FX入門〜初心者におすすめ

暗号資産

暗号資産
代表 小嶋和也 YELL合同会社 暗号資産
ファイナンシャルプランナー
プロフィール
栃木県鹿沼市生まれ 33歳
消防士をしていた27歳の時、結婚をきっかけに資産運用の必要性に気づき独学で勉強を始める。
国内外で資産運用を学んだ後に32歳で独立、YELL合同会社を設立する。
現在は、日本全国にクライアントを持ち、米国株式スクールの運営や資産形成コミュニティーの運営をしている。
米国株式を使った資産形成サポートをはじめ、保険のプランニング、ポイントの有効活用など、主に公務員、サラリーマンの方の資産運用に強みを持つ。

暗号資産(仮想通貨)とは 税金・確定申告は必要?価格変動の仕組みと取引方法について解説

【QUICK Money World 辰巳 華世】 ビットコインの価格が2021年に乱高下して注目を集めました。ビットコインは暗号資産(仮想通貨)の代表的な通貨の一つです。 今回は注目を集める暗号資産(仮想通貨)について、暗号資産(仮想通貨)とは何かの基本的な説明から、暗号資産(仮想通貨)の価格が変動する仕組み、どのようにお金を増やせるのか、どのようなセキュリティ対策で守られているのか、投資するメリット・デメリット、取引方法、暗号資産(仮想通貨)の今後、暗号資産(仮想通貨)の主な銘柄と取引所、関連銘柄について紹介します。

暗号資産(仮想通貨)とは

暗号資産(仮想通貨)とは、実物の紙幣や硬貨などがなく、 デジタルデータとしてインターネット上で流通している資産 のことです。ビットコインのように決済に使われるものも少なくないため、仮想通貨と呼ばれることが多いです。

電子的なものではありますが、いわゆる 「電子マネー」とは異なるもの です。電子マネーは、基本的には電子的に記録された「円」や「ドル」といった法廷通貨を対価として支払うものであり、必ず発行主体が存在します。

円やドルなどの法定通貨は円なら日本、ドルならアメリカの中央銀行がそれぞれの通貨を発行・管理していますし、電子マネーでは企業等が発行主体となります。一方、暗号資産(仮想通貨)は 必ずしも特定の発行主体や管理者が存在しているわけではありません

では、国家が発行している通貨や企業が発行している電子マネーではないのに、ビットコインをはじめとした暗号資産(仮想通貨)は なぜ信頼され、取引されているのでしょうか

一方、ビットコインは、紙幣も存在しなければ、その価値を保証してくれる政府などもありません。ビットコイン をいくら、誰がもっているかというデータの記録には、 ブロックチェーン(分散型台帳) というテクノロジーが使われています。取引データを暗号化し、いくつかを束ねてブロック化したものをつなげることから、ブロックチェーンと呼ばれています。ブロックチェーンは改ざんが困難とされており、ある程度信頼を持った記録を、銀行のような管理者がいなくても実現できる仕組みなのです。 改ざんが困難な価値の記録である という認識から、ビットコインは支払いなどに利用されているのです。 暗号資産(仮想通貨)の多くは、このブロックチェーンを基盤としています。

ブロックチェーン、交換業者とは

ブロックチェーンについて、もう少し解説します。ある暗号資産の基盤となっているブロックチェーンは、その暗号資産の取引(誰から誰にいくら移転したか)、誰がどのくらいの量をもっているかなどの情報が記録されています。ブロックチェーンは分散型と呼ばれているように、インターネット上のネットワークで接続された不特定多数の利用者たちで分散して記録し、さらに共有しています。一つの場所ではなく、 不特定多数のあらゆる場所で同じデータを共有し、管理しているため 、仮にある場所の暗号資産(仮想通貨)の情報を改ざんしたとしても、他のデータと照合すればその不正が発覚してしまいます。

暗号資産(仮想通貨)は、「取引所」と呼ばれる「 暗号資産交換業者 」で口座を作り、円やドルなどの法定通貨と交換できます。株の取引の様に、価格が変動し売買することができます。再び円やドルなどの法定通貨に換金することもできます。交換業者は暗号資産(仮想通貨)を取引するためのツールやアプリ等を提供しています。暗号資産(仮想通貨)は膨大な種類があるため、国内の交換業者では一部の暗号資産(仮想通貨)だけを取り扱っています。

暗号資産(仮想通貨)の税金、確定申告

暗号資産(仮想通貨)の売買で発生した利益は、税金がかかります。会社員や個人事業主などは 年間20万円以上の利益が発生した場合 は、その利益に対して所得税がかかるため、確定申告が必要となります。

暗号資産(仮想通貨)の価格が変動する仕組み

暗号資産(仮想通貨)は需給で価格が動きます。ビットコインのように、発行上限数が限られているものもあります。暗号資産(仮想通貨)の 購入者が増えると価格は上がり、売却する人が増えると価格は下がります 。暗号資産(仮想通貨)は、株式のようにストップ高やストップ安がなく 価格変動の上限・下限がありません 暗号資産 。そのため価格変動は大きくなりやすくハイリスク・ハイリターンの取引と言えます。

暗号資産(仮想通貨)はたくさんの種類があります。ビットコインなどのように有名な通貨もありますが、まだあまり知られていない通貨もたくさんあります。あまり知られていない通貨は、 知名度があがることで価格が上昇することがあります 。例えば、大企業や著名な投資家、富裕層などが、ある暗号資産(仮想通貨)を大量に購入した、あるいは値上がりしそうだと語ったといったニュースが出れば、需要が高まり価格が変動する可能性があります。

暗号資産(仮想通貨)を取り扱う交換業者はたくさんあります。より有名な交換業者での取り扱いが決まった通貨も、以前より多くの人が取引できるようになるので、価格が動く可能性があります。また、暗号資産(仮想通貨)にはそれぞれ開発者がいます。彼らは日々その通貨の送金速度の改善やセキュリティ対策をしています。これらの アップデートが行われた時は価格が上がりやすい と言われています。

暗号資産(仮想通貨)でどのようにお金を増やせるの?

暗号資産(仮想通貨)でお金を増やす方法はいくつかあります。一つは、株のように暗号資産(仮想通貨)の 売買で利益を得る 方法です。値上がりした分の売却益を狙います。株式と同様、短期で売買取引を繰り返す方法や、長期保有し価格が上がったときに売却する方法などトレードの仕方は様々あります。

▼ビットコインの価格推移(出所:ビットフライヤー)

暗号資産(仮想通貨)では、レバレッジ取引も可能です。元手を担保に2倍もの取引をすることができます。 暗号資産(仮想通貨)で 積立投資 をすることもできます。投資信託の積立投資のように毎月一定金額の暗号資産(仮想通貨)を購入し積み立てます。

取引以外でも暗号資産(仮想通貨)を増やす方法があります。 マイニング(採掘) をすることで報酬として暗号資産(仮想通貨)を手にすることができます。取引データなどをブロックチェーンに記録することをマイニングと呼び、多数の人や企業の計算資源(=コンピューターの計算能力)が使われます。このマイニング作業が成功したときに報酬として暗号資産(仮想通貨)を受け取ることができます。ただし、マイニング用のコンピュータを用意する必要があります。

自分が保有する暗号資産(仮想通貨)を取引所に貸し出すことができます。これを レンディング と呼びます。暗号資産(仮想通貨)を交換業者に貸し出し、期間に応じた利率で報酬を得ることができます。ただ、暗号資産(仮想通貨)を貸している間は売買できないため注意が必要です。

暗号資産(仮想通貨)はどのようなセキュリティ対策で守られているのか

暗号資産(仮想通貨)の記録自体は ブロックチェーンを活用 することで、二重取引や不正取引が起こらないような仕組みになっています。

一方、暗号資産(仮想通貨)はインターネット上のデジタル通貨なので、 ハッキングによる盗難 などの心配があります。交換業者は、暗号資産(仮想通貨)を取引するときに必要となる「秘密鍵」と呼ばれるデータを、顧客(投資家)から預かっています。2018年の日本のコインチェック事件のように、暗号資産交換業者のシステムをハッキングし、顧客の秘密鍵を盗むことで、大規模な暗号資産の不正流出(盗難)が発生することがありました。暗号資産交換業者などの秘密鍵を預かる業者にとって、ハッキング対策は喫緊の課題となっており、様々なセキュリティ対策が行われていますが、断続的にハッキング事件は発生しています。

このため、暗号資産交換業者は、暗号資産(仮想通貨)すぐに取引しない時などはオンラインで保管するのではなく、USBメモリや外付けハードディスクなどオフラインで管理することでセキュリティ対策をすることがあります。これを コールドウォレット と呼びます。

ログインや出金時など重要な手続きの際は、パスワードによる許可だけでなく、ショートメールを利用した 2段階認証 をしてセキュリティを上げています。また、送金する際に一つの署名だけでなく複数の署名が必要となる「 マルチシグネチャー 」と呼ばれるセキュリティー対策をしている取引所も多いです。

暗号資産(仮想通貨)のメリット・デメリット

暗号資産(仮想通貨)のメリットは、 24時間365日いつでも取引が可能 なことです。また、銀行を介さずに個人間の送金が可能で 海外への送金もスムーズ にできます。銀行送金に比べ 安価で送金 することができます。また24時間365日いつでも送金することができます。

暗号資産(仮想通貨)のデメリットは、インターネット上でのデジタル通貨なのでサイバー攻撃によるハッキングで 盗難が起こる可能性 があることです。2018年のコインチェック事件では、同社から580億円の顧客の暗号資産(仮想通貨)が不正流出しています。

加えて、暗号資産(仮想通貨)には 詐欺 もあるので注意が必要です。特に交換業者が取り扱っていないような、取引高が低かったり知名度の低い暗号資産(仮想通貨)には注意が必要です。

メリットであり、デメリットでもありますが、 価格の変動が非常に大きい という点もあります。

暗号資産(仮想通貨)の取引方法

暗号資産(仮想通貨)の今後

暗号資産(仮想通貨)は売買だけでなく、 決済通貨として普及する可能性 もあります。米国では米カード決済大手のビザが暗号資産(仮想通貨)での決済を始めると発表し、マスターカードも暗号資産(仮想通貨)での直接決済に対応する計画を公表しています。 日本では、ビックカメラなどがビットコインを決済通貨として採用しています。

投資の対象として盛り上がりを見せる暗号資産(仮想通貨)ですが、詐欺や不祥事が横行すれば世界的に各国が暗号資産(仮想通貨)を 規制する可能性 もあります。暗号資産(仮想通貨)は、マネーロンダリング(資金洗浄)や脱税、テロ活動への資金援助などに悪用されることが懸念されています。

暗号資産(仮想通貨)の主な銘柄

暗号資産(仮想通貨)はたくさんの種類があります。世界には約3,000以上の暗号資産(仮想通貨)が存在していると言われています。しかし、 日本で購入できる暗号資産(仮想通貨)は限られています 。取引所によっても取り扱う暗号資産(仮想通貨)は異なります。暗号資産(仮想通貨)の代表といえばビットコインです。この他、リップル、イーサリアム、モナコインなど様々な銘柄があります。

暗号資産(仮想通貨)の主な取引所

暗号資産(仮想通貨)の投資を始めるには、取引所での口座を開設する必要があります。暗号資産(仮想通貨)は取引所によって取り扱う通貨が異なるので、 自分にあった取引所で口座を開く 必要があります。

暗号資産(仮想通貨)の関連銘柄

また、暗号資産(仮想通貨)の一つの活用先、応用として「 メタバース 」というテーマも浮上しています。

※QUICK Money Worldは金融市場の関係者が読んでいるニュースが充実。マーケット情報はもちろん、金融政策、経済を情報を幅広く掲載しています。会員登録して、プロが見ているニュースをあなたも!

【ハードフォークとは?種類と発生時の影響について解説】

【ハードフォークとは?種類と発生時の影響について解説】

しかし、ブロックチェーンは一番長い繋がりが自動的に残る仕組みとなっているため、分岐した後も特に新しいブロックや派生通貨などが誕生しないようになっています。
一方で、パソコンのOSをアップグレードするように、暗号資産の性能をアップグレードするために技術・システムの仕様変更を行う場合にはハードフォークが必要となります。
この場合には、チェーンはハードフォークにより新仕様のチェーンと旧仕様のチェーンの2つに分裂し、旧仕様のチェーンは使えなくなってしまいます。
その後は新仕様のチェーンにマイニングによって新しいブロックが形成され、チェーンが伸びて行くことになります。
このようなハードフォークはハードフォークとしてではなく通貨アップデートとして行われます。

ハードフォークの種類

ハードフォークの種類 概要
自動的に行われるハードフォーク 実はハードフォークは日常的に行われており、日々ブロックチェーンの分裂は生まれています。しかし、ブロックチェーンの特性上、一番長いチェーンが自動的に残るため、分裂した側のチェーンはその後伸びていかず、また派生した暗号資産を作ることもなく消滅します。
暗号資産のアップグレード 暗号資産もパソコンのOSと同様に定期的にアップグレードを行います。アップグレードと共に、アップグレードされたチェーンとアップグレード前のチェーンに分裂します。しかし、アップグレードに伴うハードフォークの場合には、古いアップグレード前のチェーンは機能しなくなるため、その後は新しいアップグレードされたチェーンが機能し、伸びていくことになります。ほとんどの場合はハードフォークではなく通貨のアップグレードという形でハードフォークが行われます。
エアドロップフォーク ある暗号資産の特性を持った違う暗号資産(派生通貨)を作るために行われるハードフォークです。既存の暗号資産はそのままチェーンが伸び続け、ハードフォークによって生まれた新しい派生通貨は違うコミュニティによってチェーンが伸ばされていきます。例えばビットコインの派生通貨としてビットコイン・キャッシュが生まれそれぞれ違うコミュニティ内で管理されるといった形のハードフォークです。
コミュニティの分裂によるハードフォーク 同じ暗号資産のコミュニティ内でアップデート内容を巡る分裂が起きた際に複数のチェーンに分裂しそれぞれのチェーンがそれぞれ分裂したコミュニティによって管理され続けるといったハードフォークです。例えば暗号資産の王様であるビットコインもこれまでに複数回大規模なハードフォークを行なっており、ビットコインキャッシュやビットコインゴールドやビットコインシルバーなどが誕生しました。どれもビットコインの基本的な特性を残しつつ、ブロックの容量の大きさなど仕様がビットコインとは変わったコインになります。また、今後もビットコインのハードフォークは行われる予定であり、今後さらなる分裂を繰り返す可能性も示唆されています。

ハードフォークによる暗号資産保有者への影響は?

ハードフォークはチェーンの分裂により互換性のない新しいチェーンが作られるため、少なからず暗号資産を保有している人に影響が出てきます。
例えば、ハードフォーク前に一時的に取引所から取引ができなくなってしまったり、送金に遅れが発生したり、一時的にエラーが起きたり、ひどい場合にはハードフォークで分裂したのにも関わらず片方がなくなってしまい、分裂したどちらかの暗号資産自体がなくなってしまう場合もあります。
またハードフォークに合わせて売りなどが発生し、価格が大きく変動したりする可能性もあります。
そのため、ハードフォーク前にはハードフォーク前後の影響を考慮し、次のような対策を心がけておきましょう。

・分裂後の暗号資産に取引所が対応しているかを確認
・ハードフォークの影響が落ち着くまで送金や受金などをしない
・シークレットキーの発行されるウォレットに保管しておく

ハードフォークは今後も起こる

ハードウォークは今後も起きてきます。
先ほどもご紹介しましたがビットコインの場合、ハードフォークが今後複数件起こる可能性があると言われています。
ハードフォークの時は、特に暗号資産自体の価値がおおきく変動する時でもあるため、暗号資産で取引をしている人は本記事で買いたような事前対策をしっかりと取り、値動きに十分注意するようにしましょう。
また、いち早くハードフォークに関する対応策などを情報としてキャッチできるように常に新しい情報を追いかけておくと良いでしょう。

本編の動画はこちらからご覧ください

小嶋和也

代表 小嶋和也 YELL合同会社
ファイナンシャルプランナー
プロフィール
栃木県鹿沼市生まれ 33歳
消防士をしていた27歳の時、結婚をきっかけに資産運用の必要性に気づき独学で勉強を始める。
国内外で資産運用を学んだ後に32歳で独立、YELL合同会社を設立する。
現在は、日本全国にクライアントを持ち、米国株式スクールの運営や資産形成コミュニティーの運営をしている。
米国株式を使った資産形成サポートをはじめ、保険のプランニング、ポイントの有効活用など、主に公務員、サラリーマンの方の資産運用に強みを持つ。

暗号資産(仮想通貨)とは 税金・確定申告は必要?価格変動の仕組みと取引方法について解説

【QUICK 暗号資産 Money World 辰巳 華世】 ビットコインの価格が2021年に乱高下して注目を集めました。ビットコインは暗号資産(仮想通貨)の代表的な通貨の一つです。 今回は注目を集める暗号資産(仮想通貨)について、暗号資産(仮想通貨)とは何かの基本的な説明から、暗号資産(仮想通貨)の価格が変動する仕組み、どのようにお金を増やせるのか、どのようなセキュリティ対策で守られているのか、投資するメリット・デメリット、取引方法、暗号資産(仮想通貨)の今後、暗号資産(仮想通貨)の主な銘柄と取引所、関連銘柄について紹介します。

暗号資産(仮想通貨)とは

暗号資産(仮想通貨)とは、実物の紙幣や硬貨などがなく、 デジタルデータとしてインターネット上で流通している資産 のことです。ビットコインのように決済に使われるものも少なくないため、仮想通貨と呼ばれることが多いです。

電子的なものではありますが、いわゆる 「電子マネー」とは異なるもの です。電子マネーは、基本的には電子的に記録された「円」や「ドル」といった法廷通貨を対価として支払うものであり、必ず発行主体が存在します。

円やドルなどの法定通貨は円なら日本、ドルならアメリカの中央銀行がそれぞれの通貨を発行・管理していますし、電子マネーでは企業等が発行主体となります。一方、暗号資産(仮想通貨)は 必ずしも特定の発行主体や管理者が存在しているわけではありません

では、国家が発行している通貨や企業が発行している電子マネーではないのに、ビットコインをはじめとした暗号資産(仮想通貨)は なぜ信頼され、取引されているのでしょうか

一方、ビットコインは、紙幣も存在しなければ、その価値を保証してくれる政府などもありません。ビットコイン をいくら、誰がもっているかというデータの記録には、 ブロックチェーン(分散型台帳) というテクノロジーが使われています。取引データを暗号化し、いくつかを束ねてブロック化したものをつなげることから、ブロックチェーンと呼ばれています。ブロックチェーンは改ざんが困難とされており、ある程度信頼を持った記録を、銀行のような管理者がいなくても実現できる仕組みなのです。 改ざんが困難な価値の記録である という認識から、ビットコインは支払いなどに利用されているのです。 暗号資産(仮想通貨)の多くは、このブロックチェーンを基盤としています。

ブロックチェーン、交換業者とは

ブロックチェーンについて、もう少し解説します。ある暗号資産の基盤となっているブロックチェーンは、その暗号資産の取引(誰から誰にいくら移転したか)、誰がどのくらいの量をもっているかなどの情報が記録されています。ブロックチェーンは分散型と呼ばれているように、インターネット上のネットワークで接続された不特定多数の利用者たちで分散して記録し、さらに共有しています。一つの場所ではなく、 不特定多数のあらゆる場所で同じデータを共有し、管理しているため 、仮にある場所の暗号資産(仮想通貨)の情報を改ざんしたとしても、他のデータと照合すればその不正が発覚してしまいます。

暗号資産(仮想通貨)は、「取引所」と呼ばれる「 暗号資産交換業者 」で口座を作り、円やドルなどの法定通貨と交換できます。株の取引の様に、価格が変動し売買することができます。再び円やドルなどの法定通貨に換金することもできます。交換業者は暗号資産(仮想通貨)を取引するためのツールやアプリ等を提供しています。暗号資産(仮想通貨)は膨大な種類があるため、国内の交換業者では一部の暗号資産(仮想通貨)だけを取り扱っています。

暗号資産(仮想通貨)の税金、確定申告

暗号資産(仮想通貨)の売買で発生した利益は、税金がかかります。会社員や個人事業主などは 年間20万円以上の利益が発生した場合 は、その利益に対して所得税がかかるため、確定申告が必要となります。

暗号資産(仮想通貨)の価格が変動する仕組み

暗号資産(仮想通貨)は需給で価格が動きます。ビットコインのように、発行上限数が限られているものもあります。暗号資産(仮想通貨)の 購入者が増えると価格は上がり、売却する人が増えると価格は下がります 。暗号資産(仮想通貨)は、株式のようにストップ高やストップ安がなく 価格変動の上限・下限がありません 。そのため価格変動は大きくなりやすくハイリスク・ハイリターンの取引と言えます。

暗号資産(仮想通貨)はたくさんの種類があります。ビットコインなどのように有名な通貨もありますが、まだあまり知られていない通貨もたくさんあります。あまり知られていない通貨は、 知名度があがることで価格が上昇することがあります 。例えば、大企業や著名な投資家、富裕層などが、ある暗号資産(仮想通貨)を大量に購入した、あるいは値上がりしそうだと語ったといったニュースが出れば、需要が高まり価格が変動する可能性があります。

暗号資産(仮想通貨)を取り扱う交換業者はたくさんあります。より有名な交換業者での取り扱いが決まった通貨も、以前より多くの人が取引できるようになるので、価格が動く可能性があります。また、暗号資産(仮想通貨)にはそれぞれ開発者がいます。彼らは日々その通貨の送金速度の改善やセキュリティ対策をしています。これらの アップデートが行われた時は価格が上がりやすい と言われています。

暗号資産(仮想通貨)でどのようにお金を増やせるの?

暗号資産(仮想通貨)でお金を増やす方法はいくつかあります。一つは、株のように暗号資産(仮想通貨)の 売買で利益を得る 方法です。値上がりした分の売却益を狙います。株式と同様、短期で売買取引を繰り返す方法や、長期保有し価格が上がったときに売却する方法などトレードの仕方は様々あります。

▼ビットコインの価格推移(出所:ビットフライヤー)

暗号資産(仮想通貨)では、レバレッジ取引も可能です。元手を担保に2倍もの取引をすることができます。 暗号資産(仮想通貨)で 積立投資 をすることもできます。投資信託の積立投資のように毎月一定金額の暗号資産(仮想通貨)を購入し積み立てます。

取引以外でも暗号資産(仮想通貨)を増やす方法があります。 マイニング(採掘) をすることで報酬として暗号資産(仮想通貨)を手にすることができます。取引データなどをブロックチェーンに記録することをマイニングと呼び、多数の人や企業の計算資源(=コンピューターの計算能力)が使われます。このマイニング作業が成功したときに報酬として暗号資産(仮想通貨)を受け取ることができます。ただし、マイニング用のコンピュータを用意する必要があります。

自分が保有する暗号資産(仮想通貨)を取引所に貸し出すことができます。これを レンディング と呼びます。暗号資産(仮想通貨)を交換業者に貸し出し、期間に応じた利率で報酬を得ることができます。ただ、暗号資産(仮想通貨)を貸している間は売買できないため注意が必要です。

暗号資産(仮想通貨)はどのようなセキュリティ対策で守られているのか

暗号資産(仮想通貨)の記録自体は ブロックチェーンを活用 することで、二重取引や不正取引が起こらないような仕組みになっています。

一方、暗号資産(仮想通貨)はインターネット上のデジタル通貨なので、 ハッキングによる盗難 などの心配があります。交換業者は、暗号資産(仮想通貨)を取引するときに必要となる「秘密鍵」と呼ばれるデータを、顧客(投資家)から預かっています。2018年の日本のコインチェック事件のように、暗号資産交換業者のシステムをハッキングし、顧客の秘密鍵を盗むことで、大規模な暗号資産の不正流出(盗難)が発生することがありました。暗号資産交換業者などの秘密鍵を預かる業者にとって、ハッキング対策は喫緊の課題となっており、様々なセキュリティ対策が行われていますが、断続的にハッキング事件は発生しています。

このため、暗号資産交換業者は、暗号資産(仮想通貨)すぐに取引しない時などはオンラインで保管するのではなく、USBメモリや外付けハードディスクなどオフラインで管理することでセキュリティ対策をすることがあります。これを コールドウォレット と呼びます。

ログインや出金時など重要な手続きの際は、パスワードによる許可だけでなく、ショートメールを利用した 2段階認証 をしてセキュリティを上げています。また、送金する際に一つの署名だけでなく複数の署名が必要となる「 マルチシグネチャー 暗号資産 暗号資産 」と呼ばれるセキュリティー対策をしている取引所も多いです。

暗号資産(仮想通貨)のメリット・デメリット

暗号資産(仮想通貨)のメリットは、 24時間365日いつでも取引が可能 なことです。また、銀行を介さずに個人間の送金が可能で 海外への送金もスムーズ にできます。銀行送金に比べ 安価で送金 することができます。また24時間365日いつでも送金することができます。

暗号資産(仮想通貨)のデメリットは、インターネット上でのデジタル通貨なのでサイバー攻撃によるハッキングで 盗難が起こる可能性 暗号資産 があることです。2018年のコインチェック事件では、同社から580億円の顧客の暗号資産(仮想通貨)が不正流出しています。

加えて、暗号資産(仮想通貨)には 詐欺 もあるので注意が必要です。特に交換業者が取り扱っていないような、取引高が低かったり知名度の低い暗号資産(仮想通貨)には注意が必要です。

メリットであり、デメリットでもありますが、 価格の変動が非常に大きい という点もあります。

暗号資産(仮想通貨)の取引方法

暗号資産(仮想通貨)の今後

暗号資産(仮想通貨)は売買だけでなく、 暗号資産 決済通貨として普及する可能性 もあります。米国では米カード決済大手のビザが暗号資産(仮想通貨)での決済を始めると発表し、マスターカードも暗号資産(仮想通貨)での直接決済に対応する計画を公表しています。 日本では、ビックカメラなどがビットコインを決済通貨として採用しています。

投資の対象として盛り上がりを見せる暗号資産(仮想通貨)ですが、詐欺や不祥事が横行すれば世界的に各国が暗号資産(仮想通貨)を 規制する可能性 もあります。暗号資産(仮想通貨)は、マネーロンダリング(資金洗浄)や脱税、テロ活動への資金援助などに悪用されることが懸念されています。

暗号資産(仮想通貨)の主な銘柄

暗号資産(仮想通貨)はたくさんの種類があります。世界には約3,000以上の暗号資産(仮想通貨)が存在していると言われています。しかし、 日本で購入できる暗号資産(仮想通貨)は限られています 。取引所によっても取り扱う暗号資産(仮想通貨)は異なります。暗号資産(仮想通貨)の代表といえばビットコインです。この他、リップル、イーサリアム、モナコインなど様々な銘柄があります。

暗号資産(仮想通貨)の主な取引所

暗号資産(仮想通貨)の投資を始めるには、取引所での口座を開設する必要があります。暗号資産(仮想通貨)は取引所によって取り扱う通貨が異なるので、 自分にあった取引所で口座を開く 必要があります。

暗号資産(仮想通貨)の関連銘柄

また、暗号資産(仮想通貨)の一つの活用先、応用として「 メタバース 」というテーマも浮上しています。

※QUICK Money Worldは金融市場の関係者が読んでいるニュースが充実。マーケット情報はもちろん、金融政策、経済を情報を幅広く掲載しています。会員登録して、プロが見ているニュースをあなたも!

Patented The Two-tiered Digital Currency Platform DeCurret DCP Inc. (HQ: Chiyoda-ward, Tokyo Japan, President CEO: Satoshi Murabayashi, hereinafter "the Company") is pleased to announce 暗号資産 that it has been granted 暗号資産 a patent for the "Two-tiered Digital Currency Platform" being considered by the Digital Currency Forum, for which the Company serves as secretariat. Patent No. Patent No. 7089143 Title of Invention Electronic Currency Management System Registration Date June 14, 暗号資産 2022 【Overview of the Two-tiered Digital Currency Platform】The Two-tiered Digital Currency Platform being considered by the Digital Currency Forum will link two 暗号資産 areas, called the Common Area and the Business Process Area, to mint, transfer, 暗号資産 and burn the Two-tiered 暗号資産 Digital Currency DCJPY (tentative 暗号資産 暗号資産 name).The Common area is the area where banks mint, transfer, and burn DCJPY, and provides functions for managing DCJPY balances and related operations, as well as a mechanism for banks to link with other systems. When using DCJPY, deposits are

【2022年】ビットコインへの7つの将来性について徹底解説!【まだ遅くない】

①【取扱通貨数が多い】
×手数料が高い販売所取引での通貨数をアピールしていることが多いので意味がない
②【少額から投資ができる】
×基本的にはどこの取引所も少額から可能
③【積立投資できる】
×手数料が高いので、自動積立投資はやってはいけない
④【口座開設が早い】
×どこも基本的には早いし、大差はない
⑤【レバレッジ取引が可能】
×国内取引所でレバレッジ取引をすることがないので不要
⑥【初心者にも使いやすい】
×個人差があるし、企業努力しているので慣れればどこも使いやすい
⑦【国内最大の利用者数など】
×広告費をどれだけ使っているかの違い、鵜呑みにしない

本当のユーザーファーストは「手数料が安いこと」で、初心者に耳障りの良い文言を並べているよりも、上級者が積極的に利用している口座を選ぶべきです。

②:販売所取引は絶対に利用しない

  1. 販売所取引⇒仮想通貨取引所と取引をする
  2. 取引所取引⇒ユーザー同士で取引をする

この販売所取引での手数料はどの取引所も基本的には無料と言っていますが、 暗号資産 スプレッドが異常に高いのが特徴です。

「手数料が無料‼」と明記されていても、重要なのはスプレッドがどれだけ取られるのかなので、 隠れコストであるスプレッドには注意をしましょう。

おすすめの国内取引所2選!

おすすめの取引所である『 bitbank 』と『 GMOコイン 』の特徴について解説しています。

オススメ第1位:bitbank(ビットバンク)

項目bitbank
取引通貨数12種類
取引手数料+スプレッド※1Taker:0.12%+0.003%
Maker:-0.02%+0.003%
入金手数料無料
出金手数料550円/770円(3万円以上)
送金手数料0.0006BTC
ホームページ bitbank ホームページ 暗号資産

仮想通貨(暗号資産)の取引量が国内ナンバーワン!
業界最高水準の技術で、セキュリティも国内ナンバーワン!
ビットコインだけじゃなく、アルトコインの取引コストも安い!
・口座開設が 最短3分 で完了、取引まで 最短1日
・アプリが高性能で使いやすい!

あまり広告を見ないにも関わらず、取引量が国内ナンバーワンということは「ユーザーファースト」の運営をしている証拠です。

オススメ第2位:GMOコイン

項目GMOコイン
取引通貨数16種類
取引手数料+スプレッド※10.05%+0.027%
Maker:-0.01%+0.027%
入金手数料 無料‼
出金手数料 無料‼
送金手数料 無料‼
ホームページ GMOコイン ホームページ

最短10分で口座開設が完了!
「入出金手数料」「送金手数料」が無料!
オリコン顧客満足度ナンバーワン!
・強固なセキュリティで安心安全!
・東証一部上場、大手グループ会社のGMOインターネットグループが運営している!
・GMOグループが培ってきたノウハウで、専用アプリなどが使いやすい!

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる