オプションFXとは

海外FX初心者から上級者まで

海外FX初心者から上級者まで
海外FX業者も自分たちの最大の強みがハイレバレッジであることをわかっているので、 あえて登録していない

海外FX初心者から上級者まで

海外FXデイトレードでおすすめの海外FX口座

米ドル/円(USDJPY)分析チャート/買い・売り市場センチメント

海外FXのApple Pay、Google Payでの入金・出金方法とは?|海外FXプロでは【海外FX歴10年を超える海外FXの第一人者】が「稼ぐためにどう海外FX業者を活用すべきなのか?」という視点で海外FXの全知識を詳しく丁寧に解説します。「海外FX口座」の比較検討方法、海外FXのリアル口座で実際に運用した主要口座の「スプレッド比較」、海外FXの投資家500名へのリサーチ調査からわかった「海外FX業者人気ランキング」、「海外FXボーナス」の正しい活用法、ハイレバレッジを生かした「トレードテクニック」、1週間実際に効果検証する「海外FXトレード手法検証ブログ」、「海外FXの税金の節税方法」まで独自コンテンツが豊富です。海外FXの第一人者が解説する「稼ぐための方法」を学びましょう!

【海外FXトレード手法1週間検証ブログ】ストキャスティクスのゴールデンクロス・デッドクロスの順張りトレード/勝率80.0%、+62.8pips勝

1分でわかる!MT4・MT5のインジケーターの追加方法・探し方・インストール・設定方法。動画解説付

海外FX業者が提供するMT4・MT5追加アプリ・追加インジケーターとは?MT4・MT5の機能を強化するFX Blue Labs社の追加アプリ・追加インジケーターが利用できる海外FX業者|海外FXプロでは【海外FX歴10年を超える海外FXの第一人者】が「稼ぐためにどう海外FX業者を活用すべきなのか?」という視点で海外FXの全知識を詳しく丁寧に解説します。「海外FX口座」の比較検討方法、海外FXのリアル口座で実際に運用した主要口座の「スプレッド比較」、海外FXの投資家500名へのリサーチ調査からわかった「海外FX業者人気ランキング」、「海外FXボーナス」の正しい活用法、ハイレバレッジを生かした「トレードテクニック」、1週間実際に効果検証する「海外FXトレード手法検証ブログ」、「海外FXの税金の節税方法」まで独自コンテンツが豊富です。海外FXの第一人者が解説する「稼ぐための方法」を学びましょう!

海外FXボーナスのクッション機能って何?意味からおすすめの海外FX業者まで詳しく解説

海外FXボーナス クッション

投資家Aさん

海外FXボーナスのクッション機能ってよく聞くけど、いまいちよくわからないという人も多いのではないでしょうか。そこで本記事では 海外FXボーナスのクッション機能について、言葉の意味や具体例、さらにはおすすめの海外FX業者について詳しく解説 していきます。

海外FXボーナスのクッション機能とは

海外FXボーナスのクッション機能とは

海外FXで貰えるボーナスについて

クッション機能

海外FXボーナスの クッション機能とは、ボーナスが証拠金の役割を果たしていること を指します。つまり、ボーナスにクッション機能がついていると、入金額とボーナスの両方を証拠金として扱えるということです。なので、口座開設ボーナスにクッション機能は関係ありません。

海外FXボーナスのクッション機能がある場合とない場合の具体例

海外FXボーナスのクッション機能がある場合とない場合の具体例

前の項目で海外FXボーナスのクッション機能について説明しましたが、もしかしたらイメージが湧きにくいと感じた方もいるかもしれません。そこで、ここでは 具体的な条件と数字を用いて、クッション機能がある場合とない場合について例を用いて説明 していきます。

  • 入金ボーナスは100%
  • 入金額は30万円

クッション機能がある場合

ボーナスにクッション機能がある海外FX業者の場合には、
証拠金=入金額+ボーナス
が成り立つので、実際に取引に使用できる証拠金は
30万円+30万円=60万円
となります。

クッション機能ありで30万円損失を出した場合

損失は入金額から先に消費されるので、
証拠金60万円-損失30万円=30万円(ボーナス分)
となり、入金した額が0になっても残りのボーナス分で取引を続けることができます。

クッション機能がない場合

ボーナスにクッション機能がないFX業者の場合は、
証拠金=入金額のみ
となり、取引に使用できる証拠金は
30万円のみ

となってしまうので、ボーナスがいくら多かったとしても実際には何の意味もなくなってしまうのです。このように、 海外FX初心者から上級者まで ボーナスにクッション機能があるとないとでは取引できる証拠金に大きな差が出てしまいます 。改めて、海外FXボーナスのクッション機能の大切さを理解していただけたかと思います。

クッション機能なしで30万円損失を出した場合

損失は入金額から先に消費されるので、
証拠金30万円-損失30万円=0円
となり、ボーナス分が残っていたとしても入金した残高が0円になるので、証拠金も0円となり強制ロスカットがかかります。となると、取引の続行が不可能です。

海外FXボーナスのクッション機能のメリット

海外FXボーナスのクッション機能のメリット

メリット➀ロスカットになりずらい

ボーナスにクッション機能がある場合、資金以上の証拠金を得られるので ロスカットまでの余裕が生まれます 。資金が足りずにロスカットを受けて悔しい思いをしたことのある人もいるのではないでしょうか。そんな方にも安心なのが、このクッション機能です。

メリット➁取引の際のレバレッジが上がる

メリット➂ボーナスだけで取引が可能

ボーナスにクッション機能があることで、 残金がなくなったとしてもボーナスだけで取引が可能 です。なので、残高がなくなってしまった状態からでも残りのボーナスを使用して復活できる可能性が十分にあるのです。

海外FXボーナスのクッション機能のデメリット

海外FXボーナスのクッション機能のデメリット

  • デメリット➀スプレッドが高くなりやすい
  • デメリット➁含み損が出てしまった場合は入金額が優先される
  • デメリット➂感覚がマヒしてしまう

デメリット➀スプレッドが高くなりやすい

デメリット➁含み損が出てしまった場合は入金額が優先される

含み損を抱えてしまった場合、 自己資金→ボーナスの順番で残高が消費されていきます 。順番が逆になってしまうと、不正が起きてしまうので当たり前のことですが意外と見落としがちな項目なので注意が必要です。

デメリット➂感覚がマヒしてしまう

ボーナスのクッション機能を使うと、 自分の所持している資金以上の証拠金を保持できるので、ボーナスがあるから大丈夫と大きな損失を生み出してしまうかも しれません。直接関係するデメリットではありませんが、資金・ボーナスともになくなってしまう可能性もあるので気をつけましょう。

クッション機能のない海外FX業者はダメなのか?

クッション機能のない海外FX業者はダメなのか?

しかし、勝てるトレードができる上級者の方や一定量の取引がある方にとっては クッション機能がない海外FX業者がすべて悪というわけではありません 。なぜなら、利益を出す場合、クッション機能がなくても入金ボーナスがあれば取引できる額はその分増えて、利益が出ればその分倍率が上がるからです。

さらに、クッション機能がない海外FX業者には、 代わりに出金可能なキャッシュバック付きボーナスや他のサービスが充実 している業者もあるので、一定以上の知識がある方にはそちらもおすすめです。

ボーナスにクッション機能があるオススメ海外FX業者

ボーナスにクッション機能があるオススメ海外FX業者

XMTrading

XMTradingは、日本でも上位の人気を誇り海外FXの代名詞とも呼べる業者です。口座開設も100万人を突破、さらには約定拒否件数0で1.5億以上の取引注文実績もあるのでとても安心で 初心者の方にもおすすめ です。

    海外FX初心者から上級者まで
  • 最大レバレッジは888倍で、追証もなし
  • NDD方式なので透明性が高い
  • 最低取引金額が500円からで、オンラインセミナーもあるので初心者の方でも始めやすい
  • 入金・口座開設ボーナスが豪華
  • MT4とMT5の両方に対応している
  • ボーナスが換金可能なロイヤルティプログラムがある
  • 日本語サポートが充実
  • スプレッドが比較的広め
  • 完全信託保全ではない
  • 入金額以上を出金するには海外銀行送金が必要

GEMFOREX

GEMFOREXは、 業界トップのスプレッドの狭さと入金ボーナスが評判 の2014年にスタートした海外FX業者です。

  • 最大レバレッジが1,000倍で追証がない
  • スプレッドの狭さが業界でもトップクラス
  • ボーナスキャンペーンがとても豪華
  • 口座開設も簡単で、本人確認がなくても取引が可能
  • 海外FX初心者から上級者まで
  • 日本語サポートが充実しており24時間サポート、公式サイトも日本語化
  • 金融ライセンスを取得したことで信頼性が大幅にアップ
  • 最低入金金額は1,000円からとハードルも低く初心者の方にも安心
  • 取引手数料がすべて無料
  • スキャルピングに一部制限があり
  • DD方式が採用されているので注意が必要
  • 口座維持に手数料がかかる場合あり

iFOREX

iFOREXは1996年に創業され 長い運営実績 があり、140の市場で750以上の銘柄をもって取引しているトレーダーにも人気の海外FX業者です。

  • 変動スプレッドを採用しており狭いスプレッドが魅力的
  • 取引手数料が無料
  • 最大レバレッジは400倍
  • 新規トレーダーには3%の利息
  • 証拠金維持率0%
  • ゼロカットシステムを採用
  • 初回限定で100%ボーナスキャンペーンあり
  • 出金が簡単で、早い
  • スキャルピングが禁止
  • MT4が使用できない
  • 最低入金金額が1万円からと初心者には少々敷居が高い

IS6FX

IS6FXは2020年に資本金の大きい会社に回収され新しく生まれ変わった海外FX業者で、 最大の魅力は何といっても豪華なボーナス です。

  • 新規口座開設ボーナスや入金ボーナスなどキャンペーンが豪華
  • 最大レバレッジが1,000倍
  • スキャルピング・両建て・自動売買が可能
  • スプレッドが比較的狭い
  • 口座開設が簡単
  • ゼロカットシステムを採用
  • 出金手数料がかからない
  • 日本語サポートが充実している
  • 金融ライセンスを取得し、信頼性が高い
  • ロスカット率50%とやや高め
  • DD方式なので注意が必要
  • MT4のみしか使用できない

FXGTは2019年に運営を開始したばかりの、 今波に乗っている新興海外FX業者 です。安全性も高く、評判も高いので気になっている方も多いのではないのでしょうか。

  • 最大レバレッジは1,海外FX初心者から上級者まで 000倍で、追証もなし
  • ボーナスキャンペーンが豪華で、頻繁に開催
  • NDD方式を採用しているので公平な取引が可能
  • 取り扱い通貨も48種類と数多く、仮想通貨やCFD取引も可能
  • サポートが日本語対応しており、365日24時間対応
  • 入出金方法が豊富
  • 法人口座の開設も可能
  • 休日でも取引が可能
  • 運営歴が短く、トラブルが起こることも
  • MT5のみ対応で、MT4が使えない
  • スプレッド水準が高くない

ボーナスにクッション機能がないオススメ海外FX業者(上級者向け)

ボーナスにクッション機能がないオススメ海外FX業者(上級者向け)

続いてある程度知識のある方や資金がある方、 自分のトレードに自信がある中~上級者向け のボーナスにクッション機能がなくてもオススメな海外FX業者をいくつか紹介していきます。

FBSは、2009年にサービスが始まり2016年から日本向けサービスも開始した海外FX業者で、 豪華なボーナスと高いレバレッジが人気 です。アジア圏でもとても人気があります。

  • 最大レバレッジが3,000倍と非常に高く、追証もない
  • 取引量に応じてキャッシュバックがもらえる
  • 口座タイプが6種類と豊富
  • NDD方式が採用されており、公平な取引が可能
  • コピートレード(PAMM)が利用可能
  • 一般企業などの個別株でのトレードも可能
  • VPSが無料で使用できる
  • ホームページが日本語非対応で、わかりにくい
  • スキャルピングには不向き
  • ボーナスの出金条件が厳しい

HotForex

HotForexは、2010年にサービスを開始し海外で人気を博し、 最近日本でも少しずつ有名になっている 海外FX業者です。

  • 最大レバレッジは1,000倍で、追証なし
  • 取引銘柄は1,000以上と業界でも上位
  • NDD方式を採用しており、公平で透明性の高い取引が可能
  • MT4・MT5の両方に対応
  • 高品質な日本語サポート
  • 最低入金金額も5ドルなのでハードルが低い
  • 基準通貨がドルとユーロのみで、日本円口座に対応していない
  • 信託保全が完全でない
  • 取引コストが比較的高い

TradersTrust

TradersTrust(TTCM)は2009年に設立された、 信頼性・安全性を重視した海外FX業者 です。さらに、狭いスプレッドやボーナスも豪華で人気があります。

Exness 口座タイプ

口座タイプ画像 口座タイプ画像

ロースプレッド口座は、 主要通貨ペアの最低スプレッドが0.0pips~と極小スプレッドを実現 した口座タイプです。スプレッドが広い傾向にあるクロス通貨ペアも、極小スプレッドで取引をすることが可能です。取引手数料は原則固定で1ロットの取引ごとに片道最大3.5USD(相当)に設定されており、トータルコストを抑えたお取引をして頂けます。ロースプレッド口座の、主要通貨ペアの平均スプレッドは以下の通りです。

ロースプレッド口座の平均スプレッド(2022年7月現在)
通貨ペア 平均スプレッド
USD/JPY (米ドル/日本円) 0.0pips
EUR/USD (ユーロ/米ドル) 0.0pips
AUD/USD (豪ドル/米ドル) 0.2pips
GBP/USD (ポンド/米ドル) 0.1pips
EUR/JPY (ユーロ/日本円) 0.3pips
AUD/JPY (豪ドル/日本円) 0.4pips
GBP/JPY (ポンド/日本円) 0.4pips
  • 主要通貨ペアの取引手数料は一律片道3.5USD(相当)で、株式CFD商品は手数料無料です。仮想通貨、株価指数CFD商品の取引手数料は、片道最大3.5USDで銘柄によって異なります。
  • Exnessでは、変動スプレッドを提供しております。スプレッドは市場のボラティリティにより変動するため、リアルタイムのスプレッドは、トップページのプライスボードをご参照ください。

Exness スプレッド | Exness(エクスネス)

Exness スプレッド | Exness(エクスネス)

ゼロ口座の特徴

ゼロ口座は、Exnessで提供している口座タイプの中で 最もスプレッドが狭く、銘柄によって取引手数料が1ロット取引ごとに最低0.2USD(相当)から変動する 特徴的な口座タイプです。メジャー通貨ペア28銘柄については95%の時間帯でスプレッド0.0pipsでの取引が可能で、その他の商品においても50%の時間帯でゼロスプレッドを提供しております。取引手数料は銘柄によって異なりますが、取引にかかるトータルコストは多くの銘柄において取引手数料のみになるため、コスト管理が容易になる点がメリットです。

ゼロスプレッド対象の金融商品一覧

AUD/USD、EUR/USD、GBP/USD、NZD/USD、USD/CAD、USD/CHF、 USD/JPY AUD/JPY、CAD/JPY、GBP/JPY、EUR/AUD、EUR/CAD、EUR/CHF、EUR/GBP EUR/JPY、EUR/NZD、GBP/AUD、GBP/CAD、GBP/CHF、NZD/JPY、NZD/CAD NZD/CHF、GBP/NZD、CHF/JPY、CAD/CHF、AUD/GBP、AUD/CHF、AUD/CAD

プロ口座の特徴

Exnessのプロ口座は、 取引手数料無料かつ狭小スプレッドでコストを抑えた取引が可能 な口座タイプです。主要通貨ペアの平均スプレッドについては、0.6~0.9pipsと平均水準以下の低スプレッドでお取引頂けます。

各口座タイプの取引手数料と最低スプレッド一覧
海外FX初心者から上級者まで
口座タイプ 取引手数料 最低スプレッド
スタンダード口座 なし 0.3pips
スタンダードセント口座 なし 0.3pips
ロースプレッド口座 最大3.5ドル(片道) 0.0pips
ゼロ口座 最小0.2ドル(片道) 0.0pips
プロ口座 なし 0.0pips
海外FX初心者から上級者まで 海外FX初心者から上級者まで
スタンダード口座
取引手数料 なし
最低スプレッド 0.3pips
スタンダードセント口座
取引手数料 なし
最低スプレッド 0.3pips
ロースプレッド口座
取引手数料 最大3.5ドル(片道)
最低スプレッド 0.0pips
ゼロ口座
取引手数料 最小0.海外FX初心者から上級者まで 2ドル(片道)
最低スプレッド 0.0pips
プロ口座
取引手数料 なし
最低スプレッド 0.1pips

また、プロ口座はExnessの口座タイプの中で唯一、執行注文方式としてInstant Execution(即時約定)を採用しています。Instant Executionは、トレーダーの注文を一旦Exnessが決済すると同時にカバー先へ流す仕組みです。Instant Executionではタイムラグが生じにくいため、 プロ口座ではスリッページがほぼ発生しません 。一方、Exnessのその他の口座タイプではMarkets Execution(成行約定)を採用しています。Markets Executionでは、Exnessがカバー先へ注文を出す仕組みとなっているため、約定拒否(リクオート)は起こりにくいですが、スリッページは発生してしまうことがございます。高い約定力と低コストのバランスに優れたプロ口座は、取引回数の多いスキャルピングトレードにおすすめです。

海外FX初心者から上級者まで

残念ながら iFOREXはMT4を利用することはできません。

iFOREXでは海外FX取引ではおなじみの取引ツールであるMT4・MT5には対応していないため、これらを利用してトレードを行うことはできません。

そのかわりiFOREXは専用プラットフォーム 「FXnet Viewer」 海外FX初心者から上級者まで を利用してトレードを行います。

・Webブラウザでそのまま利用できるためダウンロードの必要がない
・シンプルなインターフェイスで直感的にトレードができる

などの特徴があり、特に海外FX初心者にはたいへんおすすめの取引プラットフォームです。

ただしMT4やMT5に比べると機能や拡張性に制約があるというデメリットもあり、海外FX中級〜上級者にはものたりないという点は否めません。

何れにしてもiFOREXでは、このFXnet Viewer以外のプラットフォームを利用することしかできないため、iFOREXの利用を考えている方はFXnet Viewerが自分の取引スタイルにあっているかどうかを正しく見極める必要があります。

・iFOREXでMT4・MT5は使えない!
・iFOREXの専用プラットフォーム「FXnet Viewer」の特徴とメリット・デメリット
・総合的に見るとFXnet ViewerとMT4・MT5ではMT4・MT5に軍配があがる
・FXnet Viewerの基本操作方法

1.iFOREXでMT4・MT5は使えない!

冒頭でもお伝えした通り iFOREXではMT4・MT5は利用できません。

国内FXの経験しかない方は意外に思うかもしれませんが、海外FXでは、ほとんどの業者がMT4(Meta Trader4)・​​MT5(Meta Trader5)という共通の取引プラットフォームを利用しています。

もちろんiFOREXでは、これに変わる専用の取引プラットフォームも完備しており、取引で不自由を感じることはほぼありません。

次章からiFOREXの専用取引プラットフォームである「FXnet Viewer」について詳しく解説していきましょう。

2.iFOREXは専用プラットフォーム「FXnet Viewer」がある 海外FX初心者から上級者まで 海外FX初心者から上級者まで 海外FX初心者から上級者まで

iFOREXはMT4・MT5が使えない代わりに、 iFOREX独自の専用取引プラットフォーム「FXnet Viewer」 が用意されています。

・ウェブサイトから利用できるのでダウンロード・インストールの手間がない
・インターフェイスが使いやすく誰でもすぐに取引ができる
・必要証拠金を画面上で確認できる

などの様々なメリットがあり、特に 海外FX初心者や経験の浅いトレーダーにはたいへん便利 な取引プラットフォームであると言えます。

・MT4やMT5でできるカスタムインジーケーターの設定はできない
・利用できる自動売買ツールがない

などのデメリットもあり、特に 海外FXの中級者・上級者には使い勝手がよくありません

3.FXnet Viewerのメリット

3-1.ウェブブラウザで利用できる

FXnet Viewerは ウェブブラウザ上で利用できる という大きなメリットがあります。
ブラウザ上でトレードができるということは、すなわち

・アプリケーションをダウンロード・インストールする必要がない
・インターネットに接続できる機器があれば機種を選ばずいつでもトレードができる

◎アプリケーションをダウンロード・インストールする必要がない

MT4やMT5は専用のアプリケーションをダウンロードし、PCにそれをインストールする必要がありますが、 FXnet Viewerにはその必要はありません

◎インターネットに接続できる機器があれば機種を選ばずいつでもトレードができる

FXnet Viewerはネット接続環境とブラウザが開ける環境であれば、 Windows・MAC・PC・スマホを問わず 利用することができます。

またアンドロイド向けには、FXnet Viewerのアプリも提供されており、スマートフォンでわざわざブラウザを立ち上げてログインするのが面倒な方には便利です。

3-2.シンプルで使いやすく初心者でも簡単にトレードができる

FXnet Viewerの長所は、 インターフェース画面のわかりやすさ にあります。

機能は多岐にわたり、インターフェイス画面に表示される情報も多いため、初心者が使いこなすためには相応の時間が必要になります。

これに対してFXnet Viewerは必要な情報のみ表示されて 直感的に利用しやすく、特にFX初心者や経験の浅いトレーダーが安心して利用できる環境 が提供されています。

3-3.必要証拠金を注文する前に確認できる

FXnet Viewerは注文画面で、注文する前に その取引の必要証拠金を注文する前に確認できる 機能があります。

注文画面で取引数量を入力すると、入力欄の下にその取引の金額に対する必要証拠金が即座に表示されます。

MT4やMT5ではこのような機能はなく、特にFXトレードの経験が浅いトレーダーにはたいへん便利な機能です。

4.FXnet Viewerのデメリット

4-1.カスタマイズができない

FXnet Viewerには、MT4やMT5で当たり前のようにできる カスタマイズができません

MT4やMT5では新しいカスタムインジケーターをインストールして使用することもできますが、FXnet Viewerは機能を追加することは一切できません

4-2.自動売買ツールは利用できない

FXnet Viewerには 自動売買ツール(EA)はなく、新たにインストールすることもできません

iFOREXでは基本的に、トレーダーが手動で売買を行う裁量取引のみが認められており、自動売買はすべて禁止されています。このためFXnet Viewerも、最初から自動売買ツールを利用できない仕様になっています。

5.総合的に見るとFXnet 海外FX初心者から上級者まで 海外FX初心者から上級者まで ViewerとMT4・MT5ではMT4・MT5に軍配があがる

これまでFXnet Viewerの特徴やメリット・デメリットについて詳しく解説してきましたが、FXnet Viewerは総じて使いやすさを重視した設計となっており、残念ながら機能面ではMT4・MT5にはかなわないというのが現実です。

5-1.海外FX初心者から上級者まで カスタマイズの幅がひろい

MT4・MT5のメリットとしてまずあげられるのが カスタマイズ性能の高さ です。

またチャートのカスタマイズ機能や定型チャートの保存機能などによって、自分のトレードスタイルに合わせて最適な、自分だけのチャートを作ることも可能です。

5-2.自動売買ツールが豊富

FXnet 海外FX初心者から上級者まで 海外FX初心者から上級者まで 海外FX初心者から上級者まで Viewerでは自動売買ツール(EA)の搭載はなく、インストールもできないのに対して、MT4やMT5では、 ネット上でダウンロードできる様々なEAを自由にインストールして利用 することができます。

5-3.他業者と共通の取引プラットフォーム

MT4・MT5は 多くの海外FX業者が採用する共通の取引プラットフォーム であるため、使い方を覚えておけば、海外FX業者を変更したり、複数の業者を利用する場合にもたいへん便利です。

常に慣れた取引ツールを使えることは、取引を円滑に行う上でも大きなメリットになります。

6.MT4・MT5が使えなくてもiFOREXを利用したい3つの理由

海外FX業者はそれぞれに特徴があり、業者の決定ではメリット・デメリットの両方を比べ、自分にとって最適な業者を選ぶ必要があります。

6-1.ボーナス・キャッシュバックが充実している

iFOREXは ボーナスやキャンペーンが充実している業者 としても知られており、これはiFOREXを利用する上での大きなメリットと言えます。

iFOREX 3つのボーナス
スペシャルボーナス 初回入金時に 1000ドルまでの入金には100% 、 1000ドルを超える部分に25% ボーナスがもらえる。
有効保有額に3%利息 口座の有効保有額に対して 年率3%の利息 を毎月もらえる
お友達紹介 紹介した友人一人につき最大500ドル
紹介された友人も250ドルのボーナスがもらえる

・2回目以降の入金に対する100%キャッシュバック
・狭いスプレッドを提供する口座へのアップデート

6-2.スプレッドが狭い

iFOREXは 業界でも最低水準でスプレッドでの取引 をトレーダーに提供しており、この点はiFOREXを選ぶたいへん大きなメリットの一つとなります。

海外FX初心者から上級者まで
通貨ペア iFOREX XM FBS Gemforex
USD/JPY 0.8pips 1.5pips 1.2pips 1.6pips
EUR/JPY 1.2pips 2.0pips 1.6pips 1.7pips
GBP/JPY 2.2pips 3.海外FX初心者から上級者まで 0pips 3.1pips 2.3pips

iFOREXのスプレッドについては、スキャルピングや自動売買ができない点やDD方式による透明性の低い取引環境についても考慮する必要はあります。

6-3.ロスカット水準0%

iFOREXは ロスカット水準0% という驚異的な低さを誇ります。

「ロスカット水準」とは、強制決済が行われる証拠金維率の数値のことで、一般的な海外FX業者の場合、ロスカット水準は20%とされています。この場合、証拠金維持率が20%を下回るとロスカット(強制決済)が行われることを示します。

そしてロスカット水準0%のiFOREXは証拠金維率0%、つまり 口座残高が0円になるまでロスカット(強制決済)が行われません。

ロスカット水準は低ければ低いほど強制決済のリスクを下げ、ポジションを長く持つことができます。iFOREXのロスカット水準0%は、この点でトレーダーにとって他業者に勝るメリットと言えます。

7.FXnet Viewerの基本操作方法

ここまでお伝えしてきた通り、FXnet Viewerは機能や拡張性ではMT4・MT5に劣りますが、 海外FX初心者から上級者まで 海外FX初心者から上級者まで 直感的に操作しやすく、特に海外FX取引の経験の浅いトレーダーにはたいへん扱いやすい 取引プラットフォームであることはまちがいありません。

取引する通貨ペアの選択から注文・決済まで、初めての取引でも迷わず操作でき、海外FXの入門ツールとしてはたいへんおすすめです。

7-1.【FXnet Viewer基本操作①】取引したい通貨ペアを選ぶ

お伝えしている通りFXnet Viewerのトレードはとにかく簡単です。

デフォルトでは「メイン」タブには人気銘柄が表示されていますが、自分の取引したい銘柄は、銘柄の表示の右側の星の表示をクリックすることでお気に入りとして登録することができます。

お気に入りに登録した銘柄は、「メイン」タブの下のプルダウンで「お気に入り」を選択すれば、まとめて表示されます。

7-2.【FXnet Viewer基本操作②】取引画面から注文を行う

画面右側には「新規注文」「新規指値注文」の二つのタブがありますが、成行注文(値段を指定せずに注文)の場合は「新規注文」、指値注文(値段を指定して注文)の場合は「新規指値注文」を利用します。

◎成行注文

成り行き注文の場合は、指値(注文の価格)を指定しないため、注文を出した時点での価格で即座に決済が行われます。

①売りか買いかを選択(いずれかをクリック)
②取引する数量を入力
③ストップロス(損切り価格)の入力(入力しなくても良い)
④リミット(利益確定の価格)を入力
⑤注文

成行注文の場合、①〜④までの設定を行えば、あとは⑤「注文」をクリックするだけで、すぐに注文が約定します。

③ストップロス(損切り価格)の入力と④リミット(利益確定の価格)を入力は任意ですので、必ずしも入力する必要はありませんが、入力をしたい場合はチェックボックスにチェックを入れ、表示される入力欄に入力をしていきます。

値幅の設定は以下に示す表示で「価格」「レート」「パーセント」のいずれかの単位を選択してから設定します。

◎指値注文

①売りか買いかを選択(いずれかをクリック)
②取引する数量を入力
③指値注文の価格を入力
④日時の設定(入力の必要ない場合は「キャンセルまで有効」を入力
⑤ストップロス(損きり価格)・リミット(利益確定の価格)の入力
(リミットの入力は画面を下にスクロールして表示してください)
⑥注文

指値注文の場合は上記の①〜⑤までの入力ののち⑥「注文」をクリックします。注文は設定した「指値」に到達した時点で約定されます。

7-3.【FXnet Viewer基本操作③】ポジションの決済を行う

まず決済したいポジションの表示をクリックしてください。

決済の指値を入力したい場合、未決済取引の右に表示されている「ストップの追加」か、「リミットの追加」をクリックします。

損きり価格を入力したい場合は「ストップを追加」、利益確定価格を入力したい場合は「リミットを追加」から、それぞれ指値を設定するだけで、決済の指値注文は完了します。

まとめ

残念ながら iFOREXはMT4を利用することはできません。

MT4・MT5は海外FX取引ではおなじみの取引ツールですが、iFOREXはこれらに対応していないため、トレードでは専用プラットフォーム 「FXnet Viewer」 を利用してトレードを行います。

などの様々なメリットがあり、特に 海外FX初心者や経験の浅いトレーダーにはたいへん便利 な取引プラットフォームであると言えます。

などのデメリットもあり、特に 海外FXの中級者・上級者には使い勝手がよくありません

・ボーナス・キャッシュバックが充実している
・スプレッドが狭い
・ロスカット水準0%

FXnet Viewerは総合的な機能ではMT4に劣ることは否めませんが、余分な機能がない分、操作が簡単で視覚的に仕組みを理解しやすく、 海外FXの初心者向けの入門ツールとしてはたいへんおすすめ です。

日本人利用者No1のXM Trading(XMトレーディング)

おすすめ度 ★★★★★

日本でも認知度も人気度も一番高い海外FX業者です。XMは世界に70万人以上の顧客を持つグローバルな海外 FX業者です。従業員数も180名を超え、日本人スタッフも15名以上在籍しています。
日本語サポートも充実しており、チャットでサポート対応もしてくれます。そういった経緯から現在日本人利用者が最も多い業者で、初心者から上級者まで幅広い層から定評がある会社です。
どこに口座開設をしようかな?と悩んでいる人はまず手始めにXMをおすすめします。

アバター

編集長 櫻井

大学卒業後就職するも半年で会社が倒産。就職先が無くIT業界に入りたくてひたすら1年間勉強とバイトをして会社を立ち上げる。順調に成長していたが大きな案件でトラブルを抱え2000万の案件が無くなり全力を注いでたため資金ショート。会社を畳む。 経験を生かしIT会社に就職。そこの先輩のすすめで株をやるがリーマンショックが絡み見事に失敗。その後自身のトレードノウハウをコツコツと身につけ、FXだけで生活できるレベルまでトレーダーとして成長。 IT会社から転職し海外FX徹底比較ドットコムのサイト立ち上げに参加。 現在は編集長として記事の正確性や信頼性のチェックを主な仕事にしている。 座右の銘は「負けていても収入がプラスになるトレーダーでいる事」 (FXトレード暦:10年・国内、海外株取引:7年)

【2022年】海外FX業者おすすめランキング13選!海外FX歴10年の私が人気会社を比較!

【2022年】海外FX業者おすすめランキング13選!海外FX歴10年の私が人気会社を比較!

海外FX業者はあえて金融庁ライセンスを取得していない

海外FX業者も自分たちの最大の強みがハイレバレッジであることをわかっているので、 あえて登録していない

とはいえ海外FX業者は”完全無登録業者”ではなく、外国の金融庁のライセンス認可を受けて運営している。
れっきとした”登録業者“なので安心してほしい。

追証なし(ゼロカットシステム)で借金を背負うことがない

海外FXではゼロカットシステムのおかげで投資金以上の借金を背負うことはない

海外FX業者にはゼロカットシステムという神のサービスが存在している。

ゼロカットシステムはマイナスになってしまった口座残高をゼロ(0)に戻してくれるサービスのこと。

つまり海外FXでは追証請求されることがなく、リスクが投資金までと限定されているわけだ。

有名な事例でいうと、スイスフランショックリーマンショックなど。

ゼロカットがない 国内FXではマイナスになった残高は追証請求され、絶対に支払わなければならない

“追証なし”という精神的余裕をもってトレードできるのは、アクティブなトレード・精神的安定の大きな助けになる。

証拠金が2倍になるほどの豪華なボーナスがある

海外FXのボーナスは超豪華

入金ボーナス

入金ボーナスは取引資金が%に応じて増える

入金額に応じて証拠金として使えるボーナスが受け取れるのが入金ボーナスだ。

この業者に10万円入金すると、入金ボーナスとして10万円が証拠金に付与される。
つまり実質20万円の証拠金で取引を始められるということだ。

未入金ボーナス(口座開設ボーナス)

新規口座開設ボーナスは入金なしでトレードできる

未入金ボーナスは口座開設するだけで受け取れるボーナス

自己資金を入金せずとも、未入金ボーナスを使えば無料でリアル口座の使い心地を試すことができる。

デモ口座とリアル口座では約定力に大きな違いがあるため、事前にリアルな約定力を知れるのは大きい。

ボーナスキャンペーンを提供している海外FX業者を知りたい方はこちら↓

取引の透明性が高いNDD方式を採用している

海外FX業者は透明性が高いNDD方式を採用している

基本的にはNDD方式は海外FX業者DD方式は国内FX業者 で採用されていることが多い。

NDD方式

つまりトレーダーが取引すればするほどFX会社も儲かるので、NDD方式ではトレーダーとFX会社はwin-winの関係となる。

NDD方式を採用している海外FX業者なら、透明性の高い環境で取引できる。

DD方式

トレーダーの注文をすべてFX会社が一旦決済

トレーダーの注文は通ったかどうかわからない、 完全ブラックボックスな注文方式 といえる。

仮に注文を通さなかった場合、 顧客とFX会社の利益は相反 してしまう。
悪いFX会社だと、不正な手(ストップ狩りや故意のリクオートなど)で顧客を負けさせようとしてくることさえある。

DD方式はかなり不透明な取引方式だ。

(※)NDD方式の業者なら取引制限なし

そのためNDD方式の業者では、スキャルピング・EAを利用した自動売買など無制限で取引できるのも大きな魅力だ。

海外FXはメリットがデメリットを遥かに凌駕する

国内FXと比べてスプレッドが多少広い点や突然の日本撤退のリスクなどのデメリットもあるが、管理人はデメリットを補ってあまりあるメリットが海外FXにはあると考えている。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる