オプション取引

スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説

スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説
出典:みんなのFX「ダブルトップとダブルボトムとは?反転パターンの見方と注意点」

オウンドメディアの意味|SNS・マスメディアとの違いを解説

こちらはわかりやすいかもしれません。
英語で書くと「paid media」。「pay」は「支払う」という意味ですから、(料金が)支払われたメディア・・・つまり、広告メディアのことです。
リスティング広告(PPC)やバナー広告やリマーケティング広告のような画像(ディスプレイ)広告、あるいはアフィリエイトや広告記事など、さまざまなバリエーションがありますが、基本的には、効果を得るためには、それなりの費用が発生する(paid)メディアです。

トリプルメディア・それぞれの違い

アーンドメディア、つまりソーシャルメディアについては、思うようにコントロールするのは難しいというのは理解できるでしょう。
仮に、明日、新商品を発売するので、ソーシャルメディアで話題にして欲しい・・・といったところで、すぐには無理です。
すでに、ある程度、影響力を持っているか、影響力を持っている人に協力してもらわないと難しいでしょう。
しかも、やり方を失敗すれば、炎上して大やけどになる危険性もあります。
コントロールがしづらいメディアと言えます。

次にペイドメディア。
こちらは、3つのメディアで一番コントロールしやすいでしょう。
明日、新製品が発売なので、明日からWEB広告をどんどん出す…は予算さえあればいくらでもできます。
ただ、逆に予算がなければ厳しいです。
また、継続して話題にしたり、集客しつづけようと考えた場合、ずっと広告費を払い続ける必要があります。
しかも、その努力は、広告予算がなくなった途端、消えて無くなってしまうものでもあります。

では、オウンドメディアは?
情報発信のコントロールという点では非常にしやすいメディアです。
自らの情報を自らの責任で発信する訳ですから。
いつでも、好きな時に情報発信することができます。
しかし、世の中への情報伝達力で言えば、集客に結びつくレベルまで達するには、そうとうな労力がかかります。
ただ、一度、影響力が大きいホームページやブログを構築してしまえば、低コストでかなり効果的なマーケティングが可能になります。

もちろん、トリプルメディアは単独で用いるものではありません。
3つを上手に組み合わせることで、それぞれの持ち味を生かして最大限の効果を引き出すことが必要です。 スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説
その場合でも、基本は自分でコントロールしやすいオウンドメディアが中心となるでしょう。

オウンドメディア・マスメディア・ソーシャルメディア

では、2つ目のトリプルメディアです。
先の3つにも似ているのですが、こちらはオウンドメディア・マスメディア・ソーシャルメディアという3つの組み合わせです。
こちらの方がイメージしやすいかもしれませんね。

マスメディア

テレビ、新聞、ラジオ、雑誌といういわゆる4マスと呼ばれるメディアのことです。
公共性が高く、「報道」という意識が高いことも特徴でしょう。
最近は、これに加えて、ニュースアプリなんかも含めても良いかもしれません。

ソーシャルメディア

FacebookやTwitter、Instagram、LINEなど今はWEBマーケティングには欠かせないツールたちです。
勢力図は変化しつづけていますし、国やエリアの違いや、世代の違いなどによってシェアもかなり違います。
日本では、ビジネスではFacebookですが、プライベートではLINEが活発になっています。
アメリカでは不振のTwitterは、日本では未だに一大勢力を誇ります。
また、近隣の中国では、国の政策もあってこれらのソーシャルメディアは使われず、微信(WeChat)や微博(Weibo)が社会インフラレベルで浸透しています。

トリプルメディア・それぞれの違い

そして、マスメディア。
高い広告費を支払って広告欄に広告を掲載することはできますが、記事部分はそうは行きません。
明日、自社の新製品が出るから、ニュースで取り上げて!
とお願いしたところで、無理な話です。
ソーシャルメディア以上にコントロールしづらいのがマスメディアです。

このトリプルメディアの活用についても、組み合わせが非常に重要です。
ただ、コントロールが困難な残りの2つに比べ、オウンドメディアは自分たちでコントロールがしやすいメディアです。
自分たちでコツコツと情報発信を続け、時にソーシャルメディアでシェア・拡散。
また、並行して広報活動を地道に続け、マスメディアを利用した情報発信を行う。
これが理想的な活用法でしょうが、そのためにも基本となるのはオウンドメディアです。

オウンドメディアはコンテンツマーケティングの中核

まずは、アーンドメディア・ソーシャルメディア。
こちらは、時間と共に流れていくいくメディアです。過去の情報を振り返るのは非常に難しいでしょう。
しかも、基本的に無料のサービスです。
サービス提供元の都合で、これまで蓄積したコンテンツや人間関係が消えてしまう…そんなリスクが常にあります。
(この点では、アメブロのような無料ブログもオウンドメディアというよりはアーンドメディアに近いですね)

ペイドメディア(広告)については、予算の切れ目が縁の切れ目です。
お金をかけている間は、答えてくれますが、お金がなくなれば終了。
後には、ほとんど何も残りません。

この点、オウンドメディアは、発信した情報を蓄積していくことが可能です。
ブログにせよホームページにせよ、一度、作った記事やページは消さない限り残り続けます。
この情報のストックが、オウンドメディアの最大のメリットでしょう。

いわゆるコンテンツマーケティングにおいて、この情報のストックが何よりも大きな武器となります。
内容がよく、多くの読者を獲得したブログ記事やページは、よっぽどのことがない限り、その後もコンスタントに人を集め続けるでしょう。
そして、継続しつづけることで、そのような人を集めるページが増えていきます。
これは、他のメディアにはない特徴と言えます。

まとめ|オウンドメディアは自社でコントロールできる唯一のメディア

ここまで2つのトリプルメディアという視点からオウンドメディアについて解説しました。
繰り返しますが、オウンドメディアの最大の特徴は、自分たちでコントロールできる唯一のメディアだ、ということです。
また、情報をストックできる点もポイントです。
育て上げるのには時間がかかりますが、一度効果が出始めると、その効果は継続します。
さらに強化していくことで、この効果はどんどんと増えていくでしょう。

【簡単5分】Googleフォーム 複数回答 質問 アンケート 作成方法 無料ガイド

【簡単5分】Googleフォーム 複数回答 質問 アンケート 作成方法 無料ガイド

ノウハウ

Googleフォーム 複数回答 の質問、アンケートを作成する方法や、注意点、テクニックなどをまとめていきます!

Googleフォーム について

Googleフォーム 複数回答 可能な アンケート 作成方法

Googleフォーム 複数回答 対応 には、チェックボックス

Googleフォーム チェックボックス 設定方法

チェックボックス(グリッド) 使い方

じゃがいも にんじん ホウレンソウ
カレー □ □

ラジオボタン との違い

Googleフォーム 複数回答 回答数を制限する方法

たまに、質問されるのですが、Googleフォーム スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説 複数回答 の 回答数を制限する方法ってありませんか?という質問です。

Googleフォーム 複数回答 制限方法

  1. Googleフォームにログイン
  2. 編集
  3. 質問作成
  4. 質問ボックスの右下にあるメニューボタンをクリック
  5. メニューから「回答の検証」をクリック
  6. 質問と回答の下に、回答制限用の項目が表示

制限 項目 スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説 設定方法

制限 項目 の設定方法を記載しておきます。

Googleフォーム 複数回答 制限 イメージ

Googleフォーム 複数回答 回答数を制限する方法について、解説しているYoutube動画もご紹介します。画面があった方がわかりやすいですよね。よりイメージを持ちやすいように、見てみてください。

2個まで回答させたい!など、スケジュールの調整などの場合、このGoogleフォーム スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説 複数回答 回答数を制限する方法は役立ちます。Youtube動画なので、無料で確認できます。

Googleフォーム 複数回答 記述 形式 は 可能?

Googleフォーム 回答回数を制限する方法

Googleフォーム 1人1回の回答に制限する方法

ただ、このままだと、過去に回答した内容を、ユーザーが変更できなくなります。なので、設定メニューにある 回答者が行える操作 から、 送信後に編集 という欄は、ONにしておきましょう。

株式投資・FXとどう違う?CFD(差金決済取引)を株初心者にもわかりやすく解説

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

ご注意ください

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

ご注意ください

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

FX入門〜初心者はドルから始めるべきと他の外貨投資商品との比較

市場での取引の中心は米ドル

外貨預金、外貨建てMMF、外国債券、外貨建て投資信託、外国株式の概略

しっかりとした知識があれば、FX入門者や初心者でも中上級者と同様に、さまざまな外貨投資商品を比較した上で、選択することができます。 外貨預金、外貨建て MMF 、外国債券(外債)、外貨建て 投資信託 (外国投信)、外国株式、FX(外国為替保証金取引) など様々な商品が挙げられます 。

外貨預金の商品内容は、円建ての預金と比較しても、ほとんど差はありません。預ける際の通貨が円ではなく、外貨建てになるだけの違いです。日本で外貨預金をする場合は、銀行で円を外貨に替えて預け入れることになります。外貨建てでの元本保証があります

外貨建てMMFは、以前は外貨預金と並んでポピュラーな外貨商品でした。MMFは海外の短期金融市場(マネー・マーケット)で運用される投資信託のことです。短期国債などが主に組み入れられており、株式は入っていません。元本保証はありませんが、外貨預金に準じた安全性を持っています

外国債券は、外国の国債や社債に投資する商品です。商品性は円で投資する債券と同じで、発行体である国や企業によって元本は保証されています。残存期間や通貨国の金利動向によりリスクが異なるので、チェックが必要です。

外国投信や外国株は外国の投信や株式に投資するもので、日本国内には存在しない 商品が購入できます。現在ではMMFよりも、こちらが人気となっています。

FXと他の外国為替商品との比較

最後のFXは、 レバレッジ のかけ方次第でハイリスク・ハイリターンにも、ローリスク・ローリターンにもなる選択肢の広い 外貨建て商品です。

個人でもできる外貨投資の種類

図7 個人でもできる外貨投資の種類

松田遼司の 解説

この3番目の記事では、今井先生はクロス円取引について解説されています。世界は米ドルを中心に廻っているため、ユーロや英ポンドなどと円との取引は実は2つの取引、ユーロ/円の場合はユーロ/ドルと米ドル/円、を行っているということです。そのため、入門者はもちろん、初心者の間は、米ドル/円取引中心に行うべきということです。円に加えてユーロと米ドルと2つの通貨の動きを追うのは大変なので、米ドルのみの動きだけを指標で追ったほうが楽だからです。CPI、米国雇用統計、ミシガン消費者指数など米ドルだけでもその結果により大きく動くので追わねばならない指標はたくさんあります。まずは米ドルはどのような指標でどう動くのかを勉強して、自信がついてから他の通貨の取引を始める方が確実です。

実は今井先生の本に出会う前に、筆者は本屋で適当に選んで買ったFX本を読んだだけで自信があるファンダメンタルズを武器に英国好きのためなのか、なぜかポンド取引ばかりを行い、大きな損失を負いました。みなさんには同じ過ちを犯してほしくないのです。

FXは投機的側面が強いです。中長期的な視野にたった分散投資としてのFX投資としては、金利差に注目をして米ドル/円のロングから始めるのがおすすめです。ただし、この場合はエントリーポイントが重要となります。2022年2月現在ならばウクライナ侵攻という地政学リスクがあるので、今はNGです。それが本当に起きたとしたら、そこで暴落して落ち着いた後がおすすめとなります。欲張っての底値狙いは絶対にやめてください。必ず、移動平均線を超えるゴールデンクロスが起きるなど底が確認した後にエントリーするように心がけてください

また、新年やGW、お盆休みなどの日本が休場の際にミセス・ワタナベのロングが溜まっているとヘッジファンドに狙い撃ちされフラッシュ・クラッシュが起きて、一瞬にして資産が吹き飛ぶ恐れがあります。逆指値注文を必ず入れることを習慣化する、もっと慎重になるならばこうした長期休暇の前には一度ポジションを閉じてその後に再エントリーするのもありでしょう。

また、外貨預金をするよりは、FXでレバレッジを1倍にした方がもらえる金利(スワップポイント)が有利となっています。口座のある銀行で米ドルの外貨預金をされている方はSBIFXなど積立預金に力を入れているFX会社に口座を開設して資金を移すことをおすすめします。詳細は下記ページを御覧ください。

FXのダブルトップ・ダブルボトムとは?だましを回避する方法も解説

ダブルトップ・ダブルボトムとは?見つけ方とダマシ対策について

ダブルトップの形

出典:みんなのFX「ダブルトップとダブルボトムとは?反転パターンの見方と注意点」

FXのダブルトップとは、チャートの形が「M字」に見えるのが特徴です。
ダブルトップは、上昇トレンドが終わるタイミングに現れるといわれています。

  1. 価格が上昇
  2. 一定の価格まで上昇すると、ネックライン(価格の最安値となるライン)まで下降
  3. 再び、前回上昇した価格まで上昇
  4. 同じく一定の価格まで上昇すると下降

チャートが2度天井に当たると、2度目に価格が下落してネックラインを割り込むことでダブルトップとなります。

ダブルボトムの見つけ方

ダブルボトムの形

出典:みんなのFX「ダブルトップとダブルボトムとは?反転パターンの見方と注意点」

一方、ダブルボトムはチャートの形が「W字」になるパターンです。
ダブルトップとは逆で、価格が上昇するタイミングに現れるといわれています。

  1. 価格が下落
  2. 価格が一旦上昇
  3. 価格がネックラインまで上昇すると、再び下降
  4. スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説
  5. 前回下落したラインまで達すると再び上昇

1度ネックラインで上昇トレンドが押し戻され、2度目の上昇でネックラインを超えるとダブルボトムとなります。

ダブルトップ・ダブルボトムの見方・判断基準

ダブルトップは売りの判断材料

ダブルトップでは上昇トレンドから下降トレンドに変わった時に現れるため、「売り」の判断材料となります。

ネックラインを下回るとダブルトップとなるため、ネックラインを超えたらトレンドが下降すると考えていいでしょう。
そのため、ダブルトップの形が完成し、ネックラインを下回ると売りのサインというわけです。

ダブルトップの見方

スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説 出典:みんなのFX「ダブルトップとダブルボトムとは?反転パターンの見方と注意点」

また、ダブルトップでは、天井からネックラインまでの値幅と同じ幅まで下落するといわれています。

ダブルボトムは買いの判断材料

ダブルボトムは下降から上昇トレンドに変わるタイミングに現れるため、「買い」の判断材料となります。

ダブルボトムでは、ネックラインを超えるとダブルボトムとなり、トレンドが上昇する可能性があると分析できるというわけです。
ネックラインを下から上に超えたら買いサインとなります。

ダブルボトムの見方

出典:みんなのFX「ダブルトップとダブルボトムとは?反転パターンの見方と注意点」

ダブルボトムもダブルトップと同様に、最安値からネックラインまでの値幅と同じ分だけ上昇するといわれています。

チャートでのダブルトップ・ダブルボトムの取引方法やメリットについて、以下の動画でも詳しく解説されています。

ダブルトップ・ダブルボトムは”だまし”に注意点

FXでダブルトップまたはダブルボトムを活用する際は、“だまし”というものに注意が必要です。

だましとは、トレンドが上がったと見せかけてすぐに下降するといったフェイントをかけるようなチャートの動きのことです。

ダブルトップ・ダブルボトムのだましを回避する方法

  • ダブルポイント
    →レジスタンスライン(チャートの上昇を抑えるライン)
  • ダブルボトム
    →サポートライン(下落するチャートが反転するライン)

ダブルトップの場合、レジスタンスライン付近でダブルトップのM字が形成されているとだましが起こりにくいといわれています。

一方、ダブルボトムの場合は、サポートライン付近でダブルボトムのW字が形成されているとだましがおこりにくいといわれています。

だましを回避してダブルトップ・ダブルボトムでの勝率を高めるなら、レジスタンスライン付近とサポートライン付近での出現を狙うといいでしょう。

チャートの動きでダブルトップまたはダブルボトムを見つけることで、売りや買いのタイミグを見極めることができます。

【ダブルトップ】

  • チャートの形が「M字」になるパターン
  • 売りの判断に役立つ

【ダブルボトム】

  • チャートの形が「W字」になるパターン
  • 買いの判断に役立つ

基本的には、天井やネックラインを基準にチャートが形成する形に注目するだけのため、FXを始めたばかりの方も取り組みやすいと思います。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる