FX初心者向け

ダークプールとは何か

ダークプールとは何か
わくわくするデザインの豆知識

5分で学ぶ、デイヴィッド・ホックニー【プール作品の制作秘話、絵画の歴史の探求者、iPad】

わくわくするデザインの豆知識

プールサイドの水しぶき。すっきりとした幾何学的なフォルムや色彩の効果もあり、とても爽やかに夏の一瞬を描いた作品ですよね。 作者の名は、 デイヴィッド・ ダークプールとは何か ホックニー。イギリスを代表するポップアーティストです。

1. デイヴィッド・ホックニーの生い立ち

初期の頃は、フランシス・ベーコンからの影響を受けて暗い色調の作品を多く描いていましたが、ロサンゼルスに移住した後は作風が一変。西海岸の力強い太陽光を感じられる鮮やかな色彩の作品を多く制作するようになります。また、 シャワールームやスイミングプールなどの日常の場面、親しい人たちのポートレイト作品など、身近な生活の中の ものごとをモチーフに、独特の世界観を作り上げていきました。

2018年11月、NYで開催されたクリスティーズオークションに出品された《Portrait of an Artist (Pool With Two Figures)》は、9031万2500ドル(約103億円)で落札された実績があります。

2. 光が降り注ぐ不規則な水面と幾何学

3. 常に新しいことを追い求める探究心

2010年にiPadが発売されると、すぐにドローイングのツールとして導入。その頃に、カリフォルニアにあるヨセミテ国立公園を訪れたホックニーは、iPadを使って初めての作品シリーズ「The Yosemite Suite」を製作します。iPadのアプリのみで描かれた本作は、鮮やかな色彩が多層的に描かれており、ヨセミテの雄大でダイナミックな自然が迫力よく描かれてました。

また、iPadを手にしてからは作品数も増えており、フランスのノルマンディー地方の光や天候の変化をとらえた作品シリーズは、100枚を発表。これらは2021年の10月には「睡蓮の間」で有名なフランス・パリのオランジュリー美術館にて、ロックダウン(都市封鎖)中に制作された全長91メートルのモネへのオマージュとなる大型作品《A year in Normandy(ノルマンディーの1年)》とともに展示され、話題を呼びました。

5分で学ぶ、デイヴィッド・ホックニー【プール作品の制作秘話、絵画の歴史の探求者、iPad】

わくわくするデザインの豆知識

プールサイドの水しぶき。すっきりとした幾何学的なフォルムや色彩の効果もあり、とても爽やかに夏の一瞬を描いた作品ですよね。 作者の名は、 デイヴィッド・ ホックニー。イギリスを代表するポップアーティストです。

1. デイヴィッド・ホックニーの生い立ち

初期の頃は、フランシス・ベーコンからの影響を受けて暗い色調の作品を多く描いていましたが、ロサンゼルスに移住した後は作風が一変。西海岸の力強い太陽光を感じられる鮮やかな色彩の作品を多く制作するようになります。また、 シャワールームやスイミングプールなどの日常の場面、親しい人たちのポートレイト作品など、身近な生活の中の ものごとをモチーフに、独特の世界観を作り上げていきました。

2018年11月、NYで開催されたクリスティーズオークションに出品された《Portrait of an Artist (Pool With Two Figures)》は、9031万2500ドル(約103億円)で落札された実績があります。

2. 光が降り注ぐ不規則な水面と幾何学

3. 常に新しいことを追い求める探究心

2010年にiPadが発売されると、すぐにドローイングのツールとして導入。その頃に、カリフォルニアにあるヨセミテ国立公園を訪れたホックニーは、iPadを使って初めての作品シリーズ「The Yosemite Suite」を製作します。iPadのアプリのみで描かれた本作は、鮮やかな色彩が多層的に描かれており、ヨセミテの雄大でダイナミックな自然が迫力よく描かれてました。

また、iPadを手にしてからは作品数も増えており、フランスのノルマンディー地方の光や天候の変化をとらえた作品シリーズは、100枚を発表。これらは2021年の10月には「睡蓮の間」で有名なフランス・パリのオランジュリー美術館にて、ロックダウン(都市封鎖)中に制作された全長91メートルのモネへのオマージュとなる大型作品《A year in Normandy(ノルマンディーの1年)》とともに展示され、話題を呼びました。

5分で学ぶ、デイヴィッド・ホックニー【プール作品の制作秘話、絵画の歴史の探求者、iPad】

わくわくするデザインの豆知識

プールサイドの水しぶき。すっきりとした幾何学的なフォルムや色彩の効果もあり、とても爽やかに夏の一瞬を描いた作品ですよね。 作者の名は、 デイヴィッド・ ホックニー。イギリスを代表するポップアーティストです。

1. デイヴィッド・ホックニーの生い立ち

初期の頃は、フランシス・ベーコンからの影響を受けて暗い色調の作品を多く描いていましたが、ロサンゼルスに移住した後は作風が一変。西海岸の力強い太陽光を感じられる鮮やかな色彩の作品を多く制作するようになります。また、 ダークプールとは何か シャワールームやスイミングプールなどの日常の場面、親しい人たちのポートレイト作品など、身近な生活の中の ものごとをモチーフに、独特の世界観を作り上げていきました。

2018年11月、NYで開催されたクリスティーズオークションに出品された《Portrait of an Artist (Pool With Two Figures)》は、9031万2500ドル(約103億円)で落札された実績があります。

2. 光が降り注ぐ不規則な水面と幾何学

3. 常に新しいことを追い求める探究心

2010年にiPadが発売されると、すぐにドローイングのツールとして導入。その頃に、カリフォルニアにあるヨセミテ国立公園を訪れたホックニーは、iPadを使って初めての作品シリーズ「The Yosemite Suite」を製作します。iPadのアプリのみで描かれた本作は、鮮やかな色彩が多層的に描かれており、ヨセミテの雄大でダイナミックな自然が迫力よく描かれてました。

また、iPadを手にしてからは作品数も増えており、フランスのノルマンディー地方の光や天候の変化をとらえた作品シリーズは、100枚を発表。これらは2021年の10月には「睡蓮の間」で有名なフランス・パリのオランジュリー美術館にて、ロックダウン(都市封鎖)中に制作された全長91メートルのモネへのオマージュとなる大型作品《A year in Normandy(ノルマンディーの1年)》とともに展示され、話題を呼びました。

5分で学ぶ、デイヴィッド・ホックニー【プール作品の制作秘話、絵画の歴史の探求者、iPad】

わくわくするデザインの豆知識

プールサイドの水しぶき。すっきりとした幾何学的なフォルムや色彩の効果もあり、とても爽やかに夏の一瞬を描いた作品ですよね。 作者の名は、 デイヴィッド・ ホックニー。イギリスを代表するポップアーティストです。

1. デイヴィッド・ホックニーの生い立ち

初期の頃は、フランシス・ベーコンからの影響を受けて暗い色調の作品を多く描いていましたが、ロサンゼルスに移住した後は作風が一変。西海岸の力強い太陽光を感じられる鮮やかな色彩の作品を多く制作するようになります。また、 シャワールームやスイミングプールなどの日常の場面、親しい人たちのポートレイト作品など、身近な生活の中の ものごとをモチーフに、独特の世界観を作り上げていきました。

2018年11月、NYで開催されたクリスティーズオークションに出品された《Portrait of an Artist (Pool With Two Figures)》は、9031万2500ドル(約103億円)で落札された実績があります。

2. 光が降り注ぐ不規則な水面と幾何学

3. 常に新しいことを追い求める探究心

2010年にiPadが発売されると、すぐにドローイングのツールとして導入。その頃に、カリフォルニアにあるヨセミテ国立公園を訪れたホックニーは、iPadを使って初めての作品シリーズ「The Yosemite Suite」を製作します。iPadのアプリのみで描かれた本作は、鮮やかな色彩が多層的に描かれており、ヨセミテの雄大でダイナミックな自然が迫力よく描かれてました。

また、iPadを手にしてからは作品数も増えており、フランスのノルマンディー地方の光や天候の変化をとらえた作品シリーズは、100枚を発表。これらは2021年の10月には「睡蓮の間」で有名なフランス・パリのオランジュリー美術館にて、ロックダウン(都市封鎖)中に制作された全長91メートルのモネへのオマージュとなる大型作品《A year in Normandy(ノルマンディーの1年)》とともに展示され、話題を呼びました。

【NBA 2021-22】FT成功率2位はカリー、1位は…?

NBA・米国バスケ

1. Jordan Poole (92.5%)
2. Stephen Curry (92.3%)

ざっと調べたけどKAT、フライ、ヤオミン、ウエスト、LMA、ラブ
エンビード、ヨキッチあたりが80パーを超えていて優秀だったわ
KDとダークは格が違うみたい
シーズントップ10は90前後の奴らばっかりだから別格二人以外は名前載らない
強いて言うならライアン・アンダーソンが85パーで高かった

21
俺は一年目はシュートに行くまでが本当にうまかったからこれは伸びるって思ってた。
ただ全然シュートが入らなくてGリーグに落ちてからは見る目なかったんだなと諦めちゃったけど。

GSWずっと応援してるからプールは1年目からずっと推してるよ。
Gリーグの試合も追い掛けてた。ちなみに今年のワイズマンの試合も視聴してる。
1年目はかなりひどいスタッツだったけど主力の怪我も多い中で、カーが辛抱強く使ってるのを見て期待されてんだろうな、って思ってた。
急成長したのはバブルのタイミングだったと記憶してる。Gリーグも落とされたというより、経験を積むためで、プレイは圧倒的だった。Gリーグ経験後からは本格的にファン間ではブレイクしてたから、今年のプレイは納得してる人多いと思う。

コメントをどうぞ

サイト内検索

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

on ウェストブルックをSASが獲得する可能性が浮上?! 17 多分LALは指名権複数は出さないからSASが指名権大量ゲットの未来は無いと思うよ。 複数出す気があるならBKNとカイリー+セスorハリスで纏まってると思う。

on ウェストブルックをSASが獲得する可能性が浮上?! やるなら3角トレードかな ウエストブルック引き取る代わりに、SASは指名権大量確保 スタメンには出さないけど、ポジショニングと状況判断にうるさいSASコーチ陣で鍛える プレーオフチームはサラリー埋まっててMAX級はとれない プレーオフ圏外で一番いいスタッフ集まってるのはSASだし シューティング見直すかプレイスタイル大きく変更する機会としては、悪くないと思うけどな その方が一線級の現役長く続けられる

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる