっきり突っ込むって言ったら、“仮想通貨ニュース ちょっと止めろ”“あれは怪しいぞ”みたいな……そんな感じですよね」

「NFTといった新しいテクノロジーやプラットホーム、その上にいろんなアプリケーションができていくわけですけど、僕としてはそのアプリケーションを作る立場にはなりたいと思うけど、どこかの他人が作ったNFTを自分が買うといった、そっち側で儲けようとは思わない。それは結局、自分が主人公じゃないので、振り回されちゃうんですよ。だから、すごく難しいと思います、そこでちゃんとやるっていうのは。

たまたまラッキーで、いいコミュニティを選んで、そこにいいタイミングで入れば、確かに儲かる。実際に儲けた人もいっぱいいるじゃないですか。それは可能性としてはあるけど、ただ“じゃあ、それで稼いで食っていこう”仮想通貨ニュース とか“それへの投資で大きなビジネスを作ろう”っていうのは、甘いと思います。

仮想通貨ニュース

もしNFTで本当に大きなビジネス作るんだったら、自分でNFTを提供する側。例えば、OpenSeaのライバルになるようなNFTマーケットプレイスを作るとか、そっち側にしないとダメだと。だから、レイヤーの問題ですよ」

DSC07020

「最近のNFTだと、遊んで稼ぐっていう“Play to Earn”なんかも話題ですが、あれの一番の問題はみんなが儲けようとしてること、儲けようとするお金しか入ってこないところなんです。でも、こういうので出ていくお金っていうのは、入ってくるお金より絶対に少ないわけで、だからゼロサムどころかマイナスサムにしかならない。

そういうNFTじゃなくて、例えばみんなでそのNFTを買うと、そのお金を利用して何らかのビジネスが作られ、それがお金を稼ぎ始めると。……要はお金が集まるんだから、投資と同じじゃないですか。そういったものができれば、それはいい投資になるんじゃないかと。

例えば、森ビルあたりがNFTを発行して、お金を集めてビルを買います。そこをオフィスとして貸して、その収入がNFTを持っている人に分けられるんだったら、そこにはリアルなビジネスがあるじゃないですか、“不動産を貸す”っていう。そういうNFTには投資する価値があるかと。

だけど、誰かが書いたサルの絵みたいなNFTっていうのは、それが上がる理由って“他に買う人がいる”だけじゃないですか。それだと全然投資にはならないんです」

暗号資産(仮想通貨)ニュース

1

【史上最大】イーサリアム「The Merge」が実装間近 仮想通貨ニュース | 概要を詳しく解説

2

【約3兆円規模】なぜ今「Celsius」が話題なのか?時系列で解説

3

Three Arrows Capitalの清算が実行 仮想通貨ニュース | 数千億規模のファンドで一体何が?

4

STEPNが最新アップデートを実施。新機能「ミンティングスクロール」とは?

5

【41%下落】STEPNが中国でのサービス提供終了を発表

暗号資産コラム週間ランキング

1

ビットコイン、再びピンチ。本日の注目と希望の光は?

2

ビットコインの高勝率シグナルが点灯|今後の仮想通貨相場見通しは

3

ビットコイン暴落、FOMC控え、反発の条件を考察

4

今晩FOMC、ビットコイン反発の条件

5

強めの米CPIでリスクオフ再燃、ビットコインはどうなる?

メデイア・広告掲載について

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。また、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、株式会社マネーパートナーズソリューションズ、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、株式会社FXプライムbyGMO、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、SIX ファイナンシャルインフォメーションジャパン、Dow Jones、Hang Seng Indexes、株式会社bitFlyer 等から情報の提供を受けています。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

【2025年予想】5年後の仮想通貨はどうなっているのか?ニュースなどからビットコイン、イーサリアム、リップルの価格考察を2050年までまとめ

イーサリアムの将来性はありますかね?今から買っても間に合うでしょうか。 「ビットコインを超える」という予想もあるほどだから、気になる仮想通貨だよね。 イーサリアムは上昇傾向が続いており、多くの人々の注目を集めています。「ビットコインよりもイーサリアムが気になるけど、購入を決めかねている」という方も多.

2022年: 50 万を超える見方

海外の価格予想サイト「 CryptoNewsZ 」では、イーサリアムは 仮想通貨ニュース 2022 年の年末までに 4,000ドル(約51万円台)を超える 可能性があると指摘しています。

イーサリアム 2.0 のアップデートは段階的にリリースされており、 2022 年の後半には「The Merge」のアップデートが控えています

アルゴリズムが PoS へと移行することで環境負荷が減るため、各プロジェクトによるイーサリアムプラットフォーム導入が加速するかもしれません。

【2025年予想】5年後の仮想通貨はどうなっているのか?ニュースなどからビットコイン、イーサリアム、リップルの価格考察を2050年までまとめ

2023年: 57 万円に到達する見込み

CryptoNewsZ によると、イーサリアムの価格は 2023 年までに 4,500ドル(約57万円台)に達する と予測されています。

2023年には「 The Surge 」アップデートが予定されており、シャーディングが実装予定です。シャーディング技術によって処理速度が大幅に向上し、処理の遅延や手数料高騰などの問題が改善されると考えられています。

2024年: 仮想通貨ニュース 61 万円台を推移

CryptoNewsZ では、イーサリアムは 2024 年に 4,仮想通貨ニュース 800ドル(約61万円台)に到達する と予想しています。

2025年:多くのパートナーシップ統合が期待され 70 万円へ到達する見方

海外の価格予想サイト「 Uptobrain 」では、イーサリアムは 2025 年に 約6,160ドル(約78万円台)に到達する と指摘しています。

2025年の年末までに、ほとんどの Dapps がイーサリアムプラットフォームに展開され、毎日使用されていくと考えられています。

2026年: 90 万円に到達する見通し

Uptobrain では、 2026 年のイーサリアム価格は 7,116ドル(約91万円台)に達する と予想しています。

5年後〜に伸びると予想されることが多い仮想通貨を取引できる取引所

取引所

【2025年予想】5年後の仮想通貨はどうなっているのか?ニュースなどからビットコイン、イーサリアム、リップルの価格考察を2050年までまとめ

ビットコイン


現時点で投資対象の1つとして保有しておくことで今後上昇した際に大きな利益を得られることが期待
できますね。ビットコインの取引所としては Coincheck がおすすめです。

イーサリアム

時価総額も拡大を続けており、ビットコインを除く仮想通貨の中では時価総額第一位となっています。イーサリアムではスマートコントラクトと呼ばれるシステムを採用している点に注目です。

イーサリアムの取引所も、 Coincheck が一番おすすめです。 Coincheck は手数料が安く、少額投資が気軽にできる点が嬉しいですね!

【2025年予想】5年後の仮想通貨はどうなっているのか?ニュースなどからビットコイン、イーサリアム、リップルの価格考察を2050年までまとめ

XRP(リップル)


XRPの良い点は時価総額が高いだけでなく、国際送金を簡単に行える点
です。従来、国際送金は手数料も高く、送金確認まで時間もかかるといったデメリットがありました。

【2025年予想】5年後の仮想通貨はどうなっているのか?ニュースなどからビットコイン、イーサリアム、リップルの価格考察を2050年までまとめ

IOSTは DeFi関連銘柄として人気の高い仮想通貨 です。次世代のコンセンサスアルゴリズムであるProof of Believabilityを採用したことにより、高速処理と非中央集権性を実現しました。

2021年入ってから価格が上昇したことで、IOSTに注目する投資家も多いでしょう。

最近上昇幅の大きい注目の仮想通貨だよね! IOSTは次世代の次世代のコンセンサスアルゴリズムを基盤としている仮想通貨で、近年かなり注目が集まっています。 また、IOSTはスマートコントラクト(ブロックチェーン上で契約を自動的に実行する仕組み)を利用したdApps(ブロックチェーンを用いたサービスやゲ.

ポルカドット (Polkadot ・ DOT)

ポルカドット( DOT )は 4 か月で約 10 倍まで上昇した経験を持つ仮想通貨です。

分散型(非中央集権型)のインターネットを目指す「 Web3.0 」の実現を掲げており、今後のWeb3.0関連銘柄の上昇とともに伸びが期待できます

ポルカドットの購入におすすめの取引所は、セキュリティの高さで知られる bitFlyer です。 1 円からポルカドットを購入できる手軽さが特徴で、ポルカドットの自動積立にも対応しています。

【2025年予想】5年後の仮想通貨はどうなっているのか?ニュースなどからビットコイン、イーサリアム、リップルの価格考察を2050年までまとめ

エンジンコイン (ENJ)

エンジンコインはオンラインゲームのプラットフォーム「 Enjin Platform 」で利用されている仮想通貨です。ゲームやアートなどの NFT の発行が簡単にできるため、人気の NFT 銘柄の 1 つとして注目を集めています。

2021年 10 月には、前月比95%の爆上げを記録しました

エンジンコインの購入におすすめの取引所は Coincheck です。アプリダウンロード数 No.1 を誇る取引所で、ユーザー数が多いため安心して利用できます。

また、 Coincheck NFT( β版 ) では The Sandbox などのゲームアセットを取引できるため、今後エンジンコインの NFT が扱われる可能性にも期待できます。

【2025年予想】5年後の仮想通貨はどうなっているのか?ニュースなどからビットコイン、イーサリアム、リップルの価格考察を2050年までまとめ

仮想通貨全体は5年後の2025年〜2030年にどうなっていると考えられているのか?

仮想通貨は国内に限らず世界中で取り扱われているため、国内の政策で時価総額を一定にすることも難しく、当面今後は投機対象商品といった位置づけで良いとされています。

【2025年予想】5年後の仮想通貨はどうなっているのか?ニュースなどからビットコイン、イーサリアム、リップルの価格考察を2050年までまとめ

仮想通貨の価値が暴落する未来と要因について

  • 中国でのさらなる仮想通貨の法規制・経済指標の低迷
  • 世界的な仮想通貨取引を制限する枠組みの策定
  • マイニングによる環境問題の露呈
  • 投機的商品に終止すること
  • アルトコインの暴落による仮想通貨市場全体の信頼性の低下
  • ロシア・ウクライナ戦争によるディグローバリゼーション ( 反グローバル化 ) の影響

【2025年予想】5年後の仮想通貨はどうなっているのか?ニュースなどからビットコイン、イーサリアム、リップルの価格考察を2050年までまとめ

中国でのさらなる仮想通貨の法規制・経済指標の低迷

中国で仮想通貨の法規制が行われたことで、 2017年9月と2021年5月に仮想通貨の価格が暴落 しました。

2021年9月24日には中国人民銀行が仮想通貨の関連事業を全面禁止にすると発表しています。このときにもビットコインの価格が急落しており、今後も中国政府が仮想通貨に関するさらなる規制を行えば価格が暴落する可能性があるでしょう。

また、2022年 5 月には中国指標における経済の減速が示され、株式市場や仮想通貨市場の急落を招く一因となりました。

世界的な仮想通貨取引を制限する枠組みの策定

仮想通貨に投資を行ううえで動向を確認しておきたいのが、 世界的な仮想通貨取引を制限する枠組みが策定されるかどうか です。

実際にアメリカでも1.5兆ドル規模の仮想通貨市場に関する規制を協議しています。米証証券取引委員会は「株式と同様の投資家保護が必要である」と考えているため、規制の対象は個人投資家となる可能性もあるでしょう。

マイニングによる環境問題の露呈

米テスラ社CEOのイーロン・マスク氏が言及したように、ビットコインのマイニングは電力の消費量が多く問題となっています。特に中国で行われていたマイニングでは電力を化石燃料からまかなっており、環境に優しくないと言われていました。

投機的商品に終止すること

ビットコインを始めとする仮想通貨は投機的な商品として認識されています。しかし 仮想通貨が投機以外の目的で成長できないようであれば 、将来的に価格が暴落する可能性も十分にあるでしょう。

仮想通貨には決済手段や国際送金の簡略化を目的として開発された銘柄も多く、社会での普及に向けてさまざまなプロジェクトが進行中です。仮想通貨を利用したサービスが世界中に普及すれば、暴落は避けられるかもしれません。

アルトコインの暴落による仮想通貨市場全体の信頼性の低下

2022年 5 月にはステーブルコインの UST 暴落を発端に、あらゆる仮想通貨が急落しました。 UST 発行元プロジェクトのテラ( LUNA )は、1日で約95%の歴史的暴落を記録しています。

USTと LUNA の崩壊によって仮想通貨市場全体の信頼性が低下し、仮想通貨市場から多くの資金が引き上げられました。

その結果、ビットコインは前年度の安値を割り込み、アルトコインは 10 %~ 20 %前後の大幅下落に見舞われました。

ロシア・ウクライナ戦争によるディグローバリゼーション ( 反グローバル化 ) の影響

他の国への依存を見つめ直す動きが進む中、ビットコインに金(ゴールド)のような資産価値が見出され、インフレヘッジとしての役割を果たすかどうかに注目が集まっています。

5年後〜10年後の仮想通貨考察まとめ

仮想通貨は今後も拡大を続けると予測している方も多く、どの銘柄に投資するかといった判断ができれば大きな利益を上げられる可能性はあります。

  • ビットコインは1,500〜1,900万円まで価値が上がり続けるとの予想がある。
  • イーサリアムは上昇しつつ50万前後を推移する。また、リップルは5年後注目度No.1
  • 5年後も上昇が期待できる仮想通貨投資をするなら、Coincheckは登録しておくべき。

【2025年予想】5年後の仮想通貨はどうなっているのか?ニュースなどからビットコイン、イーサリアム、リップルの価格考察を2050年までまとめ

柴沼 直美

 絶対に儲かると言い切れる投資商品はないけど、ビットコインの将来性に期待する人が多いのは事実だよ。 億り人と呼ばれる多くの成功者を出したビットコインですが、「今から始めても遅いかも…」と考える方もいるかもしれません。 今回は、ビットコインが今からでも儲かると言われる理由と、ビットコイン投資を始める.

 アルトコインは多すぎてどれが良いのかわかりません。 まずは注目されている8つの銘柄から知っていくのがおすすめだよ。 アルトコインは、ビットコイン以外の仮想通貨を表しています。将来性が高く注目されている銘柄に投資すれば、大きな利益を上げられる可能性もあるでしょう。 本記事ではアルトコインへの投資を.

仮想通貨って難しいですか?挑戦してみたいけどなかなか勇気が出なくて……。 ハードルが少し高いけど、取引の仕組みが分かれば簡単に始められるよ! 仮想通貨はその価格が上昇するたびに日本でも大きな話題となっています。仮想通貨の中でも有名なビットコインから始めてみたいけれど、どうすればよいのかわからない方も.

アルトコインへの投資も始めたいけれど、どこの取引所を利用するのが良いですか? 購入したい銘柄の取り扱いがあるのかと、手数料やスプレッドにも注目して選ぶのがおすすめだよ。 多くの取引所でアルトコインが取り扱われていますが、取引所ごとに購入できる銘柄が異なります。取引所よって購入にかかる費用や取引方法に.

当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。 仮想通貨ニュース お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。提携事業者に直接お問い合わせください。 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。また『お金の知恵袋』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。海外サービスは日本居住者を対象としておらず『お金の知恵袋』は利用を推奨しておりません。

仮想通貨ニュース

ビットコイン(BTC)価格の下落で苦悩するマイニング企業

【墨汁速報】仮想通貨ヘッジファンド3ACにより迫る連鎖倒産の危機 スリーアローズキャピタルの損失が膨らむ

イーサリアム投資で知られるスリーアローズキャピタル(Three Arrows Capital)は、セルシウス(Celsius)と同様に仮想通貨全体の暴落により多くのポジションがデフォルトや清算の危機を迎えている。

【墨汁速報】イーサリアム「グレイグレイシャー」アップデートを6月29日に実装を発表

イーサリアムクライアントのゲス(Geth)はイーサリアムの6月29日に予定する大型アップデート「グレイグレイシャー(Gray Glacier)」を実装したCamaron (v1.10.19)を公開した。

メタバースゲーム開発のアトモス・ラボが約14億8,000万円の資金調達に成功

【墨汁速報】イーサリアム(ETH)暴落で2018年仮想通貨バブルの最高値をドル建てで下回る

【墨汁速報】仮想通貨暴落の引き金懸念「セルシウス(CEL)」が引出しの一時停止を発表

ベトナムのブロックチェーン企業「エンシェント8」8億円の資金調達成功

弱気な仮想通貨市場の一方で見えてきたブロックチェーンゲームとNFT回復の兆し

【墨汁速報】ETH影響は?イーサリアムのPoS移行に一歩前進”ロプステンでマージ完了”

【墨汁速報】仮想通貨取引事業に

世界最大手マーケットメイク会社である米シタデル・セキュリティーズ(Citadel Securities)とバーチュ・ファイナンシャル(Virtu Financial)がビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨取引プラットフォームをローンチするという。

仮想通貨ニュース ロケットニュース24

というわけで、仮想通貨を初めての送金先へ送金する場合、まずは試しに少額から送ることをオススメしたい。特に、海外への送金となる場合は、反映が遅れたりもするので、いきなり全部送金したらヒヤヒヤ感が半端じゃないから気をつけろ(体験談)。さて置き、これでついに靴が買える! ついにステップできる!!

と思ったのだが、別にアプリのウォレットとバイナンスが紐づいているわけではない。現状は、バイナンスのウォレットにビットコインが入ったにすぎないので、これをBNBに交換した後、アプリのウォレットに送金する必要がある。って、また送金かーーーーーーい

・BTCをBNBに交換する方法(バイナンス)

購入がスマホ料金から引かれるだけの日本のアプリに慣れた身からすると送金2回はなかなかだ。これが世界。甘くない。とりあえず、ビットコインをバイナンスでBNBに交換してみた。やり方は以下の通り。

1. バイナンスのコインの中で「ビットコイン(BTC)」をタップ

2. ビットコインの相場画面で「コンバート」をタップ

3. 振替元「BTC」振替先「BNB」にしてコンバートする額を入力し、「コンバージョンプレビュー」をタップ

4. コンバートをタップ

──以上。もはや、海外取引所のコンバートに余裕すら感じるのは、送金の際の緊張感を知っているからかもしれない。まだ一歩も歩いてないのに成長があった。『STEPN』スゲエ。

・バイナンスからSTEPNに送金する方法

さて、それではこの成長をもってして最後の壁を越えようか。Open my 仮想通貨ニュース eys. Open my sky. 水を得たようにアプリのWalletへ送金じゃァァァアアアッ!

1. STEPNの『Wallet』を開く

2. 所持BNBの上に表示されているマルチチェーンを確認し、下に表示されている文字列をコピー

3. バイナンスでウォレットを表示

4. 出金タブをタップ

5. 仮想通貨でBNBを選択

6. アドレスをペーストし、ネットワークを選択、金額を入力して「出金」をタップ

7. 注文確認画面で「確認」をタップ

8. 認証画面でコードを入力して「提出」をタップ

──と操作が終わると、アプリのWalletに金額が表示された。やったー! ついに靴が買える……と思いきや!!

なぜかホーム画面の所持BNBには表示されない……!

何を隠そう、アプリでBNBを使用するには、WalletからSpendingアカウントにアプリ内でも送金する必要があるのだ。もうこの際だからハッキリ言わせてもらうぞ。面倒くせェェェエエエ!! なんぼほど送金させるねん! 資金洗浄かよ! したことないけど!!

・WalletからSpendingへ送金する方法

1. STEPNの「Wallet」を開く

2.「Transfer」をタップ

3.「To Spending」をタップ

4. 金額を入力して「CONFIRM TRANSFER」をタップ

5.「CONFIRM」をタップすると完了

とは言え、ようやく準備は整った。あとは、靴を買って歩くだけ! はたして、歩くことで仮想通貨がもらえるというアプリ『STEPN』は本当に稼げるのか? ついに次回は歩く! ……のか?

参考リンク:STEPN、Binance、Coincheck
執筆:中澤星児
Photo:Rocketnews24.
screenshot:STEPN、Binance、Coincheck(iOS)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる