初心者向けおすすめFX動画

流動性リスクの正しい理解

流動性リスクの正しい理解
脂の多い食事をした場合、消化に時間がかかるため、食べ物は胃に長く留まることになります。すると、一緒に飲んだ薬も胃に長く留まって、なかなか小腸に届きません。(胃内容排泄速度という指標)

一般的に、薬は食前に服用した方が吸収が早い傾向にあるのは、こうした理由があります。

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

新自由主義政策が正しいと思ってる人に質問です。新自由主義政策とは規制緩和で競争をさせて供給力を向上させる政策ですが、これは景気対策なのですか?

日本の景気が悪いというのはモノやサービスが売れにくい状況であることは理解してるわけですよね?

要するにモノやサービスが売れないことが問題であることは流石に分かりますよね?

だから先ずは新自由主義政策が正しいと思ってる人に質問です。

①規制緩和などの新自由主義政策は景気対策なのですか?
②景気対策だと思ってるのであれば競争をさせたら「国内全体」の需要が増えるメカニズムを教えて貰えますか?
競争に勝った企業が儲けるとかじゃなくて、競争での勝者や敗者を含め国内全体のGDPが上がるメカニズムを教えて下さい。

特典・キャンペーン中の証券会社

新規口座開設&クイズに正解で4,000円プレゼント!

トライオートETF新規口座開設キャンペーン

タイアップキャンペーンもれなく現金4000円プレゼント!

オトクなタイアップキャンペーン実施中!

新規デビュープログラム

総額1億円還元キャンペーン

運用スタートプログラム

開設後1ヶ月間取引手数料0円!

2,000円プレゼント

証券に関する悩みや疑問をキーワードから探す

①規制緩和などの新自由主義政策は景気対策なのですか?

景気対策というよりは成長戦略でしょうか。
短期的には失業を増やす可能性がありますが、新規産業の立ち上げによって将来的な需要の拡大を目指すということだと思います。

ゾンビ企業の淘汰によって、より効率的な経済となり、新しい産業が立ち上がる余地を与えます。

②景気対策だと思ってるのであれば競争をさせたら「国内全体」の需要が増えるメカニズムを教えて貰えますか?

現在、新しい製品やサービスが主に海外発で次々に生まれてます。そして人々はそれに対してお金を払います。既製の製品やサービスでは需要は拡大しませんが、新しい製品やサービスには人はお金を出すということです。これで需要が増大していきます。

しかし、日本ではゾンビ企業が利権の上に居座り、これを拒絶してます。結果、新しいものは生まれず、需要は増えませんし、生産効率も改善しません。

>競争に勝った企業が儲けるとかじゃなくて、競争での勝者や敗者を含め国内全体のGDPが上がるメカニズムを教えて下さい。

負けた企業が抱えていた従業員は新規産業に移ります。これによって労働者が供給されます。移動した労働者は、より効率的な企業活動に従事することとなり、給与も増加します。しかし、ゾンビ企業が延命していると、低効率な産業に労働者が固定化されてしまいます。

日本の最大の問題は、ともかく新しいことに挑戦しないということです。例えば、リスクマネー供給は世界の1%ほどしかありません。GDPのシェアは5%超ありますから、非常に少ないということが分かります。なお、中国のリスクマネーは10兆円を超えてます。負けて当たり前です。

https://signal.diamond.jp/articles/-/989
世界のスタートアップ調達額は70兆円前後の見込み
日本国内では8000億円超え、四半期単体で初めて2000億円を突破

しかし一方では、長年に渡って政府が財政赤字を垂れ流し続けてお金をバラまいているお陰で、現在の日本では、お金が有り余ってます。

家計の金融資産、21年末に初の2000兆円超、企業が持つ金融資産は前年同期比5.9%増の1279兆円
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB155Z20V10C22A3000000/

本来は、この腐ったお金をリスクマネーに振り向ければ日本は経済成長が可能になります。

日本の政策の問題は、全てが中途半端だということです。例えば経済成長のサイクルというのは、需要が増えて、インフレになって、設備投資されて、雇用が増えて賃金が増えるという繰り返しです。

日本では、需要を増やそうとしてお金を増やしてます。雇用を流動化しようとして非正規雇用を増やしてます。しかし一方では規制緩和は進まずに利権を温存してゾンビ企業を延命します。結果として、非正規雇用の拡大は、単なる低賃金化の政策となってますし、お金をバラまいても、結局それが使われずにただ貯蓄されてしまいます。また、デフレ克服と言いながら、実際にはデフ入れ推進(インフレ阻止)政策を実施してます。

日本政府のデフレ推進政策
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11250126256

ブレーキとアクセルの両方を踏んでいるので、成長は起こらず、単に政府債務を増大させて将来の危機を拡大しているだけです。錆び付いた歯車は、そのままで動きません。まさに自殺政策が実施されてます。

本来は成長のサイクルを同時に刺激すべきでした。全ての歯車を強制的に動かせば、成長のサイクルは動き出すはずです。

つまり、例えば以下です。

・賃金アップ
最低賃金の引上げや、法人税増税を行って賃上げに対する控除を可能にする等が考えられます。現在のようなお願いベースではなく、これで実効性のある賃上げが可能になります。

・雇用の流動化
非正規雇用の推進自体は新規産業への労働者の供給という意味がありますが、同一労働同一賃金を義務化する等も同時に実施する必要があります。また、規制緩和による新規産業の立ち上げがなければ、結局行き先がないので、流動化は単に労働者の立場を弱くして、賃金を低下させるだけの政策となります。

・規制緩和
新規産業の立ち上げを阻害する規制を撤廃する必要があります。利権の維持を目的とする規制の撤廃です。抵抗勢力との闘いになりますが、これは成長のために必要なこととなります。

・リスクマネーの供給
例えば資産税を徴収し、ベンチャー等の新規発行株式に対する投資を行えば控除できるようにします。わずか0.1%の資産税でも、3兆円のリスクマネーが生まれます。これによって、日本でも世界に匹敵するリスクマネーを生み出せます。投資資金は事業の立ち上げに実際に使われるので、直接GDPを押し上げますし、雇用も爆発的に生まれます。さらに新規産業が立ち上がれば、将来の経済成長につながります。

・財政再建
現在の日本では、政府が財政赤字を垂れ流し続けてお金を供給し続けるために、民間は何もリスクを取らないのに資産を殖やし続けてます。リスクを取らずに資産を殖やせるのですから、リスクを取ろうとしないということが起こります。つまり、財政赤字によって日本は民間の成長を殺しているということになります。

一方、財政再建を行った場合には、民間は経済成長がなければ資産を殖やせません。したがって、懸命に民間はリスクをとって経済成長のための努力をしたはずです。

・インフレ
日本はずっとデフレだと言って、政府は懸命にデフレ克服と称してバラマキを続けてますが、実はインフレにすること自体は非常に簡単です。要するに値上げをすればよいのです。日本では価格統制が行われているものが多く、それを排除すれば簡単に値上げが起きます。また、増税でも値上げが可能です。例えば消費税増税はインフレ政策であり、増税すれば消費者物価指数が上昇します。現在原油の値上がりが原因でのインフレ懸念がありますが、同様なインフレ(コストプッシュインフレ)を人為的に起こすことは簡単だということです。

消費税増税による人工インフレ
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14240939389

デフレはお金が価値が上がっていくので、お金の使用を抑制してしまいます。一方、インフレではお金の価値が下がっていくので、お金を早めに使おうとします。つまり、通常は確かに成長の結果論としてのインフレなのですが、強制的に成長の歯車を回そうとするのであれば、スタグフレーションであろうともインフレにすること自体は必須であるということです。そしてそれは、需要を喚起することになります。

しかし日本では、デフレ推進(インフレ阻止)政策が実施されているのです。


以上見る限り、政府は間違い続けてます。
成長のためではなく、全く逆の破滅のための政策を実行してます。

お疲れ様。新自由主義なイデオロギーは、既に、すたれていますよ。

新型コロナで、全世界が、財政出動して、各国のGDPを下支えしました。どの国も新自由主義など採用していません。
新自由主義というよりも、グローバリゼーションの方を、問題視するべきです。

=====
>①規制緩和などの新自由主義政策は景気対策なのですか?

=>財政出動が特定の業界に、固定的に行われ、その業界が、既に、社会から必要とされる以上の供給力があるのに、供給力が余っているその業界内で、市場競争するために、生産性が上がっていない、という状況があります。

供給力が余っている業界が、財政出動などでゾンビのままで、生産性が低い状況で、生き残っていることは、経済全体としてみると、経済が活性化しない原因になっています。

供給力が余っている業界の企業が、今よりも生産性向上が見込める産業分野にチャレンジしやすくすることで、社会全体の生産性向上、つまりは、経済成長につながります。

供給力が余っている業界の企業が、人材を低賃金のまま囲っているので、人材を、成長分野に移動する必要があります。

そのために、供給力があまっている業界が、生産性の高い新規産業に、参入できるようにするのが、「規制緩和」です。


>②景気対策だと思ってるのであれば競争をさせたら「国内全体」の需要が増えるメカニズムを教えて貰えますか? 流動性リスクの正しい理解

=>成長分野の産業が、成長すれば、「国内全体」の需要が増えます。

ゾンビな企業が、供給力の余っている産業に、しがみついて、低生産性のまま、従業員の給与を据え置きにして、生き延びているのです。

ゾンビな企業の生産性を上げるために、統廃合し、設備投資により、生産性向上が見込める規模にして、その際に、生産性向上により、人員が余剰になれば、人員をリカレント教育により、成長分野に移動するという感じです。

ちなみに、よく、力のある中小製造業の企業をないがしろにするな、とかの意見を聞きます。

私のこの議論は、GDPの70%を占める「サービス業」における生産性向上を、ターゲットにしています。中小サービス業は、税金も払わないで、ゾンビが多く、存在します。

新型コロナ下で、政府の税収が増えました。これは、税金を払っていない企業がたくさんあることを、示唆しています。

薬の効き目が、人によって違うのは何故?~吸収・代謝・分布・感受性の個人差

小腸での薬の吸収

例えば、小腸の動きが活発で食べたものもすぐに大腸へ送られてしまう場合、薬の成分が小腸に留まっている時間が短いので、薬の吸収量も減ります。
逆に、小腸の動きが鈍っている場合、薬が長く小腸に留まることになるため、薬の吸収量が増えます。

薬の吸収と、胃内容排泄

脂の多い食事をした場合、消化に時間がかかるため、食べ物は胃に長く留まることになります。すると、一緒に飲んだ薬も胃に長く留まって、なかなか小腸に届きません。(胃内容排泄速度という指標)

一般的に、薬は食前に服用した方が吸収が早い傾向にあるのは、こうした理由があります。

2.代謝~肝臓で生じる差

ピロリ除菌成功率と代謝速度

胃薬(PPI)の『オメプラール(一般名:オメプラゾール)』は、この分解酵素の有無によって効果に大きな差が生じます。この差によって「ピロリ菌」の除菌成功率にも大きな影響を与えることが知られています。

3.分布~脂肪で生じる差

薬の分布と脂肪量

例えば、脂溶性の薬を服用した場合、肥満体質の人とやせ型の人で薬の分布は変わります。本来、届くべき目的地に薬が到達するまでの間、道中あちこちに脂肪があると、その脂肪分に薬が溶け込んでいってしまいます。
すると、目的地に到達する薬の量は減ってしまいます。

高齢者では筋肉が衰えて脂肪の割合が多くなっています。そのため、若者とは薬の効き目に大きな差が生じることになります。
こうしたことから、高齢者には専用のガイドラインが設けられる等の対応がとられています。

4.感受性~患部で生じる差

薬剤師としてのアドバイス:他人の感想はあくまで参考程度に

  • なつみかん
  • 2016年 流動性リスクの正しい理解 流動性リスクの正しい理解 4月 22日

非常にわかりやすい解説ありがとうございます!
今後の人生にとってプラスの素晴らしい情報でした!
なぜ人によって、薬の効いてくる時間が違うのかとか
効き目の強さが違うのかとかそういうのも理解出来ました!

■Fizz-DIについて

■筆者プロフィール

児島 悠史(薬剤師・薬学修士)

京都薬科大学 大学院修了
日本薬剤師会JPALS CLレベル6

【書籍】
■羊土社
薬の比較と使い分け100(2017年)
OTC医薬品の比較と使い分け(2019年)
■日経メディカル開発
薬剤師のための医療情報検索テクニック(2019年)
■金芳堂
医学論文の活かし方(2020年)

【連載】
Medical Tribune / 流動性リスクの正しい理解 PharmaTribune
ダイヤモンド・ドラッグストア
m3.com

【講演】
薬剤師会(兵庫県/大阪府/広島県/山口県)
大学(熊本大学/兵庫医療大学/同志社女子大学)
学会(日本薬局学会/プライマリ・ケア連合学会/アプライド・セラピューティクス学会)

【監修・出演等】 流動性リスクの正しい理解 流動性リスクの正しい理解
異世界薬局(MFコミックス)
Yahoo!ニュース動画
フジテレビ / TBSラジオ
yomiDr./朝日新聞AERA/BuzzFeed/日経新聞土曜版/日経トレンディ/大元気/女子SPA!ほか

利益相反(COI)
特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

走りすぎた車、古い車、放置車など0円査定だった車も買います

みなさん会社に対してどんなイメージをお持ちでしょうか?
例えば自動車メーカーで考えると…
トヨタは頑丈なクルマをつくる、
日産といえばカルロス・ゴーン社長、
ホンダであればNSX...
といったように、製品の特長や経営者を思い浮かべる人が多いことでしょう。
会社のイメージはそのような製品や、ブランドなどで形成されがちです。
しかし、会社を分析しようと思ったときには製品やブランドを見ただけでは、その実態を把握することは出来ません。
そこで今回のコラムでは、各企業の財務諸表を基に「トヨタ」「日産」「ホンダ」という日本の三大自動車メーカーがそれぞれ会社としてどのような違いがあるのかを明らかにしてゆきます。

トヨタ/ニッサン/ホンダの経営状態は?

具体的には、
< 1:収益性 >
< 流動性リスクの正しい理解 2:効率性 >
< 3:安全性 >
の3つの観点から、各企業の違いを総合的に分析します。
今回は2013年3月期~2016年3月期までの各企業の連結財務諸表をもとに分析・比較を行っていきます。
また2017年3月期のデータは反映しておりません。申し訳ないです...。
財務諸表は各企業HPの「投資家情報」や「IRライブラリ」といった項目から入手しました。

トヨタ自動車の企業サイトに掲載されている情報

< 1:収益性についての分析 >

[ 1-1:売上高総利益率 ]
売上高総利益率は、すべての企業活動のうち、販売活動に直接関係のある購入活動・製造活動の営業結果を示す売上高を評価・判断するための指標です。
数値が高いほど製品やサービス自体のコスト優位性があり、付加価値が高いことを示します。計算式は以下のようになります。

三社の売上総利益率グラフ

この3社の中では、トヨタが最も製品に対して付加価値をつけることができており、販売・製造活動が良好であると言えるでしょう。
また、生産原価を最も低く抑えられているのもトヨタということになります。
これは規模の大きさから、原材料を大量に購入することで原材料1単位あたりの価格を安く抑えることが出来ているからでしょう。
やはりトヨタの規模の大きさは、コスト面でもライバルに差をつけている要因だと言えそうです。

売上高営業利益率は、企業のすべての活動のうち、商品の購入・販売・管理活動、製品の製造・販売・管理活動といった営業活動を評価する指標です。
その値が大きいほど、企業が本業で稼ぐ力、営業力、商品力が高いことを示します。 流動性リスクの正しい理解 流動性リスクの正しい理解
計算式は以下の通りです。

三社の売上高営業利益率グラフ

製造業の平均が5~6%であることを考えると、トヨタの数値は平均を大きく上回っており、営業活動は良好であると言えます。
ホンダは直近の二年において値が落ち込んでおり2016年度は3.4%という結果でした。
他の二社に比べると、効率的な営業活動が行われているとはいえないかもしれません。
特にトヨタとホンダでは約3倍の差があり、これはホンダがトヨタの3倍近くのコストをかけて車を販売しているということになります。
トヨタの販売システムが、いかに効率的であるかが分かります。

続いて見ていきたいのがROE(流動性リスクの正しい理解 自己資本利益率)です。
これは、株主自身に帰属する自己資本がどの程度の利益を獲得したかを示す指標です。
投資家が最も重視する指標の一つであり、企業はこの数値を高めるべくさまざまな努力をしています。
計算式は以下の通りです。

三社の自己資本利益率グラフ

一般的にROEは10%を超えると優良企業であると認識されるので、トヨタ、日産はそこそこ良い数値なのではないでしょうか。
東証の平均が約5%なのでホンダは平均レベルとなります。
余談になりますが富士重工のROEの値は36.9%と、とても高水準です。
株主資本からとても効率的に利益を生み出しており、非常に魅力的な株式銘柄です。
ですが、北米での販売比率が7割に及び、今後のトランプ政権の動向次第では、大きな打撃を受けることになるかもしれません。
以上、余談でした。

[ 1-4:ROA(総資本利益率) ]
次に分析する指標はROA(総資本事業利益率)です。
ROEは株主資本のみを分母に置き、株主目線で企業の収益性を測る指標でした。
これに対し、ROAは会社が投入したすべての資本(自己資本+負債)から、どれほど利益を上げることが出来ているかを評価します。
値が大きいほど、資本から効率的に利益を生み出すことが出来ており、企業活動が良好であることを示します。
計算式は以下の通りです。

三社の総資本利益率グラフ

3社中最も効率的に資本から利益を生み出しているのは、トヨタということになりました。
並びはROEといっしょですね。
トヨタは連続してROAの値が上昇しており、事業全体で利益を生み出す体制を整えていることが分かります。
対照的にホンダは2014年をピークに数値は減少しており、資産から効率的に利益を生み出せなくなっているといえます。

の並びになりました。
なんとなくイメージ通りでしたが、一番収益性が高いのがトヨタ、次点で日産、次いでホンダという結果になりました。
この3社の中で、収益性をもとに投資対象を選ぶとしたら、トヨタが最も良い銘柄と言えそうです。
ホンダは収益性の低さが目立ってしまいましたが、2017年度は海外生産比率が84%に達し、10年前から21ポイント上昇しました。
為替に左右されない体質が強化されることで、今後は利益率の改善が見込めるかもしれません。

< 2:効率性の分析 >

売上高と総資産の関係を調べます。 流動性リスクの正しい理解
売上高に対し会社の総資本の金額が妥当な範囲に収まっているかどうかで資本運用力の巧拙を測ります。
会社の中の資産はすべて有効に使われる必要があるため、常にフル稼働していることが重要です。
総資本回転率が低いということは資産にムダが生じているということであり、その会社が肥満体質であることを示します。

三社の総資本回転率グラフ

総資本回転率は1回転を超えるのが望ましいとされています。
ですが、3社とも1回転を下回っており、ある程度ムダな資産を保有しているようです。
ホンダはこの中では最も総資本回転率が高く、3社の中ではスリムな体質であることが分かります。
そしてトヨタは数値が0.60と低い水準になっています。
ムダな資産を減らし、資産をフル稼働させるためにまだまだカイゼンの余地はありそうです。

三社の総資本回転率グラフ

三社の有形固定資産回転率グラフ

全体的に最も効率的に資産を使っているのは、ホンダということになりました。
棚卸資産回転率はトヨタより数値は下ですが、年々値は改善しており在庫をもたない体質が整ってきていると言えます。
さらに有形固定資産回転率でみるとホンダが断トツで高いという結果であり、工場や設備から最も効率的に売上を上げています。
以上より3社の中で活性度が一番高いのは、ホンダであると言えるでしょう。

< 3:安全性の分析 >

流動資産とは現金預金、受取手形、売掛金など一年以内に回収される資産のことを指します。
また、流動負債とは支払手形、買掛金、短期借入金など原則一年以内に支払う義務のある負債です。
この値は、高いほうが安全性は高いと言えるものの、高すぎると資金を効率的に運用できていない可能性が生じるので、業種平均程度であれば良好であると言われています。
製造業の平均は150%程度となっています。
それでは3社の値について見ていきます。

三社の流動比率グラフ

以上より、流動比率でみた短期の安全性は日産が最も高いです。
いずれの3社も、100%以上の値があるため、短期での倒産リスクは低いことが分かります。
特に日産はこの3社の中では断トツに高い数字を誇っています。
短期的な財務の健全性は日産が最も優れているということが分かります。

三社の自己資本比率

自己資本比率の高さに関してはホンダ、トヨタ、日産という順番になりました。
この中では日産の数値がやや低いものになっています。
さらに、日産の数値は年々減少しており、長期的な財務健全性が年々低下していることが分かります。
短期的な健全性では最も優れていた日産ですが、他2社よりも長期的な投資には慎重にならざるを得ないかもしれません。

固定比率は、現金化に時間を要する固定資産と、返済の必要がない自己資本との割合を示した指標です。
固定資産の回収期間は1年を超えるため、可能な限り借入に依存しないで購入することが望ましいです。
この比率は100%以下ならば自己資本のみで固定資産を賄えているということであり、数値が低いほど安全性が高いということになります。

三社の固定比率

固定比率が最も良好なのは日産、次いでトヨタ、ホンダという並びになりました。
ですがこの3社は固定比率の数値が全て100%を超えてしまっており、固定資産を借入によって調達しているということになります。
この数字を見る限りでは3社ともあまり良い状態であるとは言えません。
3社とも自己資本の充実・固定資産投資の縮小等も検討することで、固定比率改善につとめるべきでしょう。

三社の固定長期適合率

さきほど紹介した固定比率は3社とも100%を超えており、あまり状態が良くないという話をしました。
ですが、この固定長期適合率でみるといずれの企業も100%を下回っていることが分かります。
これは、固定資産への投資を実施する際に、自己資本では調達できない分を固定負債に頼っているということになります。
一応、固定比率が100%を超えていても、固定長期適合率が100%以下であるならば長期的なリスクは低いと言えます。
つまり、先ほどは状態が良くないという分析に至りましたが、実際には3社とも長期的には安全であるといえます。
固定長期適合率は80%以下であると良好であると言われているので、この中では日産の値はとても優秀であることが分かります。
ですが、より長期的な視点に立った時には、先ほどと同様に自己資本の充当・固定資産のスリム化により固定比率の改善に努めるべきでしょう。

短期的な安全性が最も高いのは日産であると言えます。
流動比率は150%を超えており、1年以内での資金ショートの可能性は最も低いでしょう。
トヨタ、ホンダも流動比率は100%を超えていますので、こちらも短期間での資金ショートの心配はなさそうです。
長期的な安全性に関しても日産が最も安全であると言えます。
固定比率、固定長期適合率は日産が最も良好ですし、自己資本比率に関しても単体で見れば3社とも50%ほどになります。 流動性リスクの正しい理解
つまり子会社の中に自己資本比率が少ない企業が含まれており、日産自動車単体で考えたときはそれほど自己資本比率の値が悪いわけではないのです。

同じ自動車メーカーでも収益性・効率性・安全性においてそれぞれ少なからず差があるのだということが分かってもらえたでしょうか。
このコラムで一番伝えたかったことは、財務諸表を用いることでそれぞれの企業の違いをより理解できるようになるということです。
利益率に問題があるのか?
倒産リスクはあるのか?
在庫は過大でないのか?
等々の疑問は、企業の財務諸表を見ることですぐに明らかになります。
私自身、今回のコラムを書くまでホンダの利益率が低いことを知りませんでしたし、日産の安全性が高いことも知りませんでした。
製品の違いだけでなく、会社そのものの違いに気付くのもなかなか面白い経験でした。
機会があれば部品メーカー、タイヤメーカーの比較なども今後取り組んでみるのも面白いですね。
最後まで、お読みいただきありがとうございました。

流動性リスクの正しい理解

レートが上がるか下がるか二つに一つなのですから、適当にやってみても 50%の確率で利益を出す 事ができるわけで、確率で言えば誰でも2回に1回は利益を出す事ができるのです。
しかし、” 勝ち続ける “ことは決して容易な事ではありません。2回に1回の勝利ではなく、できるだけ勝ち続ける事が大切であり、それが難しいのです。そして、どれほど読みが巧妙な人であっても、 勝ち続ける事は100%不可能です 。時に勝ち、時に負け、勝った時の利益は出来るだけ大きくし、負けたときの損失は出来るだけ小さくする事によって、 トータルでの収支をプラス になればいいのです。

だからこそ、大切なのは勝ち方や負け方であり、そして勝った後の姿勢や負けた後の姿勢こそ大切となるのです。正しい勝ち方・負け方は上記の通り「 勝つときには利益をできるだけ大きくし、負けたときには損失を出来るだけ小さくする 」ことで、これが投資の鉄則である「 損小利大 」ということです。では、勝った後の姿勢、負けた後の姿勢について考えて見ましょう。
人間は精神的に弱い生き物であり、勝つと調子に乗り、負けるとヤケを起こして大胆になるという傾向を持っています。つまり、勝っているときには「俺は運がいいぞ」とか「俺は投資の才能がある」と錯覚をして、ポジションの量を多くしてみようと思い、負けたときには「損した分を取り返さなければ」と思ってポジション量を多くするのです。

おすすめのネットFX会社ランキング

マネーパートナーズ
何と言っても目玉は最狭スプレッドと少額から始められる所であり、ここに全てが詰まっていると言っても過言ではない。他の良い所で言えば、SWAPポイントが最高クラスで高い、毎日送られてくる相場レポートやマーケットインフォメーションが役立つ、実際のトレードで約定や決済などの注文がわかりやすくて良い、そして初心者には嬉しいサポートが良いという点だ。1つだけ、悪い所を上げればスマートフォン用のアプリが使いにくい所。

DMM.FX 流動性リスクの正しい理解
コミックやゲームなど多岐に渡る事業展開をしているDMMグループの1つで、流石に完成度の高いFX会社となっている。スプレッドは0.30銭、約定力やスリッページなども普通、SWAPも高いわけでもなく、親会社が銀行だったりもせず、目立つ派手な特徴というのは無いが、かと言って悪い所が特に見当たらないFX会社。といっても実は良いところはちゃんと存在していて、アプリがサクサク動いて使いやすい、トレード記録が非常に見やすい、LINEで問い合わせることが出来る、など痒い所にも手が届くサービスを提供している優秀な会社だ。


OANDA Japan

OANDAは、カナダで1996年にコンピュータ科学者とエコノミストにより設立されました。 その目標は、「全ての投資家の皆様のために、公平・公正な外国為替取引の場を提供すること」そして「トレーダーの成功を全力で支援すること」。
そのコミットメントから生まれた業界初となる1通貨単位からの取引や、秒単位でスワップポイントが付与されるSecond by second swap、5秒足チャートなどは投資家から大きな評価をうけ現在では世界8ヶ国に拠点を構え、100万人を超すトレーダーに選ばれています。
OANDAには、数あるFX会社の中で、世界で100万人のFXトレーダーに選ばれている”理由”があります。

海外FX XM TRADING

私がオススメする第4位の会社は国内のFX会社ではなく、レバレッジ規制が無い海外FXの会社である。オススメした背景には、2018年の夏に現行の25倍から10倍までにレバレッジが規制される見通しがあると、お上からのお達しがあるからだ。
→金融庁はレバレッジを10倍に規制するのではなく、各FX会社に以前より厳格な顧客のリスク管理を徹底させるとの路線に変更した。レバレッジ規制を逃れる術として以前は2位と紹介していたが、規制回避が出来たので4位に格下げである。
スイングトレードや長期投資ならば10倍でも十分ヘッチャラなのだが、デイトレードやスキャルピングに関しては25倍で足りない人も多いと思う。勝率は高いが現状のレバレッジでは利益率が低い手法などを使っている場合、高い勝率を活かして利益率を上げる手段の1つとして、私はこのXM TRADINGをオススメする。
総評として、海外FXの中では1番評判が良く有名であることが最もオススメできる要因で、それに加えて顧客に長く稼いでもらえるようなトレード環境を提供しようという試み、スプレッドから得た利益の還元などが非常に良く感じた。そして冒頭にも挙げたレバレッジ規制から逃れてハイレバレッジで取引可能な点、なおかつゼロカットシステム採用で追証が無いという点、この海外FX特有の2点を活用するのにXM TRADINGが最も最適だと考えている。

FBS

最大レバレッジ3000倍が特徴の海外FX会社
XMのレバレッジでは物足りない!
勝率は非常に高いが利益率が低い手法を活かしたい!
1年に1〜2回しか出現しないチャンスを最大限に活かしたい!
こんな悩みを持っているトレーダーも多いだろうと思ったので、最大レバレッジ3000倍を使える海外FX会社を探して実際に使ってみた。XMでは最大888倍、他の海外FX会社は高くても約1000倍の中、ぶっちぎりの3000倍を使えるのが最大の売りだ。
そしてこの会社はそのバカ高いレバレッジに加えて、入金ボーナスが非常に豊富なのも特徴の1つだ。一口には説明できないが、入金しなくても使える資金は多額で、入金ボーナスも他の会社と比べて倍ぐらい多い。
この「レバレッジ3000倍」+「ボーナスが多い」のセットがFBSの独特の強みである。

しかし、FXで勝っていくためには

・自分で定めたルールを厳守することこそ重要であり

心理的要因によってそのルールを度外視し、 無計画にポジションを増やす事 は 大失敗 のもとです。投資の世界で最期に笑うのは、どんな状況下でも 自分の決めたルールを遵守 できる人であり、儲けている人ほど買っても負けても淡々と、地味に自分のルールを守って取引を続けているものなのです。
勝った後には調子に乗ることなく、ルールに則って地味な作業を続けて生きます。負けたときにもヤケを起こさず、ルールの再確認をし、なぜ自分が負けたのかを分析し、残りの資金であとどれくらいの損失に耐えられるかなどということを冷静に判断します。

投資で儲けている人というのは非常にかっこいいイメージが伴うものですが、実際に投資で儲けている人というのは 地味で孤独で単純な作業を繰り返している のです。一攫千金を夢見てFXを始めようと思うならば、そのような人は 確実に大成することはない し、一攫千金を手にすることも十中八九無いといえるので、初めからFXをやらないほうがいいでしょう。
ルールを守り続けて地味に作業するためには慣れが必要です。勝つことにも慣れ、負けることにも慣れて不動心を手に入れたならば、 ルールを守って行く事が出来る でしょう。ルールなど決めずに快刀乱麻の働きで儲けていくなどというのは夢物語です。ルールを守ることが出来ないならば、普通に働いたほうがいいでしょう。少なくとも働いた分だけ稼ぐ事ができ、マイナスにはなりませんから。

次におすすめの記事はこちら↓
■FXのリスク(要約) =近年投資界でブームとなり、メリットの面のみ強調されているFXですが、本当にそのメリットだけを信じて始めても大丈夫なのでしょうか。一呼吸置いて、 デメリット・リスクの面にも目を向けることが大切です。
FXには5つのリスクが存在します。 オンラインリスク金利変動リスク流動性リスク信用リスク為替変動リスク の5つです。これらを正しく認識しておく事で、自分はFXに参入すべきかどうかがはっきりしてくると思います。

スワップ金利を目的として参入を考えていた人は、 金利変動リスク を考慮すべきです。マイナー通貨に興味のある人は流動性リスクに注目すべきであり、相場観がいまだ養われていない人は為替変動リスクを考慮して大きな勝負は出ないように。リスクから色々な判断が下せます。

ランキング1位 マネーパートナーズ

ランキング2位 DMM.FX

ランキング3位 OANDA Japan

コミットメントから生まれた業界初となる1通貨単位からの取引や、秒単位でスワップポイントが付与されるSecond by second swap、5秒足チャートなどは投資家から大きな評価をうけ現在では世界8ヶ国に拠点を構え、100万人を超すトレーダーに選ばれています。

海外FXのデメリット・リスクや注意点を初心者向けに徹底解説

2009年に設立したXM Trading(エックスエムトレーディング)は、もはや海外FXの代名詞と言っても過言ではない日本人に人気のブローカーです。 この記事では、XMTradingの特徴を口コミも交 .

AXIORYの評価|評判・安全性について(アキシオリー)
FXGTの評価|評判・安全性について(エフエックスジーティー)

2019年12月にサービスを開始したハイブリッド取引所 FXGT(エフエックスジーティー)。 その魅力は仮想通貨をはじめとする豊富な取扱銘柄数と頻繁に開催される豪華キャンペーンです。 これから海外FX .

取引手数料やスプレッドなどのコスト負担が大きい

  • 基本的に取引コストは国内FX業者より不利
  • 通常口座は取引手数料が無料でもスプレッドが広い
  • ECN口座はスプレッドは狭いが取引手数料が高い
  • スワップポイントは支払額が高い(受取額が安い)
  • 有料EA・有料VPSなどの追加コストも発生する

口座タイプによって「手数料込」「手数料別」を選択できる訳ですが、どちらにしても 海外FXの取引コストは国内FXよりも割高 です。

  • 海外FXの必要経費として割り切る
  • 取引ボーナス・取引キャッシュバックでカバーする
  • なるべくコストが安く・無料VPSのある業者を探す
  • 海外FX業者にスワップポイントは期待しない

取引コストが安い!おすすめ海外FX業者

AXIORYの評価|評判・安全性について(アキシオリー)
GEMFOREXの評価|評判・安全性について(ゲムフォレックス)
Tradeviewの評価|評判・安全性について(トレードビュー)

こちらの記事も要チェック!

海外FX業者11社|実際のスプレッドを比較しました(平常時・早朝・窓空け・重要指標発表時)

海外FX業者を選ぶときに、まず気になるのは 「どのくらいスプレッドが狭く安定しているか?」 という点ですよね? 今回は、海外FX業者11社分のスプレッド計測データをもとに、スプレッドの広がり方の特徴を .

【2022年6月】海外FXおすすめ新規口座開設ボーナス(ノーデポジット・未入金キャンペーン)

口座開設ボーナスとは? 入金不要! 資金ゼロからトレードできる! 口座開設ボーナスとは、新規口座開設を条件にもらえる、その業者専用の取引資金のこと。 この口座開設ボーナスを活用すれば、たとえ自己資金ゼ .

MT4・MT5のEAが使えるVPS比較(Windowsデスクトップ)

取引ルール・入出金ルールが複雑で分かりにくい

  • 特に禁止事項があいまいで分かりにくい
  • ロット制限・レバレッジ制限がある
  • 自動売買・スキャルピング制限がある
  • ルール違反による出金拒否・口座凍結に注意
  • 入出金ルールがよく変わる

利用規約が日本語化されている業者でも、よく読んでみると意味のよく分からない箇所があります。 特に「禁止事項」の箇所に「あいまいな表現」が集中している ので注意してください。

  • 利用規約やガイドラインをしっかり読む
  • 事前にサポートに確認する
  • ルールが明確で制限の少ない業者を選ぶ

取引ルールや入出金ルールの分かりにくさは、 事前に利用規約・ガイドラインをしっかり読んでおく ことでしか対策のしようがありません。

取引ルール・入出金ルールが分かりやすい!おすすめ海外FX業者

AXIORYの評価|評判・安全性について(アキシオリー)
GEMFOREXの評価|評判・安全性について(ゲムフォレックス)
iFOREXの評価|評判・安全性について(アイフォレックス)

こちらの記事も要チェック!

海外FXの出金方法・手数料を総まとめ

不当な取引操作・出金拒否をする悪質業者に要注意

  • 会社の実体がつかみにくい
  • 信託保全制度がなく資金の安全は保証されない
  • 不当に取引操作をされる可能性がある
  • 不当に出金拒否を受けるリスクがある
  • 会社の所在地・連絡先をチェックする
  • 組織構成をチェックする
  • グループ会社を含め金融ライセンスをチェックする
  • 分別管理を徹底している業者を選ぶ
  • 自主的に保険や組合に加入している業者を選ぶ
  • ネットで評判や口コミを調査する

まず、 流動性リスクの正しい理解 「所在地・連絡先が公開されていること」「国際的なルール・ガイドラインを順守していること」をチェック してください。

  • Privacy Policy
    :個人情報の取扱方針
  • AML(AntiMoneyLaundering)
    :詐欺・マネーロンダリング対策
  • KYC(KnowYourCustomer)
    :金融機関に求められる本人確認義務
  • CRS(Common Reporting Standard)
    :租税回避のための国際基準

業者資金と顧客資金の分別管理を実施しているかどうかチェック し、なるべく 独自に保険や保証制度に加入している 業者を選んでください。

信頼性・安全性が高い!おすすめ海外FX業者

XMTradingの評価|評判・安全性について(エックスエムトレーディング)

2009年に設立したXM Trading(エックスエムトレーディング)は、もはや海外FXの代名詞と言っても過言ではない日本人に人気のブローカーです。 この記事では、XMTradingの特徴を口コミも交 .

AXIORYの評価|評判・安全性について(アキシオリー)
iFOREXの評価|評判・安全性について(アイフォレックス)

こちらの記事も要チェック!

海外FXで出金拒否なし・詐欺じゃない安全な業者BEST5

海外FXでよく問題視されるのは「出金拒否」。 これは、利益を出金したいのに業者側によってストップされてしまうというケースのことです。 流動性リスクの正しい理解 その理由はさまざまですが、業者によってはユーザーに落ち度がないにも .

税金は税率の高い総合課税が適用される

  • 海外FXの税率は給与と同じ総合課税
  • FXの利益が給与の税金を引き上げる可能性あり
  • 損失の3年間繰越控除ができない
  • 他の金融商品との損益通算ができない

しかし、海外FXで得た利益も、日本でしっかり課税されます。しかも、 基本的に国内FXよりも海外FXのほうが税金は高い です。

  • 経費を計上して節税する
  • 複数の海外FX業者と損益通算する

こちらの記事も要チェック!

海外FXの税金まとめ2022|確定申告は必要?脱税できる?節税方法は?

この記事では、海外FXの税金と節税対策について国内FXと比較しながら具体的に解説します。 まず、海外FXの税金について気になるであろうことをまとめました。 ココがポイント 海外FX業者で出した利益には .

海外FXのメリット5つ

ボーナス・キャンペーンが充実している

  • 取引ボーナスは海外FXでしかもらえない特典
  • 条件次第でボーナスを出金できる業者もある
  • キャッシュバックや利息など種類が豊富

海外FX業者には、 口座開設ボーナス・入金ボーナス・取引キャッシュバック・ポイントプログラム など、規制の緩い海外でしか提供できない多彩なキャンペーンがあります。

  • ボーナス利用条件・ボーナス消滅条件に注意
  • ボーナスを悪用した取引をすると口座凍結・出金拒否

海外FXのボーナスは、とにかく 利用条件に注意 してください。 ボーナス獲得条件・ボーナス上限・最低入金額 などです。

また、多くの業者が、 自己資金を出金すると保有ボーナスが全額消滅する ルールを採用しています。

ボーナス・キャンペーンが充実!おすすめ海外FX業者

XMTradingの評価|評判・安全性について(エックスエムトレーディング)

2009年に設立したXM Trading(エックスエムトレーディング)は、もはや海外FXの代名詞と言っても過言ではない日本人に人気のブローカーです。 この記事では、XMTradingの特徴を口コミも交 .

GEMFOREXの評価|評判・安全性について(ゲムフォレックス)
FXGTの評価|評判・安全性について(エフエックスジーティー)

2019年12月にサービスを開始したハイブリッド取引所 FXGT(エフエックスジーティー)。 その魅力は仮想通貨をはじめとする豊富な取扱銘柄数と頻繁に開催される豪華キャンペーンです。 これから海外FX .

こちらの記事も要チェック!

【2022年6月】海外FXおすすめ新規口座開設ボーナス(ノーデポジット・未入金キャンペーン)

口座開設ボーナスとは? 入金不要! 資金ゼロからトレードできる! 口座開設ボーナスとは、新規口座開設を条件にもらえる、その業者専用の取引資金のこと。 この口座開設ボーナスを活用すれば、たとえ自己資金ゼ .

最大レバレッジが高く資金効率が良い

  • 最大レバレッジ数百〜数千倍で取引できる
  • 少ない証拠金で大きなロットの注文ができる
  • ロスカット率が低いので口座資金ギリギリまで含み損に耐えられる
  • 口座タイプで最大レバレッジが違う業者がある
  • 最大レバレッジが制限される場合がある
  • ハイレバレッジと高額取引の組み合わせが危険

最大レバレッジが高い!おすすめ海外FX業者

Exnessの評価|評判・安全性について(エクスネス)
FBSの評価|評判・安全性について(エフビーエス)
GEMFOREXの評価|評判・安全性について(ゲムフォレックス)

こちらの記事も要チェック!

海外FXレバレッジ比較|500倍や1000倍トレードのメリット・デメリット

海外FXの魅力は、なんといってもハイレバレッジで取引できること。 国内FXの最大レバレッジは25倍に規制されていますが、海外FXには日本のレバレッジ規制など関係ありません。 数百〜数千倍にも及ぶハイレ .

FXはいくらからできる?いくら儲かる?国内と海外で違いを解説します

FXは、通貨と通貨の為替変動に投資する金融商品。 ポジションを保有した時点で、口座資金は為替変動リスクに晒されますが、上手くいけば大きなリターンを得ることができます。 では、「その元手となる資金はいく .

ゼロカットのお陰でマイナス残高(借金)が発生しない

  • 多くの海外FX業者がゼロカットを採用
  • マイナス残高は業者が負担
  • トレーダーは追証を支払う必要がない
  • ゼロカット後は口座がカラッポになる
  • ゼロカットに厳しい審査を設けている業者もある
追証なしゼロカットシステムのリスクとデメリットとは|海外FXで借金になる?国内業者は対応してる?

豊富な取扱銘柄を自由なトレードスタイルで取引できる

  • 通貨ペア・株式・指数・商品・仮想通貨など取扱銘柄が豊富
  • 種類の異なる銘柄を同じ口座・トレードツールで取引できる
  • NDD方式を採用する業者が多くECN口座ならさらに透明性が高い
  • 多くの業者がスキャルピング・自動売買を制限なく許可している
  • MAM・PAMMなどのコピートレードができる業者もある

通貨ペアの他に、 株式・商品・株価指数・仮想通貨など、 100種類以上のCFD銘柄を取り扱っている業者もあります。

また、多くの海外FX業者が取引形態に NDD方式(None Dealing Desk)を採用 しています。ディーラーは取引に介入せず、トレーダーの注文は直接マーケットに流れるため、 非常に透明性が高い仕組み 流動性リスクの正しい理解 です。

  • スリッページ・リクオート・サーバーダウンに注意
  • 約定力は事前に分からないので評判や口コミをしっかりチェックする

スキャルピング・自動売買に強い!おすすめ海外FX業者

XMTradingの評価|評判・安全性について(エックスエムトレーディング)

2009年に設立したXM Trading(エックスエムトレーディング)は、もはや海外FXの代名詞と言っても過言ではない日本人に人気のブローカーです。 この記事では、XMTradingの特徴を口コミも交 .

AXIORYの評価|評判・安全性について(アキシオリー)
Tradeviewの評価|評判・安全性について(トレードビュー)

こちらの記事も要チェック!

スキャルピングにおすすめのFX海外口座ランキング【ハイレバ対応】

FXでスキャルピングがうまくハマれば爆発的に稼げます。 しかし、国内FXのような最大25倍の低いレバレッジでちまちまスキャっていても全然稼げません。 資金効率が悪すぎる上に、DMMFXやGMOクリック .

MT4・MT5の自動売買EAを稼働させるのにオススメの海外FX口座5選

海外FXも自動売買も初心者という人の中には 裁量取引なら業者選びのコツはわかるけど、自動売買は何を重視すればいいの? EAってどこの業者で使っても結果は一緒なの? と、疑問に思っている人も多いのではな .

業者を変えてもトレードツールは同じMT4・MT5が使える

  • カスタマイズ性・拡張性に優れたMT4・MT5を採用する業者が多い
  • 業者を変えてもトレードツールの使い方を一から学び直す必要がない
  • プログラミングの知識があればインジケータ・EAを自分で作成できる

MT4・MT5は、 カスタマイズ性・拡張性の高いトレードツール で、 カスタムインジケータによる機能追加や、EA(Expert Advisor)を使った自動売買もできる 流動性リスクの正しい理解 優れもの。

  • 初心者は最初にMT4・MT5の使い方を覚えるのが大変
  • 口座タイプごとにトレードツールが異なる業者もある
  • MT4とMT5は開発言語が異なるためインジケータ・EAに互換性がない
  • 自動売買のできない独自ツールを採用している海外FX業者もある

MT4・MT5が両方使える!おすすめ海外FX業者

XMTradingの評価|評判・安全性について(エックスエムトレーディング)

2009年に設立したXM Trading(エックスエムトレーディング)は、もはや海外FXの代名詞と言っても過言ではない日本人に人気のブローカーです。 この記事では、XMTradingの特徴を口コミも交 .

GEMFOREXの評価|評判・安全性について(ゲムフォレックス)
Tradeviewの評価|評判・安全性について(トレードビュー)

こちらの記事も要チェック!

MT4対応の国内・海外おすすめFX業者比較ランキング【2022年版】
cTraderとは?特徴やメリット・デメリットとおすすめFX業者

ボーナスを活用して取引しないと損!

2022年!安全かつ人気のおすすめFX海外業者ランキング

海外FXおすすめ業者ランキング

  • 業者の安全性・信頼性
  • スプレッド・取引コストの安さ
  • ボーナス・日本語サポートの有無

当サイトを見てくれた人だけに、 日本だけでなく海外でも知名度がある本当に人気のおすすめ海外業者 を紹介します。

  • この記事を書いた人

comment コメントをキャンセル

海外FXの入出金はbitwalletが早いしおすすめ(ビットウォレット)アカウント作成〜出金方法

海外FX業者を利用する際の資金の入出金には、bitwallet(ビットウォレット)を利用するのが非常に便利です。 入金・出金のどちらも早く、手数料が安い。 むしろ、クレジットカード・デビットカード以外 .

海外FXの税金まとめ2022|確定申告は必要?脱税できる?節税方法は?

この記事では、海外FXの税金と節税対策について国内FXと比較しながら具体的に解説します。 まず、海外FXの税金について気になるであろうことをまとめました。 ココがポイント 海外FX業者で出した利益には .

海外FXの危険性・違法性について徹底解説 〜実際のトラブル事例〜

海外FX業者で取引することは合法ですが、悪いイメージを抱いている人もまだまだ多いのではないでしょうか? 海外FX業者は、いくつかのポイントを押さえて利用すれば、基本的に安全です。 この記事では 海外F .

海外FXトレードができるスマホアプリについて

海外FXトレードができるスマホアプリは大きく分けて次の3種類。 海外FXの事実上標準ツール MT4・MT5 のスマホアプリ 一部の海外FX業者で利用可能な cTrader のスマホアプリ 流動性リスクの正しい理解 流動性リスクの正しい理解 海外FX業者 .

海外FXの出金方法・手数料を総まとめ

トラリピEA 無料プレゼント-2

FXの質問受付中

海外FX業者おすすめランキング2022!人気FX会社16社を口座比較
【2022年6月】海外FXおすすめ新規口座開設ボーナス(ノーデポジット・未入金キャンペーン)

口座開設ボーナスとは? 入金不要! 資金ゼロからトレードできる! 口座開設ボーナスとは、新規口座開設を条件にもらえる、その業者専用の取引資金のこと。 この口座開設ボーナスを活用すれば、たとえ自己資金ゼ .

海外FX入金100%ボーナスをクッションあり・なしで徹底比較【2022年最新おすすめ版】

入金ボーナスとは? 口座に入金するだけ! 資金を2倍3倍にできる! 口座への入金額に応じた取引ボーナスがもらえる。 海外FX業者が実施するキャンペーンの中で最も還元率が高い。 入金額に対し還元率100 .

海外FXで出金拒否なし・詐欺じゃない安全な業者BEST5

海外FXでよく問題視されるのは「出金拒否」。 これは、利益を出金したいのに業者側によってストップされてしまうというケースのことです。 その理由はさまざまですが、業者によってはユーザーに落ち度がないにも .

海外FX業者11社|実際のスプレッドを比較しました(平常時・早朝・窓空け・重要指標発表時)

海外FX業者を選ぶときに、まず気になるのは 「どのくらいスプレッドが狭く安定しているか?」 という点ですよね? 今回は、海外FX業者11社分のスプレッド計測データをもとに、スプレッドの広がり方の特徴を .

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる