成功させるコツは

オプション戦略のご紹介

オプション戦略のご紹介

GAFA・マイクロソフト(GAFAM)のイノベーション戦略の比較と、ヘルスケア・メタバース分野における今後の展開

GAFAMの売上高の内訳(各社の2021年度のAnnual Reportのデータをもとに作成)

技術の進歩により、これらのデバイスは単なるウェアラブルデバイスではなく「医療機器」に近づいており、例えばApple Watchの心電計(Electrocardiograph)機能は2018年に心房細動(artial fibrilllation ; AFib)の検知を対象に 米国の食品医薬品局(Food and Drug Administration;FDA)の認証 を受けています。また、2022年6月に光電式センサーによる心房細動の履歴機能で 別のFDA認証 を受けています。

他方、アマゾンは、 同社の戦略に関する記事 でも取り上げたように、アマゾン・ケアと呼ばれる遠隔医療サービスを2019年に立ち上げ、グーグルやアップルとは異なる切り口でヘルスケア事業を拡大しています。同社はAmazon Pharmacyと呼ばれる薬の販売プラットフォームも持っており、自社の強みを活かして消費者の生活に密着した医療サービスを開発しています。

メタバース事業を急速に拡大させるFacebookと、堅実に足場を固めるマイクロソフト

Facebookは社名をMeta Platformsに変更したことからも分かるように、メタバース事業を未来の主軸と考え、VRやARのプラットフォームを急速に開発しています。2021年には100億ドル近くを投資し、メタバース上で人々が交流できるサービスを次々にリリースしています。例えば「Horizon Worlds」はゲームを中心とした交流プラットフォームで、 Ther Vergeの記事 によると、2022年2月時点で、月間ユーザー数は既に30万人を越えているようです。

また、メタバース分野で活躍するクリエイター向けの基金であるHorizon World Creator Fundにも1000万ドルを投資しており、メタバース市場を盛り上げるクリエイターの育成にも積極的に取り組んでいます。

また、マイクロソフトはゲーム会社のActivision Blizzardの買収を 2022年1月のニュースリリース で発表しています。Activisionはゲーム市場で巨大なシェアを持っているだけでなく、メタバース関連の特許も幅広く取得しており、同社の買収により、マイクロソフトの技術と特許のプラットフォームが大幅に強化されるので、重要な布石と考えられます。

GAFA・マイクロソフト(GAFAM)のイノベーション戦略の比較と、ヘルスケア・メタバース分野における今後の展開

GAFAMの売上高の内訳(各社の2021年度のAnnual Reportのデータをもとに作成)

技術の進歩により、これらのデバイスは単なるウェアラブルデバイスではなく「医療機器」に近づいており、例えばApple Watchの心電計(Electrocardiograph)機能は2018年に心房細動(artial fibrilllation ; AFib)の検知を対象に 米国の食品医薬品局(Food and Drug Administration;FDA)の認証 を受けています。また、2022年6月に光電式センサーによる心房細動の履歴機能で 別のFDA認証 を受けています。

他方、アマゾンは、 同社の戦略に関する記事 でも取り上げたように、アマゾン・ケアと呼ばれる遠隔医療サービスを2019年に立ち上げ、グーグルやアップルとは異なる切り口でヘルスケア事業を拡大しています。同社はAmazon Pharmacyと呼ばれる薬の販売プラットフォームも持っており、自社の強みを活かして消費者の生活に密着した医療サービスを開発しています。

メタバース事業を急速に拡大させるFacebookと、堅実に足場を固めるマイクロソフト

Facebookは社名をMeta Platformsに変更したことからも分かるように、メタバース事業を未来の主軸と考え、VRやARのプラットフォームを急速に開発しています。2021年には100億ドル近くを投資し、メタバース上で人々が交流できるサービスを次々にリリースしています。例えば「Horizon Worlds」はゲームを中心とした交流プラットフォームで、 Ther Vergeの記事 によると、2022年2月時点で、月間ユーザー数は既に30万人を越えているようです。

また、メタバース分野で活躍するクリエイター向けの基金であるHorizon World Creator Fundにも1000万ドルを投資しており、メタバース市場を盛り上げるクリエイターの育成にも積極的に取り組んでいます。

また、マイクロソフトはゲーム会社のActivision Blizzardの買収を 2022年1月のニュースリリース オプション戦略のご紹介 で発表しています。Activisionはゲーム市場で巨大なシェアを持っているだけでなく、メタバース関連の特許も幅広く取得しており、同社の買収により、マイクロソフトの技術と特許のプラットフォームが大幅に強化されるので、重要な布石と考えられます。

【終了】『ユニクロ対ZARA』の齊藤孝浩氏登壇|「物流2024年危機」を見据えたOMO戦略 ~物流コストを粗利益に換える発想転換~

ファッション専門店の在庫最適化コンサルタント。ディマンドワークス代表。
総合商社でアパレル生産、欧州ブランド日本法人で輸入卸、アパレル専門店で小売販売、商品管理からチェーンストア経営を経験。各社在職中に在庫過多に苦労した実体験をもとにアパレル・靴・服飾雑貨を販売するファッション専門店の在庫最適化のノウハウを体系化して2004年に独立。
多くの新興・成長中ファッションチェーンの在庫最適化と人財育成を支援する傍ら、国内外のファッション流通を取り巻く環境や企業のビジネス構造をわかりやすく解説する専門家としても活動中。IFIビジネススクール講師として複数の大学講座のファッションビジネス論にも登壇する。
著書に「ユニクロ対ZARA」、「アパレル・サバイバル」(共に日本経済新聞出版社)がある。1965年東京生まれ。

Speaker

慶應義塾大学理工学部で天然ガスの熱力学変化に関する予測モデルを研究。
ベビー服ECの経営者として、在庫問題が原因で3度の倒産危機に直面。それを乗り越える過程で外的要因や予測不能な変化に強い小売経営モデルを生み出し、『FULL KAITEN』を開発。
2017年11月、FULL KAITENをクラウド事業化し、SaaS型システムとして販売を開始。 2018年9月にはEC事業を売却し、FULL KAITENに経営資源を集中している。
「最小の在庫」で売上・粗利・キャッシュフローを最大化する在庫分析クラウドとして評価を確立。
現在、全国の大手アパレル企業やスポーツメーカーなどで導入が進んでいる。

GAFA・マイクロソフト(GAFAM)のイノベーション戦略の比較と、ヘルスケア・メタバース分野における今後の展開

GAFAMの売上高の内訳(各社の2021年度のAnnual Reportのデータをもとに作成)

技術の進歩により、これらのデバイスは単なるウェアラブルデバイスではなく「医療機器」に近づいており、例えばApple Watchの心電計(Electrocardiograph)機能は2018年に心房細動(artial fibrilllation ; AFib)の検知を対象に 米国の食品医薬品局(Food and Drug Administration;FDA)の認証 を受けています。また、2022年6月に光電式センサーによる心房細動の履歴機能で 別のFDA認証 を受けています。

他方、アマゾンは、 同社の戦略に関する記事 でも取り上げたように、アマゾン・ケアと呼ばれる遠隔医療サービスを2019年に立ち上げ、グーグルやアップルとは異なる切り口でヘルスケア事業を拡大しています。同社はAmazon Pharmacyと呼ばれる薬の販売プラットフォームも持っており、自社の強みを活かして消費者の生活に密着した医療サービスを開発しています。

メタバース事業を急速に拡大させるFacebookと、堅実に足場を固めるマイクロソフト

Facebookは社名をMeta Platformsに変更したことからも分かるように、メタバース事業を未来の主軸と考え、VRやARのプラットフォームを急速に開発しています。2021年には100億ドル近くを投資し、メタバース上で人々が交流できるサービスを次々にリリースしています。例えば「Horizon Worlds」はゲームを中心とした交流プラットフォームで、 Ther Vergeの記事 によると、2022年2月時点で、月間ユーザー数は既に30万人を越えているようです。

また、メタバース分野で活躍するクリエイター向けの基金であるHorizon World Creator Fundにも1000万ドルを投資しており、メタバース市場を盛り上げるクリエイターの育成にも積極的に取り組んでいます。

また、マイクロソフトはゲーム会社のActivision オプション戦略のご紹介 Blizzardの買収を 2022年1月のニュースリリース で発表しています。Activisionはゲーム市場で巨大なシェアを持っているだけでなく、メタバース関連の特許も幅広く取得しており、同社の買収により、マイクロソフトの技術と特許のプラットフォームが大幅に強化されるので、重要な布石と考えられます。

GAFA・マイクロソフト(GAFAM)のイノベーション戦略の比較と、ヘルスケア・メタバース分野における今後の展開

GAFAMの売上高の内訳(各社の2021年度のAnnual Reportのデータをもとに作成)

技術の進歩により、これらのデバイスは単なるウェアラブルデバイスではなく「医療機器」に近づいており、例えばApple Watchの心電計(Electrocardiograph)機能は2018年に心房細動(artial fibrilllation ; AFib)の検知を対象に 米国の食品医薬品局(Food and Drug Administration;FDA)の認証 を受けています。また、2022年6月に光電式センサーによる心房細動の履歴機能で 別のFDA認証 を受けています。

他方、アマゾンは、 同社の戦略に関する記事 でも取り上げたように、アマゾン・ケアと呼ばれる遠隔医療サービスを2019年に立ち上げ、グーグルやアップルとは異なる切り口でヘルスケア事業を拡大しています。同社はAmazon Pharmacyと呼ばれる薬の販売プラットフォームも持っており、自社の強みを活かして消費者の生活に密着した医療サービスを開発しています。

メタバース事業を急速に拡大させるFacebookと、堅実に足場を固めるマイクロソフト

Facebookは社名をMeta オプション戦略のご紹介 Platformsに変更したことからも分かるように、メタバース事業を未来の主軸と考え、VRやARのプラットフォームを急速に開発しています。2021年には100億ドル近くを投資し、メタバース上で人々が交流できるサービスを次々にリリースしています。例えば「Horizon Worlds」はゲームを中心とした交流プラットフォームで、 Ther Vergeの記事 によると、2022年2月時点で、月間ユーザー数は既に30万人を越えているようです。

また、メタバース分野で活躍するクリエイター向けの基金であるHorizon World Creator Fundにも1000万ドルを投資しており、メタバース市場を盛り上げるクリエイターの育成にも積極的に取り組んでいます。

また、マイクロソフトはゲーム会社のActivision Blizzardの買収を 2022年1月のニュースリリース で発表しています。Activisionはゲーム市場で巨大なシェアを持っているだけでなく、メタバース関連の特許も幅広く取得しており、同社の買収により、マイクロソフトの技術と特許のプラットフォームが大幅に強化されるので、重要な布石と考えられます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる