バイナリーオプション

ベーシスチャート

ベーシスチャート
ライブチャート

ビットコインとS&P500の相関関係、約1年半ぶりの高水準に──安全資産かリスク資産か、長年の議論が過熱

ビットコイン(BTC)はゴールドのような安全資産か、リスク資産かという長年の議論が過熱しそうだ。米連邦準備理事会(FRB)の積極的な金融引き締めが不況を招くのではないかとの懸念のなか、ビットコインは株式市場の動きに敏感になっている。 アーケーン・リサーチのデータによると、ビットコインとS&P500の90日相関関係は18日に0.49%に上昇、2020年10月以来の高水準となった。「現状のビットコインとS&P500の相関関係の高さは、ビットコイン史上、前例がない」とアーケーン・リサーチは22日、ニュースレターに記した。 相関関係は米国債のイールドカーブ(利回り曲線)の容赦ない引き締めとともに高まっており、経済を不安定にすることなく、FRBがスタグフレーションを回避することは難しいかもしれないことを示している。景気後退の指標とされている10年債利回りと2年債利回りの逆転、いわゆる逆イールドはあと20ベーシスポイント(bp)まで迫っている。 つまり、ビットコインは「デジタル安全資産」という暗号資産市場の長年のアピールは、依然として実現していない。 「暗号資産は本当にファンダメンタルズ(=高インフレ)に反応していると言えればよいのだが、暗号資産は株式の上昇に反応していると考えている」とBannockburn Global Forexのマーク・チャンドラー(Marc Chandler)氏は、CoinDesk TVで語った。

株はインフレヘッジか?

伝統的金融市場の一部のアナリストは、株式は適切なインフレヘッジとして機能しているかもしれないと主張し始めている。企業は理論上、利益を守るために製品やサービスの価格を引き上げることができるためだ。 そしてこの考え方は、インフレやドル安に対するヘッジと考えられてきたビットコインを株式市場に近づける注目すべき変化となる。FRBが16日、2018年以来となる金利引き上げを決定した後、ビットコインは10%近く上昇した。この動きを、投資家がビットコインをインフレヘッジと捉えているためと見る人もいる。 しかし上昇は、株式市場の上昇に後押しされたようだ。TradingViewによると、FRBの利上げ以降、当記事執筆時点でS&P500は6%上昇、ナスダックは8.7%上昇している。 「私が興味を持っていることは、ビットコインの変化とナスダックの変化で、相関関係は60%を超えている」とチャンドラー氏は語る。「株式市場は、買いが進んでいる」。

歴史的な水準の弱気相場

歴史的な水準の弱気相場

ライブチャート

・価格が200DMAの下で取引されている場合、それはしばしば弱気相場とみなされる。
・価格が200DMAの上で取引されている場合、それはしばしば強気相場と見なされる。

ライブチャート

ビットコインにおけるファンダメンタル評価の変化

・投資家が安い価格で蓄積したコインを売却し、高く評価し直すと実現価格が上昇する。これは、強気相場や利確における典型的な例である。
・投資家による損失を発生し、正味の資本流出を反映して高い価格で蓄積されたコインを売却すると実現価格は低下する。これは弱気市場や市場のキャピチュレーションの典型的な例である。

ライブチャート

ライブチャート

ライブチャート

ロックされる損失

ネット実現損益(Net Realized Profit/Loss)指標は、投資家がその日にコインを売却することで発生する純資本のフロー体制を把握するものである。最近発生した2万ドル台にかけた価格崩壊では、史上最大の日次米ドル建て実現損失を伴いピリオドを打った。投資家は1日で-42億3400万ドルの損失を確定し、これは2021年半ばに記録した34億5700万ドルから22.5%増加した。

ライブチャート

ライブチャート

ライブチャート

ライブチャート

・価格はATHから-73.3%下落しており、過去の弱気市場の安値における上限と一致している。
・トップからボトムまでの期間は、弱気相場が始まったと判断される日から算出すると227日から435日の間である。
・200日移動平均線を下回る乖離は非常に大きく、取引日のうち悪化したのはわずか2%である。
・市場は史上最大の月間実現総額の下落を統計的に記録した。
・これは絶対的損失と相対的損失の両方をロックした売却行動によって裏付けられており、取引日のうち3.5%のみが大きな資金流出を経験している。
・損失のある取引高と収益のある取引高の比率は歴史的な高水準に達しており、これは投資家コホートが深い苦しみにあることを意味する。

2021-22年のビットコイン弱気相場は、その深刻さ、深さ、そして投資家による資本流出と実現損失の規模において、例え歴史上最も重要ではなかったとしても、明らかにそのうちの重要な出来事の一つであると確実に主張できる。

イーサリアムの現状

ライブチャート

ビットコイン占有のレジーム(高い値)は、BTCの優位性を示し、上昇トレンドはBTCを支持する一般的な資本の回転を示す。
イーサリアム占有レジーム(低い値)は、ETHの優位性を示し、下降トレンドはETHを支持する一般的な資本の回転を示し、これはしばしばデジタル資産におけるリスクカーブのさらに外側でのアウトパフォーマンスを伴う。

ライブチャート

ライブチャート

ライブチャート

ライブチャート

ETH 2.0預入金のMVRV比率は、預入金が行われた時の価格スタンプに基づいて計算できる。比較すると、ステーキングしたETHの1枚あたりの平均価格は2.4kドルであり、現在のスポット価格の2倍以上となっている。これにより、ETH 2.0ステーキングしている人は合計で-55%の含み損を抱えており、ETH投資家と比較して-22%悪いパフォーマンスとなっている。

ライブチャート

・2021年12月 - オミクロンの変種と最初のFRBによる国債のテーパリングの懸念の中で、54億ドルの先物建玉が強制ロスカットされたことにより、イーサリアムから約116億ドルの資本流出を引き起こし、市場全体を巻き込むデレバレッジイベントとなった(我々の以前の記事はこちら)。
・2022年5月~6月 Luna崩壊と2次的な効果によるデレバレッジがデジタル資産のエコシステム全体に波及し、ETHから約160億ドルの資金流出が発生した。

ライブチャート

イーサリアムトランザクション収益性(Ethereum Transaction Profitability)は、その日の全取引で実現した平均収益(プラスの場合には緑色)または損失(マイナスの場合には赤色)を表示する。

ライブチャート

・イーサリアムのピーク時のドローダウンは-79.5%であり、この売り相場は過去の弱気市場における底値の上限内に位置している。
・BTCの優位性は資本フローの動きを支配しており、これは歴史的に、さらに翌月のETHのパフォーマンスが低下することを示唆している。
・バイトあたりのイーサリアム獲得価値は、資本効率の悪化を示唆しており、0.15ドル/バイトのレベルが再び到来する場合、さらに50%下落する可能性を示唆している。早期の回復は、イーサリアムネットワークによる価値獲得メカニズムが改善されたことを示している。
・過去6ヶ月間、統計的にイーサリアム史上最大の資本崩壊イベントが2回発生し、実現総額からの純流出額は合計276億ドルに相当する。
・ETHとETH 2.0のMVRVによると、大幅なドローダウンが発生しており、ETH保有者が平均的に大きな含み損を抱えていることを示唆している。 ベーシスチャート
・イーサリアムのトランザクションの収益性は、投資家が各取引で平均-16%の損失を実現している。2019年1月最後に見られたレベルで低迷し続けている。

サマリーと結論

La Expulsión de los Turistas de Bitcoin

La Expulsión de los Turistas de Bitcoin

Bitcoin acaba de cerrar con uno de los peores recorridos mensuales de su historia, ya que junio nos ha dejado un desplome del -37%. Bitcoin ya casi ha terminado ベーシスチャート de expulsar por completo a todos los turistas del mercado, abandonando al enjambre de HODLers como nuestra última línea de defensa.

Market Pulse: ETH 2.0 Stakers Are Underwater

Market Pulse: ETH 2.0 Stakers Are Underwater

The Ethereum 2.0 upgrade is one of the most anticipated, and most watched events in ベーシスチャート digital asset industry. However, with staked ETH locked up, and market prices declining over 75%, the vast majority of stakers are now firmly underwater on ベーシスチャート their position.

خروج توریست ها از بازار بیتکوین

خروج توریست ها از بازار بیتکوین

ماه ژوئن با 37.9 درصد سقوط قیمت، ベーシスチャート یکی از بدترین ماه هایی بود که بیتکوین تا کنون تجربه کرده است. بسیاری از تماشاگران از بازی بیتکوین خارج شدند و تنها هولدرهای مصمم به عنوان آخرین سنگر دفاعی بیتکوین باقی مانده اند.

株式にとって史上最悪の上半期、米国債は上昇で下半期をスタート、リセッション懸念の過剰な織り込み、習近平主席が香港訪問

米国のデータが厳密な意味でのリセッションの可能性を示しているため、市場は依然としてリセッションの懸念に過度にとらわれています。ニューヨーク証券取引所がマイナスで引けた中、アジア株も朝から売られ、石油価格の上昇も重しとなりました。日経平均株価(NI ベーシスチャート ベーシスチャート 225.I)はアジア市場の下落を主導し、7月1日の前場は0.9%近い下げとなりました。プーチン大統領が天然ガス工場「サハリン2」をロシアの新事業体に移転する大統領令に署名したという報道を受けて、東京ガス(9531)と大阪ガス(9532)がともに7~9%下落し、日経平均では公益セクターが最も大幅なマイナスとなりました。ロシアの動きにより、両社は主要なエネルギープロジェクトへの投資からの撤退を余儀なくされる可能性があります。

中国のCSI 300(000300.I)は0.ベーシスチャート 3%下落しました。しかし、月間および四半期では上昇となり、アジア太平洋地域の牽引役となりました。中国の大型ハイテク株は、世界の株式市場、中でも米国の超大型ハイテク株の弱気トレンドに逆行する動きとなっています。香港市場は、25周年を記念する祝日で休場となっています。オーストラリアのASX200は+0.3%と、指数で唯一上昇しましたが、第2四半期は12%の下落となりました。シンガポールのSTI(ES 3)は横ばいで推移し、Wilmarが上昇の牽引役となりました。

米国債利回りは3%を割り込む

ドルは夜間の下落分を戻すも緩慢な動き

原油価格(OILUKAUG 22、OILUSJUL 22)は昨年11月以来の下落

考慮すべき点

米国の成長懸念が拡大

日本のインフレ率は2%超で推移

習主席が香港訪問

検討すべき取引・投資アイデア

Micronの決算はテクノロジー株のセンチメントの警告シグナル

Micron Technology(MU)は6月30日夜、第3四半期(期末は6月2日)決算を発表しました。同社は、第4四半期の業績について、売上が68億ドル~76億ドル(予想は91億4,000万ドル)、EPSが1.43ドル~1.83ドル(予想は2.57ドル)と予想を下回る見通しを明らかにしました。また、消費者需要の落ち込みも示されました。これは、パソコン分野やスマートフォン分野について我々が警告してきたネガティブなセンチメントの兆候を示していますが、メモリーとストレージの需要は維持されています。

For a global look at markets – tune into our Podcast.

最新のレポート

口座開設は無料。オンラインで簡単にお申し込みいただけます。

■当資料は、いずれも情報提供のみを目的としたものであり、特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。
■当資料は、作成時点において執筆者またはサクソバンク証券(以下「当社」)が信頼できると判断した情報やデータ等に基づいていますが、執筆者または当社はその正確性、完全性等を保証するものではありません。当資料の利用により生じた損害についても、執筆者または当社は責任を負いません。
■当資料で示される意見は執筆者によるものであり、当社の考えを反映するものではありません。また、これら意見はあくまでも参考として申し述べたものであり、推奨を意味せず、また、いずれの記述も将来の傾向、数値、投資成果等を示唆もしくは保証するものではありません。
■当資料に記載の情報は作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。
■当資料の全部か一部かを問わず、無断での転用、複製、再配信、ウェブサイトへの投稿や掲載等を行うことはできません。
■上記のほか、当資料の閲覧・ご利用に関する「 免責事項」をご確認ください。
■当社が提供するデリバティブ取引は、為替相場、有価証券の価格や指数、貴金属その他の商品相場または金利等の変動によって損失を生じるおそれがあります。また、お預けいただく証拠金額に比べてお取引可能な金額が大きいため、その損失は、預託された証拠金の額を上回る恐れがあります。
■当社が提供する外国証券取引は、買付け時に比べて売付け時に、価格が下がっている場合や円高になっている場合に損失が発生します。手数料については、「取引金額×一定料率」又は「取引数量×一定金額」で求めた手数料が一回の取引ごとに課金されます。ただし手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また取引所手数料等の追加費用がかかる場合があります。
■取引にあたっては、取引説明書および取引約款を熟読し十分に仕組みやリスクをご理解いただき、発注前に取引画面で手数料等を確認のうえ、ご自身の判断にてお取引をお願いいたします。
■当社でのお取引にかかるリスクやコスト等については、 こちらも必ずご確認ください。

サクソバンク証券株式会社
Saxo Bank Securities Ltd.
Toranomon Kotohira Tower 22F
1-2-8 ベーシスチャート Toranomon Minato-ku Tokyo 105- 0001
〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-2-8
虎ノ門琴平タワー 22F

取扱商品・手数料
取引ツール
取引サポート
口座開設・サクソバンクについて

■外国為替証拠金取引は各通貨の価格を、貴金属証拠金取引は各貴金属の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、売買の状況によってはスワップポイントの支払いが発生したり、通貨の金利や貴金属のリースレート等の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じたりすることがあります。外国為替証拠金取引の手数料については、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。アクティブトレーダーでは取引金額に一定の料率(ステージ1: 0.003%、ステージ2: 0.002%、ステージ3: 0.001%)を掛けて求めた手数料が新規/決済それぞれで課金されます。さらにステージ2と3ではお支払いいただいた手数料の月間合計額が月額標準金額(ステージ2: 6万円、ステージ3: 20万円)に満たない場合は、その差額を追加で徴収させていただきます。ミニマムチャージの設定はありません。ステージはお客様ご自身で事前に選択していただき、月単位で適用されます。変更する場合は翌月以降の月の初日から有効となり、原則として月の途中で変更することはできません。貴金属証拠金取引の手数料についても、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。ただしスタンダードではミニマムチャージが設定されています。アクティブトレーダーの手数料は外国為替証拠金取引と同様の仕組みになります。なお、ステージ2と3における手数料の月間合計額の計算では、外国為替証拠金取引と貴金属証拠金取引で発生した手数料が合算されます。
■外国為替オプション取引は外国為替証拠金取引の通貨を、貴金属オプション取引は貴金属証拠金取引の貴金属を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。手数料については、外国為替オプション取引・貴金属オプション取引ともに無料です。なお、オプションの売り側は権利行使に応える義務があります。
■株価指数CFD取引は株価指数や株価指数を対象としたETFを、個別株CFD取引は個別株や個別株関連のETFを、債券CFD取引は債券や債券を対象としたETFを、その他証券CFD取引はその他の外国上場株式関連ETF等を、商品CFD取引は商品先物取引をそれぞれ原資産とし、それらの価格の変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、建玉や売買の状況によってはオーバーナイト金利、キャリングコスト、借入金利、配当等調整金の支払いが発生したり、通貨の金利の変動によりオーバーナイト金利が受取りから支払いに転じたりすることがあります。手数料については、東京証券取引所上場株式を原資産とするCFD取引の日計り取引は「取引金額×0.05%」の手数料がかかり、建玉を持ち越した場合、キャッシュバック方式により、売買手数料は無料です。ETFを原資産としない株価指数CFD取引と商品CFD取引では売/買、新規/決済の別にかかわらず無料ですが、それ以外は有料となり「取引金額×一定料率」または「取引数量×一定金額」で求めた手数料がかかります。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。手数料の料率や金額または最低手数料は取引所や銘柄などによって異なります。
■上記全ての取引においては、当社が提示する売価格と買価格にスプレッド(価格差)があり、お客様から見た買価格のほうが売価格よりも高くなります。
■先物取引は各原資産の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。手数料については、売買手数料と取引所手数料が新規/決済のそれぞれで課金されます。売買手数料は注文単位当りで定められています。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また、建玉を翌日に持ち越すとキャリングコストが発生します。
■外国株式オプション取引は、対象とする外国上場株式の市場価格あるいは当該外国上場株式の裏付けとなっている資産の価格や評価額の変動等に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、対象とする外国上場株式の発行者の信用状況の変化等により、損失が発生することがあります。なお、オプションを行使できる期間には制限がありますので留意が必要です。さらに、外国株式オプションは、市場価格が現実の市場価格等に応じて変動するため、その変動率は現実の市場価格等に比べて大きくなる傾向があり、意図したとおりに取引ができず、場合によっては大きな損失が発生する可能性があります。また取引対象となる外国上場株式が上場廃止となる場合には、当該外国株式オプションも上場廃止され、また、外国株式オプションの取引状況を勘案して当該外国株式オプションが上場廃止とされる場合があり、その際、取引最終日及び権利行使日が繰り上げられることや権利行使の機会が失われることがあります。対象外国上場株式が売買停止となった場合や対象外国上場株式の発行者が、人的分割を行う場合等には、当該外国株式オプションも取引停止となることがあります。また買方特有のリスクとして、外国株式オプションは期限商品であり、買方がアウトオブザマネーの状態で、取引最終日までに転売を行わず、また権利行使日に権利行使を行わない場合には、権利は消滅します。この場合、買方は投資資金の全額を失うことになります。また売方特有のリスクとして、売方は証拠金を上回る取引を行うこととなり、市場価格が予想とは反対の方向に変化したときの損失が限定されていません。売方は、外国株式オプション取引が成立したときは、証拠金を差し入れ又は預託しなければなりません。その後、相場の変動や代用外国上場株式の値下がりにより不足額が発生した場合には、証拠金の追加差入れ又は追加預託が必要となります。また売方は、権利行使の割当てを受けたときには、必ずこれに応じなければなりません。すなわち、売方は、権利行使の割当てを受けた際には、コールオプションの場合には売付外国上場株式が、プットオプションの場合は買付代金が必要となりますから、特に注意が必要です。さらに売方は、所定の時限までに証拠金を差し入れ又は預託しない場合や、約諾書の定めによりその他の期限の利益の喪失の事由に該当した場合には、損失を被った状態で建玉の一部又は全部を決済される場合もあります。更にこの場合、その決済で生じた損失についても責任を負うことになります。外国株式オプション取引の取引手数料については、1ロットあたり3.0米ドルが一回の取引ごとに課金されます。その他にも取引所手数料やキャリングコストなど様々な費用がかかります。手数料の詳細は、発注前の取引画面でご確認ください。外国株式オプション取引(売建て)を行うにあたっては、所定の証拠金を担保として差し入れ又は預託していただきます。証拠金率は各銘柄のリスクによって異なりますので、発注前の取引画面でご確認ください。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、取引証拠金を事前に当社に預託する必要があります。取引証拠金の最低必要額は取引可能な額に比べて小さいため、損失が取引証拠金の額を上回る可能性があります。この最低必要額は、取引金額に対する一定の比率で設定されおり、口座の区分(個人または法人)や個別の銘柄によって異なりますが、平常時の比率は4%から20%が適用されます。ただし法人が行う外国為替証拠金取引については、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用いて通貨ペアごとに算出(1週間に1度)した比率を下回らないように当社が設定します。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、損失が無制限に拡大することを防止するために自動ロスカット(自動ストップロス)が適用されますが、これによって確定した損失についてもお客様の負担となります。また自動ロスカットは決済価格を保証するものではなく、損失がお預かりしている取引証拠金の額を超える可能性があります。
■外国証券売買取引は、買付け時に比べて売付け時に、価格が下がっている場合や円高になっている場合に損失が発生します。手数料については、「取引金額×一定料率」又は「取引数量×一定金額」で求めた手数料が一回の取引ごとに課金されます。ただし手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また取引所手数料等の追加費用がかかる場合があります。
■取引にあたっては、取引説明書および取引約款を熟読し十分に仕組みやリスクをご理解いただき、発注前に取引画面で手数料等を確認のうえ、ご自身の判断にてお取引をお願いいたします。

サクソバンク証券株式会社

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第239号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本投資者保護基金、日本商品先物取引協会

ご使用になられているブラウザ環境によりウェブサイトを正しく表示できません。

本サイトでは iOS 9.X および Microsoft Internet Explorer 10 以降のブラウザのご利用を推奨しています。これ以外の環境でご利用いただいた場合、本サイトの利用に必要な機能が使用できず、画面が正常に表示されない、動作しない等の現象が起きることがあります。

ベーシスチャート

売買動向を見ると、再びイーサリアムよりビットコインに買いが集まる傾向が見られた。また、DOGE(ドージコイン), XRP(エックスアールピー)、ADA(カルダノ)に強い買いが見られた一方、SOL(ソラナ)、 DOT(ポルカドット), EOS(イオス)は売りが優勢であった。 地域別に見ると、アジア圏と欧州・中東圏は買い越しだったが、米国圏においては売り優勢。 顧客カテゴリー別では、銀行に強い買いが見られた一方、海外取引所は売り越しなった。

今後の展望
今週は、5月17日(火)のパウエル米FRB議長を筆頭に、ブラード、ハーカー、メスターと投票権のある連銀総裁の発言に注目が集まる。また、米4月小売売上高も同日に発表される。
暗号資産市場にとっての焦点は、「守り」だろう。つまり、先週にテラに起こった出来事に続くかもしれない暗号資産市場の潜在的なシステミックリスクに対するヘッジ動向に注目が集まっている。リスクオフマーケットの流動性低下、スプレッドの拡大、ボラティリティの上昇、プライスの不安定さはしばらく続くだろう。




(提供:SBIリクイディティ・マーケット。本レポートはグローバルで大きな取引シェアを持つ暗号資産マーケットメイカーのB2C2社のデータを元に、SBIリクイディティ・マーケットが作成しています。)
-----
お客様は、本レポートに表示されている情報をお客様自身のためにのみご利用するものとし、第三者への提供、再配信を行うこと、独自に加工すること、複写もしくは加工したものを第三者に譲渡または使用させることは出来ません。情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 また、これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。本レポートに表示されている事項は、投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終判断はお客様ご自身でお願いします。
マーケット情報一覧へ戻る

サービス概要

インフォメーション

© SBI VC Trade Co., Ltd.

暗号資産を利用する際の主な注意点
暗号資産は、日本円、ドルなどの「法定通貨」とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
暗号資産は、価格変動により損失が生じる可能性があります。
暗号資産は、移転記録の仕組みの破綻によりその価値が失われる可能性があります。
当社が倒産した場合には、預託された金銭及び暗号資産を返還することができない可能性があります。
暗号資産は支払いを受ける者の同意がある場合に限り、代価の支払いのために使用することができます。
当社の取り扱う暗号資産のお取引にあたっては、その他にも注意を要する点があります。お取引を始めるに際してはサービスごとの「サービス総合約款 」(新VCTRADE)、「暗号資産取引サービス約款」(旧VCTRADE)、「暗号資産取引説明書(契約締結前交付書面)」(新VCTRADE)、「暗号資産の売買等に関するご説明(契約締結前交付書面)」(旧VCTRADE)、等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただきご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。
秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値を失う可能性があります。 ベーシスチャート
PDF書面のご確認には、当社が推奨いたしますブラウザソフト、ならびにPDFファイル閲覧ソフトが必要となります。

手数料について
口座管理費、年会費、日本円の入金手数料、暗号資産の受取・送付(入出庫)手数料はかかりません。ただし、旧VCTRADEに関しては日本円の出金に対しては手数料がかかります。詳しくは「手数料」をご確認ください。

商号等SBI VCトレード株式会社(暗号資産交換業者)
登録番号関東財務局長 第 00011 号
加入協会一般社団法人 日本暗号資産取引業協会

上記に加え、暗号資産関連店頭デリバティブ取引を行う場合の主な注意点
暗号資産関連店頭デリバティブ取引に関して顧客が支払うべき手数料 、報酬その他の対価の種類ごとの金額若しくはその上限額又はこれらの計算方法の概要及び当該金額の合計額若しくはその上限額又はこれらの計算方法の概要は、「レバレッジ手数料」(新VCTRADE)に定める通りです。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引 を行うためには、あらかじめ日本円又は暗号資産(BTC、 ETH、XRP、LTC、BCH、LINK、DOT)で証拠金を預託頂く必要があります。預託する額又はその計算方法は、「証拠金について」(新VCTRADE)をご確認ください。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引は、少額の資金で証拠金を上回る取引を行うことができる一方、急激な暗号資産の価格変動等により短期間のうちに証拠金の大部分又はそのすべてを失うことや、取引額が証拠金の額を上回るため、証拠金等の額を上回る損失が発生する場合があります。 ベーシスチャート 当該取引の額の当該証拠金等の額に対する比率は、個人のお客様の場合で最大2倍、法人のお客様の場合は、一般社団法人日本暗号資産取引業協会が別に定める倍率(法人レバレッジ倍率)です。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引は、元本を保証するものではなく、暗号資産の価格変動により損失が生じる場合があります。「暗号資産取引説明書(契約締結前交付書面)」(新VCTRADE)等をよくお読みのうえ、リスク、仕組み、特徴について十分に理解いただき、ご納得されたうえでご自身の判断にて取引を行って頂きますようお願いいたします。

株式にとって史上最悪の上半期、米国債は上昇で下半期をスタート、リセッション懸念の過剰な織り込み、習近平主席が香港訪問

米国のデータが厳密な意味でのリセッションの可能性を示しているため、市場は依然としてリセッションの懸念に過度にとらわれています。ニューヨーク証券取引所がマイナスで引けた中、アジア株も朝から売られ、石油価格の上昇も重しとなりました。日経平均株価(NI 225.I)はアジア市場の下落を主導し、7月1日の前場は0.9%近い下げとなりました。プーチン大統領が天然ガス工場「サハリン2」をロシアの新事業体に移転する大統領令に署名したという報道を受けて、東京ガス(9531)と大阪ガス(9532)がともに7~9%下落し、日経平均では公益セクターが最も大幅なマイナスとなりました。ロシアの動きにより、両社は主要なエネルギープロジェクトへの投資からの撤退を余儀なくされる可能性があります。

中国のCSI 300(000300.I)は0.3%下落しました。しかし、月間および四半期では上昇となり、アジア太平洋地域の牽引役となりました。中国の大型ハイテク株は、世界の株式市場、中でも米国の超大型ハイテク株の弱気トレンドに逆行する動きとなっています。香港市場は、25周年を記念する祝日で休場となっています。オーストラリアのASX200は+0.3%と、指数で唯一上昇しましたが、第2四半期は12%の下落となりました。シンガポールのSTI(ES 3)は横ばいで推移し、Wilmarが上昇の牽引役となりました。

米国債利回りは3%を割り込む

ドルは夜間の下落分を戻すも緩慢な動き

原油価格(OILUKAUG 22、OILUSJUL 22)は昨年11月以来の下落

考慮すべき点

米国の成長懸念が拡大

日本のインフレ率は2%超で推移

習主席が香港訪問

検討すべき取引・投資アイデア

Micronの決算はテクノロジー株のセンチメントの警告シグナル

Micron Technology(MU)は6月30日夜、第3四半期(期末は6月2日)決算を発表しました。同社は、第4四半期の業績について、売上が68億ドル~76億ドル(予想は91億4,000万ドル)、EPSが1.43ドル~1.83ドル(予想は2.57ドル)と予想を下回る見通しを明らかにしました。また、消費者需要の落ち込みも示されました。これは、パソコン分野やスマートフォン分野について我々が警告してきたネガティブなセンチメントの兆候を示していますが、メモリーとストレージの需要は維持されています。

For a global look at markets ベーシスチャート – tune into our Podcast.

最新のレポート

口座開設は無料。オンラインで簡単にお申し込みいただけます。

■当資料は、いずれも情報提供のみを目的としたものであり、特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。
■当資料は、作成時点において執筆者またはサクソバンク証券(以下「当社」)が信頼できると判断した情報やデータ等に基づいていますが、執筆者または当社はその正確性、完全性等を保証するものではありません。当資料の利用により生じた損害についても、執筆者または当社は責任を負いません。
■当資料で示される意見は執筆者によるものであり、当社の考えを反映するものではありません。また、これら意見はあくまでも参考として申し述べたものであり、推奨を意味せず、また、いずれの記述も将来の傾向、数値、投資成果等を示唆もしくは保証するものではありません。
■当資料に記載の情報は作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。
■当資料の全部か一部かを問わず、無断での転用、複製、再配信、ウェブサイトへの投稿や掲載等を行うことはできません。
■上記のほか、当資料の閲覧・ご利用に関する「 免責事項」をご確認ください。
■当社が提供するデリバティブ取引は、為替相場、有価証券の価格や指数、貴金属その他の商品相場または金利等の変動によって損失を生じるおそれがあります。また、お預けいただく証拠金額に比べてお取引可能な金額が大きいため、その損失は、預託された証拠金の額を上回る恐れがあります。
■当社が提供する外国証券取引は、買付け時に比べて売付け時に、価格が下がっている場合や円高になっている場合に損失が発生します。手数料については、「取引金額×一定料率」又は「取引数量×一定金額」で求めた手数料が一回の取引ごとに課金されます。ただし手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また取引所手数料等の追加費用がかかる場合があります。 ベーシスチャート
■取引にあたっては、取引説明書および取引約款を熟読し十分に仕組みやリスクをご理解いただき、発注前に取引画面で手数料等を確認のうえ、ご自身の判断にてお取引をお願いいたします。
■当社でのお取引にかかるリスクやコスト等については、 こちらも必ずご確認ください。

サクソバンク証券株式会社
Saxo Bank Securities Ltd.
Toranomon Kotohira Tower ベーシスチャート 22F
1-2-8 Toranomon Minato-ku Tokyo 105- 0001
〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-2-8
虎ノ門琴平タワー 22F

取扱商品・手数料
取引ツール
取引サポート
口座開設・サクソバンクについて

■外国為替証拠金取引は各通貨の価格を、貴金属証拠金取引は各貴金属の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、売買の状況によってはスワップポイントの支払いが発生したり、通貨の金利や貴金属のリースレート等の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じたりすることがあります。外国為替証拠金取引の手数料については、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。アクティブトレーダーでは取引金額に一定の料率(ステージ1: 0.003%、ステージ2: 0.002%、ステージ3: 0.001%)を掛けて求めた手数料が新規/決済それぞれで課金されます。さらにステージ2と3ではお支払いいただいた手数料の月間合計額が月額標準金額(ステージ2: 6万円、ステージ3: 20万円)に満たない場合は、その差額を追加で徴収させていただきます。ミニマムチャージの設定はありません。ステージはお客様ご自身で事前に選択していただき、月単位で適用されます。変更する場合は翌月以降の月の初日から有効となり、原則として月の途中で変更することはできません。貴金属証拠金取引の手数料についても、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。ただしスタンダードではミニマムチャージが設定されています。アクティブトレーダーの手数料は外国為替証拠金取引と同様の仕組みになります。なお、ステージ2と3における手数料の月間合計額の計算では、外国為替証拠金取引と貴金属証拠金取引で発生した手数料が合算されます。
■外国為替オプション取引は外国為替証拠金取引の通貨を、貴金属オプション取引は貴金属証拠金取引の貴金属を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。手数料については、外国為替オプション取引・貴金属オプション取引ともに無料です。なお、オプションの売り側は権利行使に応える義務があります。
■株価指数CFD取引は株価指数や株価指数を対象としたETFを、個別株CFD取引は個別株や個別株関連のETFを、債券CFD取引は債券や債券を対象としたETFを、その他証券CFD取引はその他の外国上場株式関連ETF等を、商品CFD取引は商品先物取引をそれぞれ原資産とし、それらの価格の変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、建玉や売買の状況によってはオーバーナイト金利、キャリングコスト、借入金利、配当等調整金の支払いが発生したり、通貨の金利の変動によりオーバーナイト金利が受取りから支払いに転じたりすることがあります。手数料については、東京証券取引所上場株式を原資産とするCFD取引の日計り取引は「取引金額×0.05%」の手数料がかかり、建玉を持ち越した場合、キャッシュバック方式により、売買手数料は無料です。ETFを原資産としない株価指数CFD取引と商品CFD取引では売/買、新規/決済の別にかかわらず無料ですが、それ以外は有料となり「取引金額×一定料率」または「取引数量×一定金額」で求めた手数料がかかります。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。手数料の料率や金額または最低手数料は取引所や銘柄などによって異なります。
■上記全ての取引においては、当社が提示する売価格と買価格にスプレッド(価格差)があり、お客様から見た買価格のほうが売価格よりも高くなります。
■先物取引は各原資産の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。手数料については、売買手数料と取引所手数料が新規/決済のそれぞれで課金されます。売買手数料は注文単位当りで定められています。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また、建玉を翌日に持ち越すとキャリングコストが発生します。
■外国株式オプション取引は、対象とする外国上場株式の市場価格あるいは当該外国上場株式の裏付けとなっている資産の価格や評価額の変動等に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、対象とする外国上場株式の発行者の信用状況の変化等により、損失が発生することがあります。なお、オプションを行使できる期間には制限がありますので留意が必要です。さらに、外国株式オプションは、市場価格が現実の市場価格等に応じて変動するため、その変動率は現実の市場価格等に比べて大きくなる傾向があり、意図したとおりに取引ができず、場合によっては大きな損失が発生する可能性があります。また取引対象となる外国上場株式が上場廃止となる場合には、当該外国株式オプションも上場廃止され、また、外国株式オプションの取引状況を勘案して当該外国株式オプションが上場廃止とされる場合があり、その際、取引最終日及び権利行使日が繰り上げられることや権利行使の機会が失われることがあります。対象外国上場株式が売買停止となった場合や対象外国上場株式の発行者が、人的分割を行う場合等には、当該外国株式オプションも取引停止となることがあります。また買方特有のリスクとして、外国株式オプションは期限商品であり、買方がアウトオブザマネーの状態で、取引最終日までに転売を行わず、また権利行使日に権利行使を行わない場合には、権利は消滅します。この場合、買方は投資資金の全額を失うことになります。また売方特有のリスクとして、売方は証拠金を上回る取引を行うこととなり、市場価格が予想とは反対の方向に変化したときの損失が限定されていません。売方は、外国株式オプション取引が成立したときは、証拠金を差し入れ又は預託しなければなりません。その後、相場の変動や代用外国上場株式の値下がりにより不足額が発生した場合には、証拠金の追加差入れ又は追加預託が必要となります。また売方は、権利行使の割当てを受けたときには、必ずこれに応じなければなりません。すなわち、売方は、権利行使の割当てを受けた際には、コールオプションの場合には売付外国上場株式が、プットオプションの場合は買付代金が必要となりますから、特に注意が必要です。さらに売方は、所定の時限までに証拠金を差し入れ又は預託しない場合や、約諾書の定めによりその他の期限の利益の喪失の事由に該当した場合には、損失を被った状態で建玉の一部又は全部を決済される場合もあります。更にこの場合、その決済で生じた損失についても責任を負うことになります。外国株式オプション取引の取引手数料については、1ロットあたり3.0米ドルが一回の取引ごとに課金されます。その他にも取引所手数料やキャリングコストなど様々な費用がかかります。手数料の詳細は、発注前の取引画面でご確認ください。外国株式オプション取引(売建て)を行うにあたっては、所定の証拠金を担保として差し入れ又は預託していただきます。証拠金率は各銘柄のリスクによって異なりますので、発注前の取引画面でご確認ください。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、取引証拠金を事前に当社に預託する必要があります。取引証拠金の最低必要額は取引可能な額に比べて小さいため、損失が取引証拠金の額を上回る可能性があります。この最低必要額は、取引金額に対する一定の比率で設定されおり、口座の区分(個人または法人)や個別の銘柄によって異なりますが、平常時の比率は4%から20%が適用されます。ただし法人が行う外国為替証拠金取引については、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用いて通貨ペアごとに算出(1週間に1度)した比率を下回らないように当社が設定します。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、損失が無制限に拡大することを防止するために自動ロスカット(自動ストップロス)が適用されますが、これによって確定した損失についてもお客様の負担となります。また自動ロスカットは決済価格を保証するものではなく、損失がお預かりしている取引証拠金の額を超える可能性があります。
■外国証券売買取引は、買付け時に比べて売付け時に、価格が下がっている場合や円高になっている場合に損失が発生します。手数料については、「取引金額×一定料率」又は「取引数量×一定金額」で求めた手数料が一回の取引ごとに課金されます。ただし手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また取引所手数料等の追加費用がかかる場合があります。
■取引にあたっては、取引説明書および取引約款を熟読し十分に仕組みやリスクをご理解いただき、発注前に取引画面で手数料等を確認のうえ、ご自身の判断にてお取引をお願いいたします。

サクソバンク証券株式会社

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第239号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本投資者保護基金、日本商品先物取引協会

ご使用になられているブラウザ環境によりウェブサイトを正しく表示できません。

本サイトでは iOS 9.X および Microsoft Internet Explorer 10 以降のブラウザのご利用を推奨しています。これ以外の環境でご利用いただいた場合、本サイトの利用に必要な機能が使用できず、画面が正常に表示されない、動作しない等の現象が起きることがあります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる