無料セミナー

決済ソリューションを通じて収益を得る方法

決済ソリューションを通じて収益を得る方法
プレスリリース提供:PR TIMES リンク

小売の新たな収益源! アドインテが挑む広告販促 DX「リテールメディア」の拡大 支えるのは Microsoft Azure の分析基盤

国内小売企業において、Cookie レス時代に向けて「リテールメディア」を構築し広告販促 DX への取り組みが活発化しています。リテールメディアとは、ID-POS データをはじめとする小売企業が持つオフラインデータと、EC サイトやスマホアプリなどから収集されるさまざまなオンラインデータを CDP 上で分析し、購買行動に合わせた広告配信を可能にすることで、新たな広告収益を確保する仕組みです。このリテールメディアを構築運用するためのプラットフォームを提供し、大手流通小売業を中心に国内トップクラスのリテールメディア支援実績があるのがアドインテです。同社は、CDP を構築するための DWH 基盤をはじめ、すべてのシステム群を Microsoft Azure へと移行しました。アドインテのビジネスの中核の 1 つである DWH 基盤の移行がもたらした効果について、担当者に話を伺いました。

新たな収益源として国内で急速に広がる「リテールメディア」とは

小売企業が保有する商品の販売データや顧客の行動データなどを利用し、ブランドメーカーなどから広告を募る「リテールメディア」が、国内でも急速に広がっています。リテールメディアは、世界最大のスーパーマーケットチェーン Walmart が 2014 年頃から取り組みを開始したのがはじまりとされ、その後、Krogerやターゲット、ベストバイなど米国の小売企業へと広がりました。そのトレンドが日本にも訪れている状況です。

リテールメディアでは、顧客 ID 付 POS(ID-POS)のデータや、店頭・フロアでの回遊データ、自社 EC サイトやスマホアプリから得られるデータなど、オフラインとオンラインのさまざまなデータを統合し、それらを CDP(Customer Data Platform)や DMP(Data Management Platform)で分析しながら、顧客に適した広告を適切なタイミングで SNSなどを含めた様々なメディアへの広告配信が可能となります。小売企業にとっては来店促進や商品の販売に加え、広告収入という新たな収益の柱を得ることにつながり、メーカーにとってはこれまで不可能だった、デジタル広告を配信したユーザーのリアル店舗での購買計測などが可能になり、効果的なマーケティング施策をうつことができるようになります。アドインテでは、Cookie レス時代に向けたブランドメーカー向けのリテールメディア広告配信サービスとして「Brand Loop Ads」というサービスもリリースしており、化粧品メーカーや飲料メーカー、日用品メーカーなど、多くのブランドメーカーが活用しています。

このリテールメディアを開発・運用するためのプラットフォームを国内小売企業向けに展開し、国内トップクラスの支援実績があるのがアドインテです。2009 年に創業し、O2O(Offline to Online)マーケティングや、OMO(Online Merges with Offline)ソリューションを展開してきた同社は、リテールメディアの国内展開のパイオニアであり、現在では、連携された流通決済総額 6 兆 7,000 億円を超える国内最大級のリテールメディアプラットフォーマーとなっています。アドインテ 副社長兼COO 稲森 学 氏はこう話します。

株式会社アドインテ
副社長兼COO
稲森 学 氏

「Cookie レス時代への突入も追い風となり、リテールメディアの成長は著しく、Walmart は、数年後には全米の 決済ソリューションを通じて収益を得る方法 広告代理店でトップ 10 に入るような広告プラットフォーマーとなろうとしています。同社は、リテールメディア構築による広告事業以外に、 小売が保有するデータやリアル店舗を起点として、ヘルスケアや金融の領域にも事業を広げています。これから収益を上げるための集中領域は、【広告】【ヘルスケア】【金融】の 3 つと宣言したことも話題になりました。日本でもこの 1 年で取り組みが活発になっていて、すでに当社でも 40 社を超える小売企業のリテールメディア開発や CDP 構築の取り組みをご支援させていただいています。今後数年で小売企業のほとんどがリテールメディアへの取り組みを推進するようになると思います 」(稲森 氏)。

「AIBeacon」と「Brand Loop Ads」を 活用した OMO ソリューションを展開

アドインテが小売企業向けに展開しているリテールメディアソリューションは、これまで同社が手がけてきた OMO ソリューションがベースとなっています。アドインテでは、同社が独自に開発した IoT端末「AIBeacon」を小売企業の店舗内に設置し、店舗を訪れる顧客のさまざまな行動データを、個人情報を取得せず匿名加工情報として収集できるようにした国内唯一の端末です。

AIBeacon は、Wi-Fi センサーと BLE(Bluetooth Low Energy) Beacon が一体となった、IoT センサーです。顧客が店舗内でどのような回遊行動をとったかなどを匿名データとして、プライバシーに配慮しながら、正確に安全に把握することができます。更には、LINEアプリとの連携により、LINE チラシやLINE クーポン、LINE POPなどの販促メニューとの連携も可能になります。

この AIBeacon から得られるデータと小売企業から提供を受けた、匿名化された ID-POS データを CDP や DMP 上で連携させることで、顧客の購買行動を統計的に分析できるようになります。また、アドインテでは、ブランドメーカーに特化した広告の出稿や運用、管理を行なう「Brand Loop Ads」を開発・運営するほか、オンラインとオフラインのユーザータッチポイントを高度化するような、さまざまなソリューションを独自開発しており、広告効果最大化への支援も行なっています。

つまり、AIBeacon や ブランドメーカーに特化した広告配信サービス「Brand Loop Ads」などを活用したアドインテの OMO ソリューションを利用することで、データの収集から、店舗や顧客の分析、セグメント抽出、広告を使ったPR・集客など、ONEtoONEコミュニケーションを一気通貫に行えるのです。

「リテールメディア構築における小売企業はそれぞれに特有の課題を抱えています。『カード会員は多いものの、アプリ会員が少なく配信母数が足りない』『ID-POS などのオフラインデータと EC サイトやアプリなどのオンラインデータを統合して分析したい』といったデータ分析に関するものから、『特定の顧客層向けに効率良くキャンペーンを実施したい』『新たにリテールメディアを開発したい』『リテールメディアでの収益が上がらない』といった、CDP 構築や DX 推進、新規事業に関するご相談をたくさん頂けるようになりました。われわれのリテールメディアソリューションは、オフラインデータの価値を最大化し、小売、メーカー、顧客の3者それぞれが Win-Win の関係を構築できると思っています」(稲森 氏)。

ビジネス拡大とともにAzureへの移行を実施

稲森 氏は Azure へ移行した理由について「2017 年頃からこれから必ず急成長すると確信していたリテールメディアの市場を支えるための、機械学習など豊富な機能とサービスが提供されていたことに加え、充実した技術的な支援体制や、Microsoft のパイプを生かした営業面でのさまざまなサポートも受けることができました」と、新たな市場を立ち上げるためのビジネスパートナーとしての選択であったことを明かします。

アドインテでは、2019 年頃から別のクラウドプラットフォーム上で動作していたシステム群を Azure へと全面移行しています。現在は、仮想マシンからオブジェクトストレージ、各種 PaaS などまでさまざまなサービスを活用していますが、そのなかで、ID-POS や AIBeacon を中心としたオフラインデータの収集・分析のための DMP として採用している DWH 基盤が「Azure Databricks(以下、Databricks)」と「Azure Synapse Analytics(以下、Synapse Analytics)」です。アドインテ 開発マネージャーの藤崎 史郎 氏はこう話します。

株式会社アドインテ
開発マネージャー
藤崎 史郎 氏

「小売企業各社から収集されるさまざまなデータをデータレイクに格納し、データに対して ETL 処理を行なって、Databricks や Synapse Analytics で解析処理を行なっています。DWH での解析処理は、以前は別のクラウドサービスのビッグデータ分析フレームワークをシングルインスタンスで利用していたのですが、データ量が増大していくなかで、処理に時間がかかるようになっていました。そこで、Azure への移行にともなって DWH 基盤を刷新し、大量のデータを素早く、効率良く処理できるように設計し直したのです」(藤崎 氏)。

以前の環境では、単一サーバで単一の解析を処理させるという方法のため、データ量が増加すると 1 つの解析が終わるまで 4~5 時間かかることも増えてきていたといいます。インスタンスのサイズを大きくするだけでは限界があり、クラスター構成にする場合でも、基盤の運用管理が別途必要になることも課題でした。

また、以前の環境では、Web ブラウザから DWH での解析を実行できる環境を作っていましたが、実行するプログラムや実行結果を自前で管理する方法を採用していたため、運用管理が属人化しやすいという課題もあったといいます。アドインテの森下 友加里 氏はこう話します。

DMP を構成する DHW 基盤に Databricks を採用

アドインテがリテールメディアの取り組みで取り扱うデータは、AIBeaconなどアドインテが提供する OMO ソリューションから収集されるデータと、匿名化された 決済ソリューションを通じて収益を得る方法 ID-POS データ、3rd Party データなどで構成されています。

これに対し、Databricks と Synapse Analytics は、基盤の構築やデプロイ、管理が不要な PaaS として提供されているサービスとなります。クラスター構成も自動で管理され、データ量などの増加にともなって計算リソースやストレージを自動でスケールさせることができます。また、Web ブラウザ上でプログラムや実行結果の管理を完結させることができます。藤崎 氏はDWH 基盤のシステム構成について次のように説明します。

「まず、Azure Functions を利用して小売企業各社から ID-POS データや AIBeaconのデータを収集します。収集したデータは Databricks で ETL 処理を行なったうえで、Azure Blob Storage を用いたデータレイクに蓄積されます。データレイクのデータから、ビジネスニーズに合わせて、Databricks や Synapse Analytics を利用して解析を行なっていくという流れです。現在は、集計系の分析を Synapse Analyticsで、より高度な分析ニーズに対しては Databricks を利用するという使い分けです。解析結果は、データとしてデータレイクにアウトプットして蓄積するほか、Web UI 上から利用したり、Power BI から利用したりできるようになっています。このように、Azure を利用することで、収集から利用までを 1 つのクラウドプラットフォームで一貫して実施できるようになりました」(藤崎 氏)。

Azure Databricks 決済ソリューションを通じて収益を得る方法 の画面

リテールメディアを通じて小売企業の DX の取り組みを支えていく

藤崎 氏は、Databricks を利用したことで、以前の環境で課題となっていたデータ量の増大への対応と処理効率という 決済ソリューションを通じて収益を得る方法 2 つの課題をうまく解決できるようになったと話します。

「シングルインスタンスからクラスター構成に変わったことで、分散処理を効率的に行なうことができるようになり、解析に 4〜5 時間もかかるといった状況は発生しなくなりました。以前はインスタンスを並行稼働させていたときに、メモリが枯渇したり、途中で止まって再解析が必要になったりすることが発生していました。移行後は、きわめて安定して、高速に動作しています。クラスターも自動的にスケールし、DWH 基盤の構築やチューニング、運用なども不要になったため、データの処理効率は飛躍的に高まりました」(藤崎 氏)。

「Databricks は最初から Web UI が提供されているので、Web UI を別に構築する必要がありません。また、プログラムや実行結果は Web UI 上に保存されているので、ダウンロードしてローカルで管理する必要もありません。このことは、社内での情報の共有やスキルの伝達でも役に立っています。新たに入社した社員は、Databricks の UI にアクセスするだけで、それまでの資産をすぐに利用できるようになりました。『詳しくはソースを見て』と伝えられるのは大きなメリットです」(森下 氏)。

さらに、ビジネススピードの向上にも貢献しているといいます。プログラムの修正や追加は、顧客ごとに月に 決済ソリューションを通じて収益を得る方法 5〜10 本程度発生していますが、Web UI 上で素早くプログラムを修正し、素早く解析結果を得られるため、ビジネス部門や顧客への回答をこれまでより速く返せるようになりました。

小売企業やメーカーを中心にリテールメディアへの関心は、Cookie レス時代に向けてますます高まっています。ただ稲森 氏は「日本のリテールメディアはまだ始まったばかり」と強調します。

「現在は ID-POS と連携した広告配信に力を入れていますが、実現 したいと思っていることのまだ 10%にも満たない状況です。リテールメディアとしての ID-POS 連動型広告は初期構築すべきメニューにしか過ぎず、オンラインとオフラインのタッチポイントを更に高度化していかないといけません。 外部メディアの活用だけではなく、アプリや EC 決済ソリューションを通じて収益を得る方法 サイトなどのオウンドメディア活用や、クリックやインプレッションに応じた課金方法、アンケート広告やレコメンド機能を使った広告メニュー開発など、取り組まなければならないことはたくさんあります 。 外部データとの連携や分析基盤の高度化、クリエイティブ制作など、各種自動化も必ず必要になってきます。Walmart では広告配信の約 50%は AI で運用されているそうですし、2021 年から Kroger ではテレビ CM と連携した効果測定も開始しました。こうした取り組みを少しでも速く実現し、ブランドメーカー様のマーケティング活動をフルファネルで提案できるメディア構築を目指していきたいと思います。最後に、これは当たり前のことになりますが、重要にしていることは、やはりカスタマーエクスペリエンス(CX)の向上なので、流通小売業様やブランドメーカー様と広告販促 DX 領域以外も取り組んでいきたいと思います」(稲森 氏)。

リテールメディアによる収益源の最大化は、小売業のデジタルトランスフォーメーションを推進する取り組みにほかなりません。アドインテの新市場の立ち上げと DX 支援の取り組みをマイクロソフトが支えていきます。

低金利な不動産担保融資・借入・借り換えのご相談はNippoへ

ニュース

ブロックチェーン技術を活用した RT金融システムが目指す決済取引の未来像とは?

世界資源研究所(WRO:World Resource Organization)のメンバーを務めるLouis LI氏らがグローバル・ソーシングの概念を運用し、Oceanpec.Pteの出資を受け、WRO財団により2019年5月に創立するRTプロジェクトが今後目指す未来の決済取引のイメージとは?
RT金融システムにおける決済-精算モジュールは、ブロックチェーン技術を活用し、分散型というメカニズムにおいてユーザがより低コスト且つより速いスピードで越境振替を済ませるようにしている決済サービスが新たに起動開始する予定です。
ブロックチェーン技術を通じてピアツープアの決済方法を構築し、これまでに仲介者として機能している第三者の金融機構を遮蔽することにより、フルタイム決済、瞬間入金を実現するだけでなく、越境ECに伴う資金リスクの低減に寄与し、越境ECに求められる決済-精算サービスの速さというニーズを満たすことができる。
決済-精算モジュールが動作を完了すると、RT金融システムにおける信用調査モジュール及び信用状モジュールという2つの主要モジュールは同時に動作を開始する。
まず、信用調査モジュールはブロックチェーン技術を利用して各関連機構のブラックリスト業務システムにアクセスし、RTブラックリスト証拠保全プラットフォームを構築することにより、それぞれの機構に分散されているブラックリストデータをひとまとめにしてデータ共有を実現し、順調に働く好循環を形成し、システムの自己管理を実現する。 決済ソリューションを通じて収益を得る方法
データはトレース可能であり、ブラックリストデータはすべての機構に共有される。データがリアルタイムに同期され、ブラックリストデータが速やかに更新され、データの可用性に優れる。汎用性が高く、RTブラックリスト証拠保全プラットフォームは一般的なアプリケーションプログラミングインタフェース(API)サービスを提供することにより、各種の銀行及び信用調査機構のアプリケーションシステムにアクセスすることができる。
次に、信用状モジュールのコアは、複数の買い手と売り手をリンクさせるように機能することにより、正真正銘のフル・ケーブル・アドバイス方式(Full Cable Advice)とリアルタイム配信を同時に実現にする。チェーンにおける主体は、相互の信用貸付により残高管理メカニズム及びネッティングメカニズムを確立し、信用状チェーンにおけるリアルタイムな導入、読み取り及び関連検証を実現することにより、手形や信用状の途上時間を短縮し、資金の回転スピードを加速する。
また、信用状モジュールの変化は、他の関連業界または企業及び第三者によりリアルタイムに取得されることが可能であり、これにより各方における情報の透明性および関係者の利益を確保する。ブロックチェーン技術の導入により、チェーンにおける信用状情報の安全且つ高速でトレース可能な受け渡しを実現する。
RT金融が打ち出したフルタイム決済、瞬間入金は、まさしく人のやらないことをやったそのものであり、これに伴い画期的なグローバル決済取引が生み出され、世界中のユーザや越境EC業者が決済-精算サービスに求める速さというニーズを満たす。
世界中に取引活動を行うことで、リスクを分散させることが可能であり、とりわけ特定の地域で起きた政治的・経済的な突然事件の影響を効果的に緩和することができる。また、地域によって商品の価格、需給関係が常に変化する中、RTはその主要市場の参入者という立場による資源・技術上の優位性を利用して、メリットを得ることも可能である。
RT資源においては、電子証拠、サプライチェーン管理と資源交換用金券のデジタル化という3つの主要モジュールが最も重要な構成要素である。RTプロジェクトの研究開発統括者はこの3つの主要モジュールについて紹介した。
「電子証拠モジュールは、ブロックチェーン技術を利用して電子証拠を記憶することで従来の証拠保全にまつわる安全面の問題を効果的に解決できる。電子証拠が生成されると同時にタイムスタンプが付与され、電子証拠の記憶・固定に際し、ハッシュ値を照合することでデータが完全であるかどうかを確認し、またデータを伝送する過程で公開鍵暗号化技術を用いて、電子証拠に対し暗号化を行って伝送の安全性を確保し、証拠の真実性と安全性も十分に確保する。」
また、サプライチェーン管理について、「ブロックチェーン技術はサプライチェーン管理に対応するよう大規模な共同作業ツールとして機能し、業界におけるサプライヤー、メーカー、ディーラーとユーザをつなげ、保険、領収書、託送、運輸及び船荷証券を含む多くのタイプのデータをブロックチェーンにより伝送することで、物流、情報流、資金流の効果的な管理を図る」と説明した。
さらに、「RTプロジェクトの特長は、商品の真実性を保持できることである。メーカーが製品を生産する段階から、スマートコントラクトは製品ごとにその真実性を示す証明データを作成し、こうした証明データは透明で改ざん不可であり、且つ生産から販売にかけての履歴記録において、いずれも直接調べることができるため、買い手は安心して購入できる」と続いた。
最後に、資源交換用金券のデジタル化モジュールについても紹介し、「RTプロジェクトでは、販売予定のエネルギー、または農産物やその他の資源に関する貿易の需要を、ブロックチェーン技術で取引プラットフォームを作ることにより、世界中にいる潜在的な投資者に公開する。ブロックチェーン技術の誰でも審査・検証可能、改ざん不可、公開透明などの特性は、潜在的な貿易活動のための信用保証を提供し、貿易方と投資者双方が互いに信頼できるよう条件を作り出し、詐欺のリスクを軽減する」と、RTプロジェクトに関するいくつかの業務詳細も説明した。
また、ブロックチェーンにおけるピアツーピア取引により、越境貿易と投資に必要な取引および経営・販売のコストを削減し、利便性を向上させる。 RT資源について詳しく説明した上で、研究開発統括者は取材に応じ、研究開発活動を行う本来の目的として、RT資源は取引者ひとりひとりの安全を確保するために生み出されるものであり、資源と供給源の安全性こそが取引を成功に導くカギであると語った。

■RTサービス、人々の悩みを解消するために-想像を超える先端技術の特許サービスを RTプロジェクトにおける先端技術サービスモジュールは、ブロックチェーンに関連する特許を含む使用許可を与える予定の特許を、ブロックチェーン技術により特許許可プラットフォームとして構築し、特許使用者は特許使用料を支払う方式で対象特許の使用権を取得する。特許使用許可を与えるプロセスは、安全で、且つ透明でトレース可能である。
ブロックチェーン技術のアプリケーションにおいて、拡張性という特性はブロックチェーン技術を常に進化させる重要な要素であり、先端技術サービスおよび知的財産権分野における主要アプリケーションを実現するための条件でもある。安全性という特性は金融サービスの検証、財務情報の移転及び資産関連のコア機能と非常に適合し、金融を主とするビジネスシーンは、ブロックチェーンというソリューションと自然に適合する。また、分散型のコンソーシアムチェーンは資源貿易業界における企業レベルのブロックチェーンアプリケーションの主流になると予想される。
これに伴い、ブロックチェーン技術のアプリケーションにおける限界を最大限に解消し、ブロックチェーン技術独自の機能を最大限に発揮させている。アプリケーションが着実に展開されるのに伴い、RTプロジェクトが係わる各業界の発展、最適化及びグレードアップも促される。
RTプロジェクトの公式情報によると、当該プロジェクトが係わるメンバーは、RTユーザに対し、通信ネットワークの構築、サイバーセキュリティサービス、ビッグデータ分析、クラウドコンピューティングなどを含むが、今後それ以外の先端技術サービスの提供が期待される。

モバイル・デジタル領域の市場分析を手がける英国の調査会社Juniper Research(以下、ジュニパーリサーチ)は、小売市場におけるブロックチェーン技術の適用に関する調査結果を発表しました。同社は小売業ではブロックチェーンによるアセット・トラッキング(資産追跡)が有効であるとし、その年間収益額は2023年までに業界全体で45億米ドルに達すると予測しています。
また、アメリカ国内でブロックチェーンを使用する小売事業者の数は2018年から2023年の間に75倍以上に増加し、2023年末までに1万5000社に上るとしている。
世界ではすでにいくつかの小売事業者がブロックチェーンによるアセット・トラッキングを活用し始めているそうです。中国の阿里巴巴集団(アリババ)や京東商城(JD.com)は、独自のブロックチェーン基盤を立ち上げているようです。一方、世界最大手のスーパーマーケットであるウォルマートをはじめ、ブロックチェーンベンダーとの提携を選択する企業も増加しているそうです。
ブロックチェーンはAIエンジニア同様、扱える人材のニーズも高まっています。仮想通貨・ブロックチェーン業界に特化した求人メディア「withB」もオープンしており、技術面の発展だけでなく、求人ニーズについても注目したいですね。

Vungle 、ironSouce 社とアプリ収益化に関するウェビナーを開催

アプリの収益化には様々な方法がありますが、広告から収益を得るアプリ内広告は有効な手段の1つとして、ジャンルを問わず積極的な導入が進んでいます。
従来は、ウォーターフォールによる配信が主流であったものの、現在はアプリ内入札(アプリ内ビディング)により、これまでの課題を解決し、煩雑な最適化運用のリソースを節約しつつ、収益性を向上させることができるようになりました。
今回のウェビナーでは、ironSourceとLiftoff + Vungle が両社のアプリ内入札の基本的な仕組み、ベストプラクティス、関連製品の最新情報を解説します。

■名称 :アプリ収益化最前線~アプリ内入札を解説~
■日時 :2022年2月24日(木)15:00~16:15
■会場 :ウェビナー(Zoom)
■対象 :アプリパブリッシャーの方々
■お申込ページ:リンク
■参加費 :無料
■主催 :Vungle 株式会社、ironSource Japan合同会社
■ご登壇 :
株式会社コロプラ 事業横断部 事業管理グループ 角田 達 氏
ironSource Japan合同会社 ゼネラルマネージャー 峯 秀一郎 氏
株式会社Vungle 決済ソリューションを通じて収益を得る方法 決済ソリューションを通じて収益を得る方法 Account Executive 杉山 真理 氏

Vungleはアプリの成長とユーザーエンゲージメントにおいて信頼のパートナーとして、ユーザーの体験を変革します。Vungleと提携するモバイルアプリケーションのディベロッパーは、インサイトと創造性のある革新的なアプリ内広告体験を通じてアプリを収益化でき、広告主は世界中から価値の高いユーザーを獲得し維持することができます。
Vungleのデータで最適化された広告は、10億台以上のアクティブなデバイス、独立系ディベロッパーからRovio、Pandora、Microsoftなどの大手ブランドを含むパブリッシャーや広告主により高いエンゲージメント、より高いリターンに貢献しています。
サンフランシスコに本社を置き、ロンドン、ベルリン、北京、東京、ソウル、シンガポール、ロサンゼルス、ニューヨーク、ヘルシンキのグローバル拠点からお客様をご支援しています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

ブロックチェーン技術の発展を牽引する4社

ビットコインの採掘に必要なハードウェアは、ネットワークの拡大に伴い、飛躍的に進化しています。初期のマイナーは中央処理装置(CPU)を利用し、次にグラフィック処理装置(GPU)、フィールドプログラマブルゲートアレイ(FPGA)、そして現在は特定用途向け集積回路(ASIC)を利用していますが、これが今日ビットコインを採掘して利益を得るための最新の実行可能なハードウェアソリューションとなっています。 2 決済ソリューションを通じて収益を得る方法 カナンは、2013年にASIC技術を利用したビットコインマイナーを開発した最初の企業として、この移行期の最新段階をリードしてきました。 3

カナンの主な事業は、ビットコイン採掘用ASICの販売(AvalonMinerブランド)ですが、その他にもビットコイン採掘機用部品の販売、テクニカルアフターサービス、採掘機のリース事業も展開しています。最近では、カザフスタンでAvalonMinersを利用した共同採掘事業にも参加しています。 4 カナンのビットコインマイニング用ASICの開発で培ったスーパーコンピューティングの技術力を活かし、AIアプリケーション向けに設計されたASIC市場にも参入していますが、現在の事業規模はごく小規模にとどまっています。

但し、現在のビットコインマイナーに対する全体的需要は、こうした課題による逆風を上回っている可能性があります。現在、ビットコインはさまざまなASICマシンで採掘すると非常に収益性が高く、半導体市場の供給制約を背景に、限界費用が限界収益に近づくには複数年かかる可能性があります。これにより、現在ビットメインやマイクロBT社が製造している最新鋭の半導体を超えるASICの需要が生まれています。例えば、2021年12月9日時点のビットコイン価格とネットワークハッシュレートを使用し、産業用エネルギーコストを1キロワット時あたり0.03ドル(ホスティングサービスプロバイダーのBitfury 6 によるエネルギーコストと同じ)と仮定すると、カナンのAvalonMiner 1246は依然として1日に約25ドルの利益を生み出しています。 決済ソリューションを通じて収益を得る方法 7 比較対象として、ビットメインやマイクロBTの最高級マイナーは、同じ条件で1日あたり31ドル近い利益を得ることができますが、購入価格もそれに応じて高くなります。AvalonMinersに対する継続的な需要は、ハイブ・ブロックチェーン・テクノロジーズ、ジェネシスデジタルアセット、モーソンなどの大規模マイニング事業者からの最近の購入注文によって証明されています。 8,9,10

ライオット・ブロックチェーン:ビットコインに特化した米国の暗号資産採掘事業

2021年12月時点のライオットのハッシュレートは約3,000,000TH/sで、ビットコインネットワーク全体のハッシュレート173,000,000TH/sの約1.7%に相当します。 決済ソリューションを通じて収益を得る方法 11, 12 さらにライオットは、2022年第4四半期まで毎月オンラインによるBitmain Antminerの大規模な購入契約を反映して、2022年末までにハッシュレートを327%増の12,800,000 TH/sまで成長させると予想しています。 13 近年、ライオットは、採掘したビットコインを投資としてバランスシート上に保有する柔軟性をてこに、オペレーション向けの資金調達元として資本市場を活用しています。2021年12月現在、ライオットは貸借対照表に約4,889枚のビットコインを保有しています。 14

ライオットは、ビットコインの採掘装置とその装置を配置するホスティング設備の両方を取得し、事業を垂直統合するアプローチをとっています。ライオットは2021年に、北米最大のビットコインマイニングとホスティング施設であるウィンストンUSの超大型買収を完了しました。 16 ウィンストンはテキサス州ロックデールに拠点を置き、100エーカーの敷地に300メガワット(MW)の発電容量備え、さらに400MWのインフラ拡張が現在進行中です。 17 敷地は長期リース契約となっており、電力は州との間で締結されている長期電力供給契約により供給されています。 18

コインベース:デジタル資産取引所および暗号資産インフラのリーディングプロバイダー

サブスクリプションおよびサービス分野のうち、寄与トップはブロックチェーン報酬となっています。この項目は、コインベースが2021年1月にブロックチェーンインフラストラクチャのPlatform as a Service(PaaS)企業であるバイソントレイルズを買収したことによって強化されました。 23 決済ソリューションを通じて収益を得る方法 バイソントレイルズは、バリデータノードを運用する技術的なノウハウを必要とせず、誰でもPoSブロックチェーンネットワークに参加することを可能にしました。同社は、個人、カストディアン、暗号取引所、ファンドが、パフォーマンスフィーを得ることができる特定の暗号資産からステーキングによるイールドを得ることができるサービスを提供しています。

サービス収益のもうひとつの牽引力は、暗号資産発行者がコインベースを媒体として、コインベースの大規模なリテールユーザーベースに暗号資産やトークンに関する教育コンテンツを普及させる「コインベース・アーン(Coinbase Earn)」プログラムです。これらの暗号資産発行者は、彼らのネットワークに関する教育コンテンツの利用のためにエンドユーザーにわずかな量の暗号資産を提供し、コインベースはアクセスを提供するために少額の配信手数料を課します。 25 また、コインベースは、リテールおよび機関投資家向けに暗号資産担保ローンを提供することで金利収入を得ています。 26

オーバーストック:暗号資産をサポートし、そのイノベーションに投資するeコマースビジネス

オーバーストックは主に、家具、インテリア、家庭用品などさまざまな商品を提供するeコマース事業者として知られています。一方で同社は、2014年以降、ブロックチェーン技術や暗号資産へのエクスポージャーを高めるために、多面的なアプローチを展開しています。まず、同社はコインベースと提携し、eコマースの顧客がビットコインで支払えるようにしたうえで、オーバーストックがこのビットコインで得た利益の一部をバランスシートで保有する柔軟性を財務面で完備しました。 27,28 次に、同社は、メディチ事業と総称される子会社群を通じて、ブロックチェーン技術の開発・発展に向けたより全体的な取り組みを開始しました。 29

tZEROは、セキュリティトークンを継続的に取引するための規制された代替取引システム(ATS)を運営しています。非公開企業は、tZEROを利用して資本構造の一部をデジタル化することができ、IPOなどの流動性イベントを必要とせず、従来の証券取引チャネルを通じて非公開証券の継続的な取引が可能になります。プライベートセキュリティトークンとしては、tZEROでの取引のために上場しているAspen Digital Token(ASPD)が代表的な例です。ASPDは、コロラド州アスペンにある179室の5つ星ホテル、セントレジス・アスペン・リゾートのフラクショナル・オーナーシップを表すTezosベースのセキュリティトークンです。 30 オーバーストックとtZERO自体も、tZERO上でセキュリティトークンを取引しています。 31, 32 セキュリティトークン以外にも、tZEROは暗号資産を取引するためのアプリも提供しており、ビットコインやその他の代替暗号資産にアクセスすることができます。

モバイルゲーム専用のXSOLLA WEB SHOP(エクソラ ウェブショップ)で40%の収益アップ

ビデオゲームコマース企業Xsolla(エクソラ)はEpic対Appleの訴訟に対応したモバイルおよびPC開発者の収益増加、そしてあらゆる地域のゲーマーへリーチできるようを支援

世界をリードするビデオゲームコマース企業の Xsolla (エクソラ)は、デベロッパーが利益を得るのに役立つための情報として、アプリストアや支払い方法に関する最近のニュースからトップクラスのソリューションをユニークな立場で提供しています。


「Xsollaは、収益の増加やスマートフォン及びPCゲームプレイヤーと緊密な関係を構築するために世界最大手のゲーム会社数社が活用しているこれらの製品を、今年初めに発売した時から、この大きな変化を予測していました。これらの製品に新たな知識を組み合わせ、エレガントな新ソリューションである Xsolla Web Shop が実現することができました」 Xsolla社長、Chris 決済ソリューションを通じて収益を得る方法 Hewishのコメント

Xsolla Web Shopを通じて、デベロッパーは最大40%の収益アップを期待でき、以前はリーチできなかった新しい地域の新しいゲームプレイヤーたちにリーチする事が可能です。Xsolla Web Shopが提供するこのソリューションは、見つけやすさ、利益率の低下、ユーザーエクスペリエンスの低下、ローカライズされた支払い方法へのアクセス、クロスゲームマーケティング、より効率的なユーザー獲得、クリエイターやインフルエンサーとの効果的なコラボレーションなどデベロッパーが直面する多くの課題を解決します。

  1. .Epic対Apple訴訟の判決 により、App Storeのデベロッパーはユーザーを他の支払いシステムに誘導することで、Appleによるアプリ内の支払いの30%カットを効果的に避けることが可能になりました。
  2. .Apple は、App Storeの外部で代替の支払い方法の使用を許可する意思があることを発表しました。
  3. 韓国では、AppleとGoogleのプラットフォームを代替の支払いシステムのために開放することを要求する世界初の法律が可決されました。

「Appleの決定がもたらす、潜在的な影響のレベルを判定するにはまだ時期尚早だが、これは消費者の選択肢を拡大するための前向きな段階的な第一歩であり、それを切実に必要とするデベロッパーにとっては、現金化とビジネスモデルの柔軟性の向上を意味します。これは業界にとって総合的にプラスであると信じているが、Appleとデベロッパーの両方の側での実行と実装が鍵となります。」IDG Consulting の社長兼CEO、大崎義男氏のコメント

信頼のおけるゲームコマースの専門知識
Xsollaは16年以上にわたって、堅固で強力なツールとサービスのセットにより、ビデオゲームのデベロッパーとパブリッシャーをマーケティング、販売、接続、最適化においてグローバルに支援し、ゲーム業界のトレンドの動向を注意深く研究し、パートナーを継続的な成功に導いてきました。
2020年には、デジタルウォレットとモバイルウォレットが世界のeコマース決済の約45%を占め、デジタルウォレットは世界で最も人気のある決済方法になりました。この数字は、2025年には60%を超えると推定されています。マレーシアやインドなど、クレジットカードが主な支払い方法ではない国では、消費者がモバイルウォレットで支払う可能性が高くなります。Xsolla Web Shopソリューションをプラグインすることにより、デベロッパーは東南アジアで最も主流な方法を含む700を超える支払い方法に即座にアクセスすることが出来ます。

「Xsolla Web Shopを通じて、ゲームデベロッパーのゲームの複数あるプラットフォームの展開を検討、また実際の展開をサポートすることで、ビジネスを新しい市場に拡大し、オーディエンスを増やすことができるように支援しています。これはさらに大きなチャンスであり、このソリューションを統合したパートナーはすでに驚くべき成果を上げていいます。」Xsollaのゲームコマース責任者、Anton Zeleninのコメント

Xsolla Web Shopからゲームパブリッシャーが受けられる支援
Xsollaツールとサービスを独自に組み合わせることで、ユーザーは好みの現地通貨と支払い方法を使用して仮想通貨と仮想アイテムをアカウントに追加でき、また多言語表示のサポートを提供することができます。さらに、このソリューションは、デベロッパーに、アプリストアやその他のプラットフォームを超えてモバイルゲームやPCゲームの寿命を延ばすためのツールを提供します。
しかし、Xsolla Web Shopは、あなたが管理するブランドの場所を介してIAPを販売するだけではありません。このソリューションには、世界中のデベロッパーとパブリッシャーにとって貴重なメリットとなる次の点が含まれています。

プラットフォーム料金の節約: Xsollaの請求額はたったの5%およびチャネル処理料金のみなので、より高い利益を生み出し、決済ごとに最大20%も節約できます。

今まで届かなかった地域へとリーチ、より多くの収益を獲得:250ヶ国以上のプレイヤーにリーチできるだけでなく、Xsollaの提供する700以上の支払タイプにアクセスすることで、プレイヤーは希望する現地の支払い方法で支払いを行うことができます。また、全体として、プレイヤーは使い慣れた支払い方法による支払いにより多くのお金を費やす傾向があります。

高い定着率:クレジットカードによる支払い方法が主流でない東南アジアやラテンアメリカなどの特定の国や地域で、地元のプレイヤーの定着率を高めます。

オンラインチャージ:プレイヤーが通貨やアイテムなどの仮想商品の購入できるチャージ機能が追加されます。また、プラットフォーム間でサブスクリプションをアップグレード、ダウングレード、および管理することもできます。

ファストトラッインテグレーションを支援:APIコールを利用して、アイテムカタログをXsollaにインポートし、すぐに販売を開始可能です。

ゲームの完全なカタログをサポート:1回のオンライン操作で複数のゲームの成長機会を開き、モバイルゲームをWebに移植した後、オンラインでゲームを購入できるようにします。

リスクの軽減Xsollaは、デベロッパーとパブリッシャーのMerchant of record(MoR)として地方税、VAT、その他の料金、およびCOPPA、GDPR、その他の規制への準拠を処理します。

不正対策:ゲーム業界向けに設計されたトップクラスの不正防止システムを使用して安全にビジネスを遂行します。これにより、不正行為の99%を効果的にブロックできます。

プレイヤーの傾向を把握:データの所有、そしてプレイヤーの好みを洞察することで、新規プレイヤーの獲得を目的としたより効果的なマーケティングキャンペーンを実施可能です。また、既存のプレイヤーに対してプレイヤーたちが望むものをゲーム内で提供することができます。

組み込み済みのインフルエンサーマーケティング:パフォーマンスに基づいたインフルエンサーキャンペーンを作成して、クリエイタータグとコンテンツのドロップを介して、プレイヤーに収益分配とクーポン/キャッシュバックの機会を提供し、Webショップを新規ユーザーに宣伝します。

より効果的なユーザー獲得:グローバル市場での見つけやすさを向上させるeコマースキャンペーンで、ユーザー獲得プロセスを管理します。

カスタムブランドのエクスペリエンス:アプリストアが提供するものだけに管理を限定されずに、あなたのゲームとそのプレイヤーのためにカスタマイズされたブランドエクスペリエンスを作成します。

物理的商品:ブランド商品を販売してファンに販売するためのeコマースエクスペリエンスを作成します。

ギフトの購入とプロモーション:友人や家族へのギフト購入、カスタムバンドル、販売、ボーナスとキャッシュバッククーポン、アップグレードなどのマーケティングチャネルを介して、平均ユーザー収益を増やします。

モバイルゲームの未来は非常にエキサイティングです。プレイヤーのニーズや要望に応えるカスタムのマルチプラットフォームエクスペリエンスを通じて、新しい収益を獲得し、オーディエンスを拡大する多くの機会があります。
XsollaはApp Storeに提案された変更、そして変わりつつあるアプリ内の購入環境は、既存および将来のパートナーのモバイルゲームビジネスの成長を促す要素になると考えています。

Xsolla Web Shopの詳細と、モバイルゲームコマースを拡大する方法については、次のWebサイトをご覧ください。 xsolla.pro/web-shop

Xsollaについて
Xsollaは、ゲーム業界向けに特別に設計された堅固で強力なツールとサービスのセットを備えた、世界をリードするビデオゲームコマース企業です。Xsollaは、2005年の設立以来、あらゆる規模の何千ものゲームデベロッパーやパブリッシャーが、グローバルに、また複数のプラットフォームにわたってゲームを宣伝し、収益化するのを支援してきました。Xsollaは、モバイルゲームコマースの革新的なリーダーとして、グローバルな流通、マーケティング、および現金化に伴う問題を解決し、パートナーがオーディエンス、エンゲージメント、および収益を拡大できるようにしていきます。Xsollaは現在、世界中にオフィスを構え、Valve、Twitch、Roblox、Ubisoft、Epic Games、Take-Two、KRAFTON、Nexters、NetEase、Playstudios、Playrix、miHoYoなどの主要なゲーム会社と連携しています。
詳細については、 xsolla.com をご覧ください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる