初心者入門

FXテクニカルを極める

FXテクニカルを極める
FXテクニカル分析

エントリー時に注目すべきイベントは?雇用統計やGMOクリック証券でのトレードの仕方も解説

AUDUSD


※取引画面より筆者作成

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)FXテクニカルを極める 投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

最新記事 by 中島 翔 (全て見る)

  • 初心者が円安相場で儲ける方法は?円安の理由やGMOクリック証券でのトレード方法も解説 - 2022年6月10日
  • 2022.6.10 マーケットレポート【ECB11年振りの利上げへ】 - 2022年6月10日
  • エントリー時に注目すべきイベントは?雇用統計やGMOクリック証券でのトレードの仕方も解説 - 2022年6月9日
  • Coincheck NFT(β)で取り扱いが開始されたDecentralandのLANDとは? - 2022年6月9日
  • 2022.6.9 マーケットレポート【クロス円上昇を止めるものはいないか】 - 2022年6月9日

おすすめのFX会社・FXサービスは?

FXネオ

72万口座超の大手FXサービス(2021年7月時点)。業界最狭水準のスプレッドに加え、デモ取引も利用可能!

DMM FX

dmmfx

アプリで高機能チャート利用可!最短で1時間後に取引可能、LINEやAIチャットでの問い合わせなどサポートも充実

松井証券 MATSUI FX

松井証券 MATSUI FX

レバレッジ1倍、100円からの少額取引が可能。業界最狭水準のスプレッド、28種類のテクニカル指標も利用可

FX投資の人気コラム

FXの最新ニュース

  • 2022/4/25SBIネオモバイル証券「ネオモバ3周年大感謝祭番外編」キャンペーン実施。新成人対象に
  • 2022/4/24SBIネオモバイル証券が国内株式の利用料最大99.8%還元キャンペーン、5/2開始
  • 2022/4/2Z世代の8割超が「18歳になったら投資をはじめたい」LINE証券が投資意識調査
  • 2022/1/18インヴァスト証券、FX取引量に応じて寄付できる「社会貢献ポイント」で21年度に322万円寄付
  • 2021/12/11米CPI公表やオミクロン株による株価の影響は?2021年12月6日~10日の株式・金利マーケットレポート

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

FX / 波の捉え方を極めるには?

FX基礎

FX / 波の捉え方を極めるには?

小さな波が大きな波を作る

小さな波が大きな波を作る

波の終点はどこだろう?

波の終点はどこだろう?

FX/ローソク足の見方を覚えよう!

FXと株の違いについて

レバレッジの違い まずはレバレッジが大きく利かせられる点です。レバレッジを利かすとは少ない資金でもその数倍の取引が可能な仕組みです。 FXの場合は現在最高で25倍まで、株は3倍までになります。 さらに株の場合は取.

FX 指値・逆指値の意味と違いについて解説!

FXで時間足はどれを選ぶか?

トレンドの転換を示すローソク足「スパイク」を覚えよう!

相場の天井圏や底値圏でよく出るローソク足の形や、チャートパターンなどにはいくつかの種類があります。 今回はその中でもローソク足の形に焦点をあてまして、天井や底でよく出るローソク足の基本中の基本をご紹介します。 スパイク.

FX / ピボットの基本的な使い方

相場を予測するのに使えそうなインジケーターで、ピボットというものがあります。 基本的な使い方を勉強しましょう。 ピボットとは? RSIやパラボリックを開発したJ・W・ワイルダー氏が考案したテクニカル指標です。 .

Profile

きしぞ~

FX歴、約10年。
本、動画サイト、情報商材などでかなりの勉強をしました。
基礎知識持っています!
過去には某サイトのFXトレードキャンペーンにて約30,000人中53位を獲得しました。
FX初心者向けに役立つ記事を書いていきたいと思っています。

(テクニカルを極める)相場ごとのテクニカル指標を理解し、移動平均線を極めよう!

前回までの記事で、チャートを見るための基本を解説してきました。
水平線とトレンドラインを使って、相場のトレンド判定もできるようになったかと思います。
この基本を踏まえ、いよいよテクニカル指標(インジケータ)を使った相場の分析方法を説明していきたいと思います。
トレンドのタイプに応じて、各種のテクニカル指標に着目すれば、
格段にトレードスキルもアップしていきます。
テクニカル指標は適当に選ぶものではありません。
トレンド相場ならトレンド系指標、レンジ相場ならレンジ系指標に注目してトレードをする必要があります。

トレンド、レンジなど相場の型で使い分けたいテクニカル指標

各テクニカル指標をトレンド相場型、レンジ相場型、トレンド・レンジ相場両用型の代表的なテクニカル指標が以下のとおりです。
●トレンド相場型
移動平均線、DMI
●レンジ相場型(オシレータ系指標ともいう)
ストキャスティクス、RSI
●トレンド・レンジ相場両用型
MACD、ボリンジャーバンド、フィボナッチリトレースメント
それぞれのテクニカル指標の特徴を把握し、組み合わせることによって利益を上げるトレード戦術を構築していきます。
今回は、私が主に参考にしている指標である、移動平均線とボリンジャーバンドについて解説します。
【移動平均線】

移動平均線の仕組み

移動平均線(Moving AverageまたはMA)は、上昇・下降トレンドの波に乗るトレンドフォローを狙うトレーダーにとって必要不可欠な指標です。
これは一定期間のレートの終値の平均を出して線を結んだものです。
例えば、5日移動平均線は、過去5日の終値を足して5で割った平均値です。
常に5日間の終値の平均なので、1日経過すれば、5日前のレートは削除して、
新たに加わった1日分を足した5日で平均値を算出しなおします。
〈移動平均の算出式〉
架空のドル円の8月21日の5日移動平均線を求めるとします。
この場合は、8月21日からの過去5日間の終値を求めて、それを合計した平均値が8月21日の移動平均線となります。

翌日の8月22日の移動平均線を求めるには、また過去5日間をさかのぼって平均を算出する。このとき、新しく8月25日が加わるため、8月17日は除いて考えます。

こうして、当日の平均を出して、それをつなげていく一つの線が出来上がります。これが移動平均線になります。
当然、日数がすくなり移動平均線は現在のチャートの動きに近くなり、
反対に日数が多い移動平均線は、チャートの動きから離れて緩やかな線になります。
また、移動平均線は、相場の方向を見るために使います。
移動平均線が右肩上がりなら上昇トレンド、下がっているなら下降トレンドと判定できます。
移動平均線の傾きの角度が急になればなるほど、強いトレンドとみなすことができます。
なお、移動平均線のパラメーターは、短期間であれば、
5日、10日、25日。
長期間であれば、
75日、100日が使われることが一般的ですが、チャートに応じて自分で調整しても構いません。
■短期25日線と長期75日線の組み合わせ例

※チャートは短期線に沿って進みます。短期戦をチャートが突き抜けた場合も長期線にふれるとその方向に向けて進んでいきやすくなります。

ゴールデンクロスとデッドクロス

基本的には短期足と長期足の移動平均線を上図のように2本表示して使います。
そして長期戦が短期戦を下から上に抜いた形を FXテクニカルを極める ゴールデンクロス(GC)、
逆に下に抜いた形を デッドクロス(DC) といいます。
一般的にはGCは買いのサイン、DCは売りのサインとなりますが、必ずしもどうでないケースも多いので、参考程度に見ておきましょう。
むしろ、GCやDCが発生したときは、売りと買い勢力が激しくぶつかる相場なので、乱高下します。
安易に手を出さずにGC、DC後に発生するトレンドを見定めてからトレードするのがポイントです。
このGC,DCに関してはまた次回詳しく解説します。
デイトレードをしなくても、FXで月5万円の利益を生む方法を知りたい人はこちら

(テクニカルを極める)チャートをマスターする!王道テクニカル・トレンドラインの引き方


※上昇トレンドラインは右斜め上に向けて引いていく。
支点の部分はなるべくヒゲから引き、あとはなるべく多く接点になりそうな場所を探してラインを通す。
上の例では 4つの接点をラインで結ぶことができた。
これでトレンドラインに当たるたびに相場が反発していくことがわかる。

下降トレンドライン


※下降トレンドラインは右斜め下に向けて引いていく。
A の地点はトレンドラインから多少はみ出ることになったが、このくらいは許容範囲。
厳密にロウソクのヒゲや始値を通過するように引かなくても可。
大部分のトレンドラインは大雑把にはみ出ていたりする事が多いので、
目視のレベルでラインが有効と認識できればよい。
場合によっては、複数のトレンドラインが引けるケースもあります。
基本となるトレンドラインを引いたあとに、相場のスピードが加速する場合は、最初に引いたトレンドラインの上 に もうひとつのトレンド ラインを引くことができます。

2種類のトレンドライン


※A は最初に引けるトレンドラインだが、途中で相場が加速して、Aの上にBのトレンドラインが引けるようになった。
この場合はしばらく相場は B のトレンドライン上を進むことになるが、力尽きると基本となるAのトレンドラインの地点まで落ちてくる。

トレンドラインブレイク

トレンドラインにも前回の水平線で説明したように、
チャートが線を突破すると抵抗線 (サポートライン)と支持線(レジスタンスライン)の働きが逆転する現象が起こります。
特 にトレンドラインからチャートが飛び出したときは、窮屈なところに閉じ込められていたチャートが開放されたように、勢い良く逆方向に飛び出します。そして、再び飛び出したトレンドラインに当たったときは、今度はそのラインの働きが逆転することになります。

移動平均線(Moving Average)について徹底的に理解する!テクニカルの王道 移動平均線を極める!

FXテクニカル分析

移動平均線とは?

移動平均線の計算方法

  • 単純移動平均線(SMAまたはMA)
  • 加重移動平均線(WMA)
  • 指数平滑移動平均線(EMA)

・単純移動平均線
計算式 (日足の場合): 移動平均線 = (n日間の終値の和) ÷ n

・加重移動平均線
3日移動平均の場合
((本日の終値×3)+(昨日の終値×2)+(一昨日の終値×1))÷6

FXでよく使われる移動平均線の期間

移動平均線に関連する用語

ゴールデンクロス
デッドクロス
トレンド
チャート
テクニカル
レンジ
順張り
逆張り
だまし

移動平均線の見方・トレード手法

主に見るのは
・移動平均線とローソク足の位置関係
・移動平均線の傾き

・2本の移動平均線のクロス
・2本の移動平均線の乖離
・2本の移動平均線の間の伸縮

レートと移動平均線の位置関係・方向

まず、いまのローソク足が
移動平均線よりも上にあるのか
下にあるのかという点が大切

基本的に、
価格が移動平均線よりも上位にある場面は強気局面
価格が移動平均線よりも下位にある場面は弱気局面
といえます。

さらに、移動平均線の向きにも注意しましょう。
移動平均線が上昇中の時は、強気局面
横ばいなら強弱感が対立する小動き局面
移動平均線が下降中の時は、弱気局面
と考えられます。

移動平均線のクロス

ゴールデンクロス

短期の移動平均線が中期の移動平均線を
下から上に突き抜ける動きで FXテクニカルを極める
交差することを「ゴールデンクロス」

デッドクロス

短期の移動平均線が中期の移動平均線を
上から下に突き抜ける動きで
交差することを「デッドクロス」

グランビルの法則

移動平均線を考案した前述のJ・E・グランビルが、
株価と移動平均線の位置関係に着目して、
売買のポイントを8つにまとめたものです。
FXでも、もちろん使えます。

グランビルの法則とは 移動平均線を使った売買のタイミングを判断する手法として有名なのが「グランビルの法則」です。 「グランビルの法則」は、アメリカの有名な投資分析家であるジョセフ・E・グランビルが1960年代に書いた著書にあるもので[…]

パーフェクトオーダー

5月、6月に東京で行うリアルセミナー

FXはどうやってはじめたらいいの? FXテクニカルを極める
MT4ってなに?どうやって使うの?
FXで稼げるようになりたいけど、何からはじめたらいいの?
FXの口座開設ってどこの会社にすればいいの?

FXをはじめる上での疑問ってたくさんありませんか?
その疑問をリアルで解決できるのが、FX学校のセミナーです。

セミナーといっても、少人数でアットホームなセミナーですから、学校の放課後のクラブののりで
ワイワイ話せるのが特徴です。
時間が許す限りいろんな質問にお答えしますので、FXにちょっとでも興味があれば、東京までお越しください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる