初心者にもわかる

Amplitude 分析チャートご案内

Amplitude 分析チャートご案内
↓実際の返答画像↓

分析機器情報

電子スピン共鳴法は、Electron Spin Resonance の英語名からESR 法と略称されます。ESR 現象は、1945 年にソ連の物理学者Zavoisky がCu 2+ のESR 吸収の観測に初めて成功し、その成果はソ連の物理学会誌に発表されました [1] 。現在ESRの適応範囲は物理・化学・工学・医学・薬学・地学など、ほぼすべての分野にわたっています。物性の鍵となる電子スピンを検出する唯一の計測法です。

2. ESR の原理

2-1. 不対電子と対電子

一般に、安定分子は2個の電子がペアとして軌道に入る性質を持っています。それに対して、化学反応の中間物質や固体中の格子欠陥、特定の価数の遷移金属は、不対電子を持つことが知られています。この不対電子を持つ物質は常磁性、持たない物質は反磁性と呼ばれます。自然界に存在する大半の物質(水、アルコールなど)は反磁性です。電子は、磁石のような性質(スピン)を持つことが知られています。1 つの分子軌道(s、p、d、f 等)には、電子が2個まで格納されますが、このとき電子のスピンは互いに逆向きに配置されるため(パウリの原理)、対となった電子では互いに磁場を打ち消しあうため、磁石の性質は現れなくなります(反磁性)。一方、不対電子を持つ常磁性物質では1つの電子が対をつくらずに軌道に入ることで、電子が本来持っている磁性が残ります。ESR ではこの電子による磁性を観測します。

2-2. ゼーマン効果

電子スピンは、磁場のない時はランダムな方向を向いていますが、それらが磁場中に置かれると、磁場に対して平行(βスピン)、または反平行( αスピン)に配向します。αスピンとβスピンはゼロ磁場では等しいエネルギーを持ちますが、磁場の存在下ではαスピンは不安定化する一方、βスピンは安定化します。これをゼーマン効果といいます(図1)。

ΔE = hν = gμBH

このうちμB はボーア磁子(電子の磁石としての大きさを表す基本単位:9.274078×10 Amplitude 分析チャートご案内 -24 JT -1 )、h はプランク定数(6.626176 × 10 -34 Js)でいずれも自然定数です。またνは共鳴周波数(Hz)、H は磁場の強さ(mT)で、いずれも実験値です。

g 値は、電子スピンの環境によって決まる物質固有の値です。実験的にνとH が定まれば、g 値を求めることができます。

図1 ゼーマン効果

2-3. ESR からわかること

ESR は、電子スピン(不対電子)を選択的に観測し、その磁気モーメントの大きさや、他の電 子スピンや核スピンとの相互作用を通じて反応性、運動性、構造に関する情報を明らかにしようとする磁気共鳴分光です。電子スピンの周囲の環境を反映するg 値、電子と核との相互作用を与える超微細構造、緩和時間と密接に関係する線幅や飽和特性、さらに不対電子の量などの情報が得られます(図2)。

図2 ESR からわかること

2-4. 測定手法・技術

ESR 測定では、試料を液体窒素温度やヘリウム温度まで下げて観測することはよくあります。
また光や熱に対する応答や、溶液試料を反応させながら検出する方法、短寿命中間体の検出には、 時間分解ESR が用いられています。信号検出に電流や光を用いる電気検出磁気共鳴や光検出磁気 共鳴、マイクロ波とラジオ波による二重共鳴法も用いられます。試料に何らかの刺激を与えたときの変化を観測することで、より豊富な情報を取得することができます。

3. 応用例

3-1. 測定対象

ESR の対象は、不対電子を持つ常磁性物質や有機化合物です。ESR は、基礎研究、無機材料、 電気材料、高分子材料、有機材料、生体内関連や食品、化石や岩石など様々な研究に適用されています(図3)。

図3 ESR の適応対象

3-2. 応用例1- Amplitude 分析チャートご案内 ビールの香味安定性評価

まずビールの香味安定性評価の一例をご紹介します。ビールの品質を低下させる要因は、酸素・時間・温度・光などが考えられ、これらの影響を受けて香味・風味が失われます。発酵酒は、保管中に酸化反応による劣化を起こすことがよく知られています。これは活性酸素種の生成によるものですが、活性酸素種はその寿命が短いため、評価が困難でした。近年、ビールにスピントラップ剤を添加し、60℃程度で強制酸化を行って活性酸素種を発生させ、これをスピンアダクトとして捕捉・評価する手法が開発されました [2][3] 。縦軸にESR信号強度、横軸に時間をプロットした図から、求められるラグタイム(図4)は、ビールの香味安定性とよい相関があることが報告されています。

図4 ビールの香味安定性評価

3-3. 応用例2- 高分子材料の評価

ESR による光重合反応の観測では、(1)ラジカルの種類や構造、(2)ラジカルの生成速度、(3)光の波長や強度による重合効率の検討、(4)停止反応(再結合・不均化)速度の評価などを行うことができます。図5は光硬化樹脂に室温にて、UV 照射したときのESR 信号の変化の様子です。 観測されたESR 信号の g 値と分裂パターン(超微細構造)Amplitude 分析チャートご案内 からメタクリル酸メチルに由来するラ ジカルであると推定されます。UV 照射開始から、約20 分後にはESR 信号強度(生長ラジカル濃度)が一定レベルに達することがわかります。このように、ESR 信号強度からUV 照射によるラジカルの生成をin situ で把握できます。ESR によるラジカル反応の計測から素反応を含めた光重合反応の理解が可能となり、重合条件の最適化等の材料開発に役立てられています。

ジャパンストックトレードが詐欺行為?口コミ・評判を検証

虫眼鏡枠画像 グローイング AI

ジャパンストックトレード

↓株式会社CELLが行った虚偽の告知↓ Amplitude 分析チャートご案内

…このような事実があるにも拘わらず「2016年11月27日」時点では行政処分に関して一切触れずに、野面で「 危険な銘柄に注意!危険な銘柄とは… 」といったタイトルのメルマガで有料情報の勧誘をしてきています。→実際のメルマガ

一番危険なのは他でもない“貴方達”ですよ。

余談ですが…
「株式会社CELL」が関東財務局より行政処分を受けたことが公にされた同日に「株マイスター」を運営する「株式会社SQIジャパン」も行政処分を受けたことが公にされています。勧告内容も酷似するので、 もしかして系列グループなのでは?? と、睨んでいます。→実際の勧告内容

ジャパンストックトレード

【追記】上記でご紹介した勧告内容に対し「平成28年12月2日付」で、以下の行政処分が下されることが決定しています。本格的な終了のお知らせです…。

■業務停止命令
新たな投資顧問契約に係る勧誘・契約締結を平成28年12月2日から平成29年1月1日まで停止。

■業務改善命令
再発防止策を策定・実施、全ての顧客に対し今回の行政処分の内容を説明し適切な対応を行う、本件法令違反行為の責任の所在を明確にする、具体的な改善策を平成29年1月4日(水)までに書面で報告する。

「ジャパンストックトレード(JST)」の運営元である「 株式会社CELL 」ですが、最近新たに「日本証券投資顧問」と言うサイトを設立していることが判明しました。

現在、集客中で本格的な運営をする為の準備をしているのかもしれません。尚、今後の検証の為に会員登録しましたが情報内容は全て同じでした。新たに設立しなくてはならない 特別な事情 でもあったのでしょうか?

どうやら、ジャパンストックトレード(JST)では1銘柄につき、30%以上の上昇を目指す仕手株情報の用意があるそうですが、投資顧問が「 仕手株 」などと言う文言を使用していいのでしょうか? 有料コンテンツの検証は楽しみに取っておくことにします。

続いて、サイト右上にタブのある「契約交付書面」をクリックすると中身は白紙で「 締結書面はありません。 」との断り書きのみ記述がありました。

たしか、金融商品取引業者には「金融商品取引法第37条の3の規定」に乗っ取り、 契約交付書面の掲載義務 がある筈ですが…。

無料・有料コンテンツの検証前ですが、仕手株と言う文言を使用している点、契約交付書面が掲載されていない点を確認しただけで、個人的には利用したいなどと微塵も思えません。

■無料銘柄
不定期で無料会員向けに推奨される銘柄情報です。公開時間は19時15分で当日の購入は出来ない様子。実際の株価チャートを確認すると 既に動意付いた銘柄 でした。

一応、参入時期や損切目安も記述がありますが明言は避けるような口調で綴られていました。 無料銘柄 に関するフォロー等は実施していないとのことですので、株初心者にはお勧めできる内容ではありません。

↓比較画像はこちらです↓

どうやら みんなの株式 と言うサイトから記事を転載 しているようです。

■本日の株価材料/注目の個別銘柄動向一覧
1日の取引の中で材料の発表があった銘柄を掲載するコンテンツです。こちらは 株探(かぶたん)というサイトから記事を転載 しているようです。次々と発覚する転載事実に呆れて言葉も出ません。

「JSTの相場観」では見事なまでに他サイトの記事を転載している事実が判明しました。コラムを担当する橋本氏及び堀氏以外の従業員は 株素人集団 なのかもしれません。

■シングルスポット「鉄板銘柄情報」 ※2016年1月公開
何とも胡散臭い謳い文句をバナーに掲載し注目を引く「鉄板銘柄情報」では、中国問題で株価が一段下がったテーマ株に着目し超大幅リターンを狙える銘柄を提供してくれるようです。

おそらく、最初から 募集人数に限りなどない んでしょうね。悪徳サイトでよく見受ける特徴の一つです。

ジャパンストックトレード

↓実際の返答画像↓

リスク管理などは一切考慮してくれない 回答に失望しました…。

念の為、過去の実績に虚偽がないか検証しましたが、最後に更新があったのは2015年9月の提供銘柄と 半年間 放置状態 で、検証するまでもなく、やる気のなさが垣間見えます。

続いて、特商法にある所在地「東京都渋谷区渋谷 3-26-18 矢倉ビル 5F」を検証していきます。→実際の会社所在地画像

また「株式会社VERVE」のホームページでは従業員が作業する社内風景写真の掲載がありますので、「ジャパンストックトレード(JST)」が 架空の所在地 を表記している可能性が高いと見ています。

「金融商品取引法第37条の3の規定」に反し、契約交付書面の掲載がなく第一印象から疑いの目を向けていましたが、他サイトの記事引用や架空の会社所在など、投資顧問会社としては珍しく 悪徳サイト の特徴が随所に垣間見えました。

■無料コンテンツ
・無料銘柄
・JSTの相場観
・本日の株価材料/注目の個別銘柄動向一覧
・相場コラム『わしの罫線』
・兜町発信!情報通の早耳コラム!
・株の××教えちゃいます♪
・無料銘柄診断

■「鉄板銘柄情報」 ※ 2016年1月公開(現在募集受付終了)
・シングルスポット/50,000円

■スタンダード会員(期間契約Aプラン)
・1ヶ月/30,000円
・3ヶ月/80,000円
・6ヶ月/150,000円

■マスター会員(期間契約Bプラン)
・1ヶ月/100,000円
・3ヶ月/250,000円
・6ヶ月/450,000円

■エグゼクティブ会員(期間契約Cプラン)
・1ヶ月/200,000円
・3ヶ月/500,000円
・6ヶ月/900,000円

<利益を出すならココ!!>
グローイングAI
爆発的高騰銘柄を選別するAI!
最大株価上昇率1951.9% の衝撃。
至高の銘柄を次々に輩出!
⇒グローイングAIの記事を確認

Amplitude 分析チャートご案内

みらいチャート テキスト

みらいチャート PC

みらいチャート SP

みらいチャートの特長

過去のチャートからAIがみらいの値動きを予測

過去のチャートから
AIがみらいの値動きを予測

未来の売買シグナルを予測

未来の売買シグナルを予測

7つのテクニカル指標ごとに相場の方向性を分析

7つのテクニカル指標ごとに
相場の方向性を分析

通貨ペア 16通貨ペア
米ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、豪ドル/円、NZドル/円、スイス/円、カナダ/円、ランド/円、トルコリラ/円、メキシコペソ/円、ユーロ/米ドル、ポンド/米ドル、豪ドル/米ドル、NZドル/米ドル、ユーロ/ポンド、ユーロ/豪ドル
足種 7足種
1分足、5分足、10分足、30分足、1時間足、日足、週足
売買シグナル 7種
移動平均(単純)、移動平均(指数)、ボリンジャーバンド、一目均衡表、MACD、ストキャスティクス、RSI

セントラル短資FX株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)Amplitude 分析チャートご案内 第278号
加入協会:一般社団法人金融先物取引業協会
一般社団法人日本投資顧問業協会

初心者必見!粘弾性と動的粘弾性測定の基礎

このように、どのような材料も厳密には固体、液体に分類することはできず、弾性体としての変形性と流体としての流動性を併せ持っています。食品で例えると、冬場の水あめとマヨネーズに指を押し込んでみると、水あめの方が押しこみにくいと感じます。これは、水あめの方が高粘度であることを意味します。ところが、割りばしで引き上げた水あめは垂れ落ちてきますが、マヨネーズはチューブを逆さまにしても垂れ落ちてきません。物体は粘度だけでは評価ができず、粘弾性を検討しなくてはならない理由がここにあります。

フックの法則に従う物体を理想弾性体と呼びます。フックの法則とは、単純なバネ模型を用いたとき、バネの伸びと降伏応力以下の荷重に比例関係が成立するという法則です。

理想的な弾性体では、力を加えると瞬時に伸びが生じ、その力に応じた伸びを維持します。力が取り除かれると、弾性エネルギーにより瞬時に元の状態に戻ります。

viscoelasticity-basic1-fig1

粘性を表すには、ダッシュポット(ピストン)模型を用います。理想粘性体が充填されたダッシュポットに力を加えると、ピストンの位置が時間に比例して変化します。これは、ピストンの速度と荷重は正比例するというニュートンの粘性法則に従っているためです。

弾性体と異なり、変形のために加えられたエネルギーは弾性エネルギーとして貯蔵されず、流動時に内部摩擦による熱エネルギーとして散逸されます。そのため、力が取り除かれてもピストンの位置は元に戻りません。

viscoelasticity-basic1-fig2

粘弾性とは?

粘弾性という物性は、単独では存在しません。何らかの物体の変形や流動を考える際、それは弾性と粘性が複雑に絡み合って生じている現象であると考えられるためです。

viscoelasticity-basic1-fig3

粘弾性は、フックの法則に基づく弾性率と、粘性体の性質に基づく散逸されるエネルギーの二つの要素に起因する性質であると言えます。そのため、粘弾性値を一つの数直線上に表すことはできません。虚数軸を用い、複素平面上での原点からの距離とその偏角の二つで表し「G* = G’ + iG”」という形で、一つの数にまとめて表します。

小まとめ~弾性・粘性・粘弾性体の違い~

外力を取り除いた際に見られる反応 外力を与えた際のエネルギーの変換
弾性体 瞬時に元の状態に戻る 貯蔵される
粘性体 元の状態に戻らない 損失(散逸)される
粘弾性体 徐々に元の状態に向かう(完全には戻らない) 貯蔵分と損失分の総和

動的粘弾性測定の基本概念

レオメーターの正弦振動ひずみによる弾性率の測定を動的粘性測定と呼びます。ここで、複素平面と動的粘弾性測定がどのように結びつくかを概説します。

複素数は、たとえば電気回路など波の性質を持つ現象と相性が良い場合が多いです。もっとも簡単な周期的振動である正弦波による応力を物体に加え、それに伴う変形を観察するか、逆に変形を物体に加え、その応力を観察するという動的粘弾性測定手法にも応用されます。

動的粘弾性測定手法による弾性体の測定

先ほどのバネ模型を用いた弾性体を動的粘弾性測定手法により測定する場合、分銅の重さ、または手でバネを引っ張ったり縮めたりという動作を、正弦周期的に変化させることが考えられます。

viscoelasticity-basic1-fig4

ひずみ(伸び)と応力(荷重)の関係は下のグラフの通りで、両波 形の振り幅の比をとれば弾性率となります。よって、フックの法則のバネ実験と本質的には何ら変わらないことが分かります。

動的粘弾性測定手法による粘性体の測定

今度は、分銅の重さ、または手でピストンを引っ張ったり縮めたりという動作を、正弦周期的に変化させることを考えます。ピストンの位置と荷重の関係は、下の図の通り、二つの正弦波形の位相に90°の差が生じます。

これは、次の図の通り、ひずみ(位置)Amplitude 分析チャートご案内 の最大値または最小値のときにピストンの速度が瞬間的に0になり、ピストンが原点位置を通り過ぎる、ひずみ0のときに速度が最大値となり、粘性体はニュートンの粘性法則に従って、応力と速度が比例関係にあるためです。

粘弾性の評価

粘性体の場合、与えられたひずみエネルギーはピストンの摺動中に摩擦熱として散逸するため速度に変わり、90°の位相差が生じます。弾性体の場合は応力とひずみ量が比例関係にあるため、位相差が生じません。

粘弾性は、このような情報をもとに、複素弾性として「どのような」粘弾性体なのかが複素平面上に表されるものであり、単純に値の大小を決めることはできません(実際の測定では、一般的に弾性率を位相差の値を表示します)。

viscoelasticity-basic1-fig7

下図は、水あめとマヨネーズを複素平面上で表したイメージです、みなさんが扱われる材料は、平面上どのような粘弾性として表されるでしょうか?次回に続きます。

DearOne、「東京ドームグループTDアプリ」へ行動分析ツール『Amplitude』を導入し、TDポイント利用増加を支援

株式会社NTTドコモのマーケティング分野における新規事業型子会社である株式会社DearOne(本社:東京都港区、代表取締役:河野恭久、以下:DearOne)は、株式会社東京ドーム(本社:東京都文京区、代表取締役社長 COO:長岡 勤、以下:東京ドーム)が運営する「東京ドームグループTDアプリ」に、DearOneが日本総合代理店を担う行動分析ツール『Amplitude(アンプリチュード https://growth-marketing.jp/amplitude/)』を導入しました。

行動分析ツール『Amplitude』導入の背景・課題
東京ドームでは、東京ドームグループの独自ポイントプログラム「TDポイント」の会員登録数増加とポイント活用促進を目的に、「東京ドームグループTDアプリ」を運営しています。
東京ドームグループTDアプリのアプリマーケティングにおいて、以下の課題がありました。

アプリがTDポイントの利用促進にどれだけ寄与しているかを計測したい
アプリ上での会員登録を増加させたい
アプリユーザーのポイント利用を促進したい


■『Amplitude』でのユーザー行動分析
東京ドームでは、Amplitudeを導入し、アプリでのオンラインユーザーと実店舗でのオフラインユーザーのTDポイント利用に関する行動データ(ポイント利用・付与等)を組み合わせて分析を行いました。
分析の観点は以下の通りです。

これらの分析を、DearOneのカスタマーサクセス担当が伴走して一緒に分析し、TDポイントの会員登録数増加、ポイント利用増加に向けたアプリのユーザーインターフェース改善や、プッシュ配信などのマーケティング施策について、いくつかの有効な仮説を発見することができました。


■今後の『Amplitude』の活用方針
東京ドームでは今後、Amplitudeを積極的に活用してデータ分析を行い、会員登録フローの改善や、クーポンの配信・利用に関するマーケティング施策等を実施していく予定です。
DearOneは、行動分析ツールの導入だけでなく、プラットフォームとしてのアプリ制作からツール導入後の運用支援までTDポイント全体のグロース支援を一気通貫で行なっています。


■Amplitudeについて
Microsoft、Twitter、Walmartをはじめとした世界45,000サービス以上に導入されている米国発の行動分析ツールです。アプリやWebなどのオンラインデータと、店舗POSなどのオフラインデータ全てを統合して顧客の行動分析を簡単に行うことが可能です。豊富なチャートを標準搭載し、専門的なデータサイエンティストがいない環境下であったとしても、マーケターやプロダクトマネージャー自身が簡単な操作で直感的に、そして短時間にデータ分析を行えます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる