FX取引の仕組み

決済ソリューションを通じて収益を得る方法

決済ソリューションを通じて収益を得る方法
OpenSea経費のガス代消費予測(「Gas Now」よりOpenSea関連のみ抜粋)

上場2年目のビッグデータカンパニーでデータサイエンティストを募集!

■事業内容
かっこのデータサイエンス部門は、インターネット決済シーンにおける不正取引の審査から発展し、現在では、製造業や、流通業、サービス業といった非インターネットに事業の主軸があるクライアント企業に対しも、データ解析による経営判断材料の提供、顧客分析、需要予測や生産性向上のためのアルゴリズム開発提供、データサイエンスを用いた業務の機械化を支援しています。
自社サービスでEC業界で最大級のシェア(導入2万サイト以上)を誇る不正取引の検知サービス「O-PLUX」の価値・精度向上にはじまり、年商50億円から1500億円規模のクライアント企業に対し、統計学、数学、機械学習などの技術をビジネスに実装させ、成果を追求することにこだわった事業運営をしています。

■職務概要
担当する案件において、ビジネス的な課題、データに対する理解を深めていただき、起きている事象の可視化から、問題解決のための手法の選択、分析、モデルの開発から、ビジネスで活用するためのツール・システムの開発・提供までが守備範囲となります。
データサイエンスを用いた問題解決に、先輩社員の指導のもと、一貫して関わっていただきます。
将来的には、社内外におけるプロジェクトの進行調整、解析データから生み出される新規サービスの企画/立案まで行っていただける部門の中核的な存在に成長していただく事を期待します。
当社では一人ひとりの声の影響力が大きく、社員全員で企業を、事業を作っていく意識があります。そのため、責任も大きく自身の介在価値をより感じられる環境です。

■必須条件:
・大学レベルの統計・数学に関する知識
・Phthon、R、SQL、Linux環境等を用いた分析または開発の経験(独学可)
■歓迎条件:
・数理計画法などの数学的知識や経験
・機械学習、人工知能などの知識や経験

■求める人材像
成長イメージ:
データサイエンスの技術や知識をビジネスで駆動させるための実装力や、クライアントの行動に落ちるアウトプットにこだわっています。
統計学や、数学の知識を活かしつつ、データサイエンスでビジネス成果をあげるには、どうすれば良いのかを最前線で体感しながら、スキルアップしたいというビジネスパーソンを募集します。

組織:
「まずやってみようをカタチにする」という、柔軟性とスピード感で、データサイエンス技術を用いた問題解決に取り組む価値観の組織です。
顧客の事業や、課題、データに好奇心を持ち、主体的に問題解決に介在する姿勢を重視します。
コミュニケーション:

価値観:
依頼主にとって無くてはならない存在になること。
実践的なデータサイエンティストとして経験を積むことについての野心を歓迎し、共に、カスタマーサクセスを追求し続けるモチベーションを持った人材を求めています。

決済ソリューションを通じて収益を得る方法

close

  • ホーム
  • インサイト/ホワイトペーパー
  • 調達コスト削減を阻む5つの壁と突破のカギ 第1回 企業の調達コストに立ちはだかる5つの壁とは

調達コスト削減を阻む5つの壁と突破のカギ
第1回 企業の調達コストに立ちはだかる5つの壁とは

1. 企業の調達コストを取り巻く状況

近年あらゆる業界において、物流コストの上昇や資源価格の高騰といった、企業のコストアップ要因が増加している。
物流コストについては労働力不足による運賃の値上げの影響もあり、日本ロジスティクスシステム協会の「2021年度物流コスト調査報告書 *1 」によると、2021年度の企業の全業種平均の売上高物流コスト比率は5.7%と過去20年の調査結果において最も高い比率となっている。
また、世界的な脱炭素化推進による再生エネルギーの生成・貯蔵に使用される銅、ニッケル、コバルトなどの金属需要の増加により、金属価格は今後も高騰が継続することが見込まれている。
そうした中、コスト増加分を価格転嫁せざるを得ない企業も増加しているが、価格転嫁を最低限に抑制するためや収益改善を目的として、調達コストの見直しの検討も必要となると考えられる。一方で、調達コストのうち直接材コストは、研究開発や設計、製造などの各工程と関連するため、すぐに着手することが難しい。そのため、比較的すぐに取り組める間接材コストの削減から検討を進める企業が多いと見られる。

*1 日本ロジスティクスシステム協会 2021年度物流コスト調査結果(速報値)

2. 調達コスト削減を阻む5つの壁と突破のカギ

調達コスト削減は現行の運用の中からより低コストに調達をする方法を探ることであり、いわゆる企業変革の一つである。そのため、業務を担当する調達担当部署や、変化によるリスクを懸念する品質管理部署といった抵抗勢力も多くなりがちで、実現は一筋縄ではいかないものである。
直接材に比べれば取り組みを進めやすい間接材コスト削減においても、成功を阻む「5つの壁」が存在し、社内体制の整備だけではなく、壁を突破するカギを意識した取り組みをしないと期待した成果を得ることは難しい。
アビームコンサルティングでは、間接材、直接材含めてコスト削減において多数の支援を行ってきている。本インサイトシリーズでは、多くの支援の経験をもとに見えてきた調達コスト削減を阻む5つの壁と突破するためのカギを、実際の取り組み事例を踏まえ紐解いていきたい。
第1回は、調達コスト削減を阻む5つの壁と突破のカギの概要を解説する。まず、調達コスト削減における5つの壁とは図1の通りである。

図1 調達コスト削減における5つの壁

図1 調達コスト削減における5つの壁

① 『パレートの壁』
調達コスト削減で早期に成果を得るには、まず、金額上位の品目を抽出するパレート分析が有効な手段になる。しかし、この分析に依存しすぎると分析対象外となるロングテール *2 品目に眠る大きな削減余地を見落としがちになってしまう。これが『パレートの壁』である。
この壁を突破するには、ロングテール品目にも目を向ける必要があるが、全てを分析対象とするのは負荷が高く現実的ではない。そのため、大量のデータや伝票から削減余地が見込まれる品目を探る視点が必要となる。この点、「外形上、購買ガバナンス不全に陥っていそうな品目はないか?」という視点が分かりやすく有効だ。「購買ガバナンス不全」は、過去の取引のまま継続発注をしていて発注部門や取引先などが分散しているところに表れることが多く、結果として、それらの品目には単価や仕様にばらつきが生じている可能性が高い。
こうした外形上の「購買ガバナンス不全」が起きている品目を探ると、ロングテール品目の中の「スパイク *3 」を効率的に探り当てることができる。

② 『仮説思考の壁』
削減余地の算定は取組みの目標設定を行う重要な過程であるが、この分析を過去の経験や購買データベースを用いて、自社に当てはめた場合の仮説を立てて算定することが多い。仮説を用いて分析することは削減余地を効率的に見極める上ではセオリーだが、購買規模や取引条件などの細かなパラメータ(指標)の違いを削減余地の算定に考慮できないことも多く、時として削減余地を大きく見込み過ぎる、削減が困難な品目もその余地を見込んでしまうといった、事実と異なる分析結果となることがある。このような分析結果を算出してしまうと、現場から信ぴょう性がないと不信感を招き、実行に向けた勢いを低下させ変革の停滞を招いてしまう。これが『仮説思考の壁』である。そのため、削減余地の算定には、仮説を用いた分析だけではなく、現在の購買実態をもとにサプライヤと早期に対話して、市場価格との比較や取り得る打ち手を検討し、リアリティを追求しておくことが重要である。

③ 『現場主義の壁』
いよいよ削減の実行に移る段階では、主管部門と削減施策などの実行計画を合意形成していくことになるが、この際に、現地現物を旨とする「現場主義」が行き過ぎて、「現場迎合主義」にならぬよう留意すべきである。
主管部門は、削減の施策に一定の信ぴょう性があったとしても施策の実現性、品質の低下、サプライヤとの関係悪化など漠然とした不安に駆られ、施策に賛同してもらえないことがある。その際、安易に現場意見に「迎合」してしまうと実際に取れるアプローチが制限されてしまい、削減の期待効果も当初より小さく「縮こまって」しまう。これが『現場主義の壁』である。
こういった状況に陥らないためには、「外」と「内」の両面で主管部門の不安を解消していくことが重要となる。
ここで言う「外」とは外部のサプライヤのことを指し、あらかじめ値下げの参考価格や品質保証(できればSLA *4 決済ソリューションを通じて収益を得る方法 案まで)について言質を取り、現場の不安感の払しょくに繋げていくと良い。「内」とは社内組織や体制のことを指す。施策の実行後にはどうしてもサプライヤ離れや品質低下リスクが伴うものなので、内部にリスクテイクする組織を経営者に近い経営企画部等に持たせる、つまり、「行司役を立てる」ことを意味する。
このように、現場の不安に寄り添いながらも、それを突破する道筋を立てて見せることによって、変革の勢いを止めずに押し進めることができる。

*4 Service Level Agreement(サービス品質保証契約)

④ 『腹落ちの壁』
関係者で合意された内容に基づき、主管部門の実務担当者がコスト削減活動を進めていく段階に至っても、壁は存在する。それが『腹落ちの壁』である。
いざ、実務担当者が本活動に踏み込もうとするも、通常業務の繁忙で時間が割けないことや、具体的なやり方が分からない、「手触り感」がないことを理由に本活動を後回しにした結果、停滞することは少なくない。必ずしも実務担当者本人が意図しないところで腰が引けてしまい、「面従腹背」になってしまうリスクがある。
これには、まず施策立案者が本活動を率先垂範して「やってみせ」、実務担当者のお手本となる必要がある。施策立案者が進捗を管理し指示するだけではなく、自ら現場に赴き実務担当者と共に施策を実践し、活動の難しさや負担といった現場の苦悩に寄り添いながら、それでもなお成果を出してみせる。そうして、実務担当者の共感、「できる」感を引き出すのである。
さらにこれを継続し共感の輪を拡げていくことにより、全社一体となった活動体制に「魂」が吹き込まれることとなる。

➄ 『定石の壁』
現場の理解のもと活動を進めたが、計画通りの実行ができず、想定した削減効果が出なかったということもある。
昔は一部のエキスパートの専売特許であった調達コスト削減のノウハウは今日ではだいぶ普及してきており、市場や品目の特性に合わせ、「競争」「集約」「標準化」など打ち手の定石があるため、成果の刈取りに向けては、それに基づき進めることが多い。
しかし、サプライヤの受注意向や市況環境などの個別要因が多く存在するため、必ずしも定石が当てはまるとは限らず、想定した成果が出ないこともある。さらに定石が崩れた際、次の打ち手が用意されておらず、成果を取り逃がす、「やはり無理だったではないか」と現場の勢いを落とす(現場からの信用を失う)こともある。これが最後の壁となる『定石の壁』である。
施策の実行に踏み込むに当たっては定石に依存しすぎず、予めサプライヤとの早期対話や組織知見の結集を通じ、二の矢、三の矢を用意しておき、状況に応じた手を尽くしていくことが重要である。

きちんと理解したい! Microsoft 365とは

●Microsoft Apps for business 常に最新版Officeをダウンロードして利用可能で、1 ユーザー 15 デバイスまで(PC5台、タブレット5台、スマートフォン5台)利用できます。
●Exchange Online 1ユーザーあたり50TB(Exchange Online 決済ソリューションを通じて収益を得る方法 Plan2は100GB)の大容量メールボックスを提供します。ルール設定やアーカイブ保持、電子情報開示等のコンプライアンス機能に対応しています。
●Microsoft Teams チャット・会議・電話でリアルタイムのコミュニケーション手段を提供します。会話をしながらMicrosoft 365アプリで共同編集できます。
●SharePoint Online チームごとにドキュメントをクラウドで共有し、ブラウザから簡易編集・共同編集が可能です。バージョン履歴が残るため、誤って消してしまった場合でも復元できます。

●Power BI 企業が蓄積しているデータを分析して知見を得るためのBIツールです。エンジニアやデータアナリストでなくても活用できるセルフサービスBIに位置付けられます。
●Power 決済ソリューションを通じて収益を得る方法 Apps プログラミング無しで簡単にビジネスアプリケーションを作成できるツールです。実務をする人が、専門知識がなくても業務を改善するアプリを作ることが可能です。
●MyAnalytics 個人向けの作業分析ツールです。会議などで中断されない作業に集中できる時間が勤務時間中にどれだけあったか、休養が十分にとれているか、会議やメール、チャット、通話にどれだけ時間をとられているかを見える化し、生産性の改善を支援します。

3.Microsoft 365と旧Office 365、何が違う?

Microsoft 365とは別に「Office 365」があり、違いが分かりにくくなっています。両者はどのような違いがあるのかを整理してみましょう。

まず従来型のOfficeパッケージとOffice 365の違いについてご紹介しましょう。Office 365は、2011年に法人ユーザー向けに提供開始されました。従来のOfficeパッケージは買い切りライセンスで、初期コストが高くなりますが、Office 365はサブスクリプション型で、月額または年額でライセンス料を支払うという点が大きな違いです。またOffice 365では常に最新のOffice製品が利用でき、個人用のクラウドストレージが1TB提供されます。マルチデバイスに対応しているのもOffice 365の特徴です。

Microsoft 365と旧Office 365、何が違う?

次にOffice 365とMicrosoft 365の違いについてご紹介します。Microsoft 365は、2017年に提供が始まりました。当初はOffice 365と同等のアプリ・サービスに、高度な管理機能やセキュリティ機能、大企業向けの「Windows 10 Enterprise」を付加した形で提供されており、Office 365と明確な違いがありました。

しかし2020年に「Office 365」ブランドで提供してきた主なサービス・アプリの名称を「Microsoft 365」に統合したことで、違いがほぼなくなりました。ただし、大企業向け「Office 365 F1/E1/E3/E5」・教育機関向け「Office 365 A1/A3/A5」・政府機関向け「Office 365 G1/G3/G5」は名称やプランがそのまま引き継がれています。

4.一般法人向け・大企業向け料金プランの体系

一般法人向け・大企業向け料金プランの体系

5.アイデア次第で使い方いろいろ:ユースケースの紹介

●SharePointで情報共有用のポータルサイト構築に SharePointはプロジェクトごとのポータルサイトを簡単に立ち上げることができ、ファイル共有や共同編集ができます。業務に必要な情報を共有し、スペック表や電話対応履歴など、常に情報が変動するものについても共同編集で常に最新の情報に保つことができます。
●Teamsで店舗・事務所を遠隔でチェック 全国にある店舗・事務所の状態を本社が把握するのは、簡単なことではありません。Teamsで店舗や事務所の状況をWeb会議で映しながら本社でチェックすることで、状況に応じたリアルタイムな対処が可能になります。
●Intuneでテレワーク端末を一元管理 決済ソリューションを通じて収益を得る方法 テレワークの普及により、今まで管理者の目に届く範囲にあった端末が、自宅に置かれ、管理も難しくなっています。Intuneは場所を選ばず端末の管理が可能なため、万が一自宅の端末を紛失した場合でも、リモートでデータ消去が可能です。

財務人材育成

この3つの方法にかける時間の配分については、一つの目安があります。それは、70-20-10の法則として知られているものです※5。米国のCCL(Center for Creative Leadership)という研究機関が約200人の上級管理職を調査した結果をもとに定めたガイドラインです。それによれば、与えられた仕事から学ぶことが70、人間関係から学ぶことが20、研修から学ぶことが10とするのがよいとしています。

5. 実践的な習得アプローチ

6. TMSのOJTへの活用・効果
TMSはトレジャリー業務のOJTとして最適です。その理由は2点あります。

What, Why, How(ハードスキル)

What, Why, How(ハードスキル)

(3)コーポレートファイナンスへのOJTの適用

7. 効果例
グローバル財務人材育成に力を入れている企業や、キリバをご利用いただいているお客様によると、英語力やグローバル財務の知識が増えたことは当然として、今後のアクションにつながる付随効果が大きく得られたようです。

8. 情報源
研修プログラムや、財務業務に関する最新動向などの情報源を2つ紹介します。

9. 参考文献
本項は「育成」に焦点を当てているため、人材の採用、選抜と異動、評価については触れていません。そこで、それらについて説明している文献、事例が載っている文献を、本項で引用したものも含めて紹介します(刊行年順)。

「ヤフーの経理財務人財育成」(瀬越俊哉)『企業会計』2016 Vol.68 No.4、84~85ページ。

「座談会 花王・楽天・エーザイ 3社から学ぶ 経理財務英語化のすすめ方」(牧野秀生・日高健・柳良平)『企業会計』2016 Vol.68 No.10、97~112ページ。

高騰し続けているEthereumのガス代(NFT取引手数料)を抑える3つの方法

高騰し続けているEthereumのガス代(NFT取引手数料)を抑える3つの方法

直近2年間のガス価格の変遷 (出典:etherscan.io)

ガス代の事前見積り

総額いくらの経費が掛かるのか、見通しなしにethereumで取引を始めるのは危険なので、事前の見積りが重要になります。「Gas Now (https://www.gasnow.org/)」を使うと、現状のethereum混雑度に応じた適正ガス代を予測することができます。

OpenSea経費のガス代消費予測(「Gas Now」よりOpenSea関連のみ抜粋)

OpenSeaでユーザーがNFT作品を最初に売る時、ワンタイムの経費「Register Account (NFTユーザーアカウント登録料)」が掛かりますが、この処理だけで約11,226円掛かるという見積りです。

このNFTアカウント登録料を、前述したガス代計算式に当てはめてみると、
389335(Gas)×83(Gwei)×10 -9 (ETH/Gwei)×347365.7(円/ETH) ≒ 11,226円
と予測値を得ることができます。

「Buy NFT (NFTを買う)」欄はNFT作品購入の都度掛かる経費を表していますが、これも約5,475円と高額です。「Post NFT (NFTを売る)」欄がゼロ円なのが不思議に感じますが、これはOpenSeaのビジネスモデルの場合、NFT作品の一次販売はOpenSea内クローズドで行われるのでethereumとのやり取りがなく経費が発生しないためです。実際に一次販売が成立したとき、初めてNFT作品の所有情報がethereumに記録されます。この時の経費は「Buy NFT (NFTを買う)」欄で示した額を買い手が負担します。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる