為替ニュース

リスクとリターンの関係

リスクとリターンの関係
アナリストの収益予測、ブローカーの売り/買い推奨、経済成長率やインフレ率等の生の投資情報(シグナル)には、リターンの予測に役立つさまざまな情報が含まれている。こうした生のデータをアルファ(期待レジデュアル・リターン)に変換するためには以下の数式を用いる。 α = I C ⋅ ω ⋅ S \alpha = IC \cdot \omega \cdot S α = I C ⋅ ω ⋅ S S: スコア \scriptsize < \text> S: スコア

自分に合った投資のポートフォリオを作成するポイントは?金融のプロが解説

低リスクのポートフォリオ例


不動産投資はある程度の金額を頭金として銀行ローンを活用することで、プラスの家賃収入を期待することが可能です。仮に上記のポートフォリオを1,000万円の資産額で作成すると、不動産投資の部分は500万円になります。

3-2 ミドルリスクミドルリターン(目標リターン4%)

ミドルリスクミドルリターンのポートフォリオ例

ミドルリスクのポートフォリオ例


ソーシャルレンディングや株式は経済環境が良好な局面ではリターンが期待できますが、将来もし経済環境が悪化した場合には損失リスクが高くなるので、資産に取り入れる場合には、複数の銘柄への分散投資を徹底しましょう。

3-3 ハイリスクハイリターン(目標リターン6%)

ハイリスクハイリターンのポートフォリオ例

ハイリスクのポートフォリオ例


債券の代わりに、リスクオフの局面でリターンが良好になる傾向を持つ金を組み入れました。金もハイリスクハイリターンの資産ではありますが、株式とは値動きの特徴が異なるので、ポートフォリオの経済変動への影響を緩和することが可能です。

リスクとリターンの関係

投資にもスポーツにもプレースタイルがある

プレースタイルの「スタイル」を辞書で調べてみると、「様式・型」「考え方・行動のしかた」とあります(出所:株式会社小学館「大辞泉」)。
つまりプレースタイルとは、選手あるいはチームのプレーの型、考え方、行動のしかた、ということです。
例えばゴルフの場合、池があってもバンカーがあっても果敢にピンを狙うスタイルもあれば、ハザードは避ける堅実なプレースタイルもあります。
体操競技でも、高難度で高得点の技を積極的に取り入れるスタイルもあれば、確実に得点するスタイルもあります。

スタイルと期待できる成果

リスクはリターンのばらつき具合

リターンとは投資でいえば利益、スポーツでいえば好成績です。
一方、リスクとは「危険」ではなく、リターンのバラつき具合を意味します。
投資でいえばプラス10万円のときもあればマイナス10万円のときもある、スポーツでいえば、1位のときもあれば10位のときもある、といったイメージです。
このバラつき(幅)が大きいほどリスクが大きいと表現します。

リスクとリターンの関係(イメージ図)

リスクとリターンの関係はわかりましたか? 聞けばあたりまえのようですが、実際投資をしてみるとリターンばかりに目がいきがちです。
リスクとリターンをセットで考えることが大きな失敗をしない投資の基本であることを覚えておいてください。

ご注意事項

石川英彦

石川英彦

金融デザイン株式会社 代表取締役
愛知県生まれ。南山大学経営学部卒業後、北米大陸をオートバイで周遊。帰国後、保険代理店の手伝いをしたことで金融の世界を知る。その“奇妙”な世界に疑問を感じ「お金に関する情報形成」「売り手と買い手がハッピーになる金融コンテンツづくり」をミッションとした、株式会社マネーライフナビを設立(1996年)。FP(ファイナンシャルプランナー)の実務をこなしながら多数の金融コンテンツ制作を手がける。2017年9月に社名を金融デザイン株式会社に変更。インフォグラフィックスやウェブのデザインまで領域を広げる。持ち味マネーカード(お金占い ® )を武器に、失敗しないためのお金の知恵を学ぶ「お金の知恵アカデミー」を展開中。

自分に合った投資のポートフォリオを作成するポイントは?金融のプロが解説

低リスクのポートフォリオ例

リスクとリターンの関係
不動産投資はある程度の金額を頭金として銀行ローンを活用することで、プラスの家賃収入を期待することが可能です。仮に上記のポートフォリオを1,000万円の資産額で作成すると、不動産投資の部分は500万円になります。

3-2 ミドルリスクミドルリターン(目標リターン4%)

ミドルリスクミドルリターンのポートフォリオ例

ミドルリスクのポートフォリオ例


ソーシャルレンディングや株式は経済環境が良好な局面ではリターンが期待できますが、将来もし経済環境が悪化した場合には損失リスクが高くなるので、資産に取り入れる場合には、複数の銘柄への分散投資を徹底しましょう。

3-3 ハイリスクハイリターン(目標リターン6%)

ハイリスクハイリターンのポートフォリオ例

ハイリスクのポートフォリオ例


債券の代わりに、リスクオフの局面でリターンが良好になる傾向を持つ金を組み入れました。金もハイリスクハイリターンの資産ではありますが、株式とは値動きの特徴が異なるので、ポートフォリオの経済変動への影響を緩和することが可能です。

投資本を読む:計量アクティブ運用のすべて その理論と実践

投資本を読む:計量アクティブ運用のすべて その理論と実践

アナリストの収益予測、ブローカーの売り/買い推奨、経済成長率やインフレ率等の生の投資情報(シグナル)には、リターンの予測に役立つさまざまな情報が含まれている。こうした生のデータをアルファ(期待レジデュアル・リターン)に変換するためには以下の数式を用いる。

α = I C ⋅ ω ⋅ S \alpha = IC \cdot \omega \cdot S α = I C ⋅ ω ⋅ S

リスクとリターンの関係

S: スコア \scriptsize < \text> S: スコア

IC ω S にそれぞれの計算式を当てはめると、次のようになります。

ポートフォリオの リターンは、各銘柄のリターンをそれぞれへの 投資比率で加重平均したものとなる。一方、ポートフォリオの リスクは銘柄間のリターンの相関によって各銘柄の加重平均とはならず、 単純な加重平均よりも小さくなる

  • 分散投資の期間を見直す
  • タートルズの分散投資にアルファを取り入れる?

6つの手法を27銘柄24年にわたってバックテストします。 ・2006年当時有効だった手法は健在なのか ・相関を元にしたポジションの制限は有効なのか ・増し玉は有効なのか

Python版:2006年に書籍で「勝てる」とされた手法の「その後」をバックテスト

  1. 正規化されたシグナル(スコア)があり、
  2. 予測能力を表す「情報係数」を加味し、
  3. レジデュアル・リスクによって スケールを調整したもの
クロス・セクション分析市場全体や業種など、特定のグループに対して相対的に分析する
タイム・シリーズ分析過去のデータから求める方法

相関係数が過去10年で0.7の株式Aと株式Bについて予測を行うとする。これらの期待リターンを当てる有力な情報があって、株式Aはプラス、株式Bはマイナスに動くという予測が行われるとする。

この場合、はたして相関係数の予測を負の数字に置き換えるべきだろうか。

結論をいうと、必ずしも置き換える必要はない。相関係数は多くデータ(サンプル)から算出される数字で、そのサンプルの平均的な姿を示すものである。つまり、1つのリターンの予測は、リスクや相関係数を置き換えるほどの効力は本来ない。

(中略)

その変化がなんらかの大きな変化、構造の変化である場合には、リスクや相関係数を予測によって変える意味があるだろう。

6つの手法を27銘柄24年にわたってバックテストします。 ・2006年当時有効だった手法は健在なのか ・相関を元にしたポジションの制限は有効なのか ・増し玉は有効なのか

リスクとリターンの関係

投資にもスポーツにもプレースタイルがある

プレースタイルの「スタイル」を辞書で調べてみると、「様式・型」「考え方・行動のしかた」とあります(出所:株式会社小学館「大辞泉」)。
つまりプレースタイルとは、選手あるいはチームのプレーの型、考え方、行動のしかた、ということです。
例えばゴルフの場合、池があってもバンカーがあっても果敢にピンを狙うスタイルもあれば、ハザードは避ける堅実なプレースタイルもあります。
体操競技でも、高難度で高得点の技を積極的に取り入れるスタイルもあれば、確実に得点するスタイルもあります。

スタイルと期待できる成果

リスクはリターンのばらつき具合

リターンとは投資でいえば利益、スポーツでいえば好成績です。
一方、リスクとは「危険」ではなく、リターンのバラつき具合を意味します。
投資でいえばプラス10万円のときもあればマイナス10万円のときもある、スポーツでいえば、1位のときもあれば10位のときもある、といったイメージです。
このバラつき(幅)が大きいほどリスクが大きいと表現します。

リスクとリターンの関係(イメージ図)

リスクとリターンの関係はわかりましたか? 聞けばあたりまえのようですが、実際投資をしてみるとリターンばかりに目がいきがちです。
リスクとリターンをセットで考えることが大きな失敗をしない投資の基本であることを覚えておいてください。

ご注意事項

石川英彦

石川英彦

金融デザイン株式会社 代表取締役
愛知県生まれ。南山大学経営学部卒業後、北米大陸をオートバイで周遊。帰国後、保険代理店の手伝いをしたことで金融の世界を知る。その“奇妙”な世界に疑問を感じ「お金に関する情報形成」「売り手と買い手がハッピーになる金融コンテンツづくり」をミッションとした、株式会社マネーライフナビを設立(1996年)。FP(ファイナンシャルプランナー)の実務をこなしながら多数の金融コンテンツ制作を手がける。2017年9月に社名を金融デザイン株式会社に変更。インフォグラフィックスやウェブのデザインまで領域を広げる。持ち味マネーカード(お金占い ® )を武器に、失敗しないためのお金の知恵を学ぶ「お金の知恵アカデミー」を展開中。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる