FXのおすすめ勉強法

FXツールバー バージョンアップについて

FXツールバー バージョンアップについて
Backup Q&A集にWindows 11でのタスクスケジューラへの登録方法を追加しました。

MT4インジケーター・アラート音設定と回数設定!

FX

MT4インジケーター・アラート回数設定時のアラート音設定

デフォルト音が鳴る要因

パラメーターの変数、アラートWindow表示=trueの場合には、アラートWindowのアラート音が優先され、パラメーター『アラート音ファイル』で設定した音は鳴りません。といいますか、ここをプログラムで変更する術を知りません。

FXツールバー バージョンアップについて hj_MACDcross104パラメーター

アラート音ファイルで設定した音を鳴らす方法

  • アラートWindow表示 = false

なので、アラート回数設定がないインジケーターの場合、
アラートWindow表示=true だと、アラートWindowが表示され、そちらの設定ファイル音が鳴ります。

アラートWindow表示 = false にセットすると、アラート音ファイルで設定した音が鳴ります。

アラート回数が設定できるインジケーターの場合、アラートWindow音+アラート音ファイル設定音=アラート回数に設定しています。以下、事例を2つ。

  • アラート回数=3
    • アラートWindow=true
      アラートWindow音1回+アラート音ファイル設定音2回
    • アラートWindow=false
      アラート音ファイル設定音3回
    • アラートWindow=true
      アラートWindow音1回+アラート音ファイル設定音4回
    • アラートWindow=false
      アラート音ファイル設定音5回

    アラート回数の設定があるインジケーター例

    MT4インジケーター・アラート回数設定

    デフォルト設定音変更方法

    MT4・デフォルト音設定

    設定できる音ファイルは、次のフォルダに保存されているファイルです。
    MT4インストールフォルダ内のSoundsフォルダ

    楽天証券、8月25日にスマホ向けFXアプリ『iSPEED FX』をバージョンアップ。為替レートの更新間隔や注文画面の改善、アプリ画面をカスタマイズできる「マイページ」機能の追加など

    為替レートの更新間隔を改善

    Androidニュース

    スマホ向けFXアプリ『iSPEED FX』のバージョンアップ内容

    為替レートの更新間隔を改善

    為替レートの更新間隔を改善

    注文画面上に注文方法選択タブを追加

    発注操作をスムーズに

    「マイページ」機能と「リストチャート」機能追加

    マイページとリストチャート

    デモ取引ができるように

    楽天FXデモ取引

    ドコモ、「Xperia X Compact SO-02J」「らくらくスマートフォン4(F-04J)」にアップデート

    NTTドコモは、その他にAndroidスマートフォン「Xperia X Compact SO-02J」と富士通製Androidスマートフォン「らくらくスマートフォン4(F-04J)」に対して、製品アップデートの提供を開始しました。 「.

    アニメ聖地巡礼アプリ『舞台めぐり』に「浦和の調ちゃん」「心が叫びたがってるんだ。」「レーカン!」の舞台が追加

    単語の組み合わせから思わぬアイデアが浮かぶかも!?アイデア支援アプリ『アイデアゲイザー』

    入力した単語とランダムに選ばれた単語を組み合わせとして表示してくれるアイデア支援アプリ『アイデアゲイザー』を紹介します。 『アイデアゲイザー』の特徴 ランダムに単語を組み合わせて表示してくれる 気になった組み合わせ.FXツールバー バージョンアップについて

    iPhoneの便利な技をわかりやすく解説してくれる無料アプリ『【保存版】iPhoneの裏技 -説明書&使い方-』

    iPhoneを買ったばかりで使い方がわからなくて困っている方やもっといろんな機能を知りたいという方におすすめのiPhoneアプリ『【保存版】iPhoneの裏技 -説明書&使い方-』を紹介します。 『【保存版】iPhoneの裏技 -.

    【ドラゴンボールZ ドッカンバトル】「崩壊の渦動 超一星龍」「天下無双の輝き 超サイヤ人4ゴジータ」の情報が先行公開

    スマホゲームアプリ『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』の公式Twitterにて、近日登場予定の「崩壊の渦動 超一星龍」と「天下無双の輝き 超サイヤ人4ゴジータ」の情報が先行公開されました。 崩壊の渦動 超一星龍 【近日登場予定!.

    猫漫画『おじさまと猫』の第10話「おじさま目覚める」が公開!!おじさまが目覚めて隣をみてみるとふくまるが・・・

    桜井海さん(桜井海(@sakurai_umi_)さん | Twitter)が公開している猫漫画『おじさまと猫』の第10話「おじさま目覚める」が公開されたので紹介します!! ※画像は許可を得て掲載しています。 【猫漫画】おじさまと.

    FXツールバー バージョンアップについて

    イラレでナンバリングするなら、
    NUMBERING MASTER

    Illustrator2022対応 / サブスクリプション製品

    製品の概要

    ナンバリングマスターは Adobe Illustrator 上で簡単にナンバリング(連番作成)を行うナンバリング作成プラグインです。ナンバリングマスターを使えば、それぞれユニーク(固有の)な番号を持つ座席番号の入ったチケットや、IDカード、その他ラベル等、今までナンバリングスタンプ等で一枚一枚手作業だった作業が格段に効率化します。

    出力設定

    PDFのファイル出力に対応しました!

    PDFファイルを元にナンバリングマスターを実行することにより、PDFファイルのスムーズな出力が可能です。その後、Adobe Acrobat Proで複数ファイルを単一のファイルに結合することにより、複数ページのPDFファイルが作成できます。
    Adobe Illustrator上で、簡単に複雑なナンバリング (連番作成) を作成

    ナンバリングマスターの設定方法

    ナンバリングマスターは Adobe Illustrator 上で設定を選ぶだけで、簡単にナンバリングできます。

    ナンバリングマスターの使い方を動画でご紹介

    複数アートボード対応(FXツールバー バージョンアップについて 複写)機能

    【複数アートボード対応(複写)適用条件】
    下記の3つの条件を全て満たしている場合に限り、正常なナンバリング生成(動作)が実行されます。
    特に、ファイル出力ではなくプリントを直接ご利用になる場合は、テストプリントを必ず実施し、
    意図した箇所に意図した通りのナンバリングが生成されていることを確認した上でご利用ください。

    ウエブ変更履歴

    *

    Backup Q&A集にWindows 11でのタスクスケジューラへの登録方法を追加しました。

    [2018/9/24]

    [2018/9/10]

    • バックアップパターン一覧画面の表示方法が、バージョン1.18で変わりましたが、以前の表示方法が良かったという声が多いので、どちらかを選べるようにしました。

    [2018/4/23]

    • 本の表紙画像を表示する設定の時、画像ファイルが http:// から始まるURIで登録されている場合に、画像が表示されず No Image になる場合があるのを修正しました。(http:// で画像が取得できない場合は、https:// でやり直すようにしました)

    [2018/4/7]

    [2018/3/25]

    [2018/3/23]

    • バックアップ開始の確認ウインドウのサイズが変更されている時、ウインドウ内のパーツの表示が乱れるのを修正しました。

    [2018/3/23]

    • バックアップのパターンを無効化する機能を追加しました。
    • バックアップでエラーが発生した場合と、正常終了した場合とで、実行するアクションを変えることができる機能を実装しました。

    [2017/11/20]

    • バックアップ中に、PCがスリープ状態にならないようにする設定を追加しました。
    • FXツールバー バージョンアップについて
    • バックアップのログファイルに、バックアップにかかった時間を記録するようにしました。

    [2017/8/1]

    • DropboxのコアSDKのバージョンを、2.1.1から3.0.3に変更しました。2.1.1は将来的に動作しなくなるそうです。

    [2017/7/24]

    [2017/2/15]

    • バックアップ後にBackupを一旦終了し、再度Backupを起動した際に、バックアップした時のログファイルを表示できるようにしました。従来は「表示するログがありません。」という表示になっていました。
    • ログメニューに「ログファイルのフォルダーを開く」の項目を追加しました。エクスプローラーでログファイルのフォルダーを開きます。
    • バックアップパターン設定の「除外1」にある、「バックアップしないフォルダ」と「バックアップしないファイル」の項目でも、「パス名一括置換」を行えるようにしました。
    • バックアップ元フォルダとして「C:\tmp」と指定した場合と、「C:\tmp\」のように最後に「\」を指定した場合で、挙動が違うのを修正しました。

    [2016/10/9]

    • メニューに「登録逆順表示」を追加しました。現在選んでいるデータファイルに登録されている本を、新しい順に、最大100冊まで表示します。
    • データファイルをDropboxに置いている時に、データファイルの設定で「パス名またはURI」の記述が間違っている時、アプリが強制終了する場合があるのを修正しました。

    [2016/9/23]

    • OneDrive用のライブラリーに脆弱性があったので、脆弱性が改善されたものに置き換えました。
    • DropboxにアクセスするためのAPIをV1からV2に変更しました。私本管理Viewerバージョン1.16以前が利用しているAPI V1は、2017年6月28日以降は、機能しなくなります。
    • 使用するライブラリーの関係で、Android 2.3.2以前は非対応となりました。Android 2.3.3以降に対応しています。
    • 開発環境をEclipse+ADTからAndroid Studioに変更しました。

    [2015/6/27]

    • バックアップ元に「D:\src\*.mp3」のように指定した時、「D:\src」が存在しない時にはエラーとして終了するようにしました。

    [2015/5/18]

    • 他のアプリから、共有機能経由で検索語を受け取って、検索できるようになりました。例えば、ウエブブラウザで本の名前などを範囲指定し、「共有」で「私本管理Viewer」を選ぶと、私本管理Viewerが起動して、範囲指定した言葉で検索を行います。このとき、私本管理Viewerはシンプル入力画面に切り替わります。

    [2015/4/11]

    • 本の表紙画像が見つからず、no image の画像を表示している場合に、詳細表示画面の横フリックでページ移動をすると、強制終了してしまう場合があるのを修正しました。

    [2015/4/11]

    • 本の表紙画像のサイズが300x415、200x275、100x138、70x97のいずれかの場合に、表紙を表示すると強制終了してしまうのを修正しました。

    [2015/4/8]

      FXツールバー バージョンアップについて
    • 検索結果を、任意の項目でソートして表示できるようにしました。「設定」メニューの「ソート方法の設定」で設定します。(初期状態では、タイトル→巻の順序です) これに伴い、「巻番号は降順にソート」という設定項目はなくなりましたが、「ソート方法の設定」で昇順/降順の設定ができます。

    [2015/3/30]

    • 意図していないタイトル行(私本管理Plusのバージョン5.1.1以降でバックアップされたCSVファイルの1行目)を持つCSVファイルを読み込んだ時に、強制終了してしまうのを修正しました。(あるいは、私本管理Plusのバージョン5.1.1より前で作成したCSVを、私本管理Viewerの設定でバージョン5.1.1以降だと指定した場合。)

    [2015/3/28]

    • 「設定」の「クラウドへの接続を管理」で、新たにGoogleドライブにログインしようとしても、操作が完了しない不具合を修正しました。(1.10.0からの不具合)

    [2015/3/27]

    [2015/3/26]

    • 検索項目入力画面で、音声入力が出来るようにしました。入力したい項目をタップしてから、画面上部のマイクアイコンをタップして音声入力します。音声入力の結果、候補が複数ある時は、候補選択ウインドウが表示されます。
    • データをキャッシュする設定の時、メニューで「同期を実行」を選んだ時の動作を変更しました。これまでは、入力画面で現在選んでいるデータのみキャッシュしていましたが、登録されているすべてのデータをキャッシュするようにしました。
    • メニューに「ItemName.ini読み込み」という項目を追加しました。この項目は、私本管理Plusが管理しているデータを、私本管理Viewerで直接アクセスしていて、データファイル名が「BaseData.dat」のときに表示されます。「ItemName.ini」ファイルから項目名を読み込みます。私本管理Plusのデータを直接参照する方法は、私本管理Plusのデータを、直接参照できませんか? をご覧ください。
    • Android 2.3.xで、メモリ不足で強制終了する場合がある事への対策を追加しました。

    [2015/3/17]

    • バックアップ元に「D:\;*.mp3」のように指定した時、「D:が見つかりません」というエラーになってしまうのを修正しました。

    [2015/3/15]

    • 詳細表示画面のフリックでのページ移動が激重だったので、表示方法を見直して軽量化しました。ストレス無く動くようになったと思います。これに伴って、範囲指定を行った時の動きも変わりました。また、Android 2.3でも範囲指定&コピーが出来るようになりました。
    • アプリ内蔵のヘルプを表示した時、リンク先ページが表示できない環境があるようなので、ヘルプの表示方法を変えてみました。(ただ、私の環境では元の方法でも問題が起こらないので、問題が起きている環境に対処できているか分かりません)
    • 文字列を長押ししてコピーなどしようとすると、画面上部のツールバーが2段表示されてしまうのを修正しました。

    [2015/3/14]

    • バックアップパターン設定の「オプション」のページに「削除の代わりにファイルを以下のフォルダへ移動」というオプションを追加しました。

    ファイルを削除する際、削除する代わりにファイルを指定のフォルダへ移動します。
    バックアップ先が、USBメモリなどのごみ箱がないドライブの場合、ごみ箱へ削除ができません。
    そのような場合でも、削除したファイルを念のため残しておきたいような時に、このオプションを使用します。
    削除するはずだったファイルは、指定のフォルダへ移動して、削除の代わりとします。
    フォルダは、バックアップ元のドライブ、バックアップ先のドライブに関わりなく、任意のドライブを指定できます。ただし、存在するフォルダでなければ指定できません。「. 」ボタンを押して、フォルダを選んでください。

    [2015/3/10]

      FXツールバー バージョンアップについて
    • 詳細表示画面の横フリックでのページ移動を、アニメーション表示するようにしました。
    • 詳細表示画面で、表示されている内容を範囲指定&コピーできるようにしました。(Android 4.0以上)(ただし、Androidのバージョンによっては、リンクになっている部分は範囲指定できないようです)
    • データファイルの設定画面で、設定を削除する際に確認を行うようにしました。
    • カスタム入力画面の設定中や追加表示項目の設定中に画面を回転させると、それまでの変更操作がなかったことになってしまっていたのを修正しました。
    • カスタム入力画面の設定変更後、設定画面で画面を回転してから入力画面に戻った直後は、入力画面に表示される項目が変更前のままだったのを修正しました。

    詳細表示画面での表示されている内容の範囲指定&コピーは、Android 3.0以上で出来るはずですが、手持ちのAndroid 3.1の端末(L-06C)で正常に動作しなかったので、Android 4.0以降としました。

    [2015/3/2]

    • 標準入力画面とカスタム入力画面の各項目をダブルタップすると、その項目に登録されている情報の一覧を表示するようにしました。(ISBN、内容、日付、キーワードを除く) 例えば、貸出先が分からない時、貸出先の一覧を表示するような使い方が出来ます。さらに、一覧の表示をタップすると、その情報を含む本を表示できます。
    • 私本管理Plusの項目名設定で項目の名前を変えている時、私本管理Viewerの検索項目入力画面の各項目のヒント(入力欄に何も入力していない時に、薄い文字で表示される)は、変更した項目名を表示するようにしました。このバージョンの私本管理Viewerを起動しただけでは反映されませんが、何か検索してから入力画面に戻ると、以降は反映されます。私本管理Plusのバージョン5.1.1以降で作成したCSVファイルが対象です。
    • カスタム入力画面の指定で、巻数が最大の物のみ表示できるようにしました。ただし巻数が数字以外の本は、全て表示します。
    • 私本管理Plusのバージョン自動判定で、最初の項目名をJANにしている場合にも対応しました。(前バージョンまではISBN、ASINの場合のみ自動判定できていました)
    • 複数のタイトルの本が見つかった時、本の並び順を、より自然にしました。(アルファベットや仮名の並び順)
    • データ名を変更してから入力画面のタイプを変更すると、データ名が戻ってしまうのを修正しました。
    • 一部のダイアログの見た目を変えました。(アプリ全体で、同じような見た目にするため)

    [2015/2/23]

    • ISBN、タイトル、作者だけでなく、沢山の項目から検索が出来るカスタム入力画面を追加しました。入力画面の選択は、入力画面上部にあるメニューで行います。(「設定」の「入力画面の形式」は無くなりました)カスタム入力画面に表示する項目は、「設定」の「カスタム入力画面の設定」で変更できます。
    • データファイルの設定で、設定してあるデータファイルを連続して削除すると、別の項目が削除されてしまうのを修正しました。
    • UPボタン(タイトルバーのアイコンの横に矢印が出て、それを押すと1階層上に移動する)を実装しました。
    • アプリの見た目が若干変わりました。(あまり違和感は無いと思います。)

    [2015/2/12]

      FXツールバー バージョンアップについて
    • タイトル名、作者名で検索する場合、それぞれタイトルカナ、作者カナも検索対象に含めました。カナに関しては、データファイルに半角カタカナで登録されていても、私本管理Viewerの入力欄には全角ひらがな、全角カタカナ、半角カタカナのいずれで入力してもかまいません。
    • 検索結果表示画面に表示された本の情報を長押しすることで、その本のタイトル名、または作者名で再検索できるようにしました。

    [2015/2/9]

    • 作者名で検索する時、作者1だけでなく作者2も検索対象に含めました。
    • 作者2が登録されている時は、検索結果表示画面に作者1だけでなく、作者2も表示するようにしました。
    • 検索結果表示画面のスクロールの処理を少し高速化しました。
    • 検索結果表示画面に本の表紙を表示する設定の時、検索結果表示画面をスクロールすると、タイミングによって別の本の表紙が一瞬だけ表示される場合があるのを修正しました。
    • 追加表示項目の設定画面の、リスト表示の各項目の縦幅が狭すぎるのを修正しました。

    [2015/2/7]

    • 検索結果表示画面に、見つかった本に関する項目を5つまで追加表示できるようにしました。設定画面の「追加表示項目」で設定してください。
    • 詳細表示画面でのフリック操作の判定方法を見直しました。(縦スクロール操作の時に、横フリックと見なしてしまうことがあったので)
    • 標準入力、シンプル入力の設定方法を変更しました。
    • その他、細かな修正。

    [2015/1/26]

    [2015/1/23]

    • 私本管理Plusで、本の表紙画像をローカルディスクに保存する際に、データフォルダーからの相対パスで保存した場合に対応しました。相対パスの場合は、私本管理Viewerの「クラウドを示すフォルダーの設定」を設定する必要はありません。

    [2015/1/21]

    • 私本管理Plusの「ローカルディスクに画像を保存」機能を使って、Dropbox、Googleドライブ、OneDriveなどのクラウドに保存された本の表紙画像を表示できるようにしました。(このバージョンは、画像を保存する際に絶対パスで保存した時のみ対応。) 設定に「クラウドを示すフォルダーの設定」という項目が増えました。この項目を設定してください。詳細は、ヘルプを参照してください。
    • 設定画面で、不必要にメモリを使っていたのを改善しました。

    [2015/1/17]

    • バックアップ先がDropboxのフォルダの時、Unicodeの正規化に関連して、バックアップの動作がおかしくなる場合があるのを修正しました。バックアップ先がDropboxのフォルダの時は、バックアップパターン設定の「バックアップ先」のページで、「バックアップ先はDropboxのフォルダ」にチェックマークをつけてください。

    [2015/1/6]

    • ISBN以外の入力項目で、キーワードを空白で区切って入力することで、キーワードのAND検索が出来るようにしました。例えば、タイトルに「ちい 繁盛」と入力すると、「ちい」と「繁盛」の両方がタイトルに含まれる本を検索します。空白は、全角でも半角でもかまいません。
    • エクスポートしたCSVファイルに含まれる空白文字は、無視して検索するようにしました。例えば、CSVファイルに作者として「曽田 純」で登録されている時、作者に「曽田純」と空白無しで入力して検索しても、一致するようになりました。

    [2014/12/28]

    • 本の詳細情報表示画面から、本のタイトルや作者等をキーワードにして、ブラウザで検索できるようにしました。検索エンジンは初期状態ではGoogleですが、設定で変更できます。

    [2014/12/15]

    • 検索結果表示画面で検索結果をタップした時に、本の詳細情報を表示するようにしました。
    • 私本管理Plus バージョン5.1.1以降で、エクスポートしたCSVファイルの先頭行が変更されたのに対応しました。(私本管理Plusのバージョンは自動認識しますが、設定で明示的に指定することもできます)
    • 画面を横向きにした時の操作性を改善しました。
    • 本の表紙を表示する際の、画像の縦横比を調節しました。
    • UTF-8でエクスポートされたCSVファイルの、BOMを正しく処理するようにしました。

    [2014/12/7]

    • ヘルプの誤字や図の間違い等を修正しました。
    • FXツールバー バージョンアップについて
    • ウエブサイトをIEで「Webページ、完全」で保存したデータを、Backupでバックアップした時、2回目以降でバックアップが失敗する場合があるのを修正しました。

    [2014/11/23]

    [2014/11/21]

    • ひらがなやカタカナの捨て仮名(「ぁ」、「ぃ」などの小さく書く文字)は、通常の仮名(「あ」、「い」など)と区別なく扱うようにしました。
    • カメラ起動失敗時に、強制終了してしまう場合があるのを修正しました。

    [2014/11/8]

    [2014/11/5]

    [2014/9/22]

    *

    moraMP4fix for NW-A860 を公開しました。

    [2014/4/16]

    • 一部の機種(例:HUAWEI Y210-0251)でクラッシュするのを修正しました。ただし、それらの機種ではWi-Fiの信号レベルを表示できません。

    [2014/3/5]

    *

    Backup Q&A集の「毎日ある時間になったら自動的にバックしたいのですが」でタスクスケジューラを使った例を説明していますが、Windows XPでの例だけでなく、Windows Vista、Windows 7,8,8.1での設定例のページも作りました。

    【PC】選択範囲

    選択した範囲を拡張することもできます。拡張幅は−32~32pixelから選べます。
    また、「キャンバス」「レイヤー」のいずれかを参照先に選べます。

    d)ペンで塗ることで選択範囲を指定できる選択ペンツールを使う方法

    e)レイヤーから選択範囲を作成する

    レイヤーから選択範囲を作成する場合、「不透明度」「輝度」のどちらを参照して作成するかを選べます。

    8レイヤーから選択範囲作成

    不透明度は元になったレイヤーに描かれていた絵の不透明度から選択範囲を作成します。
    元絵の不透明度が選択範囲に反映されます。

    輝度は元になったレイヤーに描かれていた絵の明るさから選択範囲を作成します。
    明るい色ほど選択範囲は薄くなり、暗い色ほど選択範囲は濃くなります。

    2 選択範囲を修正する

    選択消しツールを使うと、 選択範囲を消すことができます。

    3 選択範囲を拡張・収縮する

    指定した選択範囲を拡張・収縮することも可能です。
    範囲を選択した状態で、メニューの「選択範囲」>「拡張」もしくは「収縮」を選んでください。

    9選択範囲拡張収縮

    どちらもウィンドウが表示されるので、拡張・収縮したいpixel数を入力して「OK」をクリックしてください。

    10拡張ダイアログ

    4 選択範囲を反転・解除する

    選択範囲選択範囲外を反転させるには、選択範囲を指定した状態でメニューの「選択範囲」>「反転」を選択してください。
    また、選択範囲を解除したい場合は、その上の「解除」を選択してください。

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる