FXとは

FXってどんな商品

FXってどんな商品
「その頃、ユーロ/円はどんどん下がっていって、ついに89円をつけたんですね。そこから協調介入があって、上がっていきました。当時は『介入』ってよくわかりませんでしたけどね。でも、 90~100円ぐらいで、ユーロ/円はバッチリ仕込みましたよ。 ユーロ/ドルはねぇ。最初はユーロ/ドルって何なの? という感じでした。ユーロ/ドルはドルでスワップがもらえるんだ、決済したら為替差益もドルなんだとわかりまして…(注:FX会社によって異なる)。ならば、私は旅行が好きなので、ドルへ両替する手間が省けて便利だなと思って、 ユーロ/ドルをやり始めました。これは1ドルを割ったところで、仕込みましたね 」 FXで8億円稼いだ主婦…池辺雪子さんのトレード手法(1)|ザイFXより引用

株式会社ヤマダフーズ | ひきわり納豆なら、おはよう納豆。納豆・豆腐の知識や効果、美味しいレシピを紹介。通販での販売もございます。

ひきわり納豆って、どんな納豆?

ひきわり納豆とは

ひきわり納豆は、大きく完熟した大豆をひき臼のような装置で挽き割った大豆を原料にして作る納豆のことです。
全国的には市販されている納豆全体に占める、ひきわり納豆の割合は7〜8%ですが、東北地方の一部では40%前後と高めで、昔から好んで食べ続けられています。このため、こうした地域ではひきわり納豆の製造技術も進み、店頭では高品質で美味しいひきわり納豆が多く販売されています。

ひきわり納豆にはどんな種類があるの?

ヤマダフーズでは、ひきわり大豆の大きさ別に2つの製品を製造しております。
みなさんが一番多く目にする 『ひきわり』 は、中粒サイズの大豆を約6〜8等分に割ったサイズです。
当社ならではの製品は 『きざみ』 です。ここまでの細かいひきわり納豆を開発、販売をスタートしたのは当社が一番最初です。
『きざみ』 は大豆をさらに細かく割ったサイズで、約15等分ぐらいの大きさです。たいへん食べやすいので、ひきわりを食べる習慣の少ない地域でも、 離乳食やお子様向け にご利用いただいております。

ひきわり納豆のはじまり

後三年の合戦

ひきわり納豆の本場とも言える秋田県には、 納豆発祥の地である という伝説が残されています。
今から900年以上も昔、後三年の合戦のおり、八幡太郎義家軍が馬の背に乗せた俵詰めにした煮大豆を開けてみると大豆が糸を引いていました。当時、兵糧も乏しかったためおそるおそるそれを食べてみると、意外に美味しかったため、これを人々に広めました。これが納豆発祥の伝承です。

小森山遺跡

納豆発祥の地であるこの横手周辺の地域は、昔から各家庭で納豆作りが 盛んでした。 大豆との関わりあるの歴史は古く、この近くの千畑村にある小森山遺跡からは弥生時代の土器に混ざって炭化大豆が出土しています。このことから、大豆を火にかけて食べる習慣が、二千年以上も前からあったことが推測されます。納豆が具体的にいつから食されていたのか、歴史としてさかのぼれるのは江戸時代までですが、このころは既に生計の助けとして城下町などへ売られていたようです。

納豆発祥の地

納豆発祥の地伝説の残るこの地の納豆製法は次の通りです。
①大豆を炒る → ②石臼で大豆を挽き割る → ③外皮を風圧で取り除く → ④煮る FXってどんな商品 → ⑤わらツトに詰める → ⑥二晩寝かせる → ⑦完成
大きめの大豆を挽き割ることで、製造が効率的になるほか、食べやすくなるのが「挽き割る」というこの地域独自の製法を編み出したと考えられております。

FXで稼いだ利益は8億円以上!カリスマ主婦「池辺雪子」氏の手法とは?

海外FX

2007年「FXで脱税の容疑で逮捕」というニュースが流れた。

逮捕されたのはなんと東京都在住の主婦である。

彼女の名は「池辺雪子(いけべゆきこ)」。

FXで約4億円を荒稼ぎし、約1億3000万円の脱税容疑で逮捕されたのだ。

今回は「脱税カリスマ主婦トレーダー」として一躍有名になった池辺雪子氏について紹介していこう。

1.FXってどんな商品 池辺雪子ってどんな人?

池辺雪子(いけべゆきこ)氏は東京都世田谷区在住の主婦トレーダーだ。

2005年~2007年の3年間約4億円もの大金をFXで稼ぎ出し、その後脱税容疑で起訴、懲役1年6か月(執行猶予3年)の判決を受けた。

ただの主婦が4億円の脱税!?

ミセス・ワタナベ」という単語が投資の世界で広く使われるようになった事件ともいわれている。

【ミセス・ワタナベ】
当時の日本の主婦サラリーマンなどの個人投資家は為替相場を左右させるほどの影響力を持っていたことから、イギリスの経済紙が海外でよく知られた日本の姓「ワタナベ」からとって、彼らを「ミセス・ワタナベ」と名付けたことに由来する。

7年間トータルで8億3000万円をFXで荒稼ぎ

FXを始めた2000年~逮捕されるまでの2007年までの約7年間で考えると、なんとトータルで 8億3000万円 もの利益をあげていたとのこと。

なお、有罪判決確定後の「罰金」を含む「所得税」「住民税」「延滞税」「重加算税」約3億1900万円はキャッシュで一括で完済しており、通常に支払った税金を合わせると計約5億1500円の税金を支払っているそうだ。

これを機に池辺氏は『FXで8億円以上稼いだ脱税カリスマ主婦トレーダー』として瞬く間に有名人となったのである。

池辺雪子氏の現在は?

現在は書籍の執筆セミナーの講師チャートソフトの販売、メルマガ配信など、FX商材に力をいれて活動中のようだ。

2.FXで8億円以上稼いだ池辺雪子氏の手法とは?

池辺氏は「8割~9割はテクニカル分析」というほど、テクニカル分析を好んでいることから様々なインジケータを使用した手法をこれまでに公開している。

短期RSIと長期RSIを使った手法

たとえば、先述のZaiのインタビュー記事では【RSI】を使用した手法を語っている。

RSIとは「 R elative S trength I ndex」の略語で、 オシレーター系 といわれるテクニカル指標のひとつだ。

というように使われるが、池辺氏の手法はこの RSIを2本を使った手法 になる。

短期RSI長期RSIの2本が 20以上乖離したところを逆張りする という手法だ。

ちなみにZaiの記事では2007年6月~のドル円の日足チャートを例にあげて解説しているが、私が設定したRSIでは20ポイント以上乖離しているところがなく最大で15~16ポイント程度だった。もしかしたら違う時間軸のチャートかあるいは他に何か設定が必要なのかもしれない…

レンジブレイクを狙った倍加法

倍加法とは 『 過去の高値と安値の値幅から未来の値幅を予測する 』というもの。

つまりは、 レンジをブレイクしたの値幅 は レンジの幅と同じになる という考え方だ。


※引用元

※ユーロ円 週足チャートでの例


※引用元

値幅は「フィボナッチ・リトレースメント」を使えば、一目で目安がわかるので便利だ。
高値を「0」に、安値に「1」に合わせれば、「2」がそのまま利確ポイントになる。

レンジブレイクの手法で最も重要になるのはエントリーや利確ポイントではなく、 いかにダマしを避けられるか だが…

レンジブレイクを見極めるには、
中長期のチャートを見て、相場の大勢波動を確認したり、順張り(トレンドフォロー)系のテクニカル指標やフィボナッチ、日柄などチェックして、レンジをいつ・どちらに抜けるのかを判断する 必要があります。
※引用元

3.なぜ8億円以上もFXで稼げたのか?

当時は「ユーロ」の大相場

池辺氏は当時はFXがまだ黎明期で「」「米ドル」「ユーロ」しか取り扱いがなかったため、最初は「ドル円」から、そして徐々に「ユーロ円」「ユーロドル」へと取引を広げていったとのことだ。

そんな中、池辺氏は現在でも大底ともいえる「ユーロ円:90~100円」「ユーロドル:1ドル以下」で買いを仕込んでいたのだ。

「その頃、ユーロ/円はどんどん下がっていって、ついに89円をつけたんですね。そこから協調介入があって、上がっていきました。当時は『介入』ってよくわかりませんでしたけどね。でも、 90~100円ぐらいで、ユーロ/円はバッチリ仕込みましたよ

ユーロ/ドルはねぇ。最初はユーロ/ドルって何なの? という感じでした。ユーロ/ドルはドルでスワップがもらえるんだ、決済したら為替差益もドルなんだとわかりまして…(注:FX会社によって異なる)。ならば、私は旅行が好きなので、ドルへ両替する手間が省けて便利だなと思って、 ユーロ/ドルをやり始めました。これは1ドルを割ったところで、仕込みましたね

FXで8億円稼いだ主婦…池辺雪子さんのトレード手法(1)|ザイFXより引用

その後「ユーロに対する協調介入」やアメリカの「ITバブル崩壊」「同時多発テロ」「FRBの金融緩和」などによるドル全面安も相まってユーロは大底をつけ、2000年から2008年のリーマンショックが起きるまで 空前のユーロ高 となったのだ。

※ユーロドルの2000年~2007年チャート

※ユーロ円の2000年~2007年チャート

当時は「円キャリートレード」も全盛期

さらにその後、池辺氏は「豪ドル」や「ニュージーランドドル」にも手を広げている。

「その後、豪ドルやニュージーランドドルを扱うFX会社が出てきましたので、 豪ドルは60円台、ニュージーランドドルは55円台ぐらいで仕込みました。 豪ドルの60円台は今でもまだ持っているものもあります。オセアニア通貨は高金利なのがいいですね。『オージー様様、ニュージーランド様様』と私は時々言ってるんです」

FXで8億円稼いだ主婦…池辺雪子さんのトレード手法(1)|ザイFXより引用

2005年~2007年はユーロ高のほか「円キャリートレードの全盛期ともいわれている時代だ。

※豪ドル円の2000年~2007年チャート

ユーロや豪ドルの2000年~2007年の急激な上昇トレンドは、池辺氏がFXをはじめた2000年から逮捕されるまでの2007年までの期間とぴったり当てはまる。

低レバレッジで損切は極力しないトレードスタイル

池辺氏は損切に対してポストセブンの記事で以下のように述べている。

FXの解説本やセミナーなどで、著者や講師の方が強調するのは、損切りの重要性です。ストップロス(損切り指値)をきちんと入れておけば、大きな損失を出さずに済む、ということなのですが、実は、 私は損切りがそんなに重要だとは思っていません。 逆に、こまめにすることで、利益を出すチャンスをみすみす逃してしまう、と考えています。

「こまめな損切りは利益チャンスを逃す」と8億円稼いだ主婦|NEWSポストセブンより引用

私は、 資金管理さえしっかりしておけば、損切りのためのストップロスは必要ないと考えています。ここでいう資金管理とは、 FXってどんな商品 投資資金を証拠金の3分の1から半分までに留めておくことです。 そうしておけば、相場が自分の予想と反対方向に動いても、強制決済されず、ある程度耐えられます。相場が自分の予想通りに動くまで、じっくりと待てるわけですね。先日の震災後の急激な円高時も、証拠金に余裕があれば、ストップロスを回避できたと思います。

ただし、3分の1から半分というのはひとつの目安であって、FX業者によっては建てられる枚数に差が出ます。 レバレッジで見た場合、10倍前後に収まるようにしておきましょう。

「こまめな損切りは利益チャンスを逃す」と8億円稼いだ主婦|NEWSポストセブンより引用

このことから、池辺氏は損切は極力せず低レバレッジで長期的に運用していくスタイルが主であることが予想される。

池辺氏は相当なメンタルの持ち主であることがうかがえる。

2008年の暴落相場は運よく避ける

さて、その後の2008年以降は多くの人がご存じの「リーマンショック」があった年だ。

これまでの円キャリートレード組も軒並み全滅した相場ともいわれている。

昨年の夏は実のところ、トレードにあまり集中していなかったんです。裁判があって、手持ちのお金で税金を無事に払えるかどうかとか、そちらのほうが大変でしたからね。だから、ポジションが少なかった昨年の夏は無事に過ぎました。

FXで8億円稼いだ主婦…池辺雪子さんのトレード手法(2)|ザイFXより引用

Lehigh University News

A view inside the Health, Science and Technology Building

New Health, Science and Technology Building: A Hub for Interdisciplinary Research

The largest building Lehigh has ever built, HST is designed to encourage collaboration FXってどんな商品 among faculty and students across disciplines.

Anand Jagota

Anand Jagota Named Vice Provost for Research

Jagota will lead efforts to increase the impact and visibility of research at Lehigh.

Eduardo J. Gómez

Eduardo J. Gómez Leads The Lancet’s First Series on Political Science and Health

The series explores the importance of the role of political science in FXってどんな商品 health.

first posse of Lehigh graduates

Lehigh Celebrates its First ‘Posse’ FXってどんな商品 of Graduates

The initial cohort of students from the Bay Area of California has made a significant impact on the university, Posse liaison Jennifer FXってどんな商品 Jensen says.

the U.S. Capitol

Fascism in America: It’s Happening Here, According to New Book

Political scientist Anthony DiMaggio, in new book, says fighting fascism must become a regular topic of conversation in homes, schools and elsewhere.

FXの「3すくみ」ってどんな取引?すくみサヤ取り手法と3つの注意点を解説!

通貨ペア間の強弱を狙った「すくみ」のサヤ取り手法

初心者向きコラム

外国為替にはさまざまな通貨ペアがありますが、ここでは 三大メジャー通貨である米ドル、ユーロ、円を例にすくみを解説 していきます。

また すくみのサヤ取り手法から注意点、さらに簡単にすくみの自動売買(システムトレード)ができる方法までご紹介 します。

そもそもすくみとは

これは 三者が得意な相手、不得意な相手を対に持ち、お互いに身動きが取れなくなる状態のこと です。

  • グーはチョキに勝つがパーに負ける。
  • チョキはパーに勝つがグーに負ける。
  • パーはグーに勝つがチョキに負ける。

三大メジャー通貨の3すくみ

三大メジャー通貨(米ドル、ユーロ、円)の3すくみ例

  • EUR/USDの買い=ユーロを買って米ドルを売る(ユーロ買い・米ドル売り)
  • USD/JPYの買い=ドルを買って円を売る(米ドル買い・円売り)
  • EUR/JPYの売り=ユーロを売って円を買う(ユーロ売り・円買い)

各通貨で互いに「売り」「買い」をしているのがわかると思いますが、 この3通貨ペアを上記の方向で保有している場合、各通貨を両建てしている状態 となります。

米ドル、ユーロ、円の強弱

米ドルの価値が上昇してユーロと円に変化がない場合

  • 米ドル:100%→120%
  • FXってどんな商品
  • ユーロ:100%→90%
  • 日本円:100%→90%

3通貨全ての価値が上昇した場合

  • 米ドル:100%→ 110% →100%
  • ユーロ:100%→ 110% →100%
  • 日本円:100%→ 110% →100%

ただし 実際にはクロス/円でも米ドルを介して取引が行われるため、ユーロ/円の取引には米ドルの値動きが反映される 、ということは理解しておいてください。

すくみのサヤ取り手法

それでは具体的なトレードですが、 すくみを狙うトレードには「サヤ取り」と呼ばれる手法 が用いられています。

一般的なサヤ取りは、サヤが小さくなったら両建てし、サヤが広がったら決済する手法

一般的なサヤ取り手法のイメージ

相関性のあるオセアニア通貨(豪ドルとNZドル)を例にすれば、 想定よりも価格差の開き(ギャップ)が小さくなったとき、この水準ならもっと乖離するだろうと判断してトレードする手法 です。

これを3すくみで考えると、 「通貨ペアAと通貨ペアBがこの水準なら、通貨ペアCは売り方向に進むだろう」 といった判断材料に使っていく形ですね。

通貨の強弱と相関はチャートで分析

このように「すくみ」によるサヤ取りでは、今回を例にすると、 行き過ぎたユーロ高・米ドル安はいずれ戻るだろうと判断 してトレードに生かすことができます。

すくみを狙ったトレードの注意点

  • 多くの証拠金が必要になる。
  • 両建てすれば、スプレッドが2倍発生する。
  • 両建てによりスワップポイントで不利になる。

すくみサヤ取り自動売買はトライオートFXがかんたん

そこで便利なのが、 インヴァスト証券の自動売買「トライオートFX」 です。

インヴァスト証券 トライオートFX|選ぶだけの自動売買FX

インヴァスト証券「トライオートFX」 インヴァスト証券の主軸サービスとなるトライオートFX! 数あるリピート系FXにおいて業界最狭水準のス[…]

インヴァスト証券 トライオートFX|選ぶだけの自動売買FX

すくみならトライオートFXのハイブリッド

トライオートFXの自動売買ではサヤ取りを狙える設計となっており、 「すくみ」でもっともおすすめなのが通貨分散型の「ハイブリッド」 です。

自動売買セレクトのハイブリッド

自動売買セレクトのハイブリッド

ハイブリッドの基本は「4すくみ」や「6すくみ」で、 すくみが増えるほど為替変動の影響や通貨ペアごとの売買タイミングが分散されるため、為替変動によるリスクが抑えられた商品設計 が魅力です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる