テクニカル分析

トレードを学ぶ

トレードを学ぶ
投機

今まで、様々なFXについてYouTubeやブログで学んできましたが、 みつしろさんのお話は、いつもテクニックだけでなく、人生全般、お金を稼ぐことの大事さや活かし方まで教えてくださる ので、自分にとって最高の師匠です。
最後の著者からのメッセージで、みつしろさんから、 「さっさとお金を稼ぎましょう!」 と、はっきりと言ってくださり、何か心にストンと落ちた感じがしました。
これだけでも、買わせていただいた価値があったかと思います。
日本では、「お金の話は悪だ」なんて言う人が多すぎるので、非常に嬉しいお言葉でした。
本当にありがとうございます。
大切にしている友人たちにも進めたい一冊になりました。

FX初心者ですが、 非常にわかりやすく、ストーリーが秀逸でした。

きせさま

FX初心者ですが、有名Youtuberの方だったので、購入しました。 FXという拝金主義になりやすい業界で、 FXで稼いだお金を人のために使っているという著者のお人柄 に、非常に好感を持ちました。
Youtube動画を見ても、知識を出し惜しみなく伝えてくださるので電子書籍も期待して購入しましたが 電子書籍はFXの手法も勉強になるだけでなく、著者の人生観や生き方に深く感動しました。
こんな方にもっともっと成功してほしいし、私自身も、高い志でFXや自分の仕事に取り組もう!と思いました。 FXの電子書籍にもかかわらず、思いがけず、元気をいただく本 でした。
ありがとうございました。

素人でもすぐに実践できる 「確実に、毎月勝ち続ける」 方法

ynさま

FXの発信をしている人は、 「勝ててないのに勝っているフリをしている」人が多い中、 海沼さんは、本当に勝ち続けているんだな、というのが伝わってきます。
何億という大きな収益を狙うのではなく、 あくまで「確実に、毎月勝ち続ける」ことを優先してやっていて 、 FXをやりたい人には、彼の手法だけでなく、 生き方を、参考にしてほしいなと思えます。
トレードの手法もシンプルにまとめて下さっていて、「こういう形のチャートは注意」「このタイミングでエントリーしたらいい」といったことが、非常に分かりやすく、素人でもすぐに実践できそうです。
FXって、淡々とトレードをやって、人と関わらず、冷たい人間になっていく、っていうイメージがありましたが、そうじゃないトレーダーもいるんだ、ってことが分かるし、 これが次世代のトレーダーの姿なんだな、というのが分かる1冊でした。

【堅実トレード】その名はブッダ『10pipsを狩り続ける!レスポンストレード手法』から学ぶ悟りの手法【ゆるゆる投機的行動177】

投機

ブッダだぞブッダ。ありがたやありがたや。
ブッダさん? いったい何者ですか?
名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索

【BTC/FXトレーダー】ブッダ(Buddha_FX_BTC)氏とは何者か…?

薬品関連の輸入代行、ワインの会社とかリアル事業をやった後に、専業トレーダーに転向したらしい。最初からニートトレーダーで稼いでいる若造ではなく、いろんな社会経験を積んでいる大人の男だぞ。
ホントにくまちゃんと同い年ですか? ブッダさんは若いし、なかなかのイケメンですね(笑)。

51歳走る 51 year old sprint ダッシュ

【堅実トレード】『10pipsを狩り続ける!レスポンストレード手法』から学ぶ悟りの手法

レスポンストレードの特徴
〇 ロングスキャルピング(原則10pips)
〇 1日10分のチャートチェックでOK トレードを学ぶ
〇 1回のみナンピンを行う(厳格なルールあり)
〇 2021年1月から11月現在まで11か月間月単位で負け無し
〇 11か月間で週単位の負けは4回のみ
〇 逆張り(逆張りですが、ドル円9~10月の大トレンドでも通常の損切りで終わりました。損切りルールが設定されているからです。この大トレンドでは多くのトレーダーがロスカットされています。)

詳細はこちら → 10pipsを狩り続ける!レスポンストレード手法

初心者の方は理解できないかも知れませんが、例え的中率80%の分析ツール(無いですが…勝率≠的中率)を手にしても、資質を備えていないと勝てません。80%の潜在的優位性を顕在化できず、20%の潜在的劣位性を最大化してしまうからです。

この動画コンテンツでは、多くの方が錯覚し、相場のパラドックスに陥っている状態から脱却できますよう前半でトレードコーチングを行います。相場真理や市場原理の本質的理解を促し、トレーダーとしての資質を一気に高めます。資質を高めないと手法を正しく運用できないからです。

まどろっこしく感じられるかも知れませんが勝つ為の必須要件です。今は信じられないかも知れませんが、勝てる様になられた時に全てが理解できます。

優位性のある手法を理解しただけでは勝てません。人間関係と同じく定性的な要素が問われるからです。お金の増減、欲、恐怖など人間の本能を激烈に揺さぶるゲームなのです。

人付き合いはこうすれば良いと解っていても、資質が無いと上手く立ち回れません。笑顔、明るい、元気、人なつっこい等々、人に好かれる要素は誰もが知ってはいても、実際に再現できるかは別問題です。相場も同じです。

手法の再現は、資質を上げないと貴方の想像の100倍難しいのです。

本動画コンテンツでは、まずコーチングにてトレーダーとしての資質を高め、手法を使いこなせるトレーダーへとご成長いただきます。良くあるトレードメンタルのコーチングではありません。相場真理・投資哲学の理解です。
その上で、確実に優位性があり、私が現在も毎日利用し、毎月100%勝ち続けている手法をお教えする流れになっています。

詳細はこちら → 10pipsを狩り続ける!レスポンストレード手法

【悟り?】自分のポジション取りは軽すぎるということを学びました…

損小利大=勝率下がる=負けは小さい
損大利小=勝率上がる=負けは大きい
順張り=継続で勝つ=変化で負ける
逆張り=転換で勝つ=継続で負ける

一長一短が手法の宿命

予想派は短所を潰そうとするが表裏一体の意味を悟るべし

上のバランスは絶対法則
その上で勝てる手法が優れた手法

— Buddha_ブッダ (@Buddha_FX_BTC) November 22, 2021

ブッダの動画をみて、自分のトレードがいかに軽いか、反省になったよ。
くまちゃんが負けてるのみて、そんな気はしていました。
ブッダの手法をそのままやるかどうかは別として、もっと慎重にポジションをとらなきゃダメだな。もちろん、これまでも自分なりにチャートを見て、資金を考えて、そこからポジションを取っていたわけだが、まだまだ勝っている人と比較すると軽すぎる。ブッダの手法を知って、個人的にいろいろな学びがあったよ。反省して、また相場に向かう気持ちになった。その意味でも有意義な商材だったかもしれない。
ふむふむ。

詳細はこちら → 10pipsを狩り続ける!レスポンストレード手法

【お金への嗅覚】暗号資産、NFT、メタバースに傾注するブッダ氏

金融システムの解放だけではない
Play-to-Earnゲームエコシステムは貧困国の数百万人を救う救世主#icpsquad なんてEngage-to-Earn

①ブロックチェーン
②NFT

これもブロックチェーン革命の1つ

これ石ころですか?
三〇先生
ひ〇ゆきインフルエンサーさん

— Buddha_ブッダ (@Buddha_FX_BTC) December 1, 2021

…とうわけで、ブッダ氏をツイッターでフォローし、ここ数日のツイートを見ているのだが、最近は暗号資産、NFT、メタバースに傾注しているみたい。
やはりどこにチャンスがあるかを、常に探している方なんですね。
お金への嗅覚があるんじゃない? 僕もチャンスを求め、今後もその動向に注目させていただく。
なんとか話題についていきましょう(苦笑)。

この前の配信で紹介したAXSステーキング
そらこうなるよね
誰だってやる
知っててやらない人はお釈迦ポン
APY105%=APR72%=日利0.197%
1000万で1日約2万円
たった1000万円でFIREできる😁
DEXを土俵にすればこんなのゴロゴロ pic.twitter.com/lqTe37w5IJ

— Buddha_ブッダ (@Buddha_FX_BTC) December 21, 2021

トレード記録を見て学ぶ

特に大きな指標発表もなく、ボラティリティのない値動きでしたね。 東京市場尚更、値動きがありませんでした。 ドル円、ユーロ円両方トレードしましたが、先週から調子のよかったユーロ円を中心にトレードしていきました。 最近ではユーロ円の方が値動きが大きく、分かりやすいように思えます。 何回かロスカットにも逢いましたが、メインである欧州市場でどうにか巻き返すことができ早めにトレードを終えることができました。 今日くらいの時間にトレードを終えることができるといいんですけどね。 専業トレーダーにも働き方改革を。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push(<>…

ネットで話題

関連ブログ

5月11日のトレード記録

今日はトレード数も少なく、無難なトレードであまり利益もなくていいかなと考えていました。 しかし、21時半の米消費者物価指数の指標発表後に、一時的にぐんと上昇してくれたおかげて利益をそこそこ取ることができました。 著者のトレードの場合、何かあったときのために逆指値でロスカットを置いていますが、上は置いていません。 そのため、このように急騰があると思わぬ利益が舞い込んできてくれます。 これが逆に下落だったらロスカットにあっていましたけどね。 これもトレードです。 気を引き締めて、また明日頑張りましょう! (adsbygoogle = window.adsbygoogle || トレードを学ぶ []).push(

5月6日のトレード記録

久しぶりに通常どおりのトレードの1日でした。 今日の著者のトレードは、戦略としては15分足で上値と下値で線を引き、その中間を基準に上値から中間線向け、下値または中間線から上値向けとトレードするような具合ですすめています。 戦略は、その時そのときの状況によって変わりますけど。 今の状況では強く上昇出来るわけでもなく、また強い下落もできずといったレンジを取りながら少しずつ上昇するような流れですので、レンジ相場の時はこのような戦略をとったりもします。 (トレードを学ぶ adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push(<>); 基本的な考え方は、このようにしておいて、値動きを…

4月28日のトレード記録

昨日は別記事の執筆に時間を割いていたため、トレード記録を掲載していませんでしたので、今掲載いたします。 昨日は黒田日銀総裁の発言から、円安が更に進行しましたね。 おおよそ想定されていたとおりの発表でしたので、余程裏を狙おうとした人でない限り、ドル円はロングポジションで利益をとることができたのではないでしょうか。 昨日みたいな分かりやすい展開だと利益を狙いやすいですから、こういう時は外さずにトレードしたいものです。 今後も円安の流れは継続が見込まれていますが、何があるか分からないのが相場です。 円安だけを考えてトレードするのは危険ですので、急な下落等にも備え各国の情勢などを確認しながら、慎重にト…

4月22日のトレード記録

金曜日ということで、今日の著者のトレードは午前中で終了しました。 週末をいやな流れで過ごしたくないため、金曜日は無難なトレード及び、ある程度利益を出したら撤収といった具合にトレードをしています。 昨日夜、深夜に控えた米パウエルFRB議長の発言を控え、値動きのある状況でしたので、就寝前からベッドで横になりながらスマホで、ポチポチとトレード。 本日も起床後から、夜間の値動き状況や、市場状況を確認しポチポチとPCでトレード。 今週ワクチン接種後で体調がよくないなか、どうにか無事トレードも乗り切ることができましたが、トレード成績はあまりよくなかったですね。 週末をしっかりリフレッシュして、来週またトレ…

4月14日のトレード記録

本日の著者のトレードは、昨日トレードで燃え尽きたせいか、あまりやる気が起きずなかなか手が出せない状況。 チャートも昨日の急激な上昇もあって本日は、動きが定まらずレンジ相場を形成していました。 そこで、ごくたまにしか手を出さない、ユーロドルをここぞとばかりに、練習を兼ねて少しだけトレード。 やはり、もともと苦手であったせいか、または値動きに慣れてないせいか、辛うじて利益は得ましたが、決済後に大きく上げたり、ロスカット後に値を戻したりと、あまり流れに乗り切れていませんでしたね。 たまに、またこのような日にでもユーロドルをトレードしていき、値動きに少しずつ慣れていければと思います。 (adsbygo…

4月11日のトレード記録

本日のドル円はじわりじわりと上昇を続け執筆現在125.43付近です。 このような状況で、朝からじわりじわりと上昇している場合は、以外に長く上昇が続くものです。 逆に、いきなり大きく上げたり、下げたりした場合は、またすぐに値を戻したり、反対に動き出したりとするもの。 そのため、今日のようなじわじわ上昇している場合は、著者は安心して上目線でのトレードをします。 上昇トレンドのなかでも、一時的に下げたりもしますので、その流れを見て少しショートで仕掛けたりもしますが、基本的にはロングポジションですね。 上のチャート表では、回帰トレンドで-1σにサポートされながら上昇している様子が伺えます。最後の方の執…

3月24日のトレード記録

本日の著者のトレードは連敗で大きくマイナスからのスタートと厳しいものになりました。 これは損益で終わるかもしれないとの考えも頭をよぎっていました。 しかし、損益を出した後、一旦冷静になって考え、ドル円で損益が出ていたので、まずドル円から離れ、最近調子のいいユーロ円へとトレードを切り替え。 これがうまくヒットしてくれて、ある程度取り戻していったことで、徐々に本調子に戻っていきました。 その後は、いつもどおり無難に小さくちょこちょことトレードを繰り返していき利益で本日のトレードを終えることができました。 連敗で損益を出した場合、著者はいったんトレードから離れたり、もしくは今回のように別の通貨に切り…

3月23日のトレード記録

本日のドル円は、じりじりと値を下げてきています。 このところの急激な上昇の一休みといったところでしょうか。 また、日本政府筋からの口先介入がちらほら出てきていることもあり、その警戒感からもドルが売られているのではないでしょうか。 しかし、日米の金利差から考えると軽い口先介入だけだと、まだまだ上昇の余地はあるのではないでしょうか。 著者の本日のトレードは売りでも、買いでも両方で仕掛けました。 1分足、5分足で下向きなら売りで入り、逆に上向きなら買いで入るというように、流れに逆らわずトレードをしていきました。 いつものようにこつこつと利益を積み重ねるやり方です。 今日はうまく波に乗ったトレードがで…

3月22日のトレード記録

本日の相場は、ドル円は東京市場から強く上昇し続け、すぐに120円を超え、そこから更に上昇を続けて一時121円台に到達しました。 本当に強い上昇です。 日米の金利差の影響もかなり大きな要因でしょうね。 円はすでにひと昔前のように安全通貨ではなくなり、有事の際には円を売ってドルを買う流れになっています。 ユーロ円も同じく強く上昇し続けています。 円だけが弱くなった印象ですね。 そのような上昇のなか、著者の本日のトレードも上昇の勢いに乗って、ロングポジションでのトレード地道にこつこつと積み上げていきました。 かなり上昇が続いていますので、幅を大きくロングでトレードしても同じように利益を出せたはずです…

トレード記録を見て学ぶ

特に大きな指標発表もなく、ボラティリティのない値動きでしたね。 東京市場尚更、値動きがありませんでした。 ドル円、ユーロ円両方トレードしましたが、先週から調子のよかったユーロ円を中心にトレードしていきました。 最近ではユーロ円の方が値動きが大きく、分かりやすいように思えます。 何回かロスカットにも逢いましたが、メインである欧州市場でどうにか巻き返すことができ早めにトレードを終えることができました。 今日くらいの時間にトレードを終えることができるといいんですけどね。 専業トレーダーにも働き方改革を。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push(<>…

ネットで話題

関連ブログ

5月11日のトレード記録

今日はトレード数も少なく、無難なトレードであまり利益もなくていいかなと考えていました。 しかし、21時半の米消費者物価指数の指標発表後に、一時的にぐんと上昇してくれたおかげて利益をそこそこ取ることができました。 著者のトレードの場合、何かあったときのために逆指値でロスカットを置いていますが、上は置いていません。 そのため、このように急騰があると思わぬ利益が舞い込んできてくれます。 これが逆に下落だったらロスカットにあっていましたけどね。 これもトレードです。 気を引き締めて、また明日頑張りましょう! (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push(

5月6日のトレード記録

久しぶりに通常どおりのトレードの1日でした。 今日の著者のトレードは、戦略としては15分足で上値と下値で線を引き、その中間を基準に上値から中間線向け、下値または中間線から上値向けとトレードするような具合ですすめています。 トレードを学ぶ 戦略は、その時そのときの状況によって変わりますけど。 今の状況では強く上昇出来るわけでもなく、また強い下落もできずといったレンジを取りながら少しずつ上昇するような流れですので、レンジ相場の時はこのような戦略をとったりもします。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push(<>); 基本的な考え方は、このようにしておいて、値動きを…

4月28日のトレード記録

昨日は別記事の執筆に時間を割いていたため、トレード記録を掲載していませんでしたので、今掲載いたします。 昨日は黒田日銀総裁の発言から、円安が更に進行しましたね。 おおよそ想定されていたとおりの発表でしたので、余程裏を狙おうとした人でない限り、ドル円はロングポジションで利益をとることができたのではないでしょうか。 昨日みたいな分かりやすい展開だと利益を狙いやすいですから、こういう時は外さずにトレードしたいものです。 今後も円安の流れは継続が見込まれていますが、何があるか分からないのが相場です。 円安だけを考えてトレードするのは危険ですので、急な下落等にも備え各国の情勢などを確認しながら、慎重にト…

4月22日のトレード記録

金曜日ということで、今日の著者のトレードは午前中で終了しました。 週末をいやな流れで過ごしたくないため、金曜日は無難なトレード及び、ある程度利益を出したら撤収といった具合にトレードをしています。 トレードを学ぶ 昨日夜、深夜に控えた米パウエルFRB議長の発言を控え、値動きのある状況でしたので、就寝前からベッドで横になりながらスマホで、ポチポチとトレード。 本日も起床後から、夜間の値動き状況や、市場状況を確認しポチポチとPCでトレード。 今週ワクチン接種後で体調がよくないなか、どうにか無事トレードも乗り切ることができましたが、トレード成績はあまりよくなかったですね。 週末をしっかりリフレッシュして、来週またトレ…

4月14日のトレード記録

本日の著者のトレードは、昨日トレードで燃え尽きたせいか、あまりやる気が起きずなかなか手が出せない状況。 チャートも昨日の急激な上昇もあって本日は、動きが定まらずレンジ相場を形成していました。 そこで、ごくたまにしか手を出さない、ユーロドルをここぞとばかりに、練習を兼ねて少しだけトレード。 やはり、もともと苦手であったせいか、または値動きに慣れてないせいか、辛うじて利益は得ましたが、決済後に大きく上げたり、ロスカット後に値を戻したりと、あまり流れに乗り切れていませんでしたね。 たまに、またこのような日にでもユーロドルをトレードしていき、値動きに少しずつ慣れていければと思います。 (adsbygo…

4月11日のトレード記録

本日のドル円はじわりじわりと上昇を続け執筆現在125.43付近です。 このような状況で、朝からじわりじわりと上昇している場合は、以外に長く上昇が続くものです。 逆に、いきなり大きく上げたり、下げたりした場合は、またすぐに値を戻したり、反対に動き出したりとするもの。 そのため、今日のようなじわじわ上昇している場合は、著者は安心して上目線でのトレードをします。 上昇トレンドのなかでも、一時的に下げたりもしますので、その流れを見て少しショートで仕掛けたりもしますが、基本的にはロングポジションですね。 上のチャート表では、回帰トレンドで-1σにサポートされながら上昇している様子が伺えます。最後の方の執…

3月24日のトレード記録

本日の著者のトレードは連敗で大きくマイナスからのスタートと厳しいものになりました。 これは損益で終わるかもしれないとの考えも頭をよぎっていました。 しかし、損益を出した後、一旦冷静になって考え、ドル円で損益が出ていたので、まずドル円から離れ、最近調子のいいユーロ円へとトレードを切り替え。 これがうまくヒットしてくれて、ある程度取り戻していったことで、徐々に本調子に戻っていきました。 その後は、いつもどおり無難に小さくちょこちょことトレードを繰り返していき利益で本日のトレードを終えることができました。 連敗で損益を出した場合、著者はいったんトレードから離れたり、もしくは今回のように別の通貨に切り…

3月23日のトレード記録

本日のドル円は、じりじりと値を下げてきています。 このところの急激な上昇の一休みといったところでしょうか。 また、日本政府筋からの口先介入がちらほら出てきていることもあり、その警戒感からもドルが売られているのではないでしょうか。 しかし、日米の金利差から考えると軽い口先介入だけだと、まだまだ上昇の余地はあるのではないでしょうか。 著者の本日のトレードは売りでも、買いでも両方で仕掛けました。 1分足、5分足で下向きなら売りで入り、逆に上向きなら買いで入るというように、流れに逆らわずトレードをしていきました。 いつものようにこつこつと利益を積み重ねるやり方です。 今日はうまく波に乗ったトレードがで…

3月22日のトレード記録

本日の相場は、ドル円は東京市場から強く上昇し続け、すぐに120円を超え、そこから更に上昇を続けて一時121円台に到達しました。 本当に強い上昇です。 日米の金利差の影響もかなり大きな要因でしょうね。 円はすでにひと昔前のように安全通貨ではなくなり、有事の際には円を売ってドルを買う流れになっています。 ユーロ円も同じく強く上昇し続けています。 円だけが弱くなった印象ですね。 そのような上昇のなか、著者の本日のトレードも上昇の勢いに乗って、ロングポジションでのトレード地道にこつこつと積み上げていきました。 かなり上昇が続いていますので、幅を大きくロングでトレードしても同じように利益を出せたはずです…

ヒッピーから学ぶ「奇跡のトレード文化」が素晴らしすぎる! ~グレイトフル・デッドを追いかけて~

DSC_1115.JPG

サンタクララのショーは、デッドの聖地、サンフランシスコに近いので、やはり安心感があり、馴染める空気感があった。会場ではピースマークの飛行機雲や、ダブルレインボー(虹)も出現。

santaclala001.jpg

ヘイトアシュベリーにある、ジェリーガルシアの家(710号)にお参りに行くと、たくさんのデッドヘッズがお参りに来ていた。また、街には多くのヒッピーと出会うことができるが、仲良くならなければ写真を撮ることはできない。取材中、ヒッピーから「そのカメラをぶっ壊すぞ!」と凄まれたことも。

IMG_4756.jpg

ドロドロのデッドヘッズ達と。フランシスコザビエル似の男性(写真左)と、身長180㎝以上もあり裸足で、アクション映画に出てくる主人公の剣士のような男性(写真右)と写真撮影をしていると、突然、友達の女の子が走ってきて、I need miracle(チケットを下さい)のポーズをして写真に加わった。もちろん全員チケットを持っていない。

サンフランシスコに到着した我々が、まず目指した先はヒッピーの聖地・ヘイトアシュベリー。この場所はサイケでヒッピーライクな古着ショップやお店が立ち並ぶほか、この街たらしめるドロドロのデッドヘッズ(※1)が生活しており、あたかも1960~70年代にトリップしたかのような気分になる。

(※1)ドロドロのデッドヘッズ=親がデッドヘッズで、物心がついた頃にはグレイトフル・デッドの歌も歌えますという、生まれながらにしてヒッピーとなった人々。金を持たず、服装はほぼ毎日同じというスタイルの生活を送っている。彼らのトレードマークともいえる独特の装いは、服のどこかが破れたら、その場所を誰かから貰ったパッチワークで目一杯のセンスが込められて補修される。そのため、新品で売られていたら数百ドルの値がつきそうな、アンティーク調のクールな仕上がりになるそうだ。

「あれや! ああいうのがデッドヘッズや。あの幸せ過ぎる顔。胸を張って笑いながら歩いている、あの感じ。Like an Angelや!!」

santaclala070.jpg

ジェリーキッズのシェイン。4ドルで交換した手作りのプロミスリングは、どんな高級品よりもセンスが良く、輝きを放っている。

SHIN氏が興奮して言った。彼女こそ、デッドヘッズ達の中でもエンジェルとして選ばれた、ジェリーキッズ(※2)だというが、本当なのだろうか?

(※2)ジェリーキッズ=「この世にデッドマインドを伝えなさい」という使命をジェリーガルシアに与えられて生まれた人物のこと。

彼女は自分で編んで作ったプロミスリングを売っていたので値段を尋ねると、「エニシング ユー ウォント(自分では値段を決められないから、すべてあなたの言う通りに)」と話す。その時の彼女は、目をトローンと垂らし、眩い光に包まれながら微笑んでいて、「今はあなたの言う通りに私はしましょう。値段を私が決める権利はありません」と繰り返す。この感じは、確かに天使かも……。

ヘイトアシュベリーで行われるトレードの一例 動画は「struck moon」より

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる