FX入門〜初心者におすすめ

キャピタルゲインとインカムゲインってなに

キャピタルゲインとインカムゲインってなに
お部屋探し

不動産投資のいろは

一言でいえば、不動産投資とは不動産を購入し、それを人に貸すことで家賃収入を得る投資方法です。 不動産投資で得られる収入は、購入した不動産を人に貸し出すことで得られる家賃収入と、 所有している不動産の価値が買った時よりも高くなった時に売ることで得られる収入のふたつが存在します。 前者をインカムゲイン、後者をキャピタルゲインと呼びます。 つまり、不動産投資には収益の上げ方が2つあるということです。家賃収入を狙ったものと物件価値の値上がりを狙ったものです。 両者の具体的な内容をみていきましょう。

≪1.インカムゲインってなに?≫
インカムゲインは簡単に言うと家賃収入です。銀行から融資を受け、そのお金で物件を購入。 入居者から得た家賃で銀行にローン返済をしたり、管理会社にもろもろの管理を委託します。 その後の手残りのお金が毎月の利益となります。 インカムゲインでは毎月一定額の利益が出るということがメリットとなります。

≪2.キャピタルゲインってなに?≫
キャピタルゲインは、不動産の購入価格よりも、高い価格で売ることで出る利益のことです。 実際には不況などもあり、現在ではキャピタルゲインによる収入はあまり期待できなくなりました。 そのため、現在はインカムゲインを主な利益とした投資が主流となっています。

≪不動産投資のメリットは?≫
不動産投資のメリットとは何でしょうか。
不動産投資のメリットは大きく分けて二つあります。

  1. 毎月、定期的な収入が得られる
    毎月、入居者から家賃収入という形で収入を得るため、決まった日に収入が得られるという点です。 また、家賃は基本的に上下することはないので毎月の利益が大きく減ることもありません。
  2. ローンが組めるうえに、家賃収入を使って返済ができる
    不動産投資はほかの投資と違い、ローンが組めるというメリットが。
    あとは毎月の家賃収入の一部をローン返済に回していくだけでどんどん返済していくことが可能です。
    そういった意味でも融資の審査が通りやすいサラリーマンにおすすめの投資です。

≪不動産投資のデメリットは?≫
逆にデメリットを考えてみましょう。
1.空室リスクがある
不動産投資は入居者がいることで家賃収入が発生します。
空室になってしまった場合は、その部屋からは収入がありません。
そのため、なるべく空き室を作らないことが大切です。
2.物件によっては割高・利回りが少ないものもある
物件は何でもいいというわけではありません。
投資する物件をしっかり選ばないと結果的にに割高になってしまったり、
借り手が少なく、収入があまりのぞめない物件にあたってしまうこともあります。

≪不動産投資が注目されている理由≫
ではなぜ、最近不動産投資が注目されているのでしょうか。
不動産投資が注目されている理由は主に3つあります。
1.不動産投資はバランスがいい投資である
不動産投資はミドルリスク・ミドルリターンというバランスのいいタイプの投資です。
FXなどのように資産価値がゼロになるリスクがなく、円預金・国債よりもはるかに利回りがよい、とてもバランスの良い投資方法です。

2.社会環境からくる将来に対する不安
年金開始時の受給開始年齢は55歳でしたが、2030年度からはそれが65歳からとなります。
また、この先これを65歳よりさらに引き上げようという動きも出てきています。
現代人をとりまく環境は年々厳しくなっており、そういった将来に対する不安が、
副業や不動産投資への興味の高まりへと繋がっています。

3.生命保険の代わりになる
不動産投資をする際に民間の住宅ローンを利用する場合、団体信用生命保険に加入する必要があります。
団体信用生命保険は、本人が死亡した場合に、残債が保険会社から支払われるというものです。
残債が無くなり、遺族の方には負債なく不動産が手元に残ります。
そのため、家庭を持っている方にもおすすめの投資といえるでしょう。

≪初心者は不動産投資をどう始めればいい?≫
段々と不動産投資に興味が出てきたあなた。
まずは何から始めればいいのでしょうか?
1.情報収集
知識がないままに始めてしまうと、気づかず条件の悪い物件を購入してしまい、
資金繰りがうまく行かなくなったり、失敗につながってしまいます。
知識がないまま見切り発車で始めるのは絶対にやめましょう。
正しい知識を持っていることが成功への近道。
そのため情報収集はセミナー・本などでしっかりと。正しい知識を付けてから始めましょう。

2.物件選び
始めるにあたって物件を何にするか決めなければいけません。
物件にも、戸建て・マンション・アパートなど様々なタイプが存在します。
中古にするのか、新築にするのか、地方なのか、首都圏なのかという選択肢もあります。
部屋の間取りや設備、立地などもしっかりと選ばなくてはなりません。
物件は実際に見学に行ったりして、慎重に選ぶことが大切です。
色んな物件を比較して、これだ!と思える物件を探してみましょう。

不動産投資におけるインカムゲインとは?キャピタルゲインとの違いもチェック

不動産投資におけるインカムゲインとは?キャピタルゲインとの違いもチェック

不動産投資において、インカムゲインとは不動産を賃貸して得られる収入を指します。
資産の保有によって安定した現金を得続けられるのが、運用益のインカムゲイン。
他の投資でも使われる言葉ですが、キャピタルゲインとは別物です。
インカムゲインのメリットは、定期的に決まった収入を継続的に受け取れること。
1回ごとの収入は少なくとも、安定した金額を得られるのがポイントです。
たとえば、景気の動向によっては投資物件を売却して大きな金額を得る賭けをするより、以前から変わらない家賃収入を得るほうが安心できます。
インカムゲインがあることで、長期的に安泰の生活を送れる可能性もあります。
ただし、家賃を滞納されたり、空室状態が続いてしまったりすると、収入が不安定になるデメリットが発生するのがネックです。
長い目で見れば、大きな収益となる期待が持てるうえに大きな損失を出しにくい特徴があります。

不動産投資におけるインカムゲインとキャピタルゲインとの違い

不動産投資でインカムゲインと比較されるキャピタルゲインとは?

キャピタルゲインは、不動産投資では物件を売って得た利益を指します。
資産の価値が高いときに売れば購入したときより得な利益となりますが、資産の価値が低くなったときに売却せざるを得ない状況に陥るときもあるでしょう。
通常は、キャピタルゲインといえば資産の売却によってプラスの利益を得たことを意味します。
売却によって損失が出たときは、キャピタルロスです。
つまり、家賃収入で定期的な運用益を得るインカムゲインとは、大きな違いがある利益といえます。

不動産投資ではインカムゲインとキャピタルゲインの使い分けが重要

不動産の価値が高いときに売却して得られるキャピタルゲインは、まとまった利益として魅力的です。
しかし、不動産の価値が低迷しているときに勝負をしようとしても、キャピタルロスを出してしまうかもしれません。
好条件の不動産を手に入れても、将来的に高く売れるとは限らないリスクがあります。
その点、インカムゲインはコツコツと利益を得続けることができるのがメリット。
いつか物件の価値が上がったときには、売却してキャピタルゲインを得ることも可能です。
このように、インカムゲインとキャピタルゲインを上手に活用し分けるのが不動産投資のポイントといっていいでしょう。
将来的な価値も見越した判断が可能な専門家に相談することで、より豊かな不動産投資が可能になります。

不動産投資では、インカムゲインとキャピタルゲインを使い分けるのが効果的です。
運用に迷ったら、専門的な知識が豊富な相談相手を見つけることをおすすめします。
未公開物件や不動産の仕入れ・権利関係なら創栄にお任せください!
どんな問題も解決すべく精一杯サポートさせていただきますので、お気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

不動産経営のメリットはインカムゲインとキャピタルゲインだけではない『他の所得との損益通算』の特例

クレアーレ御影

ビレッジハウス火災保険

お部屋探し

ビレッジハウスで火災保険は必要?補償内容などもご紹介します!

  • mati
  • 2022年6月15日
  • お部屋探し

お部屋探し

ビレッジハウス鈴蘭台

  • mati
  • 2022年6月14日
  • お部屋探し

ビレッジハウスって実際どうなの?メリットやデメリットを解説

お部屋探し

ビレッジハウスって実際どうなの?メリットやデメリットを解説

  • mati
  • 2022年6月13日
  • お部屋探し

UR賃貸とビレッジハウスはどう違うの?比較してみました!

お部屋探し

UR賃貸とビレッジハウスはどう違うの?比較してみました!

  • mati
  • 2022年6月13日
  • お部屋探し

ビレッジハウス知らないと損をする

お部屋探し

ビレッジハウスの評判は?知らないと損する注意点もご紹介!

  • mati
  • 2022年6月13日
  • お部屋探し

ビレッジハウス無職

お部屋探し

そもそも不動産投資ってなに? #1

持っているアパートなどを貸して家賃を受け取る-不動産収入は、働かなくても収入が得られる夢のような所得といえます。 以前は、もともと広い土地を持っている地主などに限られていましたが、ワンルームマンションが登場すると、ビジネスパーソンにもチャンスがもたらされました。土地を持つ地主でなくとも賃貸用不動産を所有して、家賃収入を得られるようになったのです。ワンルームマンションは価格が手ごろであることが多く、ビジネスパーソンの収入でも自宅以外に持つ不動産として購入することができます。しかも、一棟アパートなどにはない大きなメリットがあります。それは、不動産を持つ場所を限定されないことです。 地主が一棟アパートなどを建築する場合、保有する土地が限られ、場所によっては借り手が見つからない可能性もあります。 その点ワンルームマンションは、基本的には賃貸需要がある場所に建築されているうえ、異なるエリアで複数の物件を所有することで、リスク分散を図ることができます。より稼げる不動産を見極めて収入が期待できるようになったのです。 不動産投資は、土地を所有していない人でも物件を購入でき、これを賃貸に出すことによって収入が得られる手段なのです。 ただし、不動産を持てば誰でも簡単に収入が得られるわけではありません。投資であるからには、知識が必要です。たとえば購入する物件の価格は適正か、想定している家賃に無理はないか、税金はどうなっているのかといった判断が必要になってきます。

近年はキャピタルゲインよりインカムゲイン重視

ここで不動産投資によって得られる利益について整理をしておきましょう。不動産投資というと、家賃収入(インカムゲイン)を思い浮かべる人が多いでしょうが、利益はそれだけではありません。家賃収入を給料とすれば、退職金もあります。 不動産投資の退職金は、売却益です。これは不動産を購入したのちに不動産の価格が上昇し、売却したときに得られる利益、キャピタルゲインともいいます。 1980年代後半のバブル期には、不動産価格もどんどん上がっていき、買ってしばらく待っているだけでキャピタルゲインが得られました。最近は、簡単にキャピタルゲインを得ることができるというわけではありませんが、まったく期待できないというわ けでもありません。 とくに首都密では中古マンションの価格が2012年以降、上昇に転じています。ある読査では、中古マンション (築0年)の坪単価が2012年から2018年までに1.3倍にもなっています。 ちなみに坪単価というのは、マンションの1坪あたりの価格です。1坪は3.3mに相当しますから、5㎡のワンルームマンションは5+3.3で約7.5坪となります。このワンルームマンションの価格が2600万円であれば、2600+7.5で坪単価は346万円です。 マンションは物件によって専有面積が異なるため、単純に価格の比較ができません。そこで坪単価を利用して価格を見極めるのが一般的です。 ただし、ワンルームやコンパクトマンションは狭いところにキッチンや風呂などがすべて詰まっているため、ファミリーマンションよりも坪単価が高くなります。また、富裕層向けの物件も坪単価が高くなる傾向があるので、物件の種類ごとに比較するように しましょう。 不動産価格は景気に連動するという特徴があります。日本はバプル崩壊後、デフレが続きました。デフレは物価が徐々に下がっていく状態ですが、デフレになると不動産価格も下がります。 その理由は不動産が現物資産だからです。つまり “モノ。 の一種ですから物価の影響を受けるのです。 キャピタルゲインとインカムゲインってなに 今はどうでしょうか。インフレとはいえませんがデフレは脱しつつある、あるいは物価が少し上昇し始めている状態といえるでしょう。すぐにインフレになることはないとしても、この先、物価が徐々に上がっていき、長い目で見ればインフレのタイミングもあるはずです。 インフレになれば不動産価格も上昇するので、キャピタルゲインを得られるタイミングが訪れる可能性もあります。 とはいえ、不動産投資で最初からキャピタルゲインを狙うのは本筋とはいえません。キャピタルゲインを狙うことは、株式投資やFXなどの不安定な投資と変わらないからです。 なんといっても不動産投資の醍醐味は毎月決まった額の家賃収入があることです。家賃収入は金融危機などにも左右されません。2008年のリーマン·ショックや2015年のチャイナ·ショックの際には株式相場は大きく値下がりしました。そんなときも家賃相場はほとんど変化しませんでした。このようなことが、不動産投資は安定収入を見込めるといわれるゆえんです。

不動産投資 インカムゲインとキャピタルゲイン

収益不動産 二つの収益モデル TOP

【お役立ち情報満載】ブログ

不動産投資 インカムゲインとキャピタルゲイン

キャラ 一戸建て

キャラ 不動産屋 説明

不動産投資 には、 インカムゲイン(income gain) と キャピタルゲイン(capital gain) の大きく分けて二つの収益モデルがあります。

1.インカムゲイン(income gain)

不動産を保有し、賃貸経営することで 安定的・継続的 に売り上げを上げて、受け取る事の出来る収入の事です。

不動産賃貸経営の場合は、 家賃収入 です。

ちなみに銀行預金などは受取利息、株式投資などは株主が企業から 配当される配当金 などが インカムゲイン にあたります。

インカムゲインの利回りの目安として、投資不動産の場合、 表面利回り(満室想定) などが使われます。他の投資と比べるのに使用する目安です。

表面利回り(満室想定)は、 あくまでも他の投資と比べる目安 です。

実際は、●●●円(実際の年間収入)-●●●円(管理費)-●●●円(修繕費)-●●●円(広告宣伝費)-●●●円(税金)などを計算した金額を賃貸アパート価格で割ったものが、 実利回り(実際の利回り) となります。

2.キャピタルゲイン(capital gain)

一般的に価格が変動するものを安く購入して、 高く売る事によって得られる差額収益 キャピタルゲインとインカムゲインってなに が キャピタルゲイン です。

当然、逆に高く買って安く売り、 売却損の場合 もあります。その マイナス差額が損 となります。

マイナス差額で損が出た場合は、キャピタルロスと言います。

賃貸不動産の基本は、 インカムゲインで家賃収入を狙う賃貸経営 にありますので、賃貸経営の状態や表面利回りや実利回りが価格に影響しています。

それとキャピタルゲインの落とし穴は、 所有期間 です。

賃貸不動産を所有してから 6回お正月を迎える前 に 譲渡(売る事) してしまうと 短期譲渡 になり、差額収益に掛かる税金が 約40% で 6回お正月を迎えた後 に 譲渡(売る事) すると 長期譲渡 になり、差額収益に掛かる税金が 約20% になります。

購入の際に 立地・実利回り・建物の手の入り方・賃貸経営状況 キャピタルゲインとインカムゲインってなに などを加味して購入すると言う入口が大事です。

また、何かの事情の安く買える時とは、経験から言うと 賃貸経営が苦しく傾いている とか、 他の商売が傾いている とか、一刻も早く不動産を現金化したい場合に安く売却に出ます。しかし、こういった安い売りものを狙って待っている個人・法人がたくさんいて、現金を揃えて情報を待っている状態です。ですので、安く売りに出た場合は3日以内で売れてしまうのものです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる