FXのやり方紹介

チャートの見方から分析方法まで徹底解説

チャートの見方から分析方法まで徹底解説
チャート画面上に 読み取りラベル が表示され、数値表示をしたい部分にカーソルを合わせると、ラベルにその部分の値が表示されます。
ラベルは自由に移動できます。

チャートの見方から分析方法まで徹底解説

メインビジュアル

ロゴ

花プロ
0円

マルチタイム・N字波動トレード

マルチタイム・エリオット波動トレード

強化型・フィボナッチ波動トレード

マルチタイム・N字波動トレード

マルチタイム・エリオット波動トレード

強化型・フィボナッチ波動トレード

ダウ理論

ダウ理論

ダウ理論

サイトイメージ

サイトイメージ

3要素

パッケージ

第1章 ダウ理論 基礎編
第1章 ダウ理論 基礎編

第1章では 波動分析の土台となる『ダウ理論』 について基礎から徹底解説します。ダウ理論で使われる チャートの見方から分析方法まで徹底解説 『N字型と逆N字型』波動はチャートの波の最小単位 であり、エリオット波動やその他波動理論を理解する上でも超重要です。

・波動の最小単位『N字型と逆N字型』の波動とは?
・チャート上の全ての波動はN字波動の連続で構成される! チャートの見方から分析方法まで徹底解説
・一発で分かるダウ理論の上昇・下降を知る○○の方法
・ダウ理論の6つの基本原則について
・ダウ理論のトレンド転換シグナルとは?
・為替レート上昇・下落する本質的な背景とは?
・上昇トレンドが継続する時の裏にある大衆心理メカニズム
・トレンドが崩壊する時の裏にある大衆心理について
・トレンドが崩壊する3つの前兆パターンとは?
・下降トレンドが継続する時の心理メカニズムとは?
・トレンド認識と転換シグナルの練習問題

第2章 ダウ理論 実践編
第2章 ダウ理論 実践編

第2章ではダウ理論をベースに、複数の時間足を使った「 マルチタイム・N字波動トレード 」の手法について解説します。また、N字波動でエントリーした場合の 利益確定のポイントや、損切りのポイント についても解説します。

・ダウ理論を使った波動トレード2つのステップ
・N字波動で狙うべき高勝率エントリーポイントとは?
・N字波動トレードで置くべき明確な損切りポイント
・利益を極大化させる逆指値ムーブメント手法とは?
・N字波動トレードで利確するべきExitポイントについて
・V・N・E・NT計算値の概要と唯一の欠点とは?
・シングル及びマルチタイムフレーム分析の概要
・ダウ理論原則②の短期・中期・長期のトレンドとは?
・スキャル・デイ・スイングで使用するべき時間足一覧
・マルチタイム・N字波動トレードの2つのパターン
・マルチタイム・N字波動トレードの実践演習

第3章 エリオット波動 基礎編
第3章 エリオット波動 基礎編

第3章ではN字波動を更に拡大させたエリオット波動について徹底解説します。エリオット波動を知れば、今後の相場が どのように動くのか、どこで反転するのかを予測 することができます。また、波動をカウントする際の精度の高め方や、絶対に知っておくべき3大原則についても解説します。

・ダウ理論のN字波動とエリオット波動の関係性について
・波動の基本!暗記すべき上昇5波と下降3波の基本構成 チャートの見方から分析方法まで徹底解説
・FXでエリオット波動が難しい理由とは?
・第1波を簡単に発見する方法と特徴とは?
・第2波はダウ理論から絶対に○○になることはない!
・必ず把握せよ!第3波は○○を完成させる波
・第5波では□□や△△のシグナルに注意すべき
・エリオット波動を構成する波の絶対ルール3つ
・波のカウントミス!こうなったらエリオット波動じゃない
・エリオット波動のフラクタル構造とは

第4章 エリオット波動 実践編
第4章 エリオット波動 実践編

第4章ではエリオット波動の特性を生かした「マルチタイム・エリオット波動トレード」の手法について徹底解説します。エリオット波動を認識すれば、 今後相場がどう動くのか地図を見ながら高勝率のトレード が実現できるでしょう。

・エリオット波動で狙うべき2つのエントリーポイント
・マルチタイムフレーム分析で使う時間足はコレ!
・高勝率なマルチタイム・エリオット波動トレードの手法
・○○でエントリーするべきポイントと理由とは?
・裁量余地がほとんど入らない利益確定の方法
・複数の時間足を使った波乗りトレードのやり方
・エリオット波動トレードで逆張りが危険な理由とは?
・実践!マルチタイム・エリオット波動トレードその1
・実践!マルチタイム・エリオット波動トレードその2

第5章 フィボナッチトレースメント 基礎編
第5章 フィボナッチトレースメント 基礎編

第5章では、波動トレードと相性の良い「フィボナッチ」について徹底解説します。 自然界にも存在する魔法の黄金比 であるフィボナッチRを波動トレードに組み合わせることで、 更に勝率をアップ チャートの見方から分析方法まで徹底解説 させることができます。

・フィボナッチ数列と黄金比は相場にどう影響するのか?
・押し目と戻り目を予想してトレード戦略を作る方法
・上昇トレンドの押し目をフィボナッチRで見つける方法
・下降トレンドの戻り目をフィボナッチRで見つける方法
・初心者がよく間違えるフィボナッチの引き方の例
・フィボナッチRは始点をどこから引けばいいのか?
・実際のチャートで引く際に意識するべき3つのポイント!
・エリオット波動のどの波に対して引くべきか?
・なぜ人によりフィボナッチの見方が分かれるのか?

第5章 フィボナッチトレースメント 実践編
第5章 フィボナッチトレースメント 実践編

第6章ではフィボナッチリトレースメントを 強化させる2つの方法 について解説します。強化型フィボナッチを使うことで、 反転確率が格段に上昇 し、押し目・戻り目を狙ったトレードが面白いくらいに成功するようになるでしょう。

・フィボ有とフィボ無では、これだけ利益の幅が違う! チャートの見方から分析方法まで徹底解説
・フィボナッチRではどの数値%を狙えばいいのか?
・フィボナッチリトレースメントの唯一の弱点は何?
・フィボナッチRを強化させる2つのテクニカル手法とは?
・強化法その1を使った場合のトレード手法について
・強化法その2を使った場合のトレード手法について
・実際のチャートでの強化型フィボナッチの使い方

第7章 波動トレードの練習問題
第7章 波動トレードの練習問題

第7章ではダウ理論、エリオット波動理論、フィボナッチなどの知識を総動員し、 実際の波動トレードに関して解説 していきます。また、実践トレードにおいて必須知識と言えるリスクリワード(損切りと利確の位置)に関しても解説していきます。

・波動トレードで損切りを置く位置はどこ?
・誤った損切り方法と正しい損切り方法の比較
・負けているトレーダーに共通する要因は○○がおかしい
・エリオット波動がカウントできない時の2つの対策
・リスクリワードを踏まえた波動トレードの戦略
・実践波動トレードの練習問題 ダウ理論の分析編
・実践波動トレードの練習問題 エリオット波動の分析編 チャートの見方から分析方法まで徹底解説
・ラストメッセージ モチベーションをアップさせる方法

これはFX学習教材の独自キャンペーンを行っていることが理由であり、 口座開設のお礼として「波動の王道」のサイト閲覧権を差し上げています 。
必ず当サイト内のリンクをクリックして口座開設をして下さい。他サイトのリンクから口座開設した場合にはアクセス権が入手できません。
もし本気で、この先FXで稼いでいくと決めたのであれば、すぐに飛び越えられる簡単なハードルだと思います。
たった5分くらいで口座申込が完了します ので、将来稼ぐポテンシャルがある方は、瞬時に『行動』に移しています。

【徹底解説!】カブドットコム証券のチャートソフトの使用方法について

またローソク足以外のチャート (ラインチャート、一目均衡表、新値足、P&F) も簡単に表示できます。

銘柄登録をすれば、 株式、先物、オプション、指数、為替 の各チャートが表示できます。

チャートとツールバー

Kabuステーションでは チャートの詳細設定 をすることができます。
8種類のアドオンチャート、19種類のサブチャート が選択でき、初心者でもトレードしやすい環境が整えられています。


ツールバーにアドオンチャートやアイコンを表示させておけば、チャート設定がスムーズになり、すぐに 自分好みのチャートにカスタマイズ できます。

チャート上で右クリックし、 「ツールバー設定」 からツールバーに表示したい項目にチェックを入れると、チャート上に反映されます。

ツールバーの各種アイコン

次にツールバーにある 各種アイコン について説明していきます!!
アイコンの一覧は以下の通りです。

チャートの任意の部分をマウスで囲うと、その範囲を拡大 できます。

クロスカーソル

チャートにマウスを合わせたとき、 カーソルが十字に変化 します。 チャートの見方から分析方法まで徹底解説
もう1度クロスカーソルのボタンをクリックすると元に戻ります。

チャート上に 転換点 が表示されます。
Kabuステーションでは、転換点を判断する足の前後10本が対象となっています。
1分足の場合は前後10分、日足の場合は前後10営業日分が対象期間です。

数値読取り

チャート画面上に 読み取りラベル が表示され、数値表示をしたい部分にカーソルを合わせると、ラベルにその部分の値が表示されます。
ラベルは自由に移動できます。

前日終値ライン

チャート画面上に チャートの見方から分析方法まで徹底解説 前日終値を点線で表示 します。

現値ラベル

チャート画面上に 現値ラベルを表示して、価格変動に合わせて追随 してくれます。

不連続要因マーク

不連続要因の種類を表す記号 が、 メインチャートの発生日に表示 されます。

ローソク拡大・縮小

ローソク拡大ボタン チャートの見方から分析方法まで徹底解説 はクリックをするごとに ローソクが拡大し、表示時間は縮小 されます。
縮小ボタンはその逆で、クリックをするごとにローソクが縮小し、表示時間が拡大されます。

全データ表示

選択している 足種別で描画できる全ての期間を表示 できます。
表示期間は最長まで拡大されます。

チャートの株価の表示間隔を、 値幅ではなく変動率に変更 できます。
例えば、長い期間をかけて株価が大きく上昇してから下がっている場合などは、通常のチャート画面だとほとんど変動がないように見えます。
対数表示を使用すれば、値動きが少ない銘柄でも変動率では大きく動いていることが分かり、選択肢を広げることができます。 チャートの見方から分析方法まで徹底解説

自動スクロールモード

ローソクの形成に合せて チャートが自動でスクロール されます。
分足で使用可能 です。

トレンドラインの描画、移動、削除

トレンドライン描画

マウス操作で トレンドラインが描画 できます。
トレンドラインは足種別を跨いで保存することもできるので、 「日足で引いたトレンドラインは30分足でどう見えるのか」 というような使い方もできます。

トレンドライン移動

トレンドラインを移動 させることができます。
移動したいトレンドラインにカーソルを当てると線の色が緑になり、動かせる状態になります。
線の中央でトレンドラインを掴むと線自体が移動し、片端を掴むと片端だけ動かせます。

トレンドライン削除

トレンドラインを削除 することができます。
削除したいトレンドラインにカーソルを当て、クリックすると削除 できます。

チャートの色変更

チャートの色を 「表示色設定」 で変更できます。
色のテンプレートは 全11種類 で、
黒背景の「Kabuステーション」
白背景の「Kabuマシーン」
柔らかい色の「トリコロール」

など自分の好みに合わせることができます。

またテンプレートだけでなく、 ラインの色や転換線、終値ラインなど一部のみの細かい色設定 もできます。 チャートの見方から分析方法まで徹底解説
例えばグリッドラインの色だけを薄くしたい場合、
「表示色設定」→「分類」→「描画エリア内」→「項目」→「グリッドライン」と進み、「表示色」で色の作成をして変更できます。

描画エリア調節ライン

描画エリア調節ラインとは、 チャートの描画エリアを拡大したり、縮小したりできる機能 のことです。

例えば一目均衡表の未来部分を確認したい場合や、転換線が見えづらい時に利用すると便利です。
チャート画面を、常に自分が1番見やすい状態にすることが可能です。

テクニカル分析の表示、チャート種別の選択

ツールバーのアイコンか右クリックメニューから、 テクニカル分析を表示 させることができます。
ツールバーのアイコンを使用する場合、表示させたいテクニカル分析にチェックを入れると表示されます。
数値などの細かい設定も可能 です。

右クリックメニューからテクニカル分析を表示させる場合、チャート上で右クリックをしてアドオンチャート、サブチャートのどちらかを選択します。
その中から表示させたいテクニカル分析を選ぶと、チャート上に表示されます。

チャート種別の選択 も、ツールバーか右クリックメニューから選択できます。
ツールバーのアイコンをクリックするとチャート種別の一覧が表示されるので、選択すると反映されます。

チャートデータの保存

CSVファイルで4本値データを出力し、チャートデータを保存する ことができます。
チャート上で右クリックをし、 「4本値データ出力」 から保存先を選択すればOKです。
データ保存だけでなく、銘柄分析にも利用できます。

チャートからの発注

チャート上で右クリックをして 「現物 売発注」 を選択すると、
自分が売りたい価格、買いたい価格を反映した状態でダイアログが起動 します。


すでに右クリックした部分の価格が反映されているので、スピーディかつ初心者でも操作が分かりやすい発注が可能です。

カブドットコム証券のKabuステーションは、 様々な状況に合せた機能がふんだんに搭載されたチャートソフト です。
多機能な上に操作性も良いので、初心者・上級者問わず使えるようにしておきたいチャートソフトの1つといえますね。
チャートソフト選びにお困りの方の参考になれば嬉しいです!!
最後まで読んでいただきありがとうございました♪

利益に直結したセミナー、受けてみませんか?

実は株に関するほとんどの知識は利益をあげる上で 必要ない ということを知っていますか? 「株で利益をあげる」ことは、 すごくシンプルな法則 で成り立っているんです。 「株を始めてみたいけど、利益をあげられるか心配」 「勉強してもどこから始めて良いかわからない」 「株に詳しい人にいつでも質問できる環境があれば」 そういったお悩みをお持ちの方は是非、弊社の 無料説明会 へお越しください♪ 株で利益を出す上で必要な知識をご説明させていただきます。 いつでも オンライン で参加可能! 現役の講師と少人数体制 でお話ができます。 株に関する疑問などは何度でも質問OK♪ 90分間無料 で株に関するお話ができちゃいます! この機会に「株で利益」を得る方法を学んでみませんか? 少しでも皆様のお役に立てますよう、弊社一同心よりお待ちしております。

株式投資の「板・気配値・指標」の見方を徹底解説!

【割安株の見つけ方を解説!】割安株で買って、高くなったら売るのが投資の鉄則 こんにちは。元野村證券女性営業マンのフリーファイナンシャルアドバイザーNatsumiです。 今日は「資産運用の基礎知識」の話です.

板の概念を理解しよう

さて、ついに株式の売買をしてみようと思った時に、注文画面でよくみるのがこの「板・気配値」です。

真ん中に載っているのが「それぞれの板の株価」です。

そして、両端に載っているのが「それぞれの株価の市場に出ている売買数量」です。

「左側が売りたい人たちの気配/右側が買いたい人たちの気配」です。

この表はどんどん更新されますので、見た時の「需要と供給の量とその値段」を確認するための表です。

私たちはこの情報を元に買付の注文や売却の注文を市場に出します。

「今すぐ1,900株を成り行きで売却したい」

売りの場合は「買いの先頭」の注文を確認します。

「売りの場合は「買いの注文の先頭」を見に行く」というのが注意点です。

「買いの場合は『売りの注文の先頭』を確認」します。

今一番上に表示されている株価で必ずしも売買が成立するわけではないこと

は理解しておくと良いでしょう。

まとめ:株式取引では確認するものがたくさんある

★証券会社選びはどこが良いのか?
初心者の方は対面証券ではなくネット証券を選ぶと良いと思います。
ネット証券業界1位は SBI証券 です。

【動画解説あり】初心者向けにマルチタイムフレーム分析を徹底解説

マルチタイムフレーム分析のサムネ

テクニカル分析

今回は 「マルチタイムフレーム(MTF)分析」 について書きます。

マルチタイムフレーム概観

読者Kさん

ORZもはじめはよく原理が分かっていなかったし「難しそう」と思って避けていたのですが、今にして思えば・・・ 1秒でも早く手をつけておけばよかった!! と後悔しています。

YouTubeで解説した動画がわかりやすいとご好評いただいてるので、まずはこちらをご覧になってから読み進めていただけると理解が捗るかと思われマッスルᕙ( ‘ω’ )ᕗ

チャートは全て繋がっている!マルチタイムフレームの考え方

日本地図とチャート画面の比較

ローソク足くん

マルチタイムフレーム分析の重要性

1つの時間足だけを見た場合

そこで複数の時間足を確認するマルチタイムフレーム分析を取り入れることで、 「そもそもエントリーすべきなのか」「するとしたらどのタイミングを狙うべきなのか」 といった判断ができるようになり、無駄なエントリーの減少や精度の高いトレードの増加に繋がって勝率が上向いてくるっていうスンポーです♪

複数の時間足を見た場合

マルチタイムフレーム分析で、ベストな戦略を立てよう

マルチタイムフレーム分析の具体的な手順

ステップ1:中期足を見てエントリーできそうな相場を見つける
ステップ2:長期足を見て全体像(方向性・抵抗帯)を確認する
ステップ3:短期足を見て取引のタイミングを計る

MTF分析となると、よく 長期足から短期足にむかって 相場分析&トレード戦略を考える、と思う方が多いですが、そもそも戦略の軸となる 中期足でチャンスが来そうなのか否かを判断 して、通貨ペアを絞ると効率よくトレードしていけるかと思います(`・ω・´)ゞ

もちろんより多くの時間足を考慮していくことで、トレード戦略の精度を高めることができるようになるため、理想をいえば 全ての時間足の相場状況 を確認できることに越したことはありません。

ただ、さすがにはじめから全部の時間足を見ていくのは大変なことですし、頭の中も混乱してしまうと思うので、まずは 長期・中期・短期 の3つの時間足を自分で決めて、その3つだけをみていけばOKです(・∀・)

3つの時間足を決める

ちなみに相場には 「長期の時間足のトレンド、その後も継続する可能性が高い」 という性質があるため、 チャートの見方から分析方法まで徹底解説 上位足ほど、相場の流れや節目が意識されやすいです(・∀・)

LINE証券のチャート種類と見方を解説【ローソク足と移動平均線も使えます!】

LINE証券のチャートについて知りたい人

LINE証券でチャートの見方がイマイチわからない・・・
チャートは見る必要はあるかな?
LINE証券で見れるチャートの種類と見方を教えて欲しいです!

この記事を読めば、LINE証券のチャートに関して全てわかります。

LINE証券のチャート

ラインチャート

ラインチャートは 株価の終値を折れ線でつないだ チャートです。Google検索の株価などでも使用されている最もシンプルなチャートです。

終値(おわりね) 一定の期間で最後についた株価です。

メリットはシンプルなので、誰でも 株価の動きを理解しやすい ことです。

安値(やすね) 一定の期間で最も安かった株価です。 高値(たかね) 一定の期間で最も高かった株価です。

ローソク足チャート

ローソク足チャートは 株価の始値・終値・高値・安値を一本の棒状にして並べた チャートです。日本発祥でローソクの形に似ているから名付けられました。

メリットは一定期間の 株価の値動きが一目でわかる ので、相場のトレンドを把握することができます。

ローソク足の解説をします。

LINE証券公式HPより

始値より終値が高い場合を陽線(ようせん) と呼び、 始値より終値が安い場合を陰線(いんせん) と呼びます。LINE証券では陽線を緑色、陰線を赤色で表しています。証券会社によって、色が逆の場合もあります。

始値(はじめね)とは 最初についた株価です。 終値(おわりね)とは 最後についた株価です。 チャートの見方から分析方法まで徹底解説 安値(やすね)とは 一定期間で最も安かった株価です。 高値(たかね)とは 一定期間で最も高かった株価です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる