オプション取引

サポート/レジスタンスレベルを描く方法

サポート/レジスタンスレベルを描く方法
分析方法は簡単です。
雲よりもローソク足が上であれば上昇トレンド、下であれば下降トレンドと判断します。

チャートを見てみると、ローソク足は雲の上で推移しているのが分かりますね。
そのため上昇トレンドであると考えられるのです。

MT4のフィッシャーとストキャスティクスのスキャルピング戦略

Please note: This strategy was publicly published in the trading community and is free to use. We do NOT make an attempt to decide if this strategy is profitable or not, because we know that the major factors regarding trading results are the skills/experience of the trader who executes the strategy. Therefore, we are mainly explaining the components and rules of the strategy. If applicable, we are highlighting advantages, disadvantages and possible improvements of the strategy.

MT4 のフィッシャーとストキャスティクス スキャルピング戦略は、フィッシャー インジケーターとストキャスティクス インジケーターに基づいており、トレンドの反転後に急速に変化する価格アクションから利益を得ることが目標です。確率的指標は、MT4 プラットフォームの標準的な指標です。その値は値 0 と 100 の間で変動しています。確率的指標は、ヒストグラム ウィンドウに 2 本の線を描画します。これらの 2 つの線のクロスオーバーは、エントリ信号としてよく使用されます。

フィッシャー インジケーターは、オシレーター サポート/レジスタンスレベルを描く方法 タイプのカスタム インジケーターです。フィッシャー インジケーターの値は、ゼロ値を中心に揺れています。 MT4のフィッシャーとストキャスティクスのスキャルピング戦略は、両方のインジケーターを使用してエントリーシグナルを確認します。戦略の発明者によると、高確率で勝つための動きからかなりの部分をスキャルピングすることができます。

本システムで使用する主な指標

MT4のフィッシャーとストキャスティクスのスキャルピング戦略によるチャート設定

インジケーターの機能

ここまでで、このインジケーターの基本的な概念について説明しました。しかし、スキャルピング戦略となると、この戦略の INS と Out を知る必要があります。このシステムで使用されている重要な機能を完全に認識していないと、このペースの速い市場に対応しながら、道を見失ってしまいます。理解を深めるために、これら 2 つのユニークなインジケーターの使用について詳しく説明します。

確率的指標

確率的指標は、市場で最も単純化された買われ過ぎと売られ過ぎの識別子の 1 つです。この指標からの重要な読みを注意深く評価すれば、資産の買われ過ぎと売られ過ぎの状態を高い精度で特定できるはずです。

買われ過ぎと売られ過ぎゾーンの特定

信号は 2 本のより線を使って与えられます。ラインが 80 レベルを超えると、買われ過ぎの市場があり、価格はいつでも下落する可能性があります。反対に、ラインが 20 レベルを下回っている場合、主要なサポート レベルをテストした後、資産の価格が上昇し始める可能性があります。

フィッシャー指標

フィッシャー インジケーターは、トレード フィルター ツールのように機能します。長い取引をする前に、緑のバーが必要です。それどころか、弱気の取引設定を考慮するには、赤いバーがゼロラインの下に存在する必要があります.

資産の強気モードと弱気モードの特定

長いトレードシーケンス

MT4のフィッシャーとストキャスティクスのスキャルピング戦略を使用するには、サポートレベルを見つけることに熱心である必要があります。サポート レベルは、H1 以降の時間枠でのみ描画する必要があります。主要なレジスタンスレベルが破られた場合、壊れたレジスタンスは非常にサポートゾーンとしても機能することに注意してください。ここで、大きな問題が発生することなく、ロング トレードを評価する必要がある素の状態を確認しましょう。

ロングトレードを実行する条件

  1. H1 以上の時間枠で重要なサポート レベルを描画します。価格変動の信頼性が少し高いため、初期段階で主要通貨ペアを選択します。
  2. 価格がサポートゾーンに戻るまで、傍観者のままでいてください。価格がサポート レベルをテストすると、強い強気のバウンドが見られるはずです。
  3. 強気のバウンスが発生すると、確率的信号線の位置は20レベルを下回る必要があります.
  4. トレードを実行する直前に、確率的ラインは、確率的シグナルラインが正の勾配で20本のラインより上に交差することをお勧めします.
  5. フィッシャー インジケーターでは、いくつかの新鮮な緑のバーを見つける必要があります。緑のバーは、価格が新たな高値に移行する準備ができていることを示す古典的な例です。
  6. 経済ニュース サポート/レジスタンスレベルを描く方法 リリースを確認し、今後 1 時間以内に大きな影響力のあるニュース リリースがないことを確認してください。
  7. これらすべての要素を確認したら、強い自信を持ってロング トレードを開始する必要があります。

ロングトレードの実行

ストップロス

利益を取る

テイクプロフィットは、最も近いレジスタンスレベルより数ピップ低く設定する必要があります。テイクプロフィットを設定している間、リスクとリワードの比率が 1:2 未満の場合はトレードしないようにしてください。ほとんどの場合、MT4 のフィッシャーとストキャスティクスのスキャルピング戦略を使用している間、1:3 を超えるリスクと報酬の比率で取引設定を見つける必要があります。

ショートトレードのセットアップシーケンス

ここで、MT4 のフィッシャーとストキャスティクスのスキャルピング戦略の最も高度な使用法を学びます。この方法では、弱気の価格アクションシグナルの助けを借りてショートトレードを行います.そのため、いつでも文字通り取引できますが、価格変動が不安定すぎて適切なデータ分析ができないため、1 分間の時間枠を意図的に無視します。それでは、ショートトレードを実行するためのプライム条件を確認してみましょう。

ショートトレードの実行条件

  1. 1 時間以上の時間枠で重要なサポートとレジスタンスのレベルを描画します。その後、下の時間枠に戻ります。
  2. 価格が分単位の時間枠で主要なレジスタンスレベルをテストするまで、傍観して待ちます.サポート/レジスタンスレベルを描く方法 抵抗レベルの再テストは、強力な拒否パターンを作成する必要があります。
  3. 主要な抵抗レベルで、同事、弱気のピンバー、または巻き込みパターンの形成を探します.このパターンは、価格が下落する準備ができていることを示す重要な指標になります。
  4. 確率的指標の読みを確認すると、2 本の鎖線が 80 レベルを超えて取引されているはずです。
  5. フィッシャー インジケーターでは、基準線のマイナス側に新鮮な赤いバーが表示されます。赤いバーは、価格が下落する準備ができていることを示します。
  6. これらの要素を確認した後、ショート トレードを行うことができます。ショートトレードを行っている間、確率的シグナルラインの傾きは負でなければならないことに注意してください。

ショートトレードの実行

ストップロス

この手法では、スロップ ロスの配置が正確である必要があります。 SL 価格を弱気価格アクション確認シグナルより数ピップ上に置く方がよいでしょう。そうすることで、取引が適切に機能するための少し余分なスペースを与えることができます。

利益を取る

フィッシャーとストキャスティクスのスキャルピング戦略を MT4 で使用しているので、わずかな時間枠で頭皮に適用できるため、リスクと報酬の比率は 1:2 で十分です。ただし、1:2 よりも優れたリスクリワードレシオが得られた場合、しきい値レベルを下回るリスクでショートトレードを行うための青信号が得られます。

サポートラインを活用した取引方法

menu

【SBI FXTRADE及び積立FX(店頭外国為替証拠金取引)】
店頭外国為替証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。外貨での出金はできません。経済指標の結果によっては価格が急激に変動し、思わぬ損失が生ずるおそれがあります。また、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。取引価格、スワップポイント等は提供するサービスによって異なり、市場・金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。取引価格は、買値と売値に差があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。店頭外国為替証拠金取引にあたっては必要な証拠金の額は提供するサービス及び取引通貨ペアごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(「SBI FXTRADE」個人のお客様:4%(レバレッジ25倍)、ただし、ロシアルーブル/円およびブラジルレアル/円は10%(レバレッジ10倍)、法人のお客様:一般社団法人金融先物取引業協会が毎週発表する通貨ペアごとの為替リスク想定比率*(通貨ペアごとにそれぞれレバレッジが異なります)、「積立FX」個人および法人のお客様:100%(レバレッジ1倍)、50%(レバレッジ2倍)、33.334%(レバレッジ3倍))の証拠金が必要となります。
*為替リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【オプションFX(店頭通貨オプション取引)】
店頭通貨オプション取引は店頭外国為替証拠金取引の通貨を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。当社が提示するオプションの取引価格は、買値と売値に差があります。当社の提供する店頭通貨オプション取引の決済方法は反対売買による清算となり、また、NDO(ノンデリバラブル・オプション)であるため権利行使日に権利行使価格と実勢価格による反対売買を行います。
【暗号資産CFD(店頭暗号資産証拠金取引)】
店頭暗号資産証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。暗号資産の価格の変動によって思わぬ損失が生ずるおそれがあり、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。当社の取り扱う暗号資産は、本邦通貨または外国通貨ではありません。また、特定の国家または特定の者によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。取引価格は、買値と売値に差(スプレッド)があります。スプレッドは暗号資産の価格の急変時や流動性の低下時には拡大することがあり、お客様の意図した取引が行えない可能性があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。暗号資産の現物でのお預かり、お受取りはできません。店頭暗号資産証拠金取引を行う上で必要な証拠金の額は取り扱う暗号資産ごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(個人のお客様:50%(レバレッジ2倍)、法人のお客様:一般社団法人日本暗号資産取引業協会が毎週発表する暗号資産ごとの暗号資産リスク想定比率*(暗号資産ごとにそれぞれレバレッジが異なります))の証拠金が必要となります。証拠金の詳細については、当社ホームページでご確認ください。取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、当社ホームページでご確認ください。
*暗号資産リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第51項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【共通】
店頭暗号資産証拠金取引を除くその他のサービスは、原則、口座開設・維持費および取引手数料は無料です。ただし、当社が提供するその他の付随サービスをご利用いただく場合は、この限りではありません。また、元本及び利益が保証されるものではありません。決済方法は反対売買による差金決済又は清算となります。お取引を始めるに際しては、「契約締結前交付書面」、「取引約款」等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。

SBI FXトレード株式会社(金融商品取引業者)
関東財務局長(金商)第2635号
加入協会:一般社団法人 金融先物取引業協会
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会

一目均衡表の「雲」って理解が難しい…詳しい見所と売買への活用方法とは?

一目均衡表の「雲」って理解が難しい. 詳しい見所と売買への活用方法とは?

先行スパン

一目均衡表でいう「雲」とは、先行スパン1と先行スパン2の範囲のことです。

チャート上のピンクの線は先行スパン1であり、ピンクの破線が先行スパン2になります。
先行スパン1・2の範囲を雲と呼び、トレードに活用できるのです。

    サポート/レジスタンスレベルを描く方法
  1. 雲を利用してトレンドを分析する
  2. 雲とローソク足の位置を見て売買シグナルを見つける
  3. 雲はレジスタンスライン・サポートラインの役割を持つ

1-1. 活用法① 雲を利用してトレンドを分析する

ローソク足は雲の上で推移

分析方法は簡単です。
雲よりもローソク足が上であれば上昇トレンド、下であれば下降トレンドと判断します。

チャートを見てみると、ローソク足は雲の上で推移しているのが分かりますね。
そのため上昇トレンドであると考えられるのです。

1-2. 活用法② 雲とローソク足の位置を見て売買シグナルを見つける

上記の通り、ローソク足が雲より上であれば上昇トレンドで、下であれば下降トレンドです。
ローソク足が雲をブレイクすれば、ローソク足と雲の位置関係は切り替わるので、トレンド転換すると考えられます。
トレンド転換するタイミングでエントリーできれば、大きな値幅を狙うのが可能。

ローソク足は下から上へ雲をブレイク

したがって雲のブレイクが売買ポイントとなるのです。

実際のチャートを見てみましょう。
ローソク足は下から上へ雲をブレイクしているのが分かりますね。

1-3. 活用法③ 雲はレジスタンスライン・サポートラインの役割を持つ

チャート上で確認できる雲

水平線やトレンドラインと同様、レジスタンスラインの場合はそれ以上の価格上昇を妨げ、サポートラインなら価格下落を妨げます。

チャート上で確認できる雲は、レジスタンスラインとして意識されています。
ローソク足の動きを観察すると、雲の直下で反発を繰り返しているのが分かるでしょう。

加えて、 雲を見る時は厚さにも注目してください。
雲の厚さはレジスタンスライン・サポートラインの強さを示します。

1-4. 注意!雲のねじれはトレンドが安定していないサイン

先行スパン1(ピンクの線)と先行スパン2(ピンクの破線)が交わっているところを確認

雲のねじれとは、先行スパン1と先行スパン2が交差することです。 サポート/レジスタンスレベルを描く方法

チャートを見ると、先行スパン1(ピンクの線)と先行スパン2(ピンクの破線)が交わっているところを確認できるでしょう。
この交差するところを、 雲のねじれ と呼びます。

雲のねじれは、トレンドが不安定であるサインなので注意してください。
上のチャートでも、雲がねじれているところを2か所確認できますね。
トレンドが不安定になれば、それまで続いていたトレンドは終わり、トレンドの方向が切り替わるのを想定されるのです。

cTraderの「等距離プライスチャネル」のチャートへの応用・使い方がわかりません。

ctrader チャネル

IronFX

IronFX

IronFX

Axiory

ページナビゲーション

  1. ホーム
  2. FAQ
  3. cTraderの「等距離プライスチャネル」のチャートへの応用・使い方がわかりません。

最近のコメント

elsa のコメント

cicicico のコメント

先駆け! のコメント

fxgt のコメント

やはた のコメント

axiorier のコメント

海外FX会社

仮想通貨取引所

新着情報・お知らせ

  • IronFX(アイアンFX)が、最大レバレッジ引き上げ - CFD取引の必要証拠金額を引き下げ
  • TitanFX(タイタンFX)が、FX口座と証券CFD口座を統合
  • XM(XMTrading)が、最大レバレッジを1,000倍に引き上げ
  • SimpleFX(シンプルFX)が、最大レバレッジを1,000倍に引き上げ
  • FXGTが、無料VPSホスティングサービスを提供開始
  • XM(XMTrading)が、仮想通貨取引を再開 - ハイレバ250倍&スワップフリー&24時間365日取引できる

重要なお知らせ

  • SuperForex(スーパーフォレックス)より、模倣サイトを使った詐欺に関する注意喚起
  • AXIORY(アキシオリー)より、模倣サイトおよびAXIORYを名乗る偽メールに関する注意喚起
  • HotForex(ホットフォレックス)より、偽装サイトに関する注意喚起
  • XM(XMTrading)より、偽サイトや偽アプリに関する注意喚起 - 詐欺に注意
  • AXIORY(アキシオリー)より、お中元ボーナスキャンペーンに関する大切なお願い
  • 廣常智輝(広常智輝、ひろつねともき、Tomoki Hirotsune、徳島県名西郡石井町在住)への警告

キャンペーン

  • CryptoAltum 25%入金ボーナス - コンバインド・プラス口座限定キャンペーン
  • AximTrade × みんなで海外FX 口座開設キャッシュバック 最高10万円
  • CryptoAltum 100%+25%入金ボーナス
  • ThreeTrader LAMYのボールペン 先着100名
  • FXGT公式キャッシュバック 最大50ドル/GTロット
  • XM(XMTrading)100%入金ボーナス

キャンペーンとボーナス

ニュース・リリース

コントラクト

みんなで海外FXは、個人投資家・トレーダーのためのFX・株式投資総合情報サイトです。 日本国外の証券会社(海外証券会社)、日本国外のFX会社(海外FX会社)の情報を中心に、投資用の各種海外口座における会社選びや口座選びの安心と安全の目安を提供します。 これから海外口座で投資(FXや株式、CFDなど)を始める方も、既に海外口座をご利用でも、どんな方でもご利用いただける情報の提供を行っています。 2016年より、海外取引所を中心に仮想通貨取引所および仮想通貨販売所の掲載を開始しました。

投資は、開始される前に市場の仕組みや各社の定める規定や契約を十分に認識し、取引システムの操作方法への理解を深めていただく必要があります。 金融サービスガイドやリスクの説明は、各社のサポートデスクまでお問い合わせください。 取引を開始される前に、金融サービスガイドやリスク説明をお読みいただくようお願いいたします。 いついかなる場面でも、必ずご自身の意思で投資を開始されてください。

みんなで海外FXが提供する全てのサービス及び全ての情報は、FXや株式投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、勧誘を目的としたものではありません。あわせて、当サイトは、主にユーロ圏在住の日本語スピーカーの方へ向けたものであり、日本在住の方を勧誘することを意図したものではありません。 みんなで海外FXに含まれる市場分析やその他情報は全て個人の見解であり、情報の正確性・普遍性などにおきまして一切の保証・確約をするものでもございません。みんなで海外FXの情報やその内容につきましては万全を期しておりますがその内容を保証するものではなく、これらの情報によって生じたいかなる損害についてもみんなで海外FXおよび本情報提供者は一切の責任を負うものではないことを予めご了承ください。 みんなで海外FXでは、各種の投資商品及び投資におけるアドバイスは提供しておりません。 みんなで海外FX上の記載事項は、予告なしに内容が変更又は廃止される場合がございます。 ユーザーは、FX会社(海外FX会社、海外FX業者、海外証券会社)の選択、取引口座(海外口座、海外FX口座、証券口座)の開設、資金のご入金、投資行為、その全てをご自身の責任で行うものです。みんなで海外FXは、ユーザーのどのような行為であってもユーザーの責任のもとで発生したいかなる損害に対して責任を負いかねます。 実際に利用する取引口座の設定や環境(スプレッド、ロスカット、マージンコール、取り扱い銘柄など)必ずご自身でご利用となるFX会社(証券会社)にてご確認ください。 みんなで海外FXは、ユーザーが利用するFX会社(証券会社)が提供するサービスにつきまして、一切の責任を負わず、FX会社はみんなで海外FXが提供するサービスに責任を負いません。ご利用のFX会社とみんなで海外FX、それぞれに対しユーザーがその全責任を負う必要があります。 上記されるユーザーの責任につきましては、みんなで海外FXにFXや株式投資だけではなく掲載される全てのファイナンシャル・サービス(電子マネー、オンライン・ウォレット、市況配信サービスなど)においても同様です。投資の抱えるリスクについて十分にご理解とご納得の上でお取引してください。

【厳選】水平線を自動で描画するMT4インジケーターまとめ【全部無料】

【厳選】水平線を自動で描画するMT4インジケーターまとめ【全部無料】

直近の高値と安値にサインの出るインジケーター「フラクタル」を利用して、高値と安値にラインが表示されるインジです。 デフォルト設定ではラインがかなり太いので、設定で捕捉することを推奨します。 このインジはちょっとした高値安値にも反応してラインが表示されます。 スキャル的に使いたい場合はそれでもいいかも知れませんが、特に重要なラインだけを見たい場合はマルチタイム表示するとわかりやすくなります。 下のチ

FractalSupportResistance button 1.04

ラインは時間足ごとに色分けされているため非常に見やすいのが特徴です。
更にはチャート左上のボタンをクリックすることでサポレジラインの表示・非表示が簡単に行えます。必要な時に手軽に表示できるのは予想外に役立ちます。

フラクタルをベースとして1時間足、4時間足、日足、週足のサポレジラインを表示してくれるインジです。 どの時間足サポレジなのかも一目でわかりますので、トレード戦略を立てる際に非常に役立ちます。 また、チャート左上のボタンをクリックすることでラインの表示・非表示の切り替えができます。 必要な時だけ表示させられますので、他のインジケーターとも組み合わせやすいです。 見やすくて使いやすいので、デイトレから

sr_mtf_eli

マルチタイムでサポレジラインを自動で表示してくれるインジです。 デフォルトでは5分足、15分足、30分足、60分足のサポレジラインを表示します。 サポート/レジスタンスレベルを描く方法 5分足を表示させると、上のチャートのように4つの時間軸のサポレジラインが色分けで描画されます。 複数の時間軸でサポレジとなっているレート(複数の色が重なっているライン)は、それだけ市場参加者が意識しているレートと考える事が出来ますので、一つのチャートポイ

II_SupDem_v2.33s2o

サポレジゾーンが自動で描画されるインジです。 過去にご紹介した「SupDem」の進化版になります。 このインジの大きな特徴は、マルチタイムに対応した点にあります。 上位足のサポレジを表示させることができるようになりました。 下のチャートでは、1時間足チャートに4時間足のサポレジを表示させています。 完全無裁量で意識されやすいサポレジゾーンが分かりますので、「どこが重要なレートなのか分からない!」と

SS_SupportResistance

このインジではゾーンの特徴や重要度について6種類に色分けされます。

  • weak:弱い。重要度は低い

自動でサポレジゾーン表示されるインジです。 ぱっと見では以前ご紹介したSupDemと似ているのですが、 SS_SupportResistanceにはもっと凄い機能があります。 サポレジゾーンの特性が表示される SS_SupportResistanceを表示させると、サポレジソーンの右側に○○Supportや○○Resistanceという文字も表示されます。 これらは、過去にそのゾーンで反発があった

SupDem Zone button

自動でサポレジゾーンを表示してくれるインジケーターである「SupDem」をクリックでオンオフできるようにしたインジです。 チャート左上のボタンをクリックすることで、サポレジゾーンの表示・非表示ができます。 SupDemはサポレジゾーンを示すインジとして非常に優れていますが、場所を取って目立つため、他のインジとの相性は良くありません。 しかし、SupDem Zone buttonを使えば、必要な時だ

前日など決まった期間の高値安値等にラインを引くタイプ

Lines_bojack34_v1.5

始値や高値などの様々なラインを一括で表示するインジです。 チャート左のボタンをクリックすることでラインをオンオフすることも出来ます。 表示できるラインは以下の通りです。 当日の始値 ピボット 前日の高値 前日の安値 週の始値 週のピボット 前週の高値 前週の安値 前月の中値 前週の中値 これらのライン1つ1つについて表示/非表示、ラインの色や太さなどが細かく設定可能なので、必要なものだけを選択して

mtf-high-low

過去1ヶ月、過去1週間、その日の高値や安値のポイントを表示するインジです。 1時間足や4時間足を使う場合に役立ちます。 またこのインジはそれだけではなく、日足、週足、月足の期間をレクタングルで囲ったり、それぞれの期間におけるピボットまでを表示させることができます。 パラメーター設定画面 様々な情報を個別で表示する/しないを選択する事ができます。 好みに合わせてカスタマイズできるので非常に便利だと思

DWM-Range

D(Day)W(Week)M(Month)の3つの時間足のレンジを水平線で示すインジです。 デフォルト設定では過去の24本分の足のレンジを示すラインを自動で引いてくれます。 大きな時間枠での直近の高値・安値やレンジ幅がすぐに確認できますので、相場の状況を見たり、意識されやすいレートを確認するのに使えます。 毎日のトレード開始時にとりあえず表示させて大まかな状況をチェックする時に役立ちそうです。 (

ラウンドナンバーにラインを引くタイプ

Round_Number_Levels_on_off

価格の最後が00になるキリのいい価格であるラウンドナンバー(キリバン)にラインを引いてくれるインジです。 チャート左上に3つのボタンが表示され、それぞれをクリックすると、25pips間隔、50pips間隔、100pips間隔のラインが表示されます。 ラウンドナンバーはサポレジラインとしてもかなり機能しますし、必要に応じてラインをオンオフできるのも便利です。 ラウンドナンバーを参考にしてトレードして

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる